あなたの起業への
セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは、あなたが今のままで良いのか、
よりふさわしいやり方があるのかを、
選択をするために活用できます。


1時間2万円

体験版3,000円

今すぐ申し込む

まず、2人の実例をご紹介します。


うつで休職していた私の起業

U.Kさん 40代女性


すみません。転職をしたので今は実名を出せないのですが、
私は澄さんのメンタル・コーチング・セッションで
自分を取り戻しました。


今は、誰から見ても私が”うつ”だった、
なんて見えない自信があるのですが、
新しい職場でわざわざ
「前職は”うつ”で休職していました」って、
言いたくないので。


以前いた会社は、この数年間で
ずいぶん空気が変わった気がします。
何が変わったかって、
みんながお互いに無関心。
そのくせ、噂、陰口、思い込みを言われたり、
ストレスフルな環境になってしまいました。



 会社のストレス・マネージメント 


そんなこんなで実は
会社のストレス・マネージメントのチェックに
引っかかってしまい、人事部から
「産業医との面談を」という通知。

上司も「休職して薬を飲め」と言ってきました。


産業医には会いましたが、精神科にはいく気がせず、
なぜなら抗うつ剤で全く治るどころか、
頑健だった身体もやせ細って
亡くなった父の姿をみていたからです。

でも、だからどうすればいいのかはわからない。



以前仕事の営業先だった話のわかる方に、
思わず心境を吐露してしまったところ、
親友だという澄さんをご紹介いただいたのです。
早速メールでコンタクトを取らせていただくと、
返ってきたその返信だけで
「ああ、ぜひお願いしよう」という気持ちになりました。



感情を揺さぶられるとか、
不安が解消できそうだとかいうよりも、
私の最も深層の本質の部分が、
肯定されたような気がしたのです。


しばらくメールでのやり取りをさせていただき、
そして面談コーチング。



今まで心に引っかかっていたことや、
モヤモヤと輪郭を結ばなかったことが、
なんだかストンストンと言葉になっていく体験、
自分の表現を書き換えるヒントなどをいただきました。



少しして、復職をどうするかで
上司と連絡したところ
「やはり医師の診断書がないと」のような返答。



  産業医の言葉にびっくり  


澄さんからのアドバイスも受けて、
産業医とは会うことにし、
自分がコーチングを受けたことを知ってもらいたくて
直属の上司の上の総務部長にお願いして
同席していただきました。


すると、びっくりしたことに、
休職前の私を知っている産業医が、
私の様子がすっかり変わっていることを認知してくださり
「あなたに合えば、なんでもいいんですよ」
と言っていただけたのです。

何より、私の改善ぶりは、
産業医が目に見えて感じてくれたのです。


そして私自身、話し方、伝え方って、
本当に重要だ…と身にしみました。


その後、復職も考えたのですが、
私自身が仕事に対する考え方をすっかり変えて、
以前とは全く違う職種環境にトライしました。
無関心だったはずの上司が、
退職を惜しんでくださったのは嬉しかったです。



