Webからの集客でお困りの
コンサル・士業・治療院・教室・サロンなど”スモールビジネス”のあなたへ

どうしてキーワード選定スキルがなくても
ブログYouTubeなしでも集客できるのか?

「Web広告の収支設計法」「Facebook広告出稿法」を覚えて
Facebook広告自社運用する方法

10月11日(水)12:30~17:00 @東京 ※残席4

※各回先着8名様限定!

「実践的でわかりやすい!」
喜びの声頂いています!

これまでご参加頂いた
参加者の声

株式会社LibraCreation 高橋 貴子さん

Facebook広告の基礎を覚えたいって人にオススメ

Facebook広告を何となくは使っていたんですけど、何となくだからよくわかってないってのが事実だったんですよね。

ターゲット設定での集客のために使うにはすごくいいなと思いましたね。キーワードじゃない方からの違う入り口を増やせるっていうところと、あとはハードルが低い。

管理画面が他の広告だともっと難しい。それよりはハードルが低いなって風に思いました。Facebook広告の基礎を覚えたいって人にはオススメです。

タスク鍼灸接骨院・整体院 松島 将貴さん

Facebookで上手く集客したい人が非常に為になるワークショップ

Facebook広告のやり方が今いちよくわかっていなくて。自分で設定とかはやっていたんですけど、どう設定すれば、より効果的に広告を打てるのかとか。

そういったところがわからなかったですが、具体的な広告費のかけ方の部分であったり、テスト的に広告を打った段階で検証する方法が明確になりました。

提供するコンテンツが元々あって、効果的に集客をしたいとか、広告を上手くしたい、Facebookで上手く集客したい人が非常に為になるワークショップだと思います。

Moon Cleate 金澤 月子さん

細かい設定とかをすごく親切に教えてもらった

広告の概要がわかりました。広告ってなんぞやっていうところとか。細かい設定とかをすごく親切に教えてもらったので、わかりやすかったです。

何となく設定は出来ていたんですけど、何となくだったので、あの1つずつの設定の概要ですよね。ここはこうした方がこうがいいとか。そのポイントがすごくためになりました。

オススメしたい方は、広告初心者の方。これから広告やってみたいけど、やっぱり値段が高いんじゃないかとか、難しいんじゃないかと思っている人にオススメです。

JUN DENTAL CLINIC Dr. Jun Suzuki 鈴木 淳さん

Facebook広告をやりたい方、すべての人におすすめ

自閉症のお子さんをサポートしているWebサイトをやっています。

Facebook広告が出してもあんまり成果が出ないので、それをもうちょっと、しっかり本格的にやりたいなと思っていました。

ワークショップは非常にわかりやすかったですし、実際取り組むのに必要な知識を得られたんじゃないかなと思います。

ワークショップをオススメしたいのは、Facebook広告をやりたい方、すべてですね。

株式会社エフワンコンサルティング 山口 雄二さん

「あ、こんな単純なことなんか」と。

Facebookというもの自体の理解を深めたい、で、自分で広告が出稿したいという2点で悩んでいました。

ワークショップに参加してみて、広告を作ったり、出稿したりとかいう作業は、「あ、こんな単純なことなんか」と。ただ、その効果がどうとか、奥深い意味合いですよね。

広告はこんな簡単なことなんだなーとわかりました。Facebook広告の壁がなくなりましたね。

集客に困っている人とか、そういう人なんかには、1つの突破口になっていくんじゃないですかね。

菅原 成美さん

女性で「ちょっとなんだかわかんない」って思っているような方にオススメ

Facebook広告って細かい、色んな種類があるじゃないですか?リストを使うとか、リーチを増やすとか。

それが今日、「どのやり方が最適化しているのか」がわかりました。あと、Facebook広告の見方ですね。

どれを押したらいいのかとかわからなかったんですけど、それが良くわかりました。

男性向けの分析的な内容と、女性にもわかりやすく教えてくれるので、「ちょっとなんだかわかんない」って思っているような方に特にオススメです。

こんなことで悩んでませんか?

