ファスティングでダイエット!
酵素ドリンクで置き換えファスティングを
始めませんか?

ファスティングで
たった7日間で-6kg!?
ポッコリお腹も引っ込む
現代人の多くが抱えている

こんなお悩みを簡単に解消し、誰もが羨むような
容姿と
健康的な肉体を手に入れる方法があったら

あなたは知りたくありませんか?
Fasting
ファスティング

ファスティングとは?

定期的なデトックス(解毒)で体内をリセット!
ファスティングとは、「断食」や「絶食」のことです。
断食にはとても古い歴史があり、宗教の儀式や修行として行われていたと言われています。
またドイツをはじめアメリカやロシアなどでは、「断食は究極の健康法」とされ専門の病院があるほどです。

食を断ち消化器官を休ませることで体内をデトックス(解毒)し、私たち人間の体にもともと備わっている自然治癒力を高めてくれます。

現代人は便利で手軽な加工食品や、高たんぱく・高脂肪食品の過剰摂取などによって、消化器官が休まるヒマがなく疲れきっている状態です。

定期的に断食を行って体内をリセットしましょう。

究極の健康・美容メソッド

ファスティング 酵素ドリンク The Fasting
ファスティングは、ただ単に食事制限でカロリーを抑えるダイエットを目的としたものではありません。

一時的に消化器官を休ませることで排出機能の働きを最大限まで高め腸内環境を整えます。

ファスティング中の一定期間は固形物を摂取しないため普段は消化吸収に使われてしまう消化酵素を温存することができます。
また、酵素のムダ使いを防げば代謝酵素の働きが活性化され、これまで停滞していた、酵素も排出されやすくなります。

今、究極の健康・美容メソッドとして注目を集めているファスティングは完全な絶食ではなく、野菜や果物を原料とした酵素ドリンクなどを摂取しながら実施するため、ご家庭でも安心して取り組んでいただけます。

定期的にファスティングを行うと、腸内環境が整い体内の毒素が排出されやすくなるため、健康で美しい体づくりに役立ちます。

なぜ現代人にはファスティングが必要なのか?

美肌、ダイエット、アンチエイジングの強い味方!
コンビニ ファミレス 食べ過ぎ
「飽食の時代」と言われている、私たちはいつでも場所を選ばず好きなだけ食べられる豊かな環境にいます。
ですが、現代社会ではコンビニやファミリーレストラン、ファーストフードなどで食事を済ませる人が増えたことから、健康問題が懸念されています。

加工食品は時間のない現代人にとってありがたいものですが、高カロリーなものが多く食品添加物や残留農薬、有害金属、環境ホルモンんどの弊害も軽視できません。

現代の豊かな食習慣は、体内に毒素(有害金属)を蓄積する原因となり健康や美容の大敵となっているのです。

ファスティングで悪循環を断ち切ろう

ファスティング 腸内環境 デトックス
食品添加物や遺伝子組み換え食品に多く含まれる有害物質は、体内で大量の活性酸素を発生させ腸内を汚します。

腸内環境が悪くなると、健康や美容のカギとも言える排出力がどんどん弱まり、出すものより入れるものが多ければ不要なものが溜まって体に様々な悪影響を及ぼすことは容易に想像できますよね。

ファスティングはこうした悪循環を断ち切り体内に蓄積された有害物質を排出する手段として注目を集めています。

健康や美容に悪影響を及ぼす原因

有害物質 悪影響 ファスティング
現代のいつでも手軽に好きなものが食べられる食習慣では常に過食気味で排出が追いつかなくなり、代謝不良を引き起こしやすくなります
特にファーストフードやコンビニ食などの加工食品や、トランス脂肪酸をたっぷり含んだ菓子類などが多い食生活では消化吸収のため体内の酵素(消化酵素)を大量に消費します。

酵素が大量に消費されると、本来は解毒やターンオーバーに使われるはずの酵素(代謝酵素)が慢性的に不足しがちになってしまいます。
そのため、過食は代謝不良を引き起こし健康や美容に悪影響を及ぼす原因になっていると考えられます。

酵素って何?