   これからの道   


前職を選んだのはやはり、
会社の規模とか知名度、そういう
外側の情報で選んでいたことも自覚しました。


新しい仕事は、
憧れてはいたけれど
自分にはとても無理だろうと思っていた、
自立・起業の道に繋がると思っています。



起業に欠かすことのできない
地道なビジネス構築の仕組みづくりや、
数字をきっちりと考えて行くことなども、
ちゃんとやる気が起きているから不思議です。


新しい職場では「やらされ感」なしで仕事をしながら、
自分の中の起業家マインドを育てて行くつもりです。


思い込みを ひっくり返す

K.Mさん 70代男性


今は立場上、実名を出せませんが、
私は随分以前から椎原さんを知る者です。
私のみならず、若い者たちもお世話になっています。


実は私は彼女から、それまでの自分の価値観を
根底からひっくり返されたことがあります。
正直驚いたけれども、不快じゃないんです。


自分が本当に望んでいることは曲げる必要はない。

だけど、自分がかなり昔から
「それしかない」と
思い込んでいたものの言い方や伝え方、
いわば手法が間違っていただけだと気づいたのです。



   怒りが原動力だった   


私の世代は同じかもしれませんが、
なんとか若い者に伝えたいという思いが
「なぜ今の若い者は理解できないんだ!」
の怒りになってしまっていました。

今の教育が悪いからだと、そう思っていた。


そうなんです。
怒りが原動力になっていたのでした。



こんなに口を酸っぱくして言っているのに、
最初は目を輝かせて素直に聞いているのに、
なぜか実践が伴わない・・・

それは、
私が一律の指導をしているからだったと
気づいたんです。



人はそれぞれタイプも違う、
解釈の仕方も違う、
物事の受け止め方も違う。

でも、同じことを伝えるにしても、
一斉に皆に話した時に伝わりやすい表現もある。
人の心に、すっと入り込んでいく言い方もある。


その上で、個別にアフターフォローできたら、
だんだん若者の顔つきが変わってきました。



  澄さんに言われた言葉  


「教育という言葉は、
『教』と『育』で成り立つのに、
『教』の方ばかりが強調された教育が確かに多いです。

先生の理想は素晴らしいし、
人を育てたいという熱意も半端ではないと感じます。


でも、中華料理が食べたい人に
『これはイタリア料理でなければ、キミに必要な栄養は取れん!』
と言っているみたい。

同じ素材でも調理方法を変えることで
美味しく食べてもらえるのでは?
一緒に料理してあげたら、身につくことも早いのでは?」



 ジャッジせずいられるように 


不思議なことに、以前は
怒りが原動力だと思っていましたが、
感情のメカニズムがわかってくると、
その作用が身体に及ぼす影響まで
身体感覚でわかるようになってきました。

自分の中から、かなり
怒りの感情が消えていることに気づいたのは驚きでした。



私の人生の中で受けた理不尽なこと、
誤解や中傷などへの義憤が
以前はそのまま言葉として出ていたのですが、

それも自然に表現が変わって行き、
ジャッジしないで人の話を聞けるようになりました。


大きく育てた自分の事業も
時代の陰りを受けての低迷かと思っていましたが、
人材の育て方で大きく変わっていくのだと実感しています。


教育者、指導者、上に立つ方々の全てが、
私と同じ体験ができることを願っています。

どんな立場の方にも
応用が効く
起業セカンドオピニオン」

それは、あなたが

あなたの本質に

出会い直すからです。

開催概要


名 称 起業セカンドオピニオン体験版
個別セッション
日 時 2018年2月5日(月)〜日程選択可(フォーム内)
時 間 13:00~14:00 / 15:00~16:00 / 19:00~20:00
場 所 東京都大田区鵜の木(詳細は別途メールします)

面談、FB電話、ZOOMのどれでもお選びください
料 金 3,000円 / 60分
お支払い方法 銀行振込・Paypal
お問い合わせ office@snug.or.jp
主 催 一般社団法人snug(スナグ)
料 金 3,000円 / 60分

あなたも

「やりたいことがお金になって、 
それで生きていけたらいいな。」


そんな想いを持って、

起業に向けて
様々な学びをしてきたのではありませんか?

そんなあなたに、
3つの質問をしたいと思います。

POINT
1


どんな未来のために、
起業しようと思ったのですか?


起業で叶えたい未来は人それぞれです。

 

「自分のやりたいことで人に喜んでもらって、それでお金を稼いでみたい」

「誰かに頼らなければいけない生活ではなく、自立して生きたい」

「やりたいことを形にしたい」

「力になりたい人がいる」

「自分の可能性を広げてみたい」

「自分に合った働き方を実現したい」

 

どれも素晴らしいですね。

 

さて、あなたが望んでいた未来は、どんなものでしたか?

POINT


その未来は、実現しましたか?


どうでしょう。

 

「実現しています!」

そんなあなたは素晴らしいですね。

きっと学びを本当に自分のものにして、

現実を変化させたのでしょう。

 

「実現していません・・」

そんなあなたもご安心ください。

まったく諦める必要はありません。


きっとこの内容がお役に立つはずですので、

もう少し読み進めてみてください。

POINT


その未来に向かって、
現実は変化していますか?


今はまだ実現していなくても、

そこに向かって進んでいれば大丈夫です。

 

でもここでひとつ注意。

きちんと「現実」を見てください。


 

・たくさん学びがありました

・仲間がたくさんできて充実してます

・毎日が気づきの連続です

・成長している実感があります

 

もちろんこういうことも大事です。

でも、きちんと「現実の変化」にも目を向けてみてください。

 


・売上はアップしているか?