  • Facebook広告の有効性はわかったけど、実際の出稿方法はわからない
  • リスティング広告はキーワードの選定が難しくてよくわからない
  • YouTubeに動画を投稿しているけど、再生回数が伸びない
  • 有料の商品・サービスをウェブ上で販売できるようになりたい
  • お金をなるべくかけないでお客さんを集客できるようになりたい
  • メルマガを発行しているけど、商品・サービスは売れない
  • Facebookで毎日投稿しているし、いいねもしているけど効果が実感できない
  • ブログは更新しているけど、アクセスが集まらないので全然仕事に結びつかない
いろいろと列挙しましたが、要するに

「Web集客」でお困りではありませんか?

ということです。

その解決にこんな取り組みをしていませんか?

その

1

Facebookで1日10人以上に「いいね」する

Web集客に限らず、スモールビジネス規模の商売においては「関係性」が最も大切となります。

関係性を構築すれば、「モノ」ではなく「ヒト」で選んでもらうことができるようになるからです。

そうした観点から、Facebookで1日10人以上に「いいね」をするという集客方法を実践します。

その

2

YouTubeで毎日5本以上の動画を投稿する

YouTubeはGoogleとの関連性が強いため、1つ1つの動画が検索結果に表示されます。

ブログ記事を書くよりも速い速度でキーワードを攻略できます。

短い動画を毎日5本など大量に投稿することで、Googleの検索結果からのアクセスを見込むことができます。

その

3

最低1,000文字のブログ記事を1日1本書く

ブログはWeb集客における肝心要のメディアです。

コンテンツマーケティングの基本も、まずは良質なブログ記事を書くことから始まります。

1,000文字以上の骨太コンテンツを更新していくことで、将来的なアクセスが見込めます。

その

1

Facebookで1日10人以上に「いいね」する

Web集客に限らず、スモールビジネス規模の商売においては「関係性」が最も大切となります。

関係性を構築すれば、「モノ」ではなく「ヒト」で選んでもらうことができるようになるからです。

そうした観点から、Facebookで1日10人以上に「いいね」をするという集客方法を実践します。

通常はこれらの方法でWeb集客を実践しますよね。

でも、実は、、、

これらの「無料集客」よりも
「有料集客」の方が圧倒的に、カンタンなのです。



申し遅れました。

スモールビジネス特化の学び舎 このは屋の小島と申します。

私はこれまでずっと映像制作屋をやってきました。

今は、スモールビジネスの経営者の方に向けて、オンライン動画学習教材をはじめ、DVDやCD、電子書籍を提供しています。

そうしたスモールビジネス経営者の方とお話をしていると、みなさんが「集客できない」と口をそろえておっしゃいます。

ですが、私が「どのような集客手段を使っているのですか?」と聞くと、上述のような集客手段しか使っていないことが多いのです。

つまり、実は集客できないわけではないのです。

「無料で」集客することができないだけなのです。

あなたは無料の集客と有料の集客、どちらが難しいと思いますか?

言うまでもありませんが、無料の集客です。

有料の広告であれば、お金さえ出せば必ず一定のアクセスは集まってくれます。

仮にあなたが利益度外視でテレビCMを打ったと考えてみてください。集客できないでしょうか?

必ず一定数の方は集客できますし、もしこれで集客できないのであれば、ビジネスそのものを変える必要がありますよね。

ですが、無料の集客の場合は、そのような保証はありません。

1日10人以上のFacebook投稿にいいねをしても、毎日5本以上のYouTube動画を投稿しても、最低1,000文字のブログ記事を1日1本更新しても、集客できない可能性があります。

あなたの知っている同業のやり手の方は広告を出していませんか?

業界の認知度が高いあの方ですら広告を出稿しているのですから、どれだけ無料での集客が難しいかわかりますよね。

間違って認識して頂きたくないのは、無料の集客が良くないということではありません。

無料で集客できる仕組みを構築できているのであれば、それに越したことはありません。

でも、無料集客の仕組みづくりをするには時間がかかります。

例えば、ブログであれば記事が100~300個ないと効果が出ないですし、YouTubeであれば1,000本以上の動画が必要といわれています。

ですから、まずは有料で確実に集客して、その間に無料の集客媒体を育てておくのです。

つまり、時間をお金で買うということです。

順番が常識とは逆ということですね。

よく「ビジネスが軌道に乗ってからはじめて、拡大のために広告を使いたい」という方がいます。

確かにそういった使い方もありますが、広告の使い方はそれだけではありません。

実は、無料で集客する力のないスタートアップの時こそ本当は広告を使って有料で集客するべきなのです。

それも、できるだけ低コストで。

低コストで簡単に集客できる
Facebook広告とは?

