「仕事辞めたい」から納得のいく転職を成功させるために何をすべきか?
あなたも「仕事辞めたい」と思いながらも、今の現状から抜け出せない人の一人でしょうか?

この記事では、

  1. 「仕事辞めたい」状況から抜け出すために身に付けて欲しい3つの思考
  2. 「仕事辞めたい」から抜け出すための3つのステップ

について説明したいと思います。

「仕事辞めたいときは辞めればいい」論は正しいか?間違いか?


仕事辞めたい人にとっては有利な転職市場なのに・・・

近年の労働市場は人材不足のために、労働者の売り手市場になっています。

ニュースや新聞などを見ると分かると思いますが、後継者不足で企業が倒産したり、働き手がいないという理由で、深夜の営業を中止する飲食店企業もあるほどです。

しかし、こうした状況は「今の仕事辞めたい」と考えている人にとって、好条件な労働市場と言えます。

なぜなら、仕事を辞めたいのであれば、転職先はいくらでもあるからです。

でも、そのような好条件の環境下にありながら、「仕事辞めたい、仕事辞めたい」と悩み続ける人はとても多いのです。

つまり、何度転職しても、結局、転職先の会社で仕事にやりがいを見いだせなかったり、給与に不満があったり、人間関係に疲れてしまったりして、また「仕事辞めたい」という気持になってしまうのです。

ですので、次の項から「仕事辞めたい」を繰り返さないための、3つの思考を紹介しますので、是非、身に付けて欲しいと思います。

「仕事辞めたい」を繰り返さないために持つべき思考①「まぁ、いいか」を追放する

私たち日本人サラリーマンには、本当は引き受けたくないような仕事についても「まぁ、いいか」と引き受けてしまったり、同僚たちが皆当たり前のように残業するから「まぁ、いいか」と自分も残業するといった傾向があります。

それは、日本人の良いところだという人もいるかもしれません。

しかし、そのような「まぁ、いいか」という思考に流されてしまう人は、いつまで経っても自分の仕事に喜びを見いだせないでしょう。

そのような人は、一見すると、仕事を頑張っているように見えますが、実態はただ周りに流されて何となく仕事をしているだけで、そこにやりがいを感じていないのです。

そして、遅かれ早かれ「今の仕事や会社がつまらない、面白くない、仕事辞めたい」と思うようになります。

「仕事辞めたい」という感情は、いったん芽生えてしまうと、日に日にその思いは大きくなっていくものです。

そして、遅かれ早かれ退職に踏み切ることになります。

その後、転職活動をするわけですが、そのときも「まぁ、いいか」の思考で行動してしまうのです。

つまり・・・

じっくり転職活動したいけど、奥さんが早く転職しろ早く転職しろとせかすから、この会社でまぁ、いいか。

私は年齢も年齢だし、この会社が雇ってくれるなら、まぁ、いいか。

この仕事をやりたくないけど、給与がいいから、まぁ、いいか。

・・・このように、転職するにも「まぁ、いいか」という具合で進めてしまうのです。

実は、この「まぁ、いいか」という考えが「仕事辞めたい」から抜け出せない原因です。

ですから、この「まぁ、いいか」を自分の中から追放しないと、魔のループとなって、あなたは一生「仕事辞めたい」から解放されることはありません。

何度転職しても結局は、会社や仕事内容に不満を募らせ、仕事を辞めたくなるわけです。

「仕事辞めたい」ネットビジネスで生計を立てるのは可能か?

「仕事辞めたい」を繰り返さないために持つべき思考② 自分のライフワークを見つける

「ライフワーク」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ライフワークとは簡単に言うと、自分の情熱を100%捧げることができること、それが仕事になっているという生き方です。

例えば、本田技研の創業者である本田宗一郎さんは、もともと鍛冶屋の息子として生まれたわけですが、金属を加工するのが子供の頃から大好きで、それが、その後、自分の生涯の仕事になってしまったようです。

彼は仕事に生涯を捧げたわけです。

この本田宗一郎さんは、「仕事を辞めたい」と悩んだことがなかったのではないでしょうか?