ファスティングで慢性的な酵素不足を解消!
酵素とは私たちの体に存在する、
消化・吸収・代謝
生命維持に必要な反応に欠かせないものです。
体の中でつくられる酵素には
私たちの体内にもともと存在する
「潜在酵素(体内酵素)

食事よって摂り入れる「体外酵素」
があります。
また、潜在酵素は大別すると
代謝や細胞分裂に関わる「代謝酵素」
消化や吸収に関わる「消化酵素」がありそれぞれ重要な役割を担っています。

現代人の食生活で慢性的な酵素不足に

年齢差による体内酵素の差
消化・吸収・代謝とダイエットとも深い関わりのある酵素ですが、体内でつくられる酵素の量は年齢と共に減少します。さらに、潜在酵素(体内酵素)には限りがあります。

そのため、加工食品や高GIの過食で酵素をムダ使いする現代の食生活では消化酵素が大量に消費され代謝酵素にまで回すことができなくなります。

体内酵素は20代をピークに40代になると休息に減少するため加齢とともに体形が変わったり疲れやすくなったら酵素不足のサインかもしれません。
酵素不足の生活を続けていると代謝がスムーズに行われにくくなるだけでなく体内のあらゆる反応に支障をきたし体は様々なリスクを抱えることになります。
気になる変化が出てきたら、まずは酵素不足になっていないか普段の食生活を見直してみましょう。

ダイエットと深い関わりがある
「消化酵素」「代謝酵素」

酵素 潜在酵素 体内酵素 消化吸収 ファスティング
ファスティング中は、沢山のエネルギーを費やす消化活動が休まるだけでなく、
体外から「酵素」を意欲的に摂取することで
「消化酵素」「消化酵素」を温存することができます。
体内の「潜在酵素」は代謝や排泄に回され
「代謝酵素」が活性化されるのです。

痩せにくいのは酵素不足が原因かも?

ファスティング 過食 消化酵素 代謝酵素
酵素を補いながら行うファスティングで
「消化酵素」を温存し「代謝酵素」を活性化させましょう!


ファスティングをやってみよう!

ファスティングにチャレンジ!
健康的な生活を送るために無理なく正しく定期的に行いましょう!
当サイト推奨しているファスティングは
「健康維持」と「美容」を目的としたものです。
酵素ドリンク(植物発酵飲料)などで必要最低限のカロリーやビタミン、ミネラルは
補給しながら無理なく実施していきます。
それぞれのライフスタイルにあわせ、
3つのパターンがあります。
 お手軽に始める! 
半日間 ファスティング プログラム

  • 仕事で会食や飲み会が多い
  • 休日に外食の予定が多い
  • 気軽にファスティングを試してみたい

朝食または夕食を酵素ドリンクに置き換えます。

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml) 
 昼:おかゆなど消化に良いもの 
 夜:おかゆなど消化に良いもの

 初心者向け! 
1日間 ファスティング プログラム(推奨月2回)

  • ファスティング初心者
  • 週末だけファスティングを行いたい
  • 忙しくて精神的に余裕がない

このプログラムは「断食期間:1日間」「回復食期間:1日間」
計2日間で実施します。
■断食期間の1日間は3食を酵素ドリンクに置き換えます。
■翌日は朝食を酵素ドリンクに置き換え昼食と夕食を回復食にします。

1日目 断食期間
(1日3食を酵素ドリンクに置き換え)

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 夜:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)

※酵素ドリンクだけではなく、1日2Lを目安に良質な水を飲んでください。
冷たい水を一度に沢山飲むと体を冷やす原因になりますので、なるべく常温で10回以上に分けて飲むのが理想的です。

2日目 回復食期間
(1日1食を酵素ドリンクに置き換え)
ファスティング終了から通常の食事に戻すまでの期間です。
液体から柔らかいもの、固形物と少しずつ通常の食事に戻していきます。

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:おもゆ  酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)
 夜:おかゆなど消化に良いもの   酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)

※ おもゆとは多量の水で米を炊いたときの、米粒以外ののり状の汁です。
 おもゆを推奨しているのは、できるだけゆっくりと胃腸を慣らしていくためでおかゆでも大丈夫です。


3
 しっかり効果を実感! 
3日間 ファスティング プログラム

  • 体重や体脂肪を減らしたい
  • ファスティングの効果を実感したい
  • 集中力や記憶力を高めたい
このプログラムは
「準備期間:2日間」「断食期間:3日間」「回復食期間:2日間」
の7日間で実施します。

