ファクタリング手数料の相場と費用を安く抑えるコツ

ファクタリングの手数料は、2社間で10~20%、3社間であれば平均1~9%が相場です。

もちろん多少前後することはありますが、大きく外れるケースは珍しいので、この範囲内に収まると考えて間違いないでしょう。

ただ相場はあくまでも目安に過ぎないので、数あるファクタリング会社の中には、20%を大きく上回る手数料を設定する企業も存在します。

当然ですが、2社間と3社間ファクタリングを提供する会社は、これらの手数料をセットで表記することがあるので要注意です。

ファクタリング会社としては1度のみの利用よりも、繰り返し利用が行われた方が利益に繋がります。

そのため、初回は高めに手数料を提示する企業でも、2回目以降は下げて低めにするケースがあります。

状況に応じて変動することも珍しくないので、手数料の相場には流動的な側面もあると考えておいてください。

相場は平均を表すもので幅もありますが、だいたい合計1~20%の範囲に収まるでしょう。

ファクタリングの手数料を決める要因

ファクタリングの手数料を決定づける要因として、取引が2社間か3社間ということが挙げられます。

2社間取引は比較的リスクが高めなので、その分手数料も高く設定されている傾向です。

また、ファクタリングの利用が初めてか、あるいは2回目以降でも変わってきます。

2回目以降は一度審査を受けていることと、取引の実績や信用がある状態なので、手数料が下がる傾向です。

ファクタリング手数料の内容には、紹介料や印紙代、ファクタリング会社の利益に登記費用などがあります。

印紙代や登録免許税、登記事項の証明書交付などはほぼ固定されていますが、日当や交通費に関しては別です。

このように固定と変動要素があって、固定費用の部分がかなり多くを占めますし、変動費によって最終的な手数料が決まります。

ファクタリング会社が自社の取り分を多くすると、それだけ手数料に響いてきますから、相場より高めの場合はそこが要因となっている可能性があります。

2社間か3社間のどちらを利用するか?

2社間か3社間を検討するには、それぞれの特徴と違いを理解することが大切です。

申し込みから入金までの期間はほぼ互角ですが、2社間は審査が厳しめで3社間は審査が甘めといえます。

理由は3社間取引の場合だと取引先への通知と登記が必要で、手間がかかることもあって審査のハードルが低くなるからです。

その分、2社間取引はコストが3社間取引の約2倍と高く、買取額が下がってしまう傾向があります。

一長一短なのでいずれか1つを選択するのは難しいですから、ケースバイケースで利用を決めることになるでしょう。

取引先に通知したくない、買取額がやや低めでも即日現金化を望むなら2社間取引一択です。

逆に通知が必要でも問題なく、審査のハードルの低さと現金化の確実性を重視するのであれば、3社間取引の方がニーズにマッチします。

総合的にはファクタリング会社のリスクが低くなり、代わりに手数料が抑えられ買取価格を高くなる、審査が通りやすい3社間取引が狙い目です。

ファクタリングの手数料以外にかかる費用

ファクタリングの費用には、手数料以外にも審査や事務に印紙代、債権譲渡登記費用といったものがあります。

印紙代を含め、これらは手数料に含めて計算される場合もありますが、手数料の捉え方や内訳はファクタリング会社によります。

ファクタリング手数料とは別にかかる費用と考えると、審査と事務に数千円、印紙代は契約金額に応じて、債権譲渡登記費用は2社間取引で発生します。

印紙代の金額は数百円から数十万円ですが、5万円未満だと非課税なので加算なしです。

債権譲渡登記費用は最低でも5万円、多くても10万円未満に収まるはずです。

いずれも必要な費用なので仕方がありませんが、目安以上の金額が請求されたり、心当たりのない名目で要求されるようなら気をつけましょう

司法書士に債権譲渡登記を任せるのであれば、必然的に司法書士報酬が発生しますから、それも考慮に入れておく必要があります。

報酬額は司法書士が自由に決められるので、具体的にいくらかかるかはケースバイケースです。

ファクタリングの手数料を安く抑えるコツ

ファクタリング手数料を安く抑えるコツは、手数料が公開済みで低く設定しているファクタリング会社を選択することです。

また、2社間取引と3社間取引には手数料に差がありますから、とにかく手数料を抑えたいなら3社間取引が無難な選択となるでしょう。

ファクタリング会社にとっては、リスクが不安要素としてありますし、不安要素が手数料を左右する原因になっています。

つまり、リスクを高める不安要素を払拭する提案ができれば、交渉によって手数料が安くなる可能性に繋がります。

債権の大小も交渉材料になりますし、金額が大きければファクタリング会社の取り分も増えるので、ここが狙い目になるはずです。

相手の支払いまでの期間も手数料を安くするためのポイントで、なるべく期間の短い債権の買取を持ちかけて交渉していくのが現実的な方法となります。

それと同じファクタリング会社を繰り返し利用して実績を作り、信頼関係を構築したり信用を得る、これも手数料を安く抑えるコツの1つです。