不動産売却の注意点は?
岐阜で安心して任せられる会社

不動産売却と言っても、簡単に手放してしまうと損をしてしまう可能性があります。不動産売却は「ただ売ればいい」というものではないのです。今回は不動産売却の注意点や岐阜でおすすめの会社について紹介していきましょう。

不動産売却の注意点

不動産売却は売主も覚えておきたい注意点があります。こちらでは、どんな部分に注意するべきなのかを見ていきましょう。

 ・自分でも相場を調べておく

意外と「相場調査は会社任せ」という人がいます。しかし、会社が正確な相場を教えてくれるとは限りません。悪徳会社の場合、わざと安く買い叩こうとするところもあるのです。そのため、自分でも相場を調べておくのは「騙されないためにも」必要なことなのです。

 ・複数業者に見積もりをしてもらう

1社だけに見積もりを出してもらっても、先述したように信頼できる情報とは限りません。そのため、複数業者に見積もりを出してもらうようにしてください。相見積もりを取ることで、適正価格を出せる会社かどうかを見極めることができます。

 ・相場は変動する

一度相場を出してもらったからと言って、その価格がずっと続くわけではありません。状況に応じて相場は変動していくと考えましょう。そのため、相場を調べてから数ヶ月経っている場合は再度相場を調べておくことをおすすめします。

少しでも高く売却するためには?

例え不要の不動産だとしても、少しでも高く売却したいと考えるのは当然です。こちらでは、少しでも高く買い取ってもらうための方法について見ていきましょう。

 ・第一印象を良くする

基本的に第一印象が良くなければ「買いたい」という気持ちは出てきません。破損個所や汚れが目立つ場所があれば、少しでも見栄えが良くなるようにしておきましょう。

 ・質問に答える

不動産は大きな買い物なので、買い手側も質問を色々としてきます。買い手の疑問や質問にはしっかり答えてください。下手に不都合な部分を隠していたことが後日発覚すれば、裁判など法的問題に発展することもあります。

 ・売り手自身の印象も良くする

物件だけではなく、売り手自身の印象も良くするようにしてください。例えば、買い物で怪しいスタッフがいる店では買い物をしたくないですよね。不動産売却も同じです。不動産を「この人から買っても大丈夫だろうか」と怪しまれてしまうと取引が上手くいきません。

不動産売却会社の選び方とは?

不動産売却を得意としている会社は、比較的多くあります。しかし、すべての会社が優良と言うわけではありません。中には得意ではないのに「当社は不動産売却を得意としています」なんてアピールしているところもあるのです。こちらでは、不動産売却会社の選び方について見ていきましょう。

 ・アドバイスをしてくれる

不動産売却は決して身近なことではありません。不慣れな人の方が多いのです。そのため、不動産売却の際に分からないことも多くあるでしょう。そういった時、しっかりとサポートしてくれるスタッフであるか注目してください。

 ・実績

これまでどれだけの不動産売却実績があるのかなどもリサーチしておくようにしてください。実績がすべてではありませんが、実績がなければ上手く取引を進めることはできません。どれだけの実績を持っているか、ホームページで確認、もしくはスタッフに問い合わせてみましょう。

 ・税金に関して

不動産売却をすると税金がかかります。意外と売却時にかかる税金のことを知らない人も多いです。しっかり税金に関して教えてくれるかどうかもチェックしてください。聞かれないことには答えない、という会社であればあまり信用できません。

岐阜県でおすすめの不動産売却会社とは?

岐阜県内にはさまざまな不動産売却会社があります。こちらでは、その中でおすすめされている会社について見ていきましょう。

 ・うかい不動産

ローンや資産運用など、不動産売却だけに留まらない業務を得意としている会社です。顧客重視の姿勢が高く評価されていて、実際に利用した人たちからも信頼されています。

 ・栄楽不動産

岐阜県内で高く評価されている不動産会社です。地域密着度が高く、不動産売却のサポート制度などが整っています。

 ・大垣不動産

創業1959年の老舗不動産会社です。時代のニーズなどに合わせた営業を得意としているので、良い意味で古さを感じさせない会社です。丁寧な接客に定評がある会社として人気です。

岐阜で不動産売却会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

不動産売却会社は慎重に選ばないと大きな損につながります。
大切な不動産を売却するのですから、少しでも高く買い取ってくれる相手を探しましょう。
売却後のサポートなどにも注目して会社選びをするようにしてください。
安易な選び方をすると苦い思い出になる可能性もあるからです。