では、どうすればできるだけ低コストで集客を実現することができるのでしょうか?

その答えが「Facebook広告」です。

最近あなたも耳にする機会が多いと思います。

Facebook広告では、

1. ニュースフィードで広告を表示する

2. 商品・サービス申込ページに誘導する


3. 商品・サービスを購入してもらう


という流れでお客さんを集めます。

シンプルですよね。

設定方法さえわかってしまえば、あなたもすぐにFacebookで広告を出稿することができるようになります。

そして、Facebook広告はスモールビジネスの集客にとても適しているのです。

スモールビジネスの集客で絶大な効果を発揮する
Facebook広告の3つの特徴

特徴

1

ターゲットを絞り込みまくることができる

ご存知のとおり、Facebookは実名制のSNSです。

アカウント登録時に設定する項目は、氏名や性別から住んでいる場所、職業、趣味・関心まであらゆる個人情報を入力します。

Facebook広告では、これらの個人情報を絞って、条件に合致したユーザーにだけ広告を出稿することができます。

その他の広告とは比べ物にならないほど、的確なターゲットに向けて広告を出稿することができるというわけです。

特徴

2

絞り込んだターゲットとよく似た人にアプローチできる

とても秀逸な機能が「類似オーディエンス」という機能です。

これは、絞り込んだターゲットとよく似たユーザーに向けて広告を配信することができるという機能です。

Facebook広告のターゲティングでは、あなたが持っているメールアドレスをアップロードして、そのユーザーに向けて広告を配信する、ということができます。

「類似オーディエンス」機能を使うと、そのアップロードしたユーザーとよく似たユーザーにまでアプローチを広げることができます。

あなたのFacebook上の友達はあなたのビジネスと関わりが深い人が多いのではないでしょうか?

他の方も同じように、自分のビジネスと関わりが深い人とFacebookで友達になっているケースが多いのです。

つまり、あなたの商品・サービスに興味をもつ人の友達も、あなたの商品・サービスに関心をもつ可能性が高い。そして、その方に絞って広告を配信することができる、ということです。

・・・可能性を感じませんか?

特徴

3

キーワードを1個も設定しなくていい

リスティング広告はキーワードの設定がとにかく面倒くさいですよね。

くわえて、管理画面の操作が難しいので、広告を配信するのがおっくうになってしまいます。

1回の配信であればなんとか設定できるのですが、継続的に広告を管理していくとなると、時間がいくらあっても足りません。

安定的な売上を確保したい場合、集客方法も継続性のあるものを採用しなければなりません。

その点、Facebook広告にはキーワードの設定が必要ありません。

1個もキーワードを設定しなくていいのです。

必要なのは、画像とキャッチコピーの2つだけです。

初心者の方でも簡単に広告を配信することができます。

何よりも、管理画面がリスティング広告と違ってシンプルですから、継続的に広告を管理していくのも手間ではありません。

意外とこういうところが実務的には大切だったりしますよね。

特徴

1

ターゲットを絞り込みまくることができる

ご存知のとおり、Facebookは実名制のSNSです。

アカウント登録時に設定する項目は、氏名や性別から住んでいる場所、職業、趣味・関心まであらゆる個人情報を入力します。

Facebook広告では、これらの個人情報を絞って、条件に合致したユーザーにだけ広告を出稿することができます。

その他の広告とは比べ物にならないほど、的確なターゲットに向けて広告を出稿することができるというわけです。
このようにFacebook広告はスモールビジネスの集客と大変相性が良い上に、設定がリスティング広告とは異なりとても簡単なのです。

