FEチャンネル

~【動画】聴いてみよう!専門家の声~







子育てをしていると、我が子ばかりが見えてしまいます。
結果、視野が狭まってしまうこともあります。
しかし、社会がこれだけ変化しているなら、
子育ての価値観も変えなければなりません。
世界の動向をキャッチし、子どもと共に未来を考えていきたいものです。

FEチャンネルでは、多様なジャンルにわたり
未来社会構築の実践者、各領域の専門家の皆さんのお話を伺い、
子育て応援メッセージとともにお届けします。


File01
「AIって何? AI教育第一人者に教えてもらおう」

神野元基(株式会社COMPASS ファウンダー)

慶應義塾大学総合政策学部在学時より起業家として活動。シリコンバレーに渡った際に「シンギュラリティ」に出会う。将来起こるシンギュラリティを考えた時、子どもたちに未来を生きる力を身につけて欲しいとの思いから教育業界に参入。2012年 東京・八王子に学習塾COMPASSを設立、地域No1学習塾にまで成長させる。

教育現場で活動を続ける中で、一方通行型の集団指導に限界を感じ、2014年よりAI型教材Qubena(キュビナ)の開発を始める。 
2015年 IVS Launch Pad 準優勝 
2016年 日経コンピューター「ミライITアワード2016教育部門」グランプリ獲得 
2018年 「2018年度グッドデザイン賞」「第15回 日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞」 受賞 
2018・2019年 2年連続で経済産業省「未来の教室」実証事業に採択 
2019年 中央教育審議会 臨時委員に就任 
著書に「人工知能時代を生き抜く子どもの育て方」(ディスカヴァー・トゥエンティワン,2017)

YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=FbPpwnu_z1Q&t=1s


File02
「学校の先生に聞く、オンライン授業のホンネ」

秋山貴俊(成城学園初等学校教諭)

成城学園初等学校教諭(社会科主任・ICT委員会委員長)
成城学園情報一貫教育推進検討委員
日本スクールコーチ協会認定スクールコーチ
192Cafe ambassador

【最近の登壇】 ※2020年4月30日時点
4/3  192Cafe 緊急開催 Zoom×オンライン授業 管理者セミナー#2  
4/6 ニッポンのオンライン授業2020 -ノウハウ大公開カンファレンス- 
4/7 オンラインを活用した授業を実践者から学ぶ #1
4/18 アカデミックコーチング学会 2020年度第2回研究会
4/24 成城大学主催 遠隔授業実施に向けてのオンラインセミナー
4/27  教育家庭新聞社主催オンラインセミナー「コロナウイルス対策 休校時のICT活用―オンライン学校の構築」

EDUPEDIA 掲載記事
『休校中でもできる!オンライン授業の実践(秋山貴俊先生)【コロナと向き合う】』
https://edupedia.jp/article/5e98f99f29968a00005cb81d


成城学園HP 「休校でも遠隔ホームルーム&社会科授業」
https://www.seijogakuen.ed.jp/shoto/school-life/journal/krvrc80000005ehn.html 

File03
「コロナ禍におけるトレンドと今後」

斉藤剛(PwC Japanグループパートナー)

高校時代に公認会計士業界に関心を持ち、簿記会計や経済学の勉強を開始。大学在学中に、公認会計士2次試験に合格。1992年に青山監査法人(プライスウォーターハウス)の東京事務所に入社し、1998年に香港、1999年から10年間、中国上海にて勤務。

上海に赴任してからの最初の4年間で、日系企業サービス体制を急成長させ、2003年にPwC中国・香港パートナー(共同経営者)に就任。2009年7月以降は、日本にてPwC Japanグループ、PwC あらた有限責任監査法人のパートナーとして、海外に幅広くビジネス展開している日本企業を中心に決算の監査、海外展開に関するコンサルティングを提供している。

主な社外活動
経済同友会、日本取締役協会、日本CFO協会、新経済連盟  認定NPO法人キーパーソン21理事、NPO法人16歳の仕事塾など

趣味 
教育全般、読書、お酒、水泳、ゴルフ

家族 
妻、長男(会計士)、次男(大学3年生)


File03
「コロナ禍におけるトレンドと今後」

斉藤剛(PwC Japanグループパートナー)

高校時代に公認会計士業界に関心を持ち、簿記会計や経済学の勉強を開始。大学在学中に、公認会計士2次試験に合格。1992年に青山監査法人(プライスウォーターハウス)の東京事務所に入社し、1998年に香港、1999年から10年間、中国上海にて勤務。