■断食期間の3日間は3食を酵素ドリンクに置き換えます。
■準備期間と回復食期間は朝食を酵素ドリンクに置き換え昼食と夕食を回復食にします。

1・2日目 準備食期間
(朝食を酵素ドリンクに置き換え) 

準備期間は断食期間をスムーズに過ごすための準備運動のようなものです。
この期間を適当にすませてしまうと体調不良の原因となることもありますので、
まずはしっかりスケジュールを確保しましょう。

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:まごわやさしい食  酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)
 夜:まごわやさしい食   酵素ドリンク(The fasting 30~40ml

※「まごわやさしい食」については下で詳しく説明しています。
  腹八分目を心がけよく噛んで食べるようにしてください。

3・4・5日目 断食期間
(1日3食を酵素ドリンクに置き換え)

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 夜:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)

※酵素ドリンクだけではなく、1日2Lを目安に良質な水を飲んでください。
  冷たい水を一度に沢山飲むと体を冷やす原因になりますので、なるべく常温で10回以上に分けて飲むのが理想的です。

6日目 回復食期間
(朝食を酵素ドリンクに置き換え) 

ファスティング終了から通常の食事に戻すまでの期間です。
液体から柔らかいもの、固形物と少しずつ通常の食事に戻していきます。

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:おもゆ  酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)
 夜:おかゆなど消化に良いもの  酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)

※おもゆとは多量の水で米を炊いたときの、米粒以外ののり状の汁です。
 おもゆを推奨しているのは、できるだけゆっくりと胃腸を慣らしていくためで、おかゆでも大丈夫です。

7日目 回復食期間
(朝食を酵素ドリンクに置き換え)  

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml)
 昼:おかゆなど消化に良いもの  酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)
 夜:まごわやさしい食   酵素ドリンク(The fasting 30~40ml)

※「まごわやさしい食」については下で詳しく説明しています。
  腹八分目を心がけよく噛んで食べるようにしてください。
 お手軽に始める! 
半日間 ファスティング プログラム

  • 仕事で会食や飲み会が多い
  • 休日に外食の予定が多い
  • 気軽にファスティングを試してみたい

朝食または夕食を酵素ドリンクに置き換えます。

 朝:酵素ドリンク(The fasting 60~70ml) 
 昼:おかゆなど消化に良いもの 
 夜:おかゆなど消化に良いもの

まごわやさしい食とは

ファスティングを始める前には規則正しいリズムでの食習慣で体と心を整えておきましょう。

期間中は胃腸に負担をかけないよう肉類や油物は避け、「まごわやさしい食」を中心とした軽めの食事を心がけてください。

まごわやさしい食」は、食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されたバランスの良い食事で、アメリカが発表した「マクガバンレポート」でも、和食は世界を代表する健康食であることが知られています。

酵素ドリンクとは?酵素ドリンクの選び方

ファスティング を行う上で重要となるのは 酵素ドリンク の「美味しさ」「質」
ファスティング中は消化器官を休ませながら、酵素ドリンクで
必要最低限のエネルギーや栄養素を補うため酵素ドリンク選びが重要です。

当サイトでおすすめする酵素ドリンクは?

添加物が一切入ってなく、野菜や果物だけでしっかり発酵しているドリンクです。
そのうえ、ほんのり甘くて美味しい!
ファスティング中は食べるという行為ができない・・・空腹よりそれが辛い!
そんなときに美味しくないドリンクを飲むってかなり辛くないですか?
食事はとれないけど、朝昼夕と食事替わりに飲むこのドリンクは毎食楽しみです!
そしてしっかり酵素の働きをサポートしてくれるのでファスティング中の強い味方です!

The Fasting

  • 安息香酸不使用
  • 着色料不使用
  • 人工甘味料不使用
  • 香料不使用
  • 水不使用

「The Fasting」は産地と鮮度にこだわり野草・野菜・果物を
贅沢に使用したハイクラスの酵素ドリンクです。

添加物や保存料、香料などを一切使わず、良質な旬の果物と野菜を厳選して全て手作りしています。

世の中の製品の多くは、味や品質を均一化するために、添加物や香料を多く使用して作っておりますが、The fastingは、その時々の季節の果物や野菜を組み合わせて本物の美味しさだけを追求しております。