まとめると、

1. ターゲットを絞りこみまくることができる

2. 絞り込んだターゲットとよく似たユーザーにアプローチを広げることができる

3. リスティング広告のようにキーワードを設定する必要がないので簡単


ということです。

「でも、やっぱり広告を使って
有料で集客するのは怖い。」

そうはいっても、これまでに広告を出稿したことがない場合は、有料で集客すること自体に心理的ハードルがあるかと思います。

広告を使って有料で集客する場合、もしも集客できなかった場合は、広告費がそのまま赤字になってしまいますからね。

こちらについては2つの回答を差し上げたいと思います。

回答

1

LTV(顧客生涯価値)から収支を計算してみる

実際に広告を出稿する前に、LTV(顧客生涯価値)から収支を計算することで、赤字への心理的ハードルを取り除くことができます。

簡単にシミュレーションしてみましょう。『セミナー集客』が題材です。

仮にあなたが広告を使ってセミナーに月間50人集客できたとします。

そして、バックエンド講座への成約率が50%だとします。

すると、25人の新規顧客の獲得ができるということになります。

バックエンドの講座が30万円の参加費だとすれば、30万円×25人=750万円の売上となります。

対して、広告費は20万円ほどで済みます。ですから、750万円ー20万円=730万円の利益ということになります。

ザックリとした計算ですが、あなたがFacebook広告を使って、集客できるようになると、この流れを実現することができます。

広告を使った有料の集客は確かにある程度のリスクはありますが、この売上をみすみす見逃したままでよろしいでしょうか?

そして、これを同業にやられていても良いですか?

そのせいで、ゆくゆくはあなたには価格で選ぶお客さんしか回ってこないかもしれません。

有料の集客とどちらがリスクが高いでしょうか?

回答

2

広告は普遍的な集客方法なので、投資と考える

極端ではありますが、仮に集客できなかったとしても、商品・サービスが販売できなくて表面上は赤字になったとしても、投資と考えるのはいかがでしょうか。

広告は昔からある告知・宣伝方法ですし、これからもなくなることはありません。

つまり、再現性のある集客方法です。

習得してしまえば、今後ずっと使えるスキルとなります。

対して、交流会で名刺を大量に交換したり、懇親会でチラシをたくさん配ったりするのは再現性がありません。

動き続けることができれば良いのですが、動けなくなった瞬間、集客できなくなります。

商売における問題の大半は「集客」です。

この問題を解決できるのであれば、時間がかかっても、多少の赤字でも広告に取り組む価値があるのではないでしょうか。

回答

1

LTV(顧客生涯価値)から収支を計算してみる

実際に広告を出稿する前に、LTV(顧客生涯価値)から収支を計算することで、赤字への心理的ハードルを取り除くことができます。

簡単にシミュレーションしてみましょう。『セミナー集客』が題材です。

仮にあなたが広告を使ってセミナーに月間50人集客できたとします。

そして、バックエンド講座への成約率が50%だとします。

すると、25人の新規顧客の獲得ができるということになります。

バックエンドの講座が30万円の参加費だとすれば、30万円×25人=750万円の売上となります。

対して、広告費は20万円ほどで済みます。ですから、750万円ー20万円=730万円の利益ということになります。

ザックリとした計算ですが、あなたがFacebook広告を使って、集客できるようになると、この流れを実現することができます。

広告を使った有料の集客は確かにある程度のリスクはありますが、この売上をみすみす見逃したままでよろしいでしょうか?

そして、これを同業にやられていても良いですか?

そのせいで、ゆくゆくはあなたには価格で選ぶお客さんしか回ってこないかもしれません。

有料の集客とどちらがリスクが高いでしょうか?

とはいえ、できれば赤字にすることなくFacebook広告を運用したいですよね。

ご安心ください。

そんなあなたのために今回のご案内をしています。

今回あなたにご案内したいのは、日でWeb広告の設計方法からFacebook広告の出稿方法までマスターするワークショップです。

その内容をご紹介しましょう。

Facebook広告攻略
ワークショップ

それでは、ワークショップの内容をご紹介しましょう。

コンセプトは非常にシンプルです。

「半日で実際にFacebook広告を出稿してもらいます。」

もちろん、「LTV(顧客生涯価値)から収支を設計した上で」です。

● 「学科」ーLTV(顧客生涯価値)から考えるWeb広告設計

● 「実技」ーFacebook広告を実際に出稿する

でそれぞれ3部ずつ、合計6部に分かれています。

(なんだか自動車教習学校みたいですね。)

