銀行融資を断られた時の対処法

私の会社はコロナの影響で売り上げが伸び悩んでいることもあり、銀行融資を断られてしまいました。

銀行が法人や個人事業主の融資を断る原因は次の4つです。

  • 金融情勢による要因
  • 銀行や支店の経営方針による要因
  • 銀行の融資担当者の実力による要因
  • 企業側の売り上げや信用力などの要因

銀行は決算書をもとにして融資を希望する企業がどのくらい信用できるのかチェックしていますので、経営状況が安定していないと事業資金を貸し付けてくれません。

そこで、銀行融資を断られた時の対処法として資産を資金に換える方法がおすすめです。

具体的に何をして事業資金を調達すれば良いのか見ていきましょう。

保険制度を利用する

銀行融資を断られた時は、企業で掛けている保険を解約して解約返戻金を受け取るのは選択肢の一つです。

現金が足りなくて支払いに対応できないと、最悪の場合は会社が倒産する恐れがあります。

これは何としてでも避けないといけませんので、保険制度を利用して資金の調達を図るべきですね。

ただし、保険の解約は長期的に見て大きな損失に繋がる可能性もありますので、本当に解約しても大丈夫なのかじっくりと考えないといけません。

ファクタリングを利用する

いくら緊急事態だとしても、私個人の意見としては企業で掛けている保険を解約する方法はおすすめできません。

だからと言って金利が法外に高いところから借り入れるのもNGですので、ファクタリングを利用すべきです。

ファクタリングは一般的な融資とは違い、回収予定の売掛金を売却して現金化する方法を指しています。

事業資金の調達でファクタリングを利用するメリットをいくつか挙げてみました。

  • サービスによっては最短即日振り込みと、スピーディーに売掛債権を現金化できる
  • 信用情報に傷がついていて銀行融資を断られていても利用できる
  • 今後の支払いや利息は発生しないため、急場を凌いだ後もキャッシュフローへの悪影響がない

時間的猶予のない状況や銀行融資を断られた企業において、現金化までのスピードが速いファクタリングは実に効果的です。

「どのファクタリング会社が良いの?」と悩んでいる経営者は、日本中小企業金融サポート機構が提供するファクタリングを選んでみてはいかがでしょうか。

クラウド契約なので審査や振込までがスピーディーですし、手数料も1.5%~10%と低く設定されていますよ

通帳のコピーや請求書などの必要書類を用意するだけでファクタリングによる現金化ができますので、銀行融資を断られた方はぜひ利用してみてください。