ボトルの一つ一つの味の違いというのが、無添加、無香料、保存料不使用で旬の素材にこだわった手作りの証でもあります。

一瓶一瓶にこだわった思いも込めて瓶詰めしておりますので、その時々の風味や色合いの違いをぜひお楽しみください。

■原材料
糖類(砂糖(さとうきび(沖縄県産)、黒糖(さとうきび(沖縄県産))、パイナップル、りんご、小松菜、ハンダマ、にんじん、はくさい、ゴーヤー、長命草、シークワーサー、ドラゴンフルーツ、パパイヤ
■容量
700ml



良質な酵素ドリンクを選ぶ重要性

ファスティングは酵素ドリンクと水を使って体内のデトックスが行えるという事がポイントにもかかわらず、添加物がたっぷり使われていたり、しっかりと発酵させていないようなジュースのような酵素ドリンクを使っていてはファスティングの効果が半減するどころか、逆に体内に悪いものが溜まってしまうことにもなりかねません。

ですのでファスティング時には良質な酵素ドリンクを選ぶという事がとても重要です。

ファスティング時にお選びいただく酵素ドリンクとは、添加物が一切使用されていないということが必須条件となり「The fasting」の原材料は美味しさと飲みやすさを追求した、厳選した天然素材と絶妙な配合バランスで組み合わせております。

The fastingは無添加で、発酵したものをそのまま閉じ込めた原液100%のために、「安息香酸不使用」「着色料不使用」「人工甘味料不使用」「香料不使用」「水不使用」です。

The fastingは季節のフルーツや沖縄の野菜、薬草を厳選して調合

厳選調合した成分が毎日の健康と美容をしっかりサポート!

パイナップル

パイナップルには「ブロメライン」というタンパク質分解酵素が含まれているため、タンパク質の消化を強力にサポートする働きがあります。

また、食物繊維も豊富に含まれていますから、腸内に溜まった老廃物を排出し腸内環境を整える効果も。

さらに、パイナップルにはダイエットや美容に欠かせないビタミンB1、ビタミンC、鉄分、マグネシウムもたっぷり!

シークヮーサー

シークヮーサーなどの柑橘類に含まれるフラボノイドの一種「ノビレチン」は、近年の研究から健康維持に有用な様々な機能性があることが明らかになっています。

特に女性にうれしいのは、メラニン色素の生成を抑制する美白効果や、体内時計の調節といったカラダのリセットを助ける作用。

ノビレチンは日本の在来種の柑橘類の中ではシークヮーサーに最も多く含まれているため、厳選した沖縄産のシークヮーサーを贅沢に配合しました。

パパイヤ

濃厚なのに爽やかさを感じる甘みと、目にも美味しいビタミンカラーで女性に人気の高いパパイヤ。

パパイヤにはタンパク質分解酵素の「パパイン」や、ビタミンA(レチノール)として働くカロテノイドが豊富に含まれています。

また、コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCもたっぷり含んでいるため、美容コンディションを整える効果も!

ドラゴンフルーツ

果皮が龍のウロコに似ていることからその名を持つドラゴンフルーツは、サボテン科の果物でカロリーが低い美容食としても知られています。

腸内の悪玉菌を減少させる食物繊維をはじめ、見た目からは想像できないほど豊富なビタミンやミネラル類がたっぷり

老化防止に役立つポリフェノールやアントシアニン等の抗酸化物質も多く含んでいるため、年齢を感じはじめた女性の悩みを根本から改善へと導いてくれます。

ハンダマ

ハンダマは沖縄では古くから「不老長寿の葉」と呼ばれ親しまれてきた伝統野菜のひとつ。

鉄分を多く含むことから「血の葉」とも呼ばれ、民間療法では古くから産後に有用な機能性を持つ薬草として扱われてきたと言われています。

抗酸化物質もたっぷり含んだハンダマが、外側からのケアだけでは決して生み出せない本物の美しさを引き出します。

ゴーヤー

ゴーヤーには20種類以上ものアミノ酸から成る「モモルデシン」という栄養成分が含まれています。

モモルデシンには胃腸の状態を整えたり粘膜を守る作用が期待できるため、暴飲暴食で疲れた消化器官のケアやカラダのメンテナンスにも最適です。

ダイエット中に不足しがちな、鉄分、ビタミンC、食物繊維もたっぷり含まれていて、自然とスッキリしやすいカラダに!