半日で『Web広告設計』と『Facebook広告』を速習インストールする。

「欲しかったけど、なかなか無かった」

そんなワークショップの全貌をご覧ください。

学科

1

Facebook広告でできるターゲティング方法について

Facebookの肝中の肝である、ターゲティング機能について完全解説します。

これを知ることで、その他の広告とは比べ物にならないほど、確実に早く理想のお客様を集めることが可能になります。

最重要キーワードは「類似」です。

学科

2

広告費の設計と広告する商品の決定

いくら単価が安いとはいえ、広告出稿にかけられる広告費は予め計算しておく必要があります。

無料オファー、フロントエンド商品とバックエンド商品を見直すことで、LTVを考慮した設計ができます。

簡単な計算式テンプレートに沿って埋めていくだけで、きちんと利益の出る広告費を設定できます。

学科

3

これだけ!Facebook広告の基本ポイント

Facebook広告の基本的な仕組みや概念について確認します。

リスティング広告に比べ、非常に簡単な構造になっているので初心者の方でも抵抗なく理解できます。

ウェブ広告の概念がわかると、一気にウェブマーケティングが理解でき、集客がどんどん楽しくなります。

実技

1

Facebook広告の管理画面の正しい見方

広告管理画面の基本的な見方を習得します。

Facebook広告の管理画面はとてもシンプルです。

最初に設定するべきポイントや基本操作をこの時間で覚えて頂きます。

少人数ですので、わからない部分は個別サポート付きで進めていきます。

実技

2

Facebook広告を出稿する

実際にFacebook広告を出稿します。

学科2で設計した戦略をもとに広告を作成していきます。

ステップバイステップで手取り足取りお伝えするので、つまづくことなく出稿までたどり着くことができます。

広告の成果のポイントとなる広告文や画像についてのコツもお伝えします。

実技

3

Facebook広告を改善する

広告で成果を出すために重要なのが、「テスト」です。

はじめは6割でもいいので、出稿をして反応を見ながら改善を繰り返していきます。

ワークショップ参加後もご自身でテスト、改善ができるようになってもらうことがゴールです。

小手先ではなく再現性のあるノウハウをお持ち帰り頂きます。

学科

1

Facebook広告でできるターゲティング方法について

Facebookの肝中の肝である、ターゲティング機能について完全解説します。

これを知ることで、その他の広告とは比べ物にならないほど、確実に早く理想のお客様を集めることが可能になります。

最重要キーワードは「類似」です。

オンライン講座もあります。

Facebook広告攻略1DAYワークショップでは、オンライン講座も開講しています。ですので、会場に足を運べなくても、遠くに住んでいてもご安心ください。あなたは自宅で受講することができます。

オンライン講座は専用サイトで動画と資料を見ることができます。パソコンがあれば受講でき、講座の受講期限はありません。何度でも繰り返し見れるので、内容の復習をすることができます。あなたは時間や場所を選ぶことなく、Facebook広告を習得することができます。

(※オンライン講座のみ受講の場合、申し込み後すぐに講座を受講できます。ワークショップ参加の方は、ワークショップ参加後から受講できます。)

「ワークショップ」に参加する
メリットをまとめます。

ワークショップで
あなたができるようになること

  • 赤字にならないWeb広告の設計方法がわかるようになる
  • Facebook広告を実際に出稿することができるようになる
  • キーワード選定スキルがなくてもWebからお客さんを獲得できるようになる
  • ウェブ上で有料の商品やサービスを販売することができるようになる
  • お金をなるべくかけないでお客さんを集客できるようになる
  • ブログ、YouTube、Facebookに安心して取り組むことができるようになる
  • 思いついたアイデアをすぐにテスト・実行することができるようになる
  • 項目を埋めるだけで収支を設計できる「Web広告設計シート」が手に入る

ワークショップ参加者の声

FB広告の運用の仕方が分かって良かったです。
  • リストのアップロード
  • 効果測定で見るべき数字
  • 専門用語の意味
  • 広告費の出し方
  • 効果測定するポイント
  • 写真の使い方、効果測定
K.Tさま

判らない所をすぐに聞いて対処が出来ること
難しい所をカンタンに教えてもらえること
K.Tさま

FB広告とはの概略から実際の実技迄の一連の
流れで、体験出来る中味は素晴らしいです。
知識「0」でも、1日で広告出稿が出来る様に
なりました。
今後は実際に出向をしつつ深めて行きます。
山口雄二さま

