ヒーラー・セラピスト・  カウンセラーさんのための

ご予約の止まらない魔法のblog作り実践講座

予約が入る
ファンが出来る
幸運体質になる
幸運体質になる

書いても書いても反応がない。blogって意味あるの?

blog書いたら良いって、いろんな人が言うから。コンサルさんも言ってるし、書いてはいるんだけれど「反応」がない。いったいいつまで書けば、ご予約って入ってくるの?

そもそも、blog書いたらご予約が入るなんて、「都市伝説」なんじゃない?
毎日、毎日、いったい何のために書いているんだか。。。

書こうにもネタが思い浮かばないし。

パソコンに向かって、ウンウンうなっていたら3時間かかってた!こんなことしていったい何になるの?

でも、たまにクライアントさんから「blog読んでます」なんて言われてしまったりするもんだから、辞める勇気も出ないのよね。

あー、blogってやっかいだわー。



そんなふうに思っていませんか?

これは、私のご提供している天職支援プログラムのクライアントさんに多かった「記事を書けない」時の心情です。

でも、大丈夫。開業以来17年。

blogがまだ今ほど普及していなかったころから、ずっと書き続けてきた私が断言します。

・blogはメルマガやline@の新規さまを連れてきてくれます。
・blogから、セミナーやお試しセッションのご予約が入ります。
・blogから、時にはダイレクトに本命講座のご予約が入ります。

そう。

blogは、ランディングページなどと並んで、あなたのモトへお客様を連れてくる最高の相棒へと育て上げられます。

この講座はこんな方へ

  • blog「書いたほうがいい」みたいだから、と無理くり書いていたらランチの話ばかりになってしまった。
  • 自己開示をしたら良いと聞くけど、自己開示って何をすればいいの?今、お悩み真っ最中のこと、書いちゃって大丈夫??
  • やって良い自己開示と、やっちゃまずい自己開示の区別がつかない。
  • 旅行や勉強会参加など、当たり障りのないネタばかりで自分で読んでいてもつまらない。
  • blogのネタの探し方が分からない。なんでみんな、あんなに濃い記事が書けるんだろう?
  • 毎回、記事を仕上げるのに時間がかかってしょうがない。他のコトが出来なくなる。
  • 文章書くのは苦手じゃない。結構、イイ記事を書いているんだけれど、一回もお問い合わせもご予約も入ってきたことはない。
  • 納得行く記事じゃないと発信したくない。
  • 人のために書いたらいいとか先出しの法則とか聞くから「受けて良かったセラピストさんの紹介」をしたらあっさりお客様を持っていかれた。なんかビミョー。ていうかとても嫌な気分。
  • 自己開示をしたら良いと聞くけど、自己開示って何をすればいいの?今、お悩み真っ最中のこと、書いちゃって大丈夫??

blog集客の本当の良さを知っていますか

blogの良さって、何か分かりますか?それは何といっても、あなたの「価値観」をきちんと表現出来る、ということです。

価値観を表現出来たら何がよいのかというと、あなたの記事をちゃんと読んだ読者さんがお問い合わせやご予約を入れてくれるから、最初からあなたの価値観に共感した方が来るのですね。

blogは、遡って読むことが出来ます。
そのため、ネット検索などを通してあなたを見つけた読者さんは、速い方はものの数日であなたの記事を何十記事も読んできて、サッとお問い合わせやご予約をしてくれるのです。

ここが、ステップメールのように何日もかけてご提案を続けなくても良い理由です。

読者さんが自分のペースで、あなたについて知っていくということ。

なのでblogからご予約をしてきた読者さんは、最初からしたらちょっとした「知り合い」という感覚になってくれています。

そのため、あなたのセミナーやお試しセッションにご来談下さるときには、最初から本当に相談したいことを伝えてくれるのです。


 

書き方にはコツがあります

とはいえ、何でも記事にすれば良いというものではなく、セミナーやお試しセッションのお問い合わせやご予約を頂くには、書き方にコツがあります。

1.偽りのないあなたを表現する

あなたが「完璧」な自分を演じたるなど、スーパーウーマン的な書き方をしたら、ご予約は入りません。
正確に言うと、それでもセミナーやお試しセッションのご予約は入ることがあるのですが、本命セッション(講座)へ繋がりにくいのです。
それは、文章ではごまかしが効いてもリアルにお会いした段階で、お客さまは「何か思っていたのと違う」というふうにギャップを感じてしまわれるから。
本命セッション(講座)へ進んでもらわないと、経営は成り立ちませんよね。