・集客は増えているか?

・以前できなかったことで、できるようになったことは何か?

 

こういう部分が、

3年前、1年前、3ヶ月前と比べて

具体的に変化しているのなら、

そのまま進んでいけば

望んでいた未来は手に入るかもしれません。




「実は、お金になっていない…」

そんなわたしは、どうしたらいい?

「実はお金になっていないし、現実もそれほど変わっていない・・・」

そんなふうに感じた方もいるかもしれません。

 

学んでるのに。

資格も取ったのに。

メンターも仲間もいるから、きっとうまくいくはずだけど・・・。

 

「結果が出るまで頑張る!」

それもひとつの道ですね。

 

でも、もしかしたら、

うまくいく人はみんな無意識にやっている

「本当に必要なこと」

が、抜けてしまっているかもしれません。



学びはすべて「一般論」である。


そう、「学びはすべて、一般論」

ということです。

 

「こうやったら売上が上がる」

「こうやったら集客できる」

「こうやったら認知度が上がる、ファンが付く」

「商品の作り方」

「ブログの書き方」

「SNSの見せ方」

「マインドの育て方」

「やりたいことの見つけ方」

「この業界ではこうしたらいい」

「こういうお客さんにはこう対応したらいい」

 

 

などなど、

起業する上ではたくさんの「学び」がありますが、

これらはすべて、「一般論」です。

 

「一般論」は、

多くの人に「ざっくり」当てはまります。

 

「ざっくり」当てはまるけど、

「ぴったり」とはハマりません。

 

ぴったりハマらない一般論は、

いろいろなところに、少しずつ「ズレ」を引き起こします。



「あなただけの答え」の見つけ方


じゃあ、その「あなただけの答え」、教えてほしいですよね。

でもこれ、実は・・・

誰も教えてくれません。

 

なぜなら、

誰も知らないからです。

実は先生・メンターでさえ。

 

もともと、「答え」があるわけではないのです。

見つけていくのです。

 

そのために最も大切なもの。

 

それは、「対話」です。

 

今まで人生で経験を積み重ねてきたあなたと、

決してあなたのことを「決めつけない」他者

その両者が深い対話をしていくことで、

あなたも、メンターでさえも知らなかった

「第三の答え」が見つかります。

 

あなたが言葉にできずに

もどかしく思っていたことが言葉になった時、


それこそが、

「あなただけの答え」

です。




あなたに合う場所は?


さて、この「対話」ですが、

1人の「対話のプロ」がいたらすべて解決!

みたいな単純なものとは少し違います。

 

もちろん「対話のプロ」は必要です。

しかし、一緒に学びや対話をしていく「仲間」の存在や、

それらすべてを含めた「場」の力によって、

「あなただけの答え」の発見は促進されていきます。

 

だから、

「その場があなたに合っているかどうか」

というのも、

とても大事なポイントであるわけです。

 

 だからまずは

「自分に合っているかどうか」を確認してほしいし、

「そもそも対話ってどんなものか」を体験してほしいと思っています。



「起業セカンドオピニオン」で
あなたが得られること

    • 対話によって「あなただけの答え」の一端がわかる。

    • これまでの学びが無駄にならない実感を得られる。

    • 望んだ未来を叶えられるイメージができるようになる。

・今までの学びをムダにしたくない方

・やりたいことを形にしてお金を得ていきたい方


・望んだ未来を絶対叶えたい方

 


そんなあなたを、お待ちしています。

講師プロフィール

椎原 澄(しいはら すみ)


一般社団法人snug(スナグ)代表理事

コーチ、講師、プロデューサー

23歳でデザイン事務所を起業。

後にセミナーハウスを併設してB to Cの仕事もこなしながら、90年代はNTTの社内イベントプロデュース、中国電力の展示館プロデュース、マイクロソフト社のMSN立上げ時のコンテンツ・プロデュース、中小企業のコンサルティング、研修など、幅広い業種・業態の仕事をこなす。

