好きなことを仕事にしたい

* 経歴 *
  • 長野県白馬村のリゾートホテルに就職
  • 関西に戻り、インテリアスタイリスト・カラーコーディネート養成コースで学ぶ
  • 創業スクールに通う
  • カラーコーディネーターとして活動を開始
  • キャラクターブランド「Ane.dihor」を立ち上げる

大学を卒業後、就職先に選んだのがリゾートホテル。

都会育ちの私は、ゆったりのんびりとした環境で仕事をすることに憧れていました。
フロント、レストラン、ルーム掃除、全ての業務を経験する中で、得意なことというのは、自然にやる流れになるんですね。

例えば、

毎週、花屋から届くお花をレストランのテーブルやエントランスに活けたり。
たまたま担当がいなくて、代わりに生けたところ「上手だね~。これから毎回やってくれる?」とか、

客室ドアのルームナンバーを全て作って!とか、
案内用の看板作り
パンフレットの作成

物を作る作業が全て私に回って来る
主張したわけでもなく、自然の流れの中で。


この時に感じたことは、どんな業種においても「デザインする仕事」は出来るんだな~ということ。

この頃から、デザインという仕事を意識し始めたかな。


それから地元の関西に戻り、インテリアスタイリスト・カラーコーディネートの養成コースに通って勉強しました。


雑貨屋さんでアルバイトをしながら、「自分で何かやってみたいな。」「オシャレなカフェでもやってみたいな。」と漠然と思い描き、

創業スクールにも通い始めました。

そして起業について学び始めてすぐに、「カフェは無理だな。」と、、。
あまりにも初期投資の費用がかかるのと、経営の経験もないのにリスクが高すぎます。

「じゃあ、何する?」

資格を活かして、我が身一つできる「カラーコーディネーター」として活動を開始しました。


フリーランスでの活動ですから、とにかく営業!
自分を売り込まなくては仕事がないわけですから、あらゆる交流会に参加しました。


そこで、また

「たまたま自然の流れに~。」が顔を出すのです。


たまたま描いたイラストを気に入っていただたき、「この絵を入れて私の名刺を作って!」と依頼されたのです。

名刺というのは配るものですから、評判が評判を呼び「私も!私も!」と依頼が増え、
いつしか、カラーコーディネーターからデザイナーへ、そしてイラストレーターへ自然の流れで変わって行きました。


そして、またまた自然の流れ~

私が描いたいたイラストをキャラクターグッズにしようと、
2017年にキャラクターブランド「Ane.dihor」を立ち上げました。


今振り返って思うのは、

好きなことというのは、触れる機会が多いわけですから、人より上手だったり得意なことになっているんですよね。

「好きこそものの上手なれ」

好きなことにアンテナを張っていれば、ことは向こうからやって来る。

自分の心に正直に「好き!」を仕事にすることが出来たら、こんなに楽しいことはないですね!ドキドキ、ワクワクの連続です!


好きなことを仕事にする!


不可能なことではありません。
自分の心気持ちしだいで実現可能なのです。