時には失敗談などを挿入しながら、人間臭いところをちゃんと開示します。


2.あなたの本当に伝えたいことを伝える


本当に「伝えたいこと」を書けない理由っていうのは、これまで私がサポートしてきたクライアントさんたちの事例から言うと主なものはこんな感じです。

・こんなこと書いたら「えらそーに!」って思われそう。ていうか、私だって出来てないのに、自分で自分が恥ずかしくなる^^;

・例えば「スピ的価値観」とか、本当は重要だと思っているけれど世間からバッシングされそうで怖い。今までのお客さんがいなくなってしまうのも怖い。友達や家族に見つかったらなんて言おう。


でもね。

blogって、自分のために書くのではないのです。

まだ見ぬ「お客様」のために書く。

よく考えてみてください。あなたが恐れている「えらそうに!」という気持ち。

お客様を救うのは、あなたの純粋な本質から出た「言葉」であって、あなたが自分の欠点を恥じてあやふやな書き方をした文章ではないのです。

「えらそうに!」という気持ち。一見、謙虚に見えるんだけれども、実はその気持ちに引っ張られて書いたあやふやな記事こそ誰の役にも立っていないんです。

自分が自分を恥じるのは、矢印が自分を向いている、ということ。

思い切って、あなたの本質の光から出た言葉を紡ぎましょう。

それは、きっとあなたに出会うべき未来のクライアントさんの役に立ちます。


そして。

本当のことを書いて世間からバッシングされたらどうしよう?

大丈夫です。

あなたは、バッシングされるほどの有名人ではありません(笑)

あなたの記事を見つけるのは、あなたの価値観に関心のある人だけです。

もっと言えば、あなたが本質の光を表現することでバッシングしてくるような人は、どの道あなたのお客様にはなりません。

極論すれば、嫌わても何のデメリットもない人からの批判を恐れ、出会うべきお客様を逃してる。本音をあやふやにした記事というのは、実はそんなチグハグなことをしているのですね。




3.日々の何気ない出来事が記事になると知っておこう


私たちの人生って、そうそう毎日「事件」なんか起こりゃしません(笑)
毎日「事件」だったらそれこそ身が持ちません。
では、どうして毎日記事が書ける人と1か月に1回しかネタがない人がいるのでしょうか。

それは「日常生活すべてネタになる」と知っているかどうか、なんです。

あなたが心理セラピーを提供しているとしましょう。

子どもさんが学校から帰ってきて、お友達との出来事をなんだかんだ話してくれる。
「今日は、〇〇ちゃんとケンカしちゃったの」

きっとその時のあなたは、子どもさんの話を聴きながら、お話の中でリフレーミング(出来事の意味付けを肯定的なものに変えること)をしたりするかもしれません。

または、ボディーワーカーの方であれば、お話を聴きながらサッと手や足のマッサージをしてあげる、など身体の緊張を解いてあげるかもしれませんね。

私もセラピストでありコーチだから、そんなコトが度々ありました。

その時の「傾聴のスキル」「リフレーミングの実践」「身体のリラックスのサポート」などによって、子どもさんが変化していくプロセスも例えば本当に読み応えのある記事になるでしょう。

日常生活の中で一人の親として、友人として素のままの自分でもこのスキルがあるがために何気にやっていることの数々。

テレビで放映されているドラマの心理分析も面白いし、チャネラーさんなら「大雨」や「台風」の意識をチャネリングする人もあるでしょう。

こんな日常で何気なくやっていることを、忘れないうちに記事にしていくのです。

そして、クライアントさんとのやり取りの「一コマ」を、「あるある記事」的に書いていけば、個人が特定されることもありません。

私たちの暮らしそのものが、実はネタの宝庫なんです。




お客様の声

この講座は、私がご提供している「天職支援プログラム」のサービスの一環としてやってきたもので、この講座単体として出すのは初めてです。
そのため、プログラム受講生の方々のご感想となります。
日常の中って書く記事に溢れている
織江さんからblogネタの探し方を学ぶまで、私は1か月に1回も記事が更新出来るかどうか、という感じでした。
日々の家事やセッションに追われて一日があっという間に過ぎていくので、「ネタなんか自分にない」と思い込んでいたからです。