2001年以降は家族のケアで第一線を離れ、メールによるコーチングや講師業をしながら、家族3人を看取る。

その後は、高齢者を取り巻く医療・福祉、家族関係の構築に着手する一方、起業や個人事業を目指す人々に向けての様々なノウハウを教える講座はあるものの、各自がそれを自分の中に落とし込んで消化することができずに、本質的な人生の変化をもたらすことができない人々を目の当たりにする。


40年を超えるビジネス体験で目の当たりにしてきた「時代を超えて通底する普遍的なビジネスの根底」と、「時代の趨勢と共に移り変わるトレンド、技術、ものの価値観」の両面をつなぐ必要性を感じ、「学んだこと」を「できること」にするまでのプロセスを自覚できる「意識の構造の自覚」を促すコーチングセッションや講座を多く手がける。

「関係性の中の自己の確立と活かしあい=個の確立と共生」を実践する一般社団法人snugを立ち上げサポートを開始している。

理論だけではない脳科学の読み解きや、生命感に根ざした人間理論に基づいたセッション、幅広い人生経験をバックボーンにひとりひとりと深く向き合う姿勢で、多くの人に希望を与えている。



ーーーこんにちは、インタビュアーのTamです。
   今日は椎原 澄さんの本音をあぶり出すべくインタビューに伺いました。
   こちらのページを拝見したのですが、体験者の方の声が印象的でしたね。


澄)今回、冒頭に登場してくださった
お二人は、
全く違うご体験を経てきた、
社会的な立場も異なる方ですが、

共通することは
「自分の意識の環境を変えた」ことで
周囲との関係を変え、
自分のビジョンを実現していく
手立てを得ることができた例です。



ーーー今回は起業したい人、これから起業する人に向けてのコーチングということですが。


澄)現在は起業においてもたくさんの
「知識情報」が溢れ、
誰でもが起業できるような
風潮も作り出されています。



ーーー会社員も副業が当たり前の時代ですものね。


澄)確かに「ビジネス構築」には、
ある意味どんな時代にも普遍的な

「ビジネスマインドの基本」や

「経営者として把握すべきこと」、
「継続運営に必要な仕組みづくり」
「より成長するための情報収集や新規の取り組み」に加えて、

時代に合わせた「刻々と変わる新技術との取り組み」や
「関係者との関係構築」などなど、
「一律に学んでおくべきこと」が多々あります。



それをわかりやすくパッケージ化して
辿ることでマインドセットができ、
成功できる方もいますが、
それが一過性の方もいますね。




ーーー「◯◯で稼ぐ」という講座や「1ヶ月で◯◯円の収入」といったセミナーは数多く見かけます。


澄)はい、しかし・・・

私は40年以上の長いビジネス体験、
それもかなり多様な業種・業態に関わる
仕事をしてきて、
昨今の起業ブームに
危惧していることがありました。



それは、
「一律に学ぶことと、
それをすぐ行動に移せないことで、
なかなか自分の仕事を確立できない
と感じている人々の存在」です。





ーーーいわゆる「セミナージプシー」と呼ばれている方たちもいらっしゃるようです。


澄)講師・コンサルタントは
「必要なことを教え、それができるか
できないかは自己責任」
というのがその立場ですから、

コミュニティーを作って
仲間をフォローしあったり、
新規の事業に誘って気持ちをつなげたり
というアフターフォローがせいぜいです。





ーーー講師としては、すべての生徒さんたちを引き上げたいとは思っても、できない人に引きずられたくない、というのも本音ではないでしょうか。


澄)人は本来、そのタイプによって
学び方も活かし方も違うのに、
その「違い」について
教える側がそれを考慮していない、 

することができないという盲点があるのです。


本来のコーチングはそこに焦点を当てて
フィードバックを与える役割ですが、

そのコーチですら今はパッケージングされた
ノウハウやセオリーの提供で、

受ける側も「それを実行できない自分の側を変えなくては」と、
いつの間にか思い込んでしまっています。




ーーー教えるとはこういうことだ、教わるとはこういうことだ、と両者が決めてしまっているかのようですね。


澄)はい。その通りだと思います。
でも、学ぶ側がそこを飛び越えるのは、
そんなに難しいことではありません。



何か心に納得感がない。
このままでいいのだろうか?

どこに答えがあるのだろうか?
という気持ちのある方、

どうぞお気軽に今回の体験版をお試しください。