優良なファクタリング会社を選ぶコツ

ファクタリング会社は数多く存在し、ファクタリング会社ごとに違いがあります。

すべてが優良なファクタリング会社ではなく、中には悪質なファクタリング会社も存在するのが現状です。

優良なファクタリング会社を選ぶにはどのようなことがポイントになるのでしょうか。

こちらでは、優良なファクタリング会社を選ぶコツや注意したいファクタリング会社の特徴を解説します。

ファクタリング会社選びで悩んでいる方はぜひ、参考にしてみましょう。

注意したいファクタリング会社の特徴

悪質な可能性のあるファクタリング会社には、いくつかの特徴があります。

解説する3つの特徴に当てはまる場合は、利用を慎重に検討しなければなりません。

3つの特徴をそれぞれ詳しくチェックしていきましょう。

担保や保証人を要求してくる

ファクタリングは融資ではないため、担保や保証人は必要ありません。

悪質なファクタリング会社は担保や保証人を要求してくるという特徴があります

資金を得るという性質上、担保や保証人を用意することに違和感を感じないかもしれませんが、そのまま契約を結んではいけません。

手数料が法外に高い

ファクタリングの手数料は1~20%程度となっています。

相場よりも明らかに高い手数料が設定されている場合は、疑う必要があります。

手数料だけでなく、その他費用が発生し、利用料金がかさ増しされることにも注意が必要です

手数料やその他費用に疑問を感じた場合は他社に見積もりをとり、料金を比較してみましょう。

会社情報を開示していない

ファクタリング会社の多くはホームページを持っていますが、ホームページがあるだけで安心してはいけません。

運営者情報や所在地、問い合わせ先、代表者名などをしっかりチェックしましょう

所在地や問い合わせ先がない場合は、事務所が存在しない可能性もあります。

優良なファクタリング会社を選ぶコツ

優良なファクタリング会社を選ぶためには、どのようにファクタリングを利用したいかを考え、相性を見極めることが大切です。

5つのコツを参考にして、最適なファクタリング会社を選びましょう。

入金までのスピード

ファクタリングはスピーディーな資金調達ができる方法です。

申し込みから振込まで多くの時間がかかるファクタリング会社を信頼することは難しいでしょう。

必要なときに資金を得られるように、入金までのスピードをしっかり確認する必要があります

手数料がどのくらいかかるか

ファクタリングには手数料がかかりますが、ファクタリング会社によって割合が異なります。

法外な手数料ではないことを前提に、納得できる手数料を設定しているファクタリング会社を選びましょう。

3社間ファクタリングは債権未回収リスクが少なく、手数料が低い傾向があります

どのくらいの費用から利用できるか

ファクタリング会社によって、取り扱い額の上限・下限が設定されています。

数十万から1億円以上まで幅広く設定されていますので、ファクタリングしたい売掛債権の額に合わせることが大切です

売掛債権全額だけでなく、売掛債権から必要な分だけファクタリングできるファクタリング会社もあります。

スタッフの対応は丁寧か

優良なファクタリング会社を選ぶためには、スタッフの対応も注目したいポイントです。

問い合わせでの対応が雑であったり、丁寧さに欠けていたりすると、信頼するのは難しいでしょう。

状況を親身に聞いてくれる、理解を示して解決策を提示してくれるなど、対応の質を確認することが大切です

運営会社の情報が開示されているか

運営会社の情報が開示されていない、探しても見つからないファクタリング会社は、悪質な業者である可能性が高いです。

ホームページにしっかり運営会社や所在地などを記載しているファクタリング会社であれば、安心して利用できるでしょう

もし悪質なファクタリング会社を利用してしまったら

悪質なファクタリング会社と契約してしまったり、手続きの途中に悪質なファクタリング会社かもしれないと気づいたりした場合は、弁護士などの専門家に相談しましょう。

相手の情報がわかるように契約書やその他資料などを提示することによって、問題を解決に導いてくれるはずです

まとめ

悪質なファクタリング会社には、担保・保証人を要求する、法外な手数料、運営者情報が不透明といった特徴があります。

優良なファクタリング会社を選ぶためには、入金スピードや手数料、上限・下限額、スタッフ対応、情報の開示などを詳しくチェックしましょう。

ポイントをおさえてファクタリング会社を選び、優良なファクタリング会社で資金調達をしてみてください。