でも、テレビの情報や家族・友人・クライアントさんたちとの何気ない会話、自分自身の「気づき」などもどんどん記事になると教えてもらって更新することがとても楽になりました。

今月書き始めたばかりで1か月も経ちませんが、「blogいつもありがとうございます」とか「次のお茶会には参加したいです」などメッセージを貰えるようになり反応が嬉しいです。

(近畿地方 Yさま)
自分の「感性」を記事にするんですね
まだミッションがコトバに出来るほど明確になっていない段階でも、日々の記事からご予約が入るようになってきました。

あるクライアントさんは、お試しセッションを受けられたあと、すぐに本セッションに進まれ、本命のレイキ講座まで2か月で受講なさいました。

私は複数のセッションや講座を持っているため、普通、お客様は半年から1年かけて私のセッションを順々に受けていくのに、このクライアントさまは2か月でギューッといろんなものを受講なさりあっという間に常連様になったのです。

これがblogから来る時の「良さ」なんだと実感しています。

(沖縄県 Sさま)
伝わる文章には「型」がある
blogを書くことが苦痛だった時には、毎日、一から記事を書いていました。
織江さんに「型」を持つと良いと言われてグンと書きやすくなりました。
「今募集中のセミナーご案内」「最近の近況報告」「今日のメインテーマ」「しめ」「HPご案内」

自分なりの「型」を創ればいいけれど、難しかったらこの「型」からやってみたら?と言われ、日々、この「型」を守って書き始めると、「今日のメインテーマ」も浮かびやすくなりました。

先日、「毎日blog読んでいます」というメッセージが来て、この読者さんのご都合に合わせて初のお茶会をしました。

また、別の方からは「blogからHPを拝見しました。」とご連絡が入り、初めて見ず知らずの方から本セッションのご契約が来ました。

自分の備忘録的に始めたblogでしたが、ほんのちょっとだけ「読者さんと気づきを共有する」方向に意識転換したら、すぐにこのような反応が始まりblogが楽しくなり始めています。

(九州地方 Kさま)
伝わる文章には「型」がある
blogを書くことが苦痛だった時には、毎日、一から記事を書いていました。
織江さんに「型」を持つと良いと言われてグンと書きやすくなりました。
「今募集中のセミナーご案内」「最近の近況報告」「今日のメインテーマ」「しめ」「HPご案内」

自分なりの「型」を創ればいいけれど、難しかったらこの「型」からやってみたら?と言われ、日々、この「型」を守って書き始めると、「今日のメインテーマ」も浮かびやすくなりました。

先日、「毎日blog読んでいます」というメッセージが来て、この読者さんのご都合に合わせて初のお茶会をしました。

また、別の方からは「blogからHPを拝見しました。」とご連絡が入り、初めて見ず知らずの方から本セッションのご契約が来ました。

自分の備忘録的に始めたblogでしたが、ほんのちょっとだけ「読者さんと気づきを共有する」方向に意識転換したら、すぐにこのような反応が始まりblogが楽しくなり始めています。

(九州地方 Kさま)
これらの事例は、私のクライアントさん方のご感想のほんの一部です。
私は開業とともに地域blogから書き始めましたので、blog歴は17年目に入ります。

ステージアップのたびにコーチをつけてここまで経営してこれたのはもちろんですが、同時にいつの時もblogに自分自身の思いを書き続けてきたこと。

開業3年でほとんどのヒーラーさんが廃業もしくはアルバイトに出る、というのが実情というこの業界において、ありがたいことに起業して17年目。

安定した経営が出来ているのは、その時々のコーチの存在と同様にblogの存在がとても大きかったと今さらながら実感しています。

私のクライアントさんたちは、本命の継続セッションをご卒業後も、年に1-2回セッションを受けに来てくださったり、力量が上がってくると時には私とコラボでセミナーを開くなど、長いお付き合いをする「仲間」になっていかれる方も多いです。