長命草

「一株食べれば一日長生きする」という言い伝えがあるほど栄養価が高く、過酷な環境でも育つ生命力を持つ長命草。

長命草は沖縄県与那国島に自生するセリ科の植物で、ポリフェノールなど女性にうれしい栄養素を多く含んでいます。

その栄養価の高さから「パワーベジタブル」と呼ばれていて、私たちのカラダが持つ本来の力をしっかりサポートしてくれます。

さとうきび

さとうきびは、沖縄県で一番多く栽培されている作物で、方言で「ウージ」と言います。

さとうきびは古来より黒砂糖の原料として栽培されていますが、昔の人々はさとうきびをそのままかじってエネルギー補給したり子どものおやつとしても親しまれていた自然の恵みたっぷりの作物です。

沖縄の太陽をいっぱい浴びて育ったさとうきびには、カリウム、各種ミネラル、ビタミンB1・B2、鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれています。

ドラゴンフルーツ

果皮が龍のウロコに似ていることからその名を持つドラゴンフルーツは、サボテン科の果物でカロリーが低い美容食としても知られています。

腸内の悪玉菌を減少させる食物繊維をはじめ、見た目からは想像できないほど豊富なビタミンやミネラル類がたっぷり

老化防止に役立つポリフェノールやアントシアニン等の抗酸化物質も多く含んでいるため、年齢を感じはじめた女性の悩みを根本から改善へと導いてくれます。

\もっと知りたい/
ファスティングの10のルール

 ルール1   準備食と回復食にこだわる
ファスティングの準備食・回復食は油っこいものや肉料理などの消化しにくいメニューは避けてください。
開始前日の夕食(準備食)とファスティング後の食事(回復食)は量を控えめにし、胃腸に負担の少ないメニューにしましょう。

 ルール2  1日2リットルの水を飲む
体内に溜まった毒素を排出し代謝をスムーズに行えるよう良質な水は欠かせません。
ファスティング期間中は朝起きたらまず200~400mlの水を飲んで1日をスタートします。
1日2リットル以上の良質な常温の水を10回以上に分けて飲むのが基本ですが、2リットルが難しい場合は1リットルからはじめ徐々に飲む量を増やしていきましょう。
 ルール3  良質な塩分を摂る
準備期間と回復食期間には腹八分目を心がけ、食べる順番も意識しよく噛んで食べましょう。
まずは、生野菜や果物、納豆やぬか漬けなど、食物酵素が豊富に含まれている食品から先に食べはじめると後から食べるものの消化を助けてくれます。
また、体が脂質を吸収するのを抑えてくれる作用も期待できます。
 ルール4  生野菜や果物から食べる
準備期間と回復食期間には腹八分目を心がけ、食べる順番も意識しよく噛んで食べましょう。
まずは、生野菜や果物、納豆やぬか漬けなど、食物酵素が豊富に含まれている食品から先に食べはじめると後から食べるものの消化を助けてくれます。
また、体が脂質を吸収するのを抑えてくれる作用も期待できます。
 ルール5  アルコール・カフェインを控える
飲酒後はアルコールを分解するために大量の酵素が消費されます。
体内の酵素が大量に消費されると、本来必要なところに使われる分が足りなくなりファスティングの効果が得られなくなってしまいます。
カフェインも遺伝子によって代謝スピードが異なるため、期間中はこれらを控えて酵素を温存しましょう。
 ルール2  1日2リットルの水を飲む
体内に溜まった毒素を排出し代謝をスムーズに行えるよう良質な水は欠かせません。
ファスティング期間中は朝起きたらまず200~400mlの水を飲んで1日をスタートします。
1日2リットル以上の良質な常温の水を10回以上に分けて飲むのが基本ですが、2リットルが難しい場合は1リットルからはじめ徐々に飲む量を増やしていきましょう。
 ルール6  夕食は20時までにすませる
食事をしてからすぐに寝る習慣は消化不良を招く原因になり酵素の浪費につながります。
また、暴飲暴食や食事後すぐ寝たりしていると、消化器官が休む時間がなくなり様々な体調不良の原因となってしまいます。
ファスティングを成功させるためには、夕食はできるだけ20時までにすませ規則正しい生活を心がけましょう。
 ルール7  NG食品を避ける
食品添加物を多く含む食品や、肉や魚などの動物性タンパク質は消化不良の原因になりやすく、大量の酵素を消費します。
また、マーガリンや焼き菓子などに使われているトランス脂肪酸、白米やうどんなど腹持ちの良い高GI食品も消化しにくいNG食品です。
精製された白い食べ物より、玄米やそばなど茶色い食べ物を選ぶようにしましょう。
 ルール8  空腹感は我慢せず解消する
食品添加物を多く含む食品や、肉や魚などの動物性タンパク質は消化不良の原因になりやすく、大量の酵素を消費します。
また、マーガリンや焼き菓子などに使われているトランス脂肪酸、白米やうどんなど腹持ちの良い高GI食品も消化しにくいNG食品です。
精製された白い食べ物より、玄米やそばなど茶色い食べ物を選ぶようにしましょう。
 ルール9  体を冷やさないよう注意する
血液は私たちの体を構成している約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り、老廃物を持ち帰るという働きをしています。
ファスティングの効果を高めるためにも体を冷やさないように注意し、就寝前には半身浴や足湯などで血液の流れを良くしましょう。
冷えを感じやすい方は、散歩程度で良いので軽い運動を生活習慣として取り入れてみてください。
 ルール10   質の良い睡眠をとる
健康や美容に良い影響を与える「成長ホルモン」は、寝入ってから2~3時間後に分泌されます。
そのため、睡眠の質が悪いと十分に分泌されず皮膚や内臓の細胞の入れ替わりがスムーズに行えません。
質の良い睡眠を得るためには、食事は就寝の3時間以上前にすませ胃腸を休めておくのが理想的です。
 ルール7  NG食品を避ける
食品添加物を多く含む食品や、肉や魚などの動物性タンパク質は消化不良の原因になりやすく、大量の酵素を消費します。
また、マーガリンや焼き菓子などに使われているトランス脂肪酸、白米やうどんなど腹持ちの良い高GI食品も消化しにくいNG食品です。
精製された白い食べ物より、玄米やそばなど茶色い食べ物を選ぶようにしましょう。

