Interesting facts about みかん

みんなだいすき!おいしいみかん♡

❶みかんについて

み‐かん【▽蜜×柑】

1 ミカン科ミカン属の常緑小高木。また、その実。暖地に産し、葉は長楕円形。初夏、白色の小さな5弁花をつけ、黄橙色の実を結ぶ。果樹として広く栽培され、ウンシュウミカン・キシュウミカンなど多くの品種がある。

2 ミカン科の双子葉植物の総称。約900種が温帯から亜熱帯に分布し、主に木本で、樹皮や葉に油腺をもつ。ミカン・キンカン・カラタチなどの属を含むミカン亜科とサンショウ亜科とに分けられる。

https://kotobank.jp/word/%E8%9C%9C%E6%9F%91-637315

❷みかんの歴史

みかん類の原産地は約3000万年前のインド、タイ、ミャンマー(ビルマ)あたりとされています。しかし、最初に栽培を始めたのは中国のようです。日本でもみかん類の歴史は古く、「日本書紀」や「魏志倭人伝」にも橘(みかん科の植物)が登場しています。
❸ショートケーキ1個
=みかん9個?!

みかんをはじめとする果物は、その甘さから高カロリーと思われがちです。しかし、みかんの成分はほとんどが水分なので脂肪はほとんどありません。
実際のみかんのカロリーは100gあたり45kcalで、みかん9個とショートケーキ1個のカロリーはほぼ同じだといわれています。

❹みかんを食べると
手が黄色に?!

「みかんを食べすぎると手が黄色くなる」という噂を聞いたことがある人も多いでしょう。これは本当でしょうか?・・・本当です。みかんに含まれるカロチンが皮膚に付着し、黄色く見えることから「柑皮症(かんぴしょう)」と呼ばれています。そんな風に言うと、少し怖いですが、怯える必要はありません。みかんの食べ過ぎをやめれば、徐々に皮膚の色は戻ります。

❺一日分のビタミンC
=みかん2個?!

みかんにはビタミンCが豊富に含まれていて、その量は2個で1日分のビタミンCを摂取できるほどのものです。また、成長促進作用のあるビタミンB1、むくみの改善や、利尿作用のあるカリウムなども含まれています。また、袋や白いスジにたくさんの栄養が含まれているので、それらを取らないで食べるのがオススメです♡