なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

学生でも親にバレずにお金を借りれました

学生でもプロミスで借りられるのか不安でしたが、バイトをしていれば大丈夫とのことで無事にお金を借りることができました。

実家住みなので親にバレないかヒヤヒヤものでしたが、電話番号は自分の携帯でOKで、「web完結」というサービスで申し込みをしたので契約書なども自宅に届くことなく契約できました

延滞さえしなければ家に郵送物が届くこともないそうです。

もちろん親に保証人になってもらう必要もないので、未だバレずに済んでいます

バイト先に個人名で確認の電話があったようですが、それに関しては今どき「知り合いから職場に電話がくる」というシチュエーションはそうそう無いので、わかる人には「もしかして」と思われるかもしれません。

でも、それがわかる=同じく借金経験ありなのかなってことで、私的にはあまり気にしませんでした。

気になる人は「携帯に何回か着信あったんだけど、出れなかったから職場にかけたらしい」とか、言い訳を考えておくのも良いと思います。



学生ローンで賢く借りる方法

それなら、消費者金融のカードローンが適しています。プロミス、アコム、アイフルなどの消費者金融会社は、個人向けにカードローンを提供しています。

低金利で借りたいのであれば、銀行カードローンがお勧めです。銀行カードローンは、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などが提供しています。

学生ローンは中小の金融機関が提供しており、主に学生を対象としています。これまで紹介してきた消費者金融や銀行カードローンは、20歳未満の学生は利用できません。

一方、学生ローンは、18~19歳、さらには高校を卒業したばかりの人など、より幅広い年齢層が利用できます。

郵便局の有担保自動車ローンは、有担保定期預金口座や有担保定期預金を担保としたローンです。消費者金融のカードローンについては、こちらをご覧ください。

楽天銀行スーパーローンは、最大14.5%の低金利でご利用いただけるカードローンです。

大学生・短大生・専門学生・高校生・浪人生がお金借りる

学生ローンでお金を借りる方法-何が違うの?

アコム、プロミス、SMBCモビットなどの大手消費者金融は、スマートフォンから24時間いつでも申し込みができ、即日融資が可能なので、急ぎでお金を借りたい学生に適しています。

無利息サービスを提供している学生ローンは少なく、借り入れ可能なATMの数も非常に限られています。また、あまり聞いたことがないような学生ローン会社もありますので、大手上場の消費者金融会社のような安心感や信頼性はありません。

全ての消費者金融会社の金利は、借りれば借りるほど金利が下がる仕組みになっていますので、同じ金額を同じ限度額で借りた場合、金利の数字は多少の増減はあるものの、どちらも同じような数字になります。

学生ローンや消費者金融のカードローンとは異なり、質屋ではお金を借りる際に担保の提供が必要となります。

予備校に通う未成年の学生の場合は、学生として扱われ、「アイシーローン」「フレンド田」「学生ローンカレッジ」などの学生ローン専用の金融機関からお金を借りることができます。

消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社は、年齢や収入の確認に加えて、過去の支払い履歴も確認します。例えば、カードローンの返済や携帯電話の分割払いなどで何度も滞納していると、信用情報機関から「ブラック」と判断されることがあります。

また、返済方法は基本的に銀行振込返済、ATM返済、店頭返済となっていますが、銀行振込返済とATM返済は手数料がかかる場合がありますのでご注意ください。

学生が銀行でお金を借りるメリットとデメリット

そもそも、銀行の審査は厳しく、アルバイトの収入ではほとんど融資をしてくれません。自分の状況に合った資金調達方法を見つける。

あらかじめ限度額を設定しておけば、その範囲内でお金を引き出すことができます。他の借り入れ方法に比べて、学生ローンは学生であることを考慮しているため、審査に通りやすい。

学生ローンとは異なり、自分の収入のみが審査の対象となるため、安定したアルバイト収入がなければ借りることは難しいでしょう。実際、融資額が50万円以下であれば、収入証明書を提出する必要はありません。国や地方自治体が提供している返済不要の制度もあります。

学生支援緊急給付金は、新型コロナウイルス感染症の拡大によりアルバイト収入が減少した学生が対象です。また、学費の支払いが困難になった場合は、高等教育機関の新しい学習支援制度を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、この制度は、違法な高金利での貸付や個人情報が悪用される恐れがあるため、決して利用しないでください。

学生におすすめのカードローンを比較

学生ローンは、お店に行ってお金を借り、お店に行って返済し、銀行振り込みの手数料を払う必要があります。20歳以上の学生で、アルバイトをしている人は、ぜひカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

返済方法は、インターネット返済、ATM返済、口座振替、店頭返済、銀行振込があります。

ATM返済は、コンビニエンスストアなどの金融機関のATMから行うことができ、口座振替は、自分の口座から毎月の返済を自動的に行うことができるので、払い忘れの心配がありません。

学生ローンは返済方法が限られていますが、大手カード会社は様々な返済方法を用意していますので、ご自身の状況に合わせて選択することができます。

また、アルバイトをしていて家族からお金をもらっていない場合は、ローンを組むことができる場合があります。収入がある場合は、学生ローン会社のICローンから借りることができるかもしれませんが、可能性は極めて低いと思われます。

しかし、アルバイトをしていない学生の場合は、カード会社や学生ローンから借りることはできませんので、親や友人・知人から借りるか、この奨学金の学生バイトを利用することになります。

消費者金融大手のアコムのアコムマスターカードは、自動契約機に取りに行けば即日発行できますし、エポスカードもエポスカードセンターに行けば即日発行できます。

カードローンや学生ローンの審査が通らず、最終的にこの個人向けローンに行き着いてしまう人がかなり増えています。