ファクタリング会社の選び方で失敗しないコツ

ファクタリング会社では、売掛債権の現金化を行っており、資金が必要なときにサポートしてくれる存在です。

ファクタリング会社は複数あり、サービスや手数料などに違いがありますので、慎重に相性を見極める必要があります。

こちらでは、ファクタリング会社選びで失敗しないコツや悪質なファクタリング会社を避けるポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

失敗しないファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社選びで失敗しないためには、以下で解説する5つのポイントをおさえましょう。

  • ファクタリングの形態
  • 入金までのスピード
  • ファクタリング額
  • オンラインで手続きできるか
  • その他サービスの有無

ファクタリングの形態で選ぶ

ファクタリングの形態には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つがあります。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社と利用者の2社で行われますので、取引先にファクタリングを知られないのがメリットです。

一方で、必ずしも取引先から利用者へ売上が入金されるとは限らず、債権未回収のリスクがあることから手数料は高めに設定されています。

3社間ファクタリングは、ファクタリング会社、利用者、取引先の3社で行われます。

取引先の信用度を正確に審査することができ、債権回収の可能性が高いので、2社間ファクタリングよりも手数料が低いのが特徴です。

ただ、取引先にファクタリングを知られる点には注意しなくてはいけません。

入金までどのくらいかかるか

入金までどのくらいかかるかも重要なポイントです。

入金までに時間がかかってしまうと、必要なときに資金を得られない可能性があります。

必ず申込みから入金までにかかる時間の目安を確認しておきましょう

ファクタリング額の上限と下限のチェック

ファクタリング会社では、取り扱い額の上限と下限が設定されています。

下限は数十万円の場合もあれば、数百万円に設定している場合もあるので、少額の売掛債権を現金化したいときにチェックしましょう

上限についても幅があり、数千万円から1億円ほどまでファクタリング会社によって違いがあります。

オンライン完結のファクタリングが便利

ファクタリングを利用したいものの、事務所に出向く時間がない、近くにファクタリング会社がないといった場合もあるでしょう。

そのようなときには、オンライン完結で利用できるファクタリング会社が便利です。

インターネット上で申込みから振込まで進めることができ、全国どこからでも利用できます

その他サービスが充実しているか

ファクタリング会社によっては、ファクタリングと合わせて、バックオフィスサービスなどその他サービスを提供していることもあります。

経理業務や売掛金の管理、財政戦略の立案などファクタリング会社によって対応領域が異なりますので、その他業務も依頼したい場合はサービスの有無を確認しましょう

悪質なファクタリング会社を避けるために注目したいポイント

ファクタリング会社の数は多く、必ずしも優良とは言えず、中には悪質なファクタリング会社も存在します。

悪質なファクタリング会社を利用してしまうと、思わぬ費用がかかったり、トラブルが起きたりする可能性が高いです。

下記の4つのポイントでファクタリング会社を見極めましょう。

手数料が適切か

手数料の相場は、2社間ファクタリングで2~9%、3社間ファクタリングで10~20%となっています。

相場から大きく離れた手数料を設定している場合、悪質なファクタリング会社である可能性が高いです。

もし手数料の設定に疑問を感じた場合は、他社でも見積もりをとり、比較を行いましょう

基本情報を公開しているか

ファクタリング会社の多くは、ホームページを所有しており、運営者情報を詳しく記載しています。

基本情報を公開していない、調べても出てこないといった場合は、悪質なファクタリング会社かもしれません。

所在地や問い合わせ先などがなく、何者かわからないときは警戒しましょう

担保や保証人を要求されるか

ファクタリングは、融資とは異なるので、本来担保や保証人は要求されません。

担保や保証人を要求されたなら、優良なファクタリング会社ではないでしょう。

そのまま利用することはせず、他のファクタリング会社に依頼するのが賢明です

契約書を発行しているか

契約書を発行しようとしない、要求してもなかなか契約書を作成しない場合は警戒が必要です。

そのまま契約を結んでしまうと、契約書がないことで適切なサービスを受けられないでしょう

当たり前ではありますが、契約書をしっかり発行するファクタリング会社を選ぶのが安全です。

まとめ

ファクタリング会社を選ぶ際は、2社間ファクタリングまたは3社間ファクタリングか、上限・下限はどのくらいか、その他サービスが充実しているかなどに注目しましょう。

悪質なファクタリング会社を見極めるには、手数料や基本情報、担保・保証人の要求などが注目したいポイントです。

重視するポイントに合わせて、複数社を比較し、最適なファクタリング会社を選びましょう。