\もっともっと知りたい/
ファスティング10のメリット

メリット
デトックス作用

ファスティングを行うと脂肪の中に蓄積している毒素が排出されるため、多くの方が「痩せた」「スッキリした」といった効果を実感されています。
また、体内に溜まっている余分なものを排出することで生活習慣病の予防にもつながります。

メリット
脂肪燃焼作用

実践期間中は食事制限を行いますし、実践後には低カロリーの食事で満足できる体になるため、結果的にダイエットにつながります。
さらに、ファスティングを実践すると代謝がアップし脂肪が燃焼しやすくなるため、自然に健康的に痩せることが出来ます。

メリット
免疫力の回復

もともと人間の体には「免疫力」が備わっています。
免疫力とは、体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの異物を撃退する自己防衛システムのことですが、加齢や生活習慣によって低下することがあります。
ファスティングには免疫力を担当する白血球の働きを良くする効果があるために免疫力の回復も期待できます。

メリット
肝臓を浄化する

肝臓は老廃物や化学物質を解毒・排泄しエネルギーを生産する臓器です。
そのため、内臓の中で最も毒素が蓄積しやすいと言われていますが、ファスティングを行うことで次のようなステップで細胞が生まれ変わります。

→  ファスティングを行う 

→  オートファジーが活性化する 

→  肝臓の細胞が生まれ変わる

オートファジー (Autophagy)とは、細胞が持っている細胞内のタンパク質を分解するための機能の一つです。
近年の研究では、細胞が飢餓状態(断食状態)になると活性化することが明らかになっています。

メリット
腸を浄化する

ファスティングには溜まった毒素を排出し、腸内環境を整える効果も期待できます。
「肌は腸の鏡」と言われるように、便秘がちな方はニキビや吹き出物ができやすかったり、肌荒れに悩まされる方が多くいらっしゃいます。
美肌は腸で作られると言っても過言ではないほど、腸と肌は密接な関係にありますのでファスティングで腸内をすっきりリセットしましょう

メリット
血液を浄化する

血液は肝臓と腎臓で常に浄化されていますが、食べすぎが続くと血液が浄化されるスピードよりも汚れるスピードのほうが上回ってしまいます。
「食べる」ことは栄養を吸収するために必要ですが、「食べ過ぎ」は血液を汚す行為となります。
ファスティングを行ってコレステロール値が下がったり、様々な不調が改善へと向かうのは血液が浄化されたからだと考えられます。

