成約率を上げるための 
FAXDMリストの取得方法!



あなたの会社の商品を正しく営業できていますか?
競合・ライバル会社に負けないために成果のでるFAXDMリスト作りを伝授します。

こんなお悩みありませんか?

FAXDMを行ってみたいが、営業先のFAX番号リストがない。FAX番号リストはあるが、リスト数が少なすぎる。
反響よりもクレームの方が多いのではないか?
FAXDMを行った所で効果なんてまったくないのでは?
リスト購入などに費用が掛かりそう。費用に見合った成果が出ないのでは?

沢山の方が抱えているそのお悩み
解決します!

  • 営業リストはどうやって探したらよいのか?
    どのくらい費用が掛かるのか?
    営業リストがなかったり、リストはあるが件数が少ない場合
    次の方法で見込み先となるFAX番号リストを集める事ができます。

    (1) 名簿冊子・企業情報の書籍などを参考にする。
    (2) リスト収集ソフトを利用する。
    (3) 名簿業者よりFAX番号のあるリストを購入する。

    (1)について、書籍によっては企業のFAX番号が掲載されているものもありますので、そういった書籍、冊子を参考にしましょう。
    無料で配られるようにフリーペーパーもあれば有料で販売されているものもあります。

    (2)について、例えば「リスト収集ソフト」といった語句でインターネット検索を行うと、取得ソフトを販売しているサイトが出てきます。費用や取得内容も様々ですので、自身にあったソフトを選んでみましょう。
    中には無料で使えるものもありますので、そういったものを使えば費用は格段に抑えられます。
    参考 :https:/ /ameblo.jp/listmarket/entry-12358598943.html

    (3)について、名簿業者から購入する場合も掛かる費用やリスト形式など様々です。古い情報のリストではFAX番号が使えない場合もありますので、購入する場合は、いつ更新されたデータなのかを確認して購入するようにしましょう。
  • FAXDMに効果なんてあるの?
    FAXDMの反響率は一般的に1000件に1件と言われています。反響が見られない場合、以下の点を見直してみましょう。

    (1) FAXを送るターゲットが見込み客とかけ離れていませんか?
    (2) 早朝や休日、業務が多忙な時にFAXを送っていませんか?
    (3) FAXを受け取った相手が内容に興味を持った時、どのように行動すればいいのか明確に記載されていますか?
    (4) FAXを送りっぱなしではなく、フォローの電話も掛けてみましょう。
  • 反響よりもクレームの方が多いのではないか?
    飛び込み営業と同じですから、DMが必要ないお客様からはクレームが来るのは仕方がない事かと思います。クレームが来た時に二度とその会社には送らないようにするなどしっかり対応をしましょう。また深夜や早朝といった時間帯には送らないようにしましょう。この点に気を付けておけばクレーム数も格段に減ってきます。
  • 営業リストはどうやって探したらよいのか?
    どのくらい費用が掛かるのか?
    営業リストがなかったり、リストはあるが件数が少ない場合
    次の方法で見込み先となるFAX番号リストを集める事ができます。

    (1) 名簿冊子・企業情報の書籍などを参考にする。
    (2) リスト収集ソフトを利用する。
    (3) 名簿業者よりFAX番号のあるリストを購入する。

    (1)について、書籍によっては企業のFAX番号が掲載されているものもありますので、そういった書籍、冊子を参考にしましょう。
    無料で配られるようにフリーペーパーもあれば有料で販売されているものもあります。

    (2)について、例えば「リスト収集ソフト」といった語句でインターネット検索を行うと、取得ソフトを販売しているサイトが出てきます。費用や取得内容も様々ですので、自身にあったソフトを選んでみましょう。
    中には無料で使えるものもありますので、そういったものを使えば費用は格段に抑えられます。
    参考 :https:/ /ameblo.jp/listmarket/entry-12358598943.html

    (3)について、名簿業者から購入する場合も掛かる費用やリスト形式など様々です。古い情報のリストではFAX番号が使えない場合もありますので、購入する場合は、いつ更新されたデータなのかを確認して購入するようにしましょう。
インターネットが普及し、WEB広告に予算をかけられる企業が増えてきた一方、成果がなかなか見えない、潜在的なニーズに対して効果的なアプローチができないと感じる人が増えています。

FAXDMの場合、短い期間で反響を獲得できると同時に潜在ニーズに関わらず貴社のサービスの価値を伝えることが出来ます。

そして、メッセージ・広告内容を改善していく事で、様々な企業へアプローチする事で、徐々に自社の製品・商品の認知度を高めることができます。

お客様が商品を購入するタイミングは様々ですので、そのタイミングを逃さないように上手くアプローチをしていきましょう。