とても勉強になりました。
Y.Wさま

実際にとりくめるようになった
Z.Sさま

全体像を分かってよかった
K.Hさま

知識を知るだけでなく、その場で操作が
でき、その場で相談できるのが、とても良かったです
ありがとうございました。
Y.Oさま

一日で、ぎゅっと集中して学べた。
Y.Tさま

具体的な出稿手順を実際に行え、その際に生じた疑問点を
すぐに質問できて、解決できた点。
N.Sさま

初心者にもとてもわかりやすく教えていただけて
ありがたかったです。
T.Kさま

とてもわかりやすかったので
関野祐智さま

・facebook広告の出稿までをていねいに教えて頂いた
・イメージどおりアットホームに学べた
高田玲さま

質問できて(ささいなことでも)その場で解けつできた
M.Tさま

お2人の人柄の良さが前面に出ていました。
話も分かりやすくふに落ちました。
村松 亘さま

少人数で聞きたいことがすぐに聞けたこと
志藤篤さま

実際に作成したのもよかったですが、
導線の話しがためになりました。
小林靖さま

広告費の算出の仕方を細く教えて頂いた事と
Web集客の導線を学ぶ事ができました
T.Sさま

講師のご紹介
(※各回で異なります)

小島勇人


茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。法政大学在学中、パートナーの本間と知り合い、共にYoutuberとして生計を立て始める。

1年間で作成した動画は1万本以上。ネオキャリアに内定をするも、インターンシップの段階で働き方へのギャップを感じ内定を辞退。その後はYoutuberとしての経験を活かし、士業、コンサルタントの動画マーケティングを支援。

100以上のセミナーや講座に携わる中で、スモールビジネスビジネス経営者が抱える悩みを感じ取る。それは、「ノウハウは分かるが実践が難しい」ということ。

現在はスモールビジネス特化の学び舎『このは屋』として、誰でも実践できる商売の具体的なやり方を解説した教材の販売を行っている。

「自身の経験、一人の若者としてできるウェブでの実践方法を簡単にわかりやすく伝えることで、ほんの少し世の中の役に立てればこの上ない」と小島は言う。座右の銘は「分をわきまえる」。

野沢翔


2〜3年前、全くパソコンに触れたことがなく基礎操作すら危ういほどのパソコン音痴だったが、「手に職を付けたい」と思い立ち、興味を持ったプログラミングを学び始める。

ITリテラシー皆無であったが、専門学校に通いつつ半年で習得し、簡単なECサイトを作成する。

専門学校に通う傍ら、知り合いにDVDのパッケージデザインができる人を探していることを知り、デザイン経験皆無にも関わらず、デザインに興味があるという理由のみで引き受ける。

短期間でAdobe「Illustrator‎」の使い方を習得し、デザインを納品。その後も、年間5本以上のDVDのパッケージデザインを施す。

現在このは屋では、プログラミング経験とデザイン経験を活かしWordPressのデザイン・開発を担当。シンプルながらも美しく思わずクリックしてしまうデザインの提供を心がけている。

本間勇人


大学卒業後、(株)船井総合研究所に入社。士業コンサルティング部門に配属される。

「社会人は最初の3年間で、その後の40年間が決まる」

という文言を会社からの課題図書で読み、わずか3ヶ月で退社。

退職後はYouTuberとして、1年間で1万本以上の動画を投稿して生計を立てたのち、コンサルタントや士業の「セミナー」をはじめとした動画活用とウェブマーケティングをサポート。

2年間で100以上のセミナーに携わる。

現在は、ウェブ集客のノウハウやそれを実践する具体的なツールの使い方について、DVDやセミナーを提供。

「かゆいところに手が届く」1人型のスモールビジネス経営者特化の学び舎「このは屋」を運営している。

なぜ今回「ワークショップ」を
開くことにしたのか?

これまで多くのスモールビジネス経営者の方とお会いしてきて、

「商品・サービスは素晴らしいのに、集客できないばかりに商売が思うようにいっていない」

という方をたくさん見てきました。

その一方で、毎回コンスタントに集客して、商品・サービスを販売して、どんどん商売をうまく回していく方を見てきました。

どちらの方も提供している商品・サービス自体にはそれほどの違いはありません。

どれも素晴らしい商品・サービスです。

違いはただ、「集客に使う方法が違っただけ」なのです。

つまり、無料の集客だけでなく、有料の集客を上手に活用しているということです。

一方が勤勉で、もう一方が怠け者というわけでは決してありません。

今回のワークショップでは、「LTV(顧客生涯価値)からWeb広告を設計する方法」「Facebook広告の使い方」についてお伝えします。

おそらく、Facebook広告運用代行業者やあなたの同業からは「勘弁してほしい」と思われることでしょう。

なぜなら、リスティング広告の広告費が高騰する中、Facebook広告は今もっとも費用対効果の良い広告にも関わらず、まだ情報が少ないため広告代行業務を受注しやすい領域だからです。

