【2018年最新版】頭皮の臭い対策におすすめなシャンプーをご紹介!

本当に良い頭皮の臭い対策用のシャンプーですが、以下の3つのポイントを元に選ぶと良いでしょう。きっと参考になるはずです。

  1. 洗浄力が強すぎないこと
  2. 髪と頭皮に優しい成分が配合されていること
  3. コストパフォーマンスが良いこと
これらのポイントから、本当におすすめなシャンプーをランキング形式でご紹介します。最後までお付き合いください。

頭皮の臭い対策シャンプーランキング

1位:Herb Garden(ハーブガーデン)

  • 天然由来成分100%使用したシャンプー
  • 石油系界面活性剤、合成香料、着色料、保存料一切不使用
  • 地肌と髪に優しく汚れはきちんと落としてくれる
  • 7種類の厳選されたハーブが頭皮・髪を健康に導いてくれる
  • 15日間の返金保証つきなので試しやすいのが魅力

ハーブウォーターには健康な頭皮・髪をつくるために必要不可欠なミネラルがたっぷり含まれていて、地肌と髪にダメージを与えず、汚れはきちんと落としてくれるのが魅力です。

2位:KADASON(カダソン)

  • 皮膚科専門医が監修したシャンプー
  • 脂漏性皮膚炎の方専用のシャンプー
  • ベトベト頭皮も改善され頭をかく回数も減った
  • シャンプーにしては値段が高いのが難点
  • 当サイトからの購入なら特別キャンペーン価格の割引あり

「脂漏性皮膚炎と診断された方に使ってもらいたい。」
という想いから皮膚科専門医が監修したシャンプーがKADASON(カダソン)です。

脂漏性皮膚炎ならKADASON(カダソン)で決まりです。


3位:ラフィーシャンプー

  • プロのスタイリストが開発した専用のシャンプー
  • 高い保湿力と保水力を兼ね備えたフコダインを配合
  • 精製水に海洋深層水を使用しているためミネラルが豊富に含まれている
  • 当サイトからの購入なら特別キャンペーン価格(先着1,000名様限定)の割引あり

ラフィーシャンプーの特徴は高い保湿力・保水力です。

配合されている成分には、たっぷり太陽を浴びた沖縄もずくエキスに含まれる良質ミネラル「フコイダン」が配合されています。

フコダインの「ヌルヌル成分」は非常にお肌との親和性も良く、高い保湿力・保水力によりお肌の水分をしっかり吸着し、髪や頭皮の乾燥から水分を閉じ込め、しっかりお肌の角質層まで浸透します。


本当によく効く頭皮の臭い対策シャンプーを選ぶポイントの解説

ちなみに本当によく効く頭皮の臭い対策シャンプーの選び方は以下の3つです

  1. 頭皮の臭いの原因を知ろう!
  2. 頭皮の臭い対策について詳しくなろう!
  3. シャンプーを選んでみよう!

これら3つのポイントについて解説していきます

頭皮の臭いの原因を知ろう

貴方の頭皮の臭いがクサイと感じる原因を正確に把握する必要があります。

なぜなら、原因がわからないと正しい対策ができないからです。
沢山の武器を持っていても敵が何処にいるかわからなければ倒せないのと同じです。

そして頭皮の臭いの原因は2つ、それは空気中に浮遊するニオイを吸収・吸着した「頭髪臭」と皮脂が酸化分解された「頭皮臭」です。

頭皮の臭いの原因は、この2つのどちらか、または混合されたニオイです。

多くの方は「頭髪臭」と「頭皮臭」のどちらか片方だけしか対策していないから、頭皮の臭いがなかなか消えないんです。

まずは自分は何が原因で頭皮の臭いがクサイと感じるのかを知りましょう。それがまずは大事です。

頭皮の臭い対策について詳しくなろう

「頭髪臭」と「頭皮臭」の両方を対策出来るのが毎日のシャンプーです。

シャンプーは髪の毛に付着したニオイ分子と頭皮の脂を洗い流してくれる製品です。

正しい知識を持って利用すれば、頭皮の臭いを消すことが可能です。

シャンプー選んでみよう

最後はシャンプーを自分で選んでみましょう!

本当に頭皮の臭いを対策できるシャンプーを選ぶにはコツがいります。
でも、正しい知識を持っていれば選ぶことが可能です。

頭皮の臭い用のシャンプーを選ぶポイントは何個か存在するので、下記の参考記事をご覧ください。

頭皮の臭い対策は諦めなければ解決できる!

頭皮の臭いは年をとるに連れて誰もが経験するコンプレックスです。
だから貴方だけが悩んでいるわけではありません。

本当に大切なのは、その事実を受け止めて対策してみることだと思います。

「頭皮の臭いがなかなか消えない」と今現在も悩まれているかと思いますが、正しい対策を行えば改善することが可能です。

年のせいだからと言って諦めるのは早いですよ。

年老いていても良い匂いがする方は存在します。健康と同じで頭皮の臭いも努力しだいでは消すことができます。

ですからまずは、自分で出来ることから始めてみましょう。

関連リンク集