なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

審査が甘い消費者金融を探してみました

消費者金融で借り入れをしたいと思っても、審査が甘くないと厳しいなと思いませんか?

私は銀行のカードローンで既に借り入れをしていて、上限に達してしまっていました。

なので、審査が甘い消費者金融でないと融資してもらえないと思って悩みましたが、最終的に選んだのはプロミスでした。

プロミスは特に審査が甘いと謡っているわけではないですが、オリコン顧客満足度調査で第1位なので、他社で審査落ちをした人でも借りられているのではと思ったのです。

ただあまり融資の審査ばかり受けていると、余計に通れなくなる不安もありました。

しかし、プロミスは期待に応えてくれて、上限額は低かったですが無事に審査に通りました

やはり皆の満足度が高い消費者金融を選んだのが良かったのだと思います。



審査が甘い消費者金融の人気ランキング

しかし、申込者に返済能力があるかどうかを判断する方法は、大手消費者金融会社と中小消費者金融会社では異なります。大手消費者金融では、過去の融資実績や膨大な融資情報・統計情報をもとに、コンピュータを使って申込者の返済能力を判断します。

そのため、年収や職業だけでなく、性格や借りた理由なども考慮して返済能力を判断します。消費者金融の審査に通らなかった人でも、借入理由や性格などから返済能力があると判断されれば、中小の消費者金融から融資を受けることができます。

また、信用情報機関の金融ブラックリストに載っていて大手の消費者金融で断られた人でも、現在それなりの収入を得ていて返済能力があることが確認されれば、中小の消費者金融でも審査に通る場合があります。

信用情報が良好であれば、給料日前のローンを組むことができるかもしれません。大手消費者金融会社での追加融資は、信用調査がありません。

大手消費者金融会社と中小消費者金融会社の違いは、現在の借入残高が限度額内であることと、借入総額が限度額内であることです。しかし、大手の消費者金融会社でも、資格基準を満たしていればローンを申し込むことは可能です。

融資を申し込む前に、必要な金額が中小の消費者金融会社の融資上限額でまかなえるかどうかを確認しましょう。

審査が甘いと中小消費者金融の会社はどこ?

当サイトでは、貸金業者として登録されている正規の消費者金融会社に直接電話をして、審査方法を確認しています。

ここで注意したいのは、各社の審査システム、つまり審査基準が異なるということです。大手の消費者金融会社の場合は、申込書に入力した情報をコンピュータが自動的に採点します。

一方、中小の消費者金融会社の場合は、自動的なスコアリングはなく、個人信用情報機関から提供された情報、申込書に記入された情報、お客様が来店された場合はお客様の人柄などを考慮して、担当者が判断しています。

お客様の信用情報を照会する際には、現在のお借入状況だけでなく、過去のお借入・ご返済状況も確認し、重要な審査軸としています。

また、過去5年間に自己破産や任意整理、個人再生などの債務整理を行ったことがある場合は、個人信用情報機関に個人信用情報として記録されます。

近年、中小の消費者金融では、ネット申し込み、来店不要、全国対応などのサービスを提供するところが増えていますが、即日融資に対応しているところは多くありません。

お店に来れない人は、即日融資はできません。中小の消費者金融会社が正規の消費者金融会社かどうかを確認するポイントは、貸金業登録番号です。

以下は、当社が正規の貸金業者と確認できた中小の消費者金融会社の例です。

審査が甘い・低金利のおすすめ消費者金融

このようにして、お客様のご要望にお応えしてきました。ちなみに、契約後は最短10秒で振り込まれ、土日や夜間でも原則24時間手数料無料です。給料日前のローンなら、みずほ銀行カードローンがおすすめです。

特にみずほ銀行カードローンと楽天銀行スーパーローンは金利が低いのでおすすめです。みずほ銀行カードローンは、業界でもトップクラスの低金利で有名です。楽天銀行スーパーローンは、銀行カードローンとしては珍しく、口座開設が不要です。契約のために銀行に来る必要もなく、30日間の無利息サービスもあるので、使い勝手の良さは申し分ありません。

カードローンをお探しの方には嬉しいサービスですね。大手消費者金融の場合、「専用のローンカードを使ってコンビニで借りる」というパターンが多いのですが、中小消費者金融の場合、振込融資のみというケースも少なくありません。

ちなみに、ローンカードが発行されて手元に届くまでには数日かかりますが、即日融資を希望する場合には振り込み融資が可能です。

激甘で審査が緩い消費者金融一覧

4件以上の消費者金融からの借金がある場合は、多重債務者とみなされ、新たな融資を受けることは困難になります。本来、消費者金融会社は、顧客にお金を貸して、その利息を得ることを業務としています。返済が滞るリスクを回避するために、消費者金融会社は信用調査を行います。

5件以上の借入があると、いくら金融会社の審査基準が緩くても、審査に通るのは難しいでしょう。一方、借入件数が3件程度であれば、中小の消費者金融会社でも審査を受けることができます。借入件数が3件程度であれば、中小の貸金業者でも融資を受けることは可能です。

中堅の消費者金融は、国内で最も数の多い貸金業者ですが、その種類は多岐にわたっています。

貸金業協会に登録されている、審査基準の甘い貸金業者だけを選ぶべきで、正規の貸金業者であれば法定金利内で借りることができます。融資を申し込む際に、収入証明書の提出を求められるケースがありますが、これは融資を申し込んだ時点で、現在の収入と現在の借入総額がすべて信用情報機関に知られてしまうことを意味します。

例えば、過去に自己破産をしたことがあり、信用情報機関のブラックリストに載っている方は、間違いなくどこの金融機関でもローンの審査に通らないでしょう。消費者金融会社は、顧客獲得競争の一環として、様々な金融商品を提供しています。

審査の甘いカードローンを比較

貸金業者は消費者金融会社ですが、「審査が甘い」とか「誰でも借りられる」などと言うことは法的に認められていません。信用情報とは、お客様の金融商品に関する取引を一括して管理する機関である信用情報機関に掲載されている情報です。

お客様の消費者金融や各種ローンの現在の残高を確認するものです。住宅ローンや自動車ローンを除く借入残高と借入希望額の合計が、年収の1/3を超えないことが最低条件となります。ローンを申し込むと、審査の結果にかかわらず、信用情報機関に登録されます。

カードローンの審査に落ちてしまった方が再度申し込む場合は、信用情報機関との接触がないカード会社を選びましょう。また、大手消費者金融会社のほとんどが、利用開始から1~2ヶ月間の無利息サービスを実施しています。

無利息サービスは主要な消費者金融会社で提供されていますが、このサービスを提供しているのはレイクALSAだけです。また、楽天銀行スーパーローンの会員であれば、楽天会員ランクに応じて優待を受けることができます。

また、楽天銀行のアプリからカードローンを申し込み、楽天の経済圏に足を踏み入れることができます。