役者による朗読会

vol.2 優雅な時と涼をあなたに

選書する書店フォルケpresents

今夏、あの朗読会が帰ってくる。

昨年X'masに、大絶賛だった朗読会
第2弾が開催決定。
今回は新たなメンバーを加え
より重厚な朗読と、世界を彩る音楽で
ひと味違った夏をお届け。

残席数

7月28日
15:30~

7月29日
13:30~

7月29日
18:30~

限定20席

本、聴きませんか?

五反田にある、選書する書店フォルケ
ここでは本を媒介に、
様々な「コミュニケーションの場」が広がっています。
 
昨年末にはプレオープンイベントとして第1回朗読会が開かれ、
大盛況の後にその幕を下ろしました。
その後も開催のご要望をいただき、
今夏、第2回開催が決定いたしました!!!

熱くなる今年の夏―――――。
優雅な雰囲気のある会場で、
珠玉の作品を、
洗練された役者による朗読で楽しみませんか?
ABOUT
選書する書店「フォルケ」にて行われた
朗読会の第2弾!!
今回も劇団民藝の役者さんをお招きし、
さらに豪華なゲストも集まって朗読をしてくれます!
大劇場でお芝居している方の朗読を間近で聴ける。
この朗読会は大変貴重なイベントです!!
STAGED WORK

「上海少年」長野まゆみ

今日も波止場に引揚船が着く。

少年は今日も生き別れになった兄の帰還を待っていた。

そこで彼は、故郷 上海から来たという、不思議な男と出会う…。

「穴の底」伊藤人譽

山の中腹にできた〝穴〟。

その中に落ちた男。次第に気付かされていく事態の深刻さ。逃れようのない死の実感。

「過呼吸になりそうなほど怖かった!」宮部みゆきが思わず口にした名短編。
CAST

大野 裕生

大野 裕生
(おおの ゆうせい)
劇団民藝の劇団員。
劇団青年座研究所を卒業後、民藝に入団。
大小様々な舞台や、各地をまわる旅公演にて経験を積む。
2017年度劇団新人賞を受賞。
今後の活躍が期待される。

出演舞台
2018年 『神と人とのあいだ』第1部 審判 言語モニター役/第2部 夏・南方のローマンス 陪席判士役
2018年 『SOETSU』医者・憲兵役(旅公演)
2017年 『「仕事クラブ」の女優たち』警官役

劇団民藝HP↓
http://www.gekidanmingei.co.jp/member/profile/ohnoyuusei/

奥村 そら

奥村 そら
(おくむら そら) 

劇団青年座研究所卒業後、俳協に所属。
役者として舞台、映像作品に出演するだけでなく、近年はナレーターとしても活動。 

出演作品 
ドラマ 
『増山超能力師事務所』 
ラジオ 
『明日へのエール〜ことばにのせて〜』 
舞台
2017年『ポッケの中の折々』まつり役 
2017年『なんくるサーファー』阿波連美鶴役 
ナレーション 
『スヌ子のぶらり酔いどれ飯』 
『田丸麻紀のコーヒー淹れたよ』
http://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12439

SPECIAL MUSICIANS

岡崎 真

MAKOTO OKAZAKI
岡崎 真

福岡県出身

MATON guitar   アーティスト
KAMINARI guitars アーティスト

16歳からDJを志すが26歳の時にアコースティックギターの音と可能性に魅了されギターを始める
後にFUNK,POSTROCK系のバンドを結成して都内を中心に活動

現在はアコースティックギターのソロギターをメインとし日本各地、ヨーロッパ、アジア、など海外でも活動
また、CM等への楽曲提供や舞台音楽での演奏など幅広く活動

DJ時代に受けた電子音楽からの影響とギターを始めてから受けたブラックミュージックやニューエイジ音楽からの影響でジャンルに囚われない音楽を作曲、演奏する

ギターを横にしてピアノの様に演奏するラップタッピングという奏法はメロディーラインとベースラインを同時に奏で、独特なリズムが生みだされる。

ギターを演奏しながらボディーを叩くパーカッシブな演奏でアコースティックギター1本だけとは思えない独特なグルーヴ、サウンドを創りだす

2015年2月 KADOKAWAメディアファクトリーより1stアルバム『sea』をリリース 
makotookazaki.com

MC

木ノ本 琢磨


役者として3年間。様々な舞台やドラマに出演。
さらに、イベント受付、MC、舞台監督、音響などを経験。
エンターテインメントの全体像を学んだ。

演劇をはじめとした”芸術”を広める活動を行う。

MC
第37回 江戸川区民祭りイベントスペース
葛西まつりイベントスペース

SCHEDULE & TICKET
日時:7月28日、29日

スケジュール
28日 15:30~ 
29日 13:30~ 
18:30~(アフターイベント有)
※開場は開演の30分前です。
※各回限定20席とさせていただきます。
(全席自由席)


料金
3,000円(前売り)


場所:
選書する書店「フォルケ」    
東京都品川区東五反田1‐2‐43
ハウス島津山101
AFTER EVENT
前回好評だったアフターイベントが
今回も
開催決定!!!

上質な空間でお酒を楽しみながら、
演者との交流ができるという大変貴重な席を

限定10席
ご用意できました!!!
(※29日 夜公演後 別料金 2000円)

滅多に聞けないようなお話が聞けるかもしれません
このチャンスをお見逃しなく!!

残席

売り切れ直前

What's the Folke
選書する書店「フォルケ」とは
フォルケは、書店の本質は、選書だと考えています。
新刊だけで、1日に250冊、年間で8万冊もの本が出版されています。
膨大な書籍の中から、
自分にあった本を見つけることは、至難の技と言えます。
 
そこでフォルケでは、著名人や店主が選書をして、
選んだ本の簡単な説明(コピー)を付けます。
有料の選書サービスをお申込みの方には、
本の読み方(読書術)と、それぞれの書籍に対応した本の要約と
解説をまとめたレポートをつけて、読者をサポートします。
 
フォルケは、
書店の定義を、「人と人をつなぐもの及び人を成長させる優れたコンテンツの提供」とします。
 
理念は、
後世に最大の書店を残すことです。
 
コンセプトは、
人が人と出会い、人が本と出会い、成長する場を世界中に作ることです。
 
お客様への約束として、
人と人が出会い、人と本が出会い、人が成長するための
優れたコンテンツを提供します。
「人には”今”、≪出会うべき本≫がある。」

本とは書き手の”人生”です。
そしてそれは読み手の”教科書”です。
しかし、本には出会うべきタイミングがあります。

小学1年生の時に数学の教科書を見せられても、意味が分かりません。
ですが、
数学がわかるようになる”未来”のために、”今”出会うべき本。
それは算数の教科書ですよね?

このように、人には”今”、≪出会うべき本≫があるのです。
あなたにとって、”今”必要な本、選書させて頂きます。
それが、
選書する書店「フォルケ」でございます。

RESERVATION
ご予約の方はこちらからお申込みください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

お問い合わせ

選書する書店「フォルケ」

メールでお問い合わせ takuma.kinomoto@folkebook.com

このイベントを広める!

シェアありがとうございます