メリット
味覚を正常にする

ほとんどの方が断食期間を終えると、「味覚が敏感になり食べ物が美味しくなる」と感じます。
味覚が敏感になると少量でも満足感を得られるため、特に我慢をしなくても自然と食欲が押さえられ食べ過ぎることがなくなります。
また、味覚が正常になると本当に体が欲しがっているものが分かるようになります。


メリット
ストレスの軽減

最近の研究では、腸内環境は健康と深い関わりがあり私たちの心と体の状態を左右していることが明らかになりつつあります。
腸内細菌が心の状態をコントロールしているなんて不思議に思われるかもしれませんが、1980年代にはすでに『幸せホルモン』とも呼ばれているセロトニンの80%が腸管でつくられていることが発見されています。

ファスティングを行うと、腸内環境が改善され善玉菌が繁殖しやすい状態になるため、体と心の負担が減りストレスも軽減します。

メリット
活力がアップする

「疲れを感じやすくなった」「何だかやる気が出ない」などの多くの方が特に体調が悪いわけでもないのに感じているこうした不調。
これは、本来体を動かすためのエネルギーが消化・吸収で大量に消費されているからだと考えられます。
こうした不調もファスティングで消化器官を休ませてあげれば、活力が満ち溢れる毎日が送れるようになります。

メリット10
集中力がアップする

ファスティングを行うと血中の「ケトン体」の量が増えます。
ケトン体とは、炭水化物などの糖質を制限したときに発生する物質で、近年の研究では、体内にケトン体が増えると集中力を高める「α(アルファ)波」が増えることが明らかになっています。

メリット
脂肪燃焼作用

実践期間中は食事制限を行いますし、実践後には低カロリーの食事で満足できる体になるため、結果的にダイエットにつながります。
さらに、ファスティングを実践すると代謝がアップし脂肪が燃焼しやすくなるため、自然に健康的に痩せることが出来ます。

\すごく大事です!必ずお読みください/
ファスティングの注意事項

酵素ドリンクについて

当サイトでは水だけで行うファスティングは推奨していません。
日常生活に支障をきたすほどの体調不良やファスティング後の
リバウンドを防ぐためにも、酵素ドリンクを用いて
必要最低限のカロリーと、ビタミン、ミネラルを補給しながら行ってください。

運動について

ファスティング期間中は、通常よりも栄養素やカロリーの摂取量が
少なくなっているため激しい運動は控えてください。

ウォーキングやストレッチなど体を温める程度の軽い運動は、
行ったほうがより高いデトックス効果が期待できます。

入浴について

体を温めるためにも入浴は問題ありませんが、熱いお湯での長時間の入浴や
サウナなどは体への負担が大きいため控えてください。

ファスティング期間中はぬるめのお湯での半身浴がおすすめです。

この様な場合は中止してください

  • ファスティングをスタートし細胞が活性化すると、頭痛や吐き気・下痢・食欲不振などの初期反応が起こることがありますが、我慢できないほどの体調不良がある場合は、他の問題も考えられますので一旦ファスティングを中止して医師の診断を受けてください。
  • 急に生理になってしまった場合はすぐに中止してください。生理期間を終えた翌日から再開してください。
 ※健康な方でもその日の体調によってはファスティングを行えない場合があります。
  必ず健康状態を確認してから実施してください。

ファスティングに向いていない方

  • 妊娠中、授乳期の方
  • 生理中の方
  • 体調を崩している方
  • 極端に痩せている方
  • 薬の服用が必要な方
  • これまでに脳卒中や心筋梗塞を患ったことのある方
  • 体が未発達な中学生以下のお子様
    ※当サイトで推奨しているファスティングプログラムは、基本的に16歳~65歳の方を対象としています。
  • 生理中の方

よくある質問集

  • Q
    具体的にどれだけ痩せることができますか?
    A

    人によって痩せ方には個人差があります。
    体型の差などもありますが、平均して2~5㎏の減量が望めます。

  • Q
    ファスティング中に頭痛がでてきました。どうすればいいのでしょうか?
    A

    人によりファスティング中は「頭痛・眠気・怠さ・吹き出物・下痢」などの症状が出ることがあります。

    ファスティングで頭痛が起きたときは「低血糖」そして「脂肪分解」が体の中で起きていると考えられます。ですから、少しだけ多めに酵素ドリンクを飲んで対処をしてみてください。