だから、自分で出稿できる人が増えたら業者は仕事がなくなってしまいます。

そして、あなたの同業は、広告を出稿するライバルが少ないことで甘い蜜を吸っているからです。

それでも、ワークショップを開催することにしました。

なぜならこのは屋では1億総商人の擁立を目指しているからです。

このは屋では「足ることを知る」を標榜しており、足りていないものにばかり目を向けるのではなく、「今持っているものに感謝をして、満足する」という生きやすい世の中になるための手助けをしたいと思っています。

たとえ、足りていないところがあったとしても、それは「短所」ではなく「個性」と捉えることとしています。

そして、人々が我慢することなく、良い意味でわがままに生きることのできる世の中を作りたいと思っています。

もちろん、このは屋の力だけで成し遂げられるとは思っていません。

ですから、自分の好きなことを仕事にしていこうと決心し、日々邁進されているスモールビジネス経営者の方々に今のご自身の力を最大限に活かして頂きたいと思っています。」

あなたがイキイキと仕事をしていることで、「独立して自分の好きなことを仕事にしよう」と考える人が増えて、生き急ぎすぎた世の中が元に戻ってくると信じています。

今回のワークショップは、「新たなインプットをしよう」といったものではありません。

すでにご自身の中にあるものを外に出していく仕組みをつくり上げるものです。

つまり、「もうあなたの手元に武器は揃っている」のです。

今回のワークショップは、そんなあなたのビジネス向上のお役に立てるものである、と信じています。

参加費用について

今回のワークショップでは短期的に通用するノウハウではなく、長期的に活用することのできるものを習得します。

通常Facebook広告運用代行費用は、およそ「月額5万円」

最低の契約期間が「3ヶ月~」というのが普通ですから、どれだけ安くても「15万円」はかかります。

商売は継続していくのが前提ですから、広告が「3ヶ月で十分」というのは考えにくいです。

つまり、最低でも「1年間」、場合によってはそれ以上の期間に渡って、代行をお願いすることになります。

仮に1年間だけ代行をお願いして、その間に広告スキルを習得するとしても「60万円」の費用がかかります。

ですが、スモールビジネスの規模で「月額5万円」というと、それなりの金額ですから費用対効果が合わなくて、実際は、「1年以内に代行を取り止める」というのが関の山でしょう。

それでは、何の意味もありません。

今回のワークショップに参加すれば、そのFacebook広告を自社で運用することができるようになります。

生涯的な利益を考えれば、参加費用は「30万円」、あるいは「50万円」でも決して高くはないでしょう。

ですが、今回のワークショップの参加費用は149,800円にさせて頂きたいと思います。

さらに、今このページを見ている方限定で特別に、、、

149,800円

↓↓↓

49,800円

ワークショップ+オンライン講座の参加:49,800円

オンライン講座のみ参加:29,800円


でご参加頂くことができます。定員は8名までなので毎回すぐに埋まります。

少しでも気になる場合は、お席が埋まってしまう前にお早めにお申し込みください。

30日間の満足保証

どれだけこのワークショップで

「赤字にならないWeb広告の収支設計方法を習得することができる」

「LTV(顧客生涯価値)を考慮したビジネスモデルを設計できるようになる」

「Facebook広告の実際の出稿方法や管理方法がわかるようになる」

といっても、あなたにはまだ不安があるかもしれません。

でも、満足保証があるのでご安心してください

もし、ワークショップに参加してあなたが満足しなかった場合どんな理由でも30日以内であれば、無条件で参加費を100%お返しします。

安心してご参加ください。

さらに、、、

参加者限定の【5大特典】

特典01

Facebook広告スタートアップテンプレート

特典02

Facebook広告出稿画像テンプレート10種

特典03

Facebook広告効果計測管理テンプレート

特典04

ワークショップ参加者限定の秘密のFacebookグループ『うぇぶジム』参加権

特典05

ワークショップ参加者限定の秘密のFacebookグループ『うぇぶジム』でのアフターサポート

ご参加頂いた方には上記の5個の特典をプレゼントします。

いずれもFacebook広告を有効に活用できるようになるためのものです。

あなたが今後、Facebook広告を出稿したり、Facebook広告の効果を計測して管理できるようになるためのものということです。


「Facebook広告出稿画像テンプレート10種」を使えば、Facebook広告で出稿するための画像を用意することができますし、「Facebook広告効果計測管理テンプレート」を使えば、収支を管理することができます。