上海に赴任してからの最初の4年間で、日系企業サービス体制を急成長させ、2003年にPwC中国・香港パートナー(共同経営者)に就任。2009年7月以降は、日本にてPwC Japanグループ、PwC あらた有限責任監査法人のパートナーとして、海外に幅広くビジネス展開している日本企業を中心に決算の監査、海外展開に関するコンサルティングを提供している。

主な社外活動
経済同友会、日本取締役協会、日本CFO協会、新経済連盟  認定NPO法人キーパーソン21理事、NPO法人16歳の仕事塾など

趣味 
教育全般、読書、お酒、水泳、ゴルフ

家族 
妻、長男(会計士)、次男(大学3年生)



File04
「情報との付き合い方」


安倍宏行(Japan In-depth編集長)

1979年 日産自動車入社 海外輸出・事業企画
1985年 国際大学大学院国際関係学科修士課程卒業
1992年 フジテレビ入社 報道局  政経部記者
1996年 ニューヨーク支局 特派員・支局長
2001年 外信部デスク
2002年 ニュースジャパンキャスター
2003年 経済部長
2005年 慶応義塾大学メディアコミュニケーション研究所非常勤講師(10年7月迄)
2010年 解説委員、BSフジLIVE「プライムニュース」解説キャスター(13年3月迄)
2013年9月 フジテレビ退社、株式会社安倍宏行設立
2013年10月 ウェブメディア”Japan In-depth” 創刊、危機管理コンサルタントとして独立
2017年 産業能率大学客員教授(~現在)


File05
「『憧れ』をベースとした子育てのススメ」

桜庭大輔(NPO法人ZESDA 代表)

1980年生まれ。言論NPO等を経て、官公庁勤務。
公務のかたわら、グローカリゼーション(※)をプロデュースするプロボノ団体「NPO法人ZESDA」等の社会貢献活動に従事。
東京大学法学部卒。
東京大学法学政治学研究科修士課程(国際政治専攻)修了。
LSE修士課程(MSc in Regulation)修了。
Oxford修士課程(MSc in Modern Japanese Studies)修了。
※グローバリゼーション(地球規模化)とローカライゼーション(地域化)を合わせた造語

NPO法人ZESDA
http://zesda.jp/index.html

「脱・働く」講演 — 3つの資本「コネ・カネ・チエ」を動かし、労働者から投資家になる
https://medium.com/@Venture_Cafe_Tokyo/4e79ed016a5e

プロデューサーシップのススメ #01 序論:プロデューサーシップを発揮するカタリストの3類型  桜庭大輔
https://note.com/wakusei2nd/n/n9d186b277c86?magazine_key=m2b5f47c807e8

File06
「自然と共に生きることを学ぶ」

油井元太郎(公益社団法人MORIUMIUS 理事/フィールドディレクター)

1975年東京生まれ。幼少からアメリカで生活。
ペンシルバニア州レバノンバレー大学音楽学部 卒業後、ニューヨークで音楽の仕事や日本テレビ関係の業務に。
退社後、2004年9月にキッザニアを日本に導入する株式会社キッズシティージャパンの設立に関わる。
2006年10月、キッザニア東京を開業。
ライフワークとしてこどもの教育や食文化発展、生産者支援、自然環境保全などに取り組む。
2013年より宮城県石巻市雄勝町に残る廃校を自然の循環や土地の文化を体感する学び場として再生。
地域資源を生かしたこどもの教育を通じた町の新生を目指す。

モリウミアス
http://moriumius.jp


File06
「自然と共に生きることを学ぶ」

油井元太郎(公益社団法人MORIUMIUS 理事/フィールドディレクター)

1975年東京生まれ。幼少からアメリカで生活。
ペンシルバニア州レバノンバレー大学音楽学部 卒業後、ニューヨークで音楽の仕事や日本テレビ関係の業務に。
退社後、2004年9月にキッザニアを日本に導入する株式会社キッズシティージャパンの設立に関わる。
2006年10月、キッザニア東京を開業。
ライフワークとしてこどもの教育や食文化発展、生産者支援、自然環境保全などに取り組む。
2013年より宮城県石巻市雄勝町に残る廃校を自然の循環や土地の文化を体感する学び場として再生。
地域資源を生かしたこどもの教育を通じた町の新生を目指す。

モリウミアス
http://moriumius.jp