彼は晩年、闘病中だったため、病院内で過ごしたそうですが、部下たちがNSXという自動車の開発に成功したことを喜び「お前ら、ちゃんとした車作れたな」と話したそうです。

病院にいても、これほど彼は自分の仕事に情熱を持っていたということです。

もし、「仕事辞めたい」と考えていた人ならば、このような言葉が出てくるわけがありません。

要するに、本田宗一郎さんは、100%仕事に情熱を注いでいた、つまり仕事をライフワークとしていたのです。
ですので、自分のライフワークを見つけることこそが、「仕事辞めたい」という魔のループから解放されるための絶対条件なのです。

仕事辞めたい
「仕事辞めたい」を繰り返さないために持つべき思考③ 将来のリターンにフォーカスする

若い時ほどそうなのですが、何のために仕事をしているかと問われると、週末友達と飲みに行くためだったり、家族と一緒にどこかへ出掛けるためだと、多くの人は答えます。

もちろん、こういった息抜きはたまには必要ですし、家族との思い出作りも大切なことです。

しかし、これらは「今」にしかフォーカスしていません。

つまり、今を楽しむために仕事をしているという現状なのです。

目先の余暇のためにする仕事は、あなたにとって本当にやりがいのある、情熱を傾けられる仕事でしょうか?

そのようなスタイルで仕事をしている人は、デスクに向かっていても、「早く週末にならないかな~」とか、「面倒な仕事は受けたくないな~」などと常に思いながら、毎日仕事をしていることでしょう。

私たちの人生の時間の3分の2は仕事に充てられます。

その長い時間ずっと、そのような思いで過ごすのは、とても苦痛ではないでしょうか?

人生の時間を無駄にしているとしか思えませんよね。

ですので、視点を大きく変える必要があるのです。

つまり、今の仕事を通じて、未来の自分にどれだけリターンがあるかにフォーカスするわけです。

あなたが今やっている仕事を通して身に付けられるスキルや能力は将来、どんな大きなものになって帰って来るでしょうか?

今あなたが従事している仕事は、その「リターン」を考えるときに、ワクワクできる仕事でしょうか?

もし、そうでないならば、あなたの中には、いづれ「仕事辞めたい」という気持ちが徐々に芽生えてくるでしょう。

この仕事をしていれば、将来大きなリターンがあると確信できる仕事を、自分の「仕事」として選ぶべきなのです。

仕事を辞めたいという気持ちは甘えなのか?

「仕事辞めたい」から抜け出すためには何が必要なのか?

これまで、「仕事辞めたい」という感情から抜け出すために、まず、どんな思考を持つべきなのかを3つお話してきました。

まとめると・・・


  1. 「まぁ、いいか」を無くす
  2. 自分のライフワークを見つける
  3. 将来のリターンにフォーカスする


・・・ということになりますね。

あなたは、きっとこのページを読み始めた時点では、「仕事辞めたい」という感情だけに捕らわれてしまっていて、頭の中が少し混乱していた状態だったかもしれません。

でも、ここまで読み進めてきたら、自分がこの先どう行動すべきなのかがある程度見えてきたのではないでしょうか?

では、この先は、「仕事辞めたい」と二度と思わないようにするために、具体的にどう行動していくべきなのか?をお話ししていきたいと思います。



「仕事辞めたい」から抜け出すステップ① 転職を決意する

「仕事辞めたい」と思ってしまうということは、ズバリ、あなたにとって今の仕事あるいは、今の会社が、あなたに合っていないということです。

要するに、今の仕事、あるいは会社は、情熱を注げる対象となっていないというわけです。

少し前にも触れましたが、人生の時間の3分の2は仕事に費やさなければいけないのです。

あなたは、このまま泣き寝入りして人生を過ごしてしまうのでしょうか?

それとも、この負の状況から抜け出していくでしょうか?

何もしなければ前者として、残りの人生をずっと過ごすことになります。

ですので、今の仕事を辞め、転職するという道を選択してみてはどうでしょうか?

人生は一度きりしかなく、私たちは日に日に歳を取っていくわけで、今の瞬間が一番若いのです。

そう考えると、今すぐ行動しなければいけません。

まず、転職を決意するというのが第1ステップです。

では、今後の仕事人生で100%の情熱を注げる仕事や会社をどうやって見つければ良いのでしょうか?

「仕事辞めたい」から抜け出すステップ② 転職サイトに登録して情報収集する 

「簡単に情熱を注げる仕事を探せと言うけれど、自分は何に興味があって何ができるのかが分からない」とあなたは思うかもしれません。

ですが、たくさんの情報に触れることによって、いづれ「これになら情熱を注げるかもしれない」と思える仕事や会社に出会えるものです。

世の中には、お堅い仕事からユニークな仕事まで無数の仕事があります。

あなたは、それらのほんの一部にしか触れてこなかったのです。

付き合う女性が多ければ多いほど、自分に本当に合った女性を見つけやすくなるのと同じで、多くの仕事情報に触れた分だけ、情熱を注げる仕事や会社に出会える確率が増えるのです。

それを可能にするのは、やはり「転職サービス」でしょう。

転職サービス(代理業者)とは、厚生労働大臣から認可を受けた企業のコンサルタントから、仕事の斡旋をしてもらい、面接、入職までをサポートしてもらう仕組みのことです。

具体的には、リクナビネクストやマイナビ転職などを始めとする転職サービス会社がそれに当たります。

まず、そのような転職サービスに登録して情報をできるだけ集めて下さい。

大手の転職サービス会社であれば、たくさんの仕事情報を持っていますから、「通勤圏内にこんな面白そうな仕事があるんだ」などと、あなたにとって新たな発見がきっとあるでしょう。

これが第2ステップです。

これらの転職サービスに登録することで、あなたの希望する職種、条件にマッチした求人案件の情報をメールマガジンやWEBサイトを通して、リアルタイムで知ることができます。

また、希望する案件が出た場合は、転職コンサルタントにその旨をメールで相談したり、直接会って相談させてもらうこともできます。

これらは全て無料でできます。

転職サービス会社は、求職者を就職させて初めて、お客さん(求人を出している会社)からロイヤリティーを貰う形で成り立っているので、あなたはお金を一切支払う必要はないのです。

転職サービス会社に登録できたら、いよいよ最後のステップです。

「仕事辞めたい」から抜け出すステップ③ 転職コンサルタントをフル活用する

転職サービスに登録するだけでも、一般公開されているものから、非公開のものまで、たくさんの求人情報を見ることができます。

また、会員専用のWEBページを通して、面接の受け方や履歴書の書き方などの有益な情報も得られます。

このように、情報を網羅していく過程のどこかのタイミングで、「コレだ!」と思う求人案件は必ず出てきます。

そうしたら、なるべく早めに転職コンサルタントとコンタクトを取りましょう。

その時に、初めて行動を起こせば良いのです。それまでは普通に今の会社で仕事をしていれば良いわけです。

その後、日にちと時間を決め、具体的な転職プランについて、遠慮なく相談していきましょう。

これが第3ステップです。

実は、筆者自身も転職の際に、転職コンサルタントに転職相談をしていましたが、こちらの仕事終わりの時間帯に合わせて打ち合わせの機会を設けてくれたり、不安なことがあれば電話でいつでも相談に乗ってくれました。

転職コンサルタントはいわば転職のプロですから、適正に合った仕事を提案してくれたり、面接のノウハウや円満退職するための流れなども教えてくれます。

こうして、転職コンサルタントをフル活用することによって、グッと転職が楽になります。

ここまでのステップを踏めば、転職完了はすぐそこです。

今あなたの中にある「仕事辞めたい」という感情は、これまでお話ししてきた3つの思考と3つのステップで、一生無くなることでしょう。

こうして、ライフワークになり得る仕事や会社に出会った瞬間から、人生に幸せを見いだすことができます。