初心者がチャレンジしたい
不動産投資の実態とは?

不動産投資に興味があっても、初心者だと情報が少なく、本当に儲かるのか不安が出てしまうものです。不安があるなら、不動産投資の実態を確認しておきましょう。初めての方が知っておきたい情報を紹介します。

不動産投資をしている人の特徴

・40代に人気

不動産投資をしている年齢層を調査した内容によると、40代が最も多いことがわかりました。次いで50代、20代の順に人気です。40代で不動産投資をする方が多いのは、年齢的に年収が安定する理由や、老後への備えとして考えている人が増えるからです。

 

・職業は会社員が多い

不動産投資を取り組む職業で見てみると、会社員の割合が多いことがわかっています。会社員の中でも、一般社員が多く取り組んでいます。管理職や経営者でないと取り組めないイメージがありますが、実際には普通のサラリーマンが不動産投資をしています。

 

・若い年齢にも人気

以前の不動産投資といえば、お金持ちのもの、年齢を重ねた方がやるものだと考えられてきました。近年は低金利の影響もあり、若い方でも不動産投資にチャレンジする方が増えています。年収が少なくても、少ない金額から始められる物件もあります。

不動産投資の始め方

・ネットで情報収集をする

まずは、ネットでどんな物件があるのか情報収集しましょう。購入する地域の相場がわかれば、不動産投資の計画が立てられます。また気になる物件があったら、不動産会社に問い合わせましょう。直接問い合わせると、市場に出回らない物件の情報を教えてくれます。

 

・現地で内覧する

気になる物件が見つかったら、現地に行き内覧します。写真で見る情報と、実際に見た雰囲気は異なる場合があります。目で見ると細かな部分まで確認でき、良質な物件を選びやすいでしょう。

 

・収支計画を組む

物件を内覧して気に入っても、収益性が低ければ意味がありません。購入の前に、収支計画を立てて、利益がどのくらい出るのか計算します。収支計画は、不動産会社で対応しているところもあります。

区分マンションと一棟マンションの違い

・小資金で始められる区分マンション

初心者で大金をかけた投資に慣れていないなら、まずは小資金で始められる区分マンションを選びましょう。単身向けマンションであれば、数百万円程度で購入できる物件もあります。投資金額が少なければ、借入金が少なくて済みます。

 

・空き室率を下げるなら一棟マンション

一棟マンションを所有すれば、多数の部屋を余裕することになり、空き室率を下げられます。区分マンションで空き室が出れば収入はゼロですが、一棟マンションなら全部の収入がなくなることはありません。安定した利益を求める方は、一棟マンションがおすすめです。

 

・災害対策も考慮しよう

区分マンションの場合は、地域を変えて複数の物件を所有できます。複数の地域で物件があれば、災害リスクを分散が可能です。一棟マンションで災害リスクを分散する場合は、費用が高額になります。かけられる費用に合わせて、災害リスク対策をしましょう。

新築物件と中古物件の違い

・空き室率アップなら新築物件

新築物件は、最新の設備や間取りを取り入れており、入居者のニーズに合っている物件が多くあります。入居したい人が多ければ、それだけ入居率を高められます。ある程度の期間は入居率が高い傾向があるのが特徴です。

 

・利回りが高い中古物件

中古物件は入居者のニーズに合わない物件も多くありますが、その代わり利回りが高い傾向にあります。購入価格が低ければ、それだけ利回りが上げられます。ただし入居者が確保できないと、思ったほど利回りは上がりません。

 

・低リスクか高リターンか

新築物件か中古物件かどちらを選ぶべきか迷ったら、低リスクと高リターンで比べましょう。リスクが低いのは新築物件のほうで、高リターンが見込めるのが中古物件です。

他の金融商品との違い

・株式投資との違い

株式投資と不動産投資を比べると、不動産投資はリスクが低めです。また高リターンは見込めませんが、変動が少なくリターンは安定しています。一方で株式投資は、短期間で利益が上下しやすく、高リスク高リターンです。

 

・預貯金との違い

日本における預貯金は、低金利のため利益がほとんど見込めません。安定して長期間お金をあずけるために向いていますが、利益を上げるためには適していません。預貯金と比べて不動産投資は、利益が高いのが特徴です。

 

・不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン

投資商品の中でも、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンだといわれています。ミドルリスク・ミドルリターンとは、ある程度の利益が見込める代わりに、投資した金額がかえってこないリスクもある投資のことです。

不動産投資初心者の方は、下記の情報も参考になります。

まとめ

初心者の方は、不動産投資で利益を上げられるか情報を収集しておきましょう。
紹介した内容や、リンク先の情報を確認しながら、
失敗が少ない投資にチャレンジしてみてください。