私は、キャリアコンサルタントの一面も持っていますが、企業様からの契約のお話もblogを通してやってくるのです。

またスピ的価値観に共感する方々にずっと恵まれているのも、自分をblogで発信しているからでしょう。

ここで挙げた方法は、言葉でサクッと伝えられることの一部です。

今回は、17年の現場経験で培った「お問い合わせ・ご予約の入るblog記事の書き方」講座を2時間半という時間にギュッと詰めてお届けします。

「お問い合せ・ご予約の入るblog記事の書き方」講座内容

Step.1
日々の出来事の中からネタを探すコツを伝授
小見出し
人は毎日の暮らしの中で多くの体験をしています。
これらが、ちょっとした視点を持つだけであなたオリジナルの記事に仕上がります。そのコツをワークを通して実感して頂きます。
Step.2
ご予約の入るblogに共通している項目の整理
blogからご予約が入るには、どの項目をどう整えていくか必須項目があります。
逆に言えば、その項目さえ適切なレベルで用意出来ればblog集客の土台は整ったことになります。
その「型」の中に、日々の記事をアップしていくのです。
Step.3
ファンを作る記事の書き方を伝授
記事ネタを選定してあと、あなたの人柄や価値観を表現しなければファンは出来ません。人柄や価値観を表現しやすい「記事の書き方」を伝授します。
Step.2
ご予約の入るblogに共通している項目の整理
blogからご予約が入るには、どの項目をどう整えていくか必須項目があります。
逆に言えば、その項目さえ適切なレベルで用意出来ればblog集客の土台は整ったことになります。
その「型」の中に、日々の記事をアップしていくのです。

講座日程 等

  日 程 2019年11月26日(火)14時半~17時
  場 所 神奈川県横浜市 横浜駅近くレンタル会議室
(ご予約時に詳しい場所をご案内いたします)
  受講料 ¥4,000
  定 員 10名(残7名 10/11現在)。定員に達し次第締め切ります
  受講料 ¥4,000

受講で見込まれる効果

  • 日々の暮らしの中から記事ネタをスルスルと思いつくようになる。
  • あなたの相棒(営業マン)にそだて上げるために、blogのどこにどのような項目を作る必要があるか分かる。
  • 集客に繋げるために「書いたほうが良いこと」「書かないほうが良いこと」の判断が出来るようになる。
  • ファンづくり、ご予約が入ってくるための「適切な自己開示」の仕方が分かる。
  • セッションのお問い合わせやご予約に繋がりやすい記事の書き方が出来るようになる。
  • 運の良い出来事や、嬉しい人間関係に恵まれやすくなる。
  • あなたの相棒(営業マン)にそだて上げるために、blogのどこにどのような項目を作る必要があるか分かる。

ご予約はこちら

電話で予約する
090-1944-0254(仲地)

クライアントさんから質問されたこと

  • Q
    何年もブログを書いていますが、一度もブログからご契約が入ってきたことはありません。本当に予約が入るのですか?
    A
    ブログからご予約が入ってこないには、何らかの理由があります。
    ・誰に向けて書いているのかが曖昧
    ・その日の記事が読者さんにどう役に立つのかが曖昧

    など、マインド的な課題のこともあります。

    また、
    ・ブログタイトルやプロフィールの作り込み方が分かっていない
    ・一つの記事にテーマがいくつも入っている
    ・抽象度が高く、具体例が少ない

    など集客の出来る文章スキルの課題であることもあります。

    どちらであれ、課題を解消しファンの出来るブログが構築出来ると、ブログからご予約が入ってくるようになります。
  • Q
    blogも1つだけではダメでamebloとWordpress、またメルマガやline@にFacebookなど多くの発信ツールを持つよう、以前のコンサルさんに指導されました。blogだけで集客につながるのですか。
    A
    それぞれの属性に合わせた記事をたくさん書けるのであれば、発信ツールは多いほど良いかもしれません。

    でも文章には一種のパワーがあって、いくつもの媒体を数日おきに発信するより1つの媒体を根気よく毎日発信するほうがファンを作りやすいのです。

    また、お茶会や少額のセミナー、単発のセッション等であれば、適切な記事で日々更新していれば、ここからだけで売れていきます。

    継続することが習慣になってから、次の媒体を増やしたほうが良いでしょう。
  • Q
    どうしてblogを書いていたら幸運体質になるのですか?
    A
    ただ、ランチの話や勉強会参加や旅行の話ばかり書いていても、きっと運は良くなりません(笑)
    では、どういうことを書くと運が良くなるのかというと、これまでこのお手紙でお伝えしてきたように