    その他に「飴」を舐めると頭痛が改善されるケースもあります。(飴はブドウ糖が含まれているもので、白砂糖の飴やカロリーオフの飴は避けてください)
    もし症状が悪化した、ひどい、という場合にはファスティングを中断してください。
     そして、症状の改善が見られない場合には病院を受診しましょう。

  • Q
    ファスティング中は酵素ドリンクと水以外は摂取できませんか?
    A

    ファスティング中に飲んでも問題がないものは下記になります。

    ・ミネラルウォーター
    ・ノンカフェインの水分
    ・ノンカロリーの水分
    ・ハーブティー
    ・麦茶
    ・そば茶

    また、飲み物は冷やしすぎると胃腸を刺激してしまうので、冷やしすぎないように注意してください。

  • Q
    断食期間中に食べたくなったら?
    A

    まずは水や酵素ドリンクを飲んで空腹感を解消してください。
    それでも我慢できない場合は野菜や果物をすりおろしたものか、スイカやメロン一切れ程度なら食べていただいてもかまいません。

  • Q
    タバコやお酒はNGですか?
    A

    ファスティング中のアルコールはNGです。
    基本的に喫煙も控えてください。

    ファスティングというのは、体にある有害なものを排出させる効果があります。その結果、体を健康で正常な状態に戻すことができます。ですから、ファスティング中は喫煙を控えましょう。

  • Q
    ファスティング中に頭痛がでてきました。どうすればいいのでしょうか?
    A

    人によりファスティング中は「頭痛・眠気・怠さ・吹き出物・下痢」などの症状が出ることがあります。

    ファスティングで頭痛が起きたときは「低血糖」そして「脂肪分解」が体の中で起きていると考えられます。ですから、少しだけ多めに酵素ドリンクを飲んで対処をしてみてください。

    その他に「飴」を舐めると頭痛が改善されるケースもあります。(飴はブドウ糖が含まれているもので、白砂糖の飴やカロリーオフの飴は避けてください)
    もし症状が悪化した、ひどい、という場合にはファスティングを中断してください。
     そして、症状の改善が見られない場合には病院を受診しましょう。

  • Q
    ファスティング中に頭痛がでてきました。どうすればいいのでしょうか?
    A

    人によりファスティング中は「頭痛・眠気・怠さ・吹き出物・下痢」などの症状が出ることがあります。

    ファスティングで頭痛が起きたときは「低血糖」そして「脂肪分解」が体の中で起きていると考えられます。ですから、少しだけ多めに酵素ドリンクを飲んで対処をしてみてください。

    その他に「飴」を舐めると頭痛が改善されるケースもあります。(飴はブドウ糖が含まれているもので、白砂糖の飴やカロリーオフの飴は避けてください)
    もし症状が悪化した、ひどい、という場合にはファスティングを中断してください。
     そして、症状の改善が見られない場合には病院を受診しましょう。

ファスティング体験者の事例

この事例は一例です。(効果は個人差があります)

最後に・・・

現代は「情報社会」と言われるほど多くの情報が溢れかえっています。

特に健康やダイエットなど関心の高い話題は、
TVやネットで見かけない日はないほど。

「朝食を抜くのは危険」
と言う専門家がいるかと思えば、

「一日三食は食べ過ぎ」と言う著名人もいる・・・

そんな中、一体何を信じれば良いのか?

その問いにはあなたの体が答えてくれます。

正確に言えば、どんなに有名な専門家や著名人がすすめている健康法でも、
その効果を実感できなければ信じるに値しないのです。

ファスティングはその場しのぎのダイエットや健康法ではなく、
不調の根本的な原因を取り除き明らかな効果が実感できるものです。

実際に自分の体で体験してみてその効果を実感してみませんか?

でも一人だとちょっと不安・・・という方へ
Facebookでファスティンググループ
メンバー募集

FaceBookで「ゆるゆる〜お気楽🍀ファスティング会」というグループを作っています!
ここでは、同じくファスティングを行ってるメンバー同士で、励ましあったり、情報や状況を共有しあったりしています!

ぜひメンバーになって一緒にファスティングを楽しみながら始めてみませんか?