• 子どもをサポートしたいのに、毎日イライラ不毛な喧嘩ばかり。受験なんてできないのかな・・・
  • 塾に行きたがらない、宿題をしない子どもに、どう接すればいいかわからない
  • 叱っても褒めても全然響かない子ども。どうしたらいいんだろう・・・
  • 性格が合わないそんな風に感じてしまうのは母親失格?
  • 反抗期?反発してきて手に負えない!
  • 塾に行きたがらない、宿題をしない子どもに、どう接すればいいかわからない

お子さんの個性タイプでサポートは変わる!

毎日、勉強しなくてイライラ
バトルになっていない?

お子さんの個性とママの個性の違いを知るだけで
自発を引き出す声がけに!

 子供が「自ら」行動しだし
「楽しい」受験と「明るい」未来へと変えてくれます。

子育てや受験で、お子さんとのコミュニケーションがうまくいくことが、
お子さんの才能を伸ばし、成績アップや受験成功へと繋がります。

子どもの幸せを願っての勉強させたいのに、
イライラ衝突ばかり、辛いものになっていませんか?

その勉強バトル、実は
お子さんにやる気がないわけでも、ママが悪いわけでもないんです。
ママの個性タイプとお子さんの個性のすれ違いから!

成績を伸び悩む原因、実は親子の関係とご存知ですか?

こんな風になってませんか?

子供の未来を思っての塾や習い事、頑張らせなきゃ!
と毎日イライラしたり、バトルになってる。

だけど本来、お子さんはママが大好き
そんな大好きなママから認められることが子供にとっては
1番のモチベーションなんです。

叱ってばかりではヤル気もモチベーションも上がりませんね。

お子さんの個性を知り、個性に合わせた声がけをする方法で
親子コミュニケーションが取れていることが大切なんです。

実はイライラの原因は個性が違うから起こること
個性が違えば、伝わる言葉も、やりたい方法も、タイミング

すべて違うからです。

はじめまして、中学受験ママ力開花アカデミー主宰 井上晴美です。

実は私も、受験勉強で子供を追い詰めてしまい、うまくいかずに苦しんでいたことがあります。

私は3人の中学受験を経験してきました。

最初の頃の私は良い塾に入れてとにかく
一生懸命サポートすれば、成績が上がる!
という思い込みに縛られていたんです。

長女は5年生11月入塾という遅いスタートだったため、

だからこそ私が頑張らなきゃ!
と一生懸命やることでカバーしようと思い上がっていました。

塾の先生にマメに相談し、スケジュールを立て、次々とさせる。

会話は勉強のことばかり、それでも、自分から受験したい!と言った長女は
懸命についてきてくれてました。

でも、そのうちに返事が小さく、力がなくなる・・・

成績も最初こそぐんぐん伸びたものの、徐々に下がってくる・・・

こんな状況に

「自分が受験したいって言ったんだよね!」

「やりたくないなら、受験なんてやめれば?」


と、怒りに任せ、なんと
教材を捨ててしまったこともあります

その時の娘の顔は今でも忘れられません。

静かにポロポロ泣きながら

「私、一生懸命やっていたよ・・・」

と言ったのです。
 
そこで はっと、我に返りました。私は何をしていたんだろう。
どうしてこうなったんだろう・・・。と。 

このままではいけない、と感じ、
「どうすれば、子供が喜んで、自ら動きたくなるんだろう!」
ということを学ぶために、心理学の勉強を始めました。
 
そして、勉強を通して私は初めて、
子供の個性と私の個性は違う!別の人格なんだ、
ということに気づいたのです。

個性によって、

・嬉しいと感じる言葉もやる気の出る言葉も違う。

・楽しいと感じるやり方が違う。

・やる気の出る目標設定も違う。


・価値観が違うからスケジュールの組み立て方も違う。



このことに気づけて本当に良かったです。

長女のやる気がないわけでも、私の教育方針が悪いわけでもなかった!

ただ、お互いの個性を理解できていないだけだったのです。

そのことに気づいてからは、長女の個性に合わせた声掛けやサポートに変え、

たった1ヶ月で偏差値が10上がり

1年という短い受験期間で桜蔭に合格できるまでになりました。

自分のやり方、思いだけで押し通していた受験を続けていたなら
娘を潰していたかもしれません。

日々の勉強バトルは小さなことのようですが、
子供にとっては自身を無くさせてしまったり、勉強嫌いにさせてしまうこともあるから。

メールレターではそんなママへ、お子さんとママの個性を知って
楽しく、自主的な勉強になるようお届けしてまいります。 

\個性を知ると、こんな変化が続々と!/

個性を踏まえてどのように接したらいいかの具体的にわかり
即実行できそうです

徐々に宿題が増えていく中で、声掛けをしないと宿題を始めない、苦手なもの・新しいものはやりたくない、間違いを指摘されるのを嫌がる、宿題・持ち物の管理をできないなどいろんな悩みが!

毎日叱っても、褒めても、どちらも響いていないので悩んでいました。 そんな悩みの中、子供の 個性を知ることで、私が時間が気になり、自分から取り組んでほしい個性。

長女は寄り添ってほし い個性と、どれも納得でした!さらに、個性を踏まえてどのように接したらいいかの具体的にわか り即実行できそうです。

◉ M 様 アメリカ 会社員 小1、年小女の子
VOICE

私とタイプが違う弟に対する接し方が分かり、
私自身気持ちが楽になりました

兄弟で性格が違うように、子供によって個性が違うこと、親の私達が対応を変えた方がいいことはなんとなく分かっていましたが、では具体的にどうしたらいいのだろうと悩んでいました。

兄弟それぞれの個性は納得できることばかりで、特に私とは個性の違う、弟に対する接し方が分かり、私自身気持ちが楽になりました。

勉強に関する声がけに早速役立ちそうです。受験生の兄はちょっしたことにも敏感ですが、スケジュールや目標設定など対応がわかり一緒に取り組んでいます。

◉T様 神奈川 主婦 4年、6年男の子
VOICE

子育て全般に活用していきたいと思います。

子どもの特性だけでなく、親の特性もわかり、どう向き合ったらいいのかはもちろん、どんなサポートをしたらいいのかも明確になりました。

勉強のサポートだけでなく、片付けなどの日常生活の中でもたくさんの場面で役立っています。

とても腑に落ちたので、勉強のサポートを始め、子育て全般に活用していきたいと思います。

◉ながたわかこ アトピッ子救急箱 小2男の子

VOICE

取り組んで2ヶ月で1クラスアップできました

息子の個性に合った声かけと、真逆のことをしていたということが、はっきりとわかりました。

具体的な声かけの仕方がとても参考になっています。自分のタイプと息子のタイプが違うので、 アプローチの仕方を変える必要があるということに納得でした。

塾の勉強のさせ方、スケジューリングなど取り組んで2ヶ月で1クラスアップできました。

◉M 様 4 年男の子
VOICE

息子には「わかる」「知ってる」と 思えることが効果的と知り、
さっそく予習をとりいれてます

小4の息子が、4月から塾に通っているのですが、行きたがらないことや宿題をしないことがあり、今後、どのように取り組んでいけば良いのか悩んでいました。


例えば、私自身は、予習をすると授業がつまらなくなると思っていて、予習をさせたことがなかったけれど、

息子には「わかる」「知ってる」と思えることが効果的なんだ!と知り、さっそく予習をとりいれてます。

◉H 様 小4男の子
VOICE

その子にあった方法でサポートするのが子供をつぶさないために
大切だと感じ実践中です。

近頃、子供との不毛なケンカが増えてきてしまっているように感じており、子供をサポートしたいし、幸せになってほしくて受験をするはずなのに、むしろ自分は逆効果なことをしているかも しれないと感じ悩んでいました。

このままでは成績面だけでなく、親子関係も悪化していきそうで、受験することそのものから迷うようにもなりました。子供の性格に合わせたサポートの仕方 があると伺い、何かの糸口になればと思い受講させていただきました。

息子と自分のタイプの違いがわかり、息子については驚くほど(悲しいほど...)当たっていました。その子にあった方法でサ ポートするのが子供をつぶさないために大切だと感じ実践中です。

◉G様 5年男の子
VOICE

息子に生まれながらに備わっている個性を知ることができ
子育てがまた一段とすっきり楽になりました!

出産前から個性心理学のことを知っていたので 同じタイプに生まれるように祈ってたら、見事息子は私と同じタイプになりました。

しかし、同じ直観タイプならわかりあえると思ってたのに、何事にも慎重で新しことにチャレンジしようとしない息子になぜ?と、疑問が湧き上がってくることも多々。

その疑問が12タイプ診断や更に詳しいレポートをだしてもらい説明してもらったことですっきりしました。

彼には高いプライドがあり、始めるからにはきっちりやらないといけないという使命感があるのですって。


言われてみれば思いあたることが多々あり。それが彼の生まれながらに備わっている個性なのだと知ることができ 子育てがまた一段とすっきり楽になりました!

◉H 様5年生男の子
VOICE

私とタイプが違う弟に対する接し方が分かり、
私自身気持ちが楽になりました

兄弟で性格が違うように、子供によって個性が違うこと、親の私達が対応を変えた方がいいことはなんとなく分かっていましたが、では具体的にどうしたらいいのだろうと悩んでいました。

兄弟それぞれの個性は納得できることばかりで、特に私とは個性の違う、弟に対する接し方が分かり、私自身気持ちが楽になりました。

勉強に関する声がけに早速役立ちそうです。受験生の兄はちょっしたことにも敏感ですが、スケジュールや目標設定など対応がわかり一緒に取り組んでいます。

◉T様 神奈川 主婦 4年、6年男の子
VOICE

お子さんのタイプがわかって受験が変わる
無料メールレター

STEP1 こともの個性って?
STEP2 個性がわかるとどうなるの?
STEP3 個性心理学って?
STEP4 子供の3つのタイプ
STEP5 MOONタイプを知ろう
STEP6 EARTHタイプを知ろう
STEP7  SUNタイプを知ろう
STEP3 個性心理学って?
見出し
見出し
見出し
見出し
見出し
見出し
見出し
見出し

さらに

3つの個性がわかる小冊子プレゼント!

無料メールレター
無料個性丸わかり小冊子

最後に

最後に・・・

個性を知ることは、子供が別の人格と気づけること、そして、ママと違う才能があると知ることです。

新たな時代に突入し、仕事も多様化している現代。

お子さんが元々持っている才能を、存分に発揮できる環境を整えてあげれば、AIにも負けないくらいの魅力を持つことは間違いありません。
 

そんな大きな未来を描きながら、ママのサポートで中学という新たなステージに導いてあげてくださいね。

また、ストレスの元はほとんどが人間関係の問題だと言われています。

 
人間関係論でもある個性心理学を身につけることは、
お子さんにとって、中学、高校、大学、そして社会に出ても役立つものになっていきます。

この受講を機に、お子さんに一生使えるプレゼントとして、個性を親子で楽しんでいただけたら嬉しく思います。