売上アップの鍵は
F2施策にあり!

「新規顧客の獲得」×「継続顧客の育成」
単品リピート通販では、この2軸の掛け合わせによって売上が決まりますが、その際にレバレッジを効かせる最大の施策が2軸をつなぐ「F2施策」です。どれだけ速やかに、どれだけ多くの顧客を2回目購入につなげられるか。初回購入商品以外に、どれだけ多くの商品に興味を持ってもらえるのか。ここでの違いが、その後のLTVや事業収益に大きな影響を及ぼしているのです。

ゼロベースの事業立上げから売上40億円超え!

数多くの化粧品通販事業を立上げてきた「サイド・バイ・サイド」が
F2視点からの売上拡大を支援をいたします。

事業収益に与える影響が大きく
CRMでまず注力すべきなのがF2施策

例えばCPA5,000円でF2転換率(2回目継続率)が20%の場合、
CPOは25,000円。
仮にCPO20,000円を目指すなら、単純に2通りです。

①CPAを20%削減して4,000円に
--------------------------------------
②2回目継続率を5%改善して25%に

どちらも取り組むべき重要な課題ではありますが、潜在顧客と顕在顧客に対してのアプローチであれば、結果が期待できるのは既に接点があり、明らかに手掛かりの多い顕在顧客です。また一定数の集客数を担保しようとするとCPAを下げるのは容易でないことは、既に多くの方がご経験されているのではないでしょうか。


広告ABテストと同様に、F2テストは実施されていますか?

F2視点からのアプローチで
CPO削減とLTV向上に導きます

『伴走型』コミュニケーション

2回目購入促進は対人関係と同じように、初回購入からある一定の期間をかけてコミュニケーションの回数を重ねていかなければ成果が生まれません。また常に顧客の心理状況は変わりますので、購買起点からの意識変容に対応した施策が必要になります。

 ●顧客コミュニケーションの最適化
 ●購買起点からのアプローチタイミング及びアプローチボリューム等の設計
 ●経過日別購入率の分析等

『使い続けたくなる』への導火線

定期への導入が上手くいったと思ったら、単品しか買ってもらえない…、そんな悩みをよく耳にします。化粧品通販では単品のみでの購入回数が増えるほど、クロスセルの難易度が増していきます。つまり2回目購入時点にどれだけクロスセルが成功するかによって、その後のLTVは大きく変わってくるのです。

 ●集客商品USPからの悩み解決ストーリーづくり
 ●アプローチタイミングに応じた商品提案と段階的なオファー設定
 ●2回目購入商品別LTVの分析等
F2視点に立った
「販促企画」から「商品企画」まで

一気通貫で支援いたします
F2施策の立案と実施支援
(2回目継続率と年間LTVの向上)
クロスセル商品企画
(集客商品に応じたクロスセル商品の設計)
私たちサイド・バイ・サイドは「理論を語るコンサルティング会社」でも「化粧品を製造して納品するだけのOEM会社」でもありません。お客様企業の経営者様、事業責任者様、そしてスタッフの方々とともに課題を共有し、商品企画と販促企画の2軸から事業を軌道にのせていくプランニング会社です。http://www.sidex2.com
こんな悩みや課題を抱えていたらご相談ください!
□収益回収までの期間を早めたい…
□もっとCPOが削減できないのか…
□2回目継続率が低く、このままでは垂れ流しに…
□もっと客単価を上げられないのか…
□リソースがなく、社内での企画に限界を感じている…

特に、事業をスタートしたばかりの企業様、

売上の壁にぶつかった10億円未満の企業様からの
ご相談お待ちしております。
http://www.sidex2.com
\大好評につき第二弾!お気軽にご相談ください/
只今、定期通販ラボ会員限定5社様
【無料】相談会開催決定!

まずは相談して話を聞いてみたいという企業様のために
只今、無料相談会を実施しております。
詳細につきましてはお申込み受付後、担当者よりご連絡させて頂きます。
※応募状況によりますが、場合によっては
お待ちいただくか、お断りさせていただく場合がございます。
予めご了承頂けますようお願い申