さらには、ワークショップ参加者限定の秘密のFacebookグループ「うぇぶジム」に参加することができます。

参加後も不明点等があれば、他の参加者の方とやり取りを行なうことができますし、このは屋によるサポートを受けることができます。

場合によっては、
ご参加いただけません。

さて、「ワークショップの内容」と「参加後のアフターフォロー特典」についてご紹介させて頂きました。

ここで1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。

あなたがもし、Facebook広告を習得するなら

・同業にうんちくを語れるように、細かい広告の出稿ができるパワーエディタの使い方をマスターして

・広告代理店が使用するビジネスマネージャを使いこなして、、、


というようなことがお望みでしたら、このワークショップは見当違いです。

上記の方は、このワークショップではご満足頂くことが難しいと思いますので、他の教材や業者様にご依頼ください。

でも、もし、お望みが

・実業に役立つFacebook広告運用ノウハウ

・スモールビジネスの集客に特化したFacebook広告活用方法

・ビジネスモデルから設計した集客手段の1つとしてのFacebook広告


でよろしければ、このワークショップはきっと気に入って頂けます。

ウェブ担当者向けではありませんし、通販商品や物販にも活用できるような細かいFacebook広告ノウハウではありません。

ですが、スモールビジネスの経営者の方のFacebook広告集客には最適の内容となっていますので、十分に活用して頂けます。

お申込みはコチラから

10月11日(水)12:30~17:00 @東京 ※残席4

ワークショップ詳細

  • 場所:秋葉原オフィス(駅徒歩1分)※詳細は申込後にお知らせします。
  • 持ち物:ノートパソコン(必須)※Wi-Fi、無線LANにつながるもの
  • 支払方法:クレジットカード(PayPal)支払のみ
  • 定員:各回限定8名まで
  • 場所:秋葉原オフィス(駅徒歩1分)※詳細は申込後にお知らせします。

※各回先着8名様限定!
今すぐお申し込みください!
▼ ▼ ▼

よくある質問(Q&A)

Q
パソコン初心者ですが、大丈夫でしょうか?
A
検索エンジンを使って検索したことがない場合やメールをパソコンで送受信したことがない場合は、ついていけないかもしれません。

反対に上記が問題なくできるのであれば、十分に有意義なお時間になるかと思います。
Q
参加にあたって、何か必要なものはありますか?
A
ご案内の通り、今回のワークショップでは半日でFacebook広告を出稿するところまで行ないます。

ですので、無線LANにつながるノートパソコンをお持ちください。

ノートパソコンをお持ちでない場合は、ご参加いただけませんので、あらかじめご了承ください。
Q
パソコン初心者ですが、大丈夫でしょうか?
A
検索エンジンを使って検索したことがない場合やメールをパソコンで送受信したことがない場合は、ついていけないかもしれません。

反対に上記が問題なくできるのであれば、十分に有意義なお時間になるかと思います。

追伸

ここまでお読み頂きありがとうございます。

もしかすると、いきなりここを読んでいるかもしれませんね。私もそのタイプです。

上から読んでも、ここから読んでもご理解頂けるように、お伝えさせて頂いたことをまとめさせていただきますね。

今回、このは屋で「Web広告設計方法」と「Facebook広告攻略方法」を半日で一度に習得できるワークショップを開催することになりました。

このワークショップに参加することで、「キーワード選定スキルがなくても、ブログやYouTubeをやらなくても集客する」ことが可能になります。

なぜなら、このは屋で実際に行っていますし、その実践のキモである「Web広告設計シート」「Facebook広告攻略方法」をお伝えするからです。

ワークショップでは、1人1人の参加者の方をしっかりとフォローしながら進めていくために、各回の参加人数は6名様までと非常に少人数での開催となっています。

少しでも「役に立ちそうだな」と思われたのであれば、お早めにお申込みくださいね。

最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて締めとさせてください。

「もう、あなたの手元に武器はそろっています。」

あとは、それを使うだけです。

私はあなたが武器を使うことに対して、手助けができると思います。

ここまでお読み頂いて、もし私のメッセージにご共感頂けたのであれば、ぜひワークショップにご参加ください。

あなたとワークショップでお会いできることをこのは屋一同楽しみにしています。