    ・あなたの本質の「声」をお届けする文章
    ・良い時も悪い時も、とにかく発信し続ける
    ・ありのままの自分を分かち合う

    これらの要素が揃った時に運がよくなりはじめます。

    きっとそれは、あなたの「本質」が光だから。それを自分を恥じるなど自分に矢印を向けるのをやめて未来のクライアントさんに向けてただただ、真心を発信し続けていると、あなた自身の周波数が上がっていくんです。

    周波数が上がると、物事がシンプルになります。集客も楽になるんですね。

    あるクライアントさんは、お友達のカフェに名刺を置かせて頂いたら、たまたまその名刺を手に取られた方が地域のコミュニティに影響力をお持ちの方で、いっきに30名のお客様をご紹介受けたのですね。

    集客視点から見てしっかりした名刺を作る、という「人事」を尽くしてあとその名刺がどのような方の手に渡るのか、または誰も手に取ってくれないのか。

    人事を尽くして後の「天命」とも言うべき「結果」や、いわゆる「シンクロニシティ」など人の手の届かぬところ。

    この部分に現れる「ラッキー」「シンプル」「流れに乗った感じ」などが周波数が高い時に起きてくることなのです。

    blogで、あなたの真実を毎日発信し続ける、というのはあなた自身が本質の光に触れ続ける行為であり、自分が何者なのかを決めて発信する、つまり「giver(与える人)」になっている、ということなのだと思います。
仲地織江(なかちおりえ)天職支援コーチ
大学卒業後、塾講師・家庭教師として
大多数の生徒を第一志望校に合格させるなど
実績を残すも天職を求めて彷徨う。
32歳の時、祖母の死に際に、魂が天に還る様
を見たことをきっかけに様々なスピリチュアル
を学び35歳でタロット占い師として独立。
3か月で100名のお客様が来店し、開業3年目に
占いの出来るメンタルコーチに転身する。
ゼロから起業で年収1000万円越えのクライアントさま、
引きこもり夫を10年ぶりに社会復帰させたクライアントさまなど
多くの成果をサポートする。

開業7年目、「セッション料を払えない人に
無料コーチングを」と行政主催の就職支援事業に
参加。以降8年、キャリアコンサルタントとして
セッションや講座を提供し、これまで約500名の
継続個人セッション、約600時間の講座に約3000名の
受講生が参加する。
参加者からは、「第一志望に内定出来た」「夢を
生きる決心がついた」など喜びの声が上がる。

さらに天職支援を行いたいと、タロットや数秘、
「固定観念の手放しワーク」「バウンダリー
コーチング」などをすべて統合して、
天職を生きたい人のための天職支援プログラムを
提供している。
天職を生きたいすべての人が豊かで自由に生きる
社会の実現を目指して活動を広げている。
趣味は読書、カフェ巡り、夕方の海でボーっと
すること。夫と娘の3人家族。沖縄県在住。

関野直行メンタルコーチ養成コース修了
岸秀光コーチング養成講座(基礎・コア)修了
日本キャリア開発協会認定キャリアコンサルタント
(国家資格CDA)
沖縄タロットアカデミー認定タロット占い師
ピタゴラス数秘学ジャパンアカデミー数秘学アドバンスコース修了
ネオレイキマスター
Dr.越智啓子ヒーリングスクール5期修了
アカデミーオキナワ気功ヒーリングプロ研究会修了

勝手に口コミが起こる○お客様が向こうからやってくる
「天職開業支援プログラム」

https://peraichi.com/landing_pages/view/tenshokushien

追伸

文章には得て、不得手があるのはあるんですが、私たちは作家さんではありません。ファンづくり、ご予約やお問い合わせの入るちょっとしたコツや日々のネタの探し方が分かれば「書き続ける」ことが出来るのです。
苦手意識から、何とかblogを書かずに集客しよう、とか何のために書いているのか分からないまま、せっかく持っているヒーラー独特の繊細で癒される感性が集客に繋がらない「書き方」になっているblogもいっぱいあります。
とても勿体ないと思います。この講座は、私がご提供している「天職支援プログラム」のクライアントさんにメールサポートなどを通してお伝えしてきたことを、2時間半にギュッとまとめたものです。
ぜひ、受講してあなたのblogを「集客の出来る相棒」に育て上げてくださいね。お待ちしています。

ご予約はこちら

お電話で予約する
090-1944-0254