郵送ファクタリングのメリットを解説

一昔前は実店舗での契約が主流でしたが、今はオンラインや郵送で契約できるファクタリング会社が増えました。

私のように簡単な手続きで売掛金を売却したい会社にとっては、ファクタリングの利便性は遥かに向上しています。

郵送ファクタリングは、取引に関する全ての手続きを一括して行うことです。

郵送で処理が行われますので、店舗への来店やスタッフとの面談は必要ありません

今現在ではほとんどの業者が対応していますが、郵送ファクタリングには次のメリットがあります。

  • 仕事が忙しくてわざわざ面談が取れない経営者でも簡単な手続きでファクタリングを利用できる
  • 店舗への往復のための交通費を節約できるので余計なコストの削減に繋がる
  • 審査に必要な書類をきちんと揃えてからファクタリング会社に送るだけで良い
  • インターネットでの申し込みが不慣れな経営者でも安心して利用できる

オフィスにいながらでも、必要書類さえ揃えていれば簡単に手続きできます。

郵送の日数分振り込みまでに時間がかかりますが、多くのファクタリング会社は迅速な対応を心掛けてくれますので安心です。

郵送ファクタリングの利用の流れ

以下では、郵送ファクタリングを利用する流れについて解説していきます。

  1. ファクタリング会社に電話したり公式サイトにアクセスしたりして、手数料や利用条件を事前に確認する
  2. 通帳のコピーや請求書など、必要な書類を業者に郵送で送付する
  3. 審査の終了後、査定の結果が電話で通知される
  4. 契約書類が業者から郵送されるので内容を確認する
  5. 契約内容に問題なければ書類に署名・捺印して返送する
  6. 業者は売掛金の買取処理が終わった後に銀行口座に現金を振り込む

通常のファクタリングも郵送によるファクタリングも、売掛金を現金化するまでの流れは基本的に一緒ですね。

私がファクタリングで利用している日本中小企業金融サポート機構は、「オンライン上での手続き」「郵送による申し込み」「対面や出張による手続き」とお客様の都合に合わせて契約できます。

手間をかけずに資金調達したいのであればオンラインや郵送、実際にスタッフと話して契約したいのであれば対面や出張が良いでしょう。

日本中小企業金融サポート機構の審査に必要な書類は、「申込書」「通帳のコピー」「請求書」「身分証明書」の4つだけです。

売掛金を売却して現金化してキャッシュフローを改善できますので、「急な出費で困っている…」という経営者は日本中小企業金融サポート機構を利用してみてください。