築30年の戸建ての浴室をリフォームしました

我が家は築30年の戸建て住宅で、お風呂も昔ながらのタイル張りのものでした。

見栄えはいいのですが、冬になるとかなり底冷えがしていたので、この度思い切って浴室リフォームをすることにしたのです。

タウンライフリフォームという会社で無料見積りをしてもらって、色々とアドバイスを頂きました。

リフォームの内容は、浴室をユニットバスに変えたうえで、冬場でも快適に入浴ができるように浴室暖房を設置するというものでした。

タイルをはがしたりしなければならなかったので、リフォーム費用は100万円ほどかかりましたが、その結果は非常に満足のいくものです。

今では、冬場でも風呂場で寒さを感じることがなくなり、ヒートショックの心配をせずにお風呂に入れるようになりました。

また、風呂場の敷居の段差も解消されてバリアフリーになったため、足元を気にせずに済むようにもなりました。

一戸建ての浴室リフォームの費用を比較

最新機器で快適なバスライフを。バスルームを増築部分に移動し、広々とした快適なシステムバスルームを実現しました。

バスカウンターやサイドの黒のアクセント、大理石の壁パネルなどが高級感を演出しています。さらに、FRP素材が破損した場合には、大掛かりな工事をせずに補修することができます。

このように、人工大理石はリーズナブルな価格で手軽に高級感を演出することができ、広々とした贅沢なバスルームを実現することができます。タカラの「伸びの美浴槽」は、お風呂を快適でお手入れしやすいお風呂に変身させます。

しかし、最近では木の風合いを残しつつ、防水性や耐久性、衛生面にも配慮した最新のバスタブが登場しています。

断熱浴槽やバスタブを選べば、お風呂がより快適になるだけでなく、追加の暖房費を節約できる可能性もあります。

"比較して選ぶ "こと。90%以上の満足度を誇るホームプロが、お客様の正しい選択をお手伝いします。全然採算が合わないのに、うちの洗濯機を設置してくれてありがとうございました。

一戸建てのお風呂・浴室のリフォーム費用

その後、配管や電気配線を行い、新しいバスルームを組み立てます。錆び止めなどの追加工事が必要な場合は、さらに数日かかることもあります。

ユニットバス同士のリフォームでは、既存の浴室を解体・処分する費用が節約できるため、基本的な費用は20~30万円程度です。また、古い在来工法の浴室には断熱材が入っていないことが多く、リフォームの際に断熱材を入れる必要がある場合もあります。

ガラス繊維に樹脂を混ぜたFRPは、防水性と軽量性に優れており、浴室のほか、ヨットの船体や大型プールの水槽、ウォータースライダーなどにも使用されています。

しかし、最近では浴室専用のフィルムや上から貼るタイプのフロアシートが登場したことで、1日で工事が完了し、費用も5万円程度で済むようになりました。

手すりの設置、段差の解消、滑りにくい床材の使用などのほか、壁の補強や給排水設備の設置なども含まれます。

築年数やメンテナンスの頻度にもよりますが、戸建住宅の在来工法のバスルームは、床やタイル壁にひび割れがあったり、バスタブとタイルの間に目地があったりして、基礎部分に水が浸入していることが多くあります。

特に、脱衣所と浴室の間の仕切りの基礎部分が腐食していることが多く、交換が必要です。一般的にはガス給湯器が主流ですが、最近では熱効率が良く、長期的なコストパフォーマンスに優れたシステムも登場しています。

お風呂・浴室リフォームの費用相場や事例

その後、配管や電気配線を行い、新しいバスルームを組み立てます。錆び止めなどの追加工事が必要な場合は、さらに数日かかることもあります。

ユニットバス同士のリフォームでは、既存の浴室を解体・処分する費用が節約できるため、基本的な費用は20~30万円程度です。また、古い在来工法の浴室には断熱材が入っていないことが多く、リフォームの際に断熱材を入れる必要がある場合もあります。

ガラス繊維に樹脂を混ぜたFRPは、防水性と軽量性に優れており、浴室のほか、ヨットの船体や大型プールの水槽、ウォータースライダーなどにも使用されています。

しかし、最近では浴室専用のフィルムや上から貼るタイプのフロアシートが登場したことで、1日で工事が完了し、費用も5万円程度で済むようになりました。

手すりの設置、段差の解消、滑りにくい床材の使用などのほか、壁の補強や給排水設備の設置なども含まれます。

築年数やメンテナンスの頻度にもよりますが、戸建住宅の在来工法のバスルームは、床やタイル壁にひび割れがあったり、バスタブとタイルの間に目地があったりして、基礎部分に水が浸入していることが多くあります。

特に、脱衣所と浴室の間の仕切りの基礎部分が腐食していることが多く、交換が必要です。一般的にはガス給湯器が主流ですが、最近では熱効率が良く、長期的なコストパフォーマンスに優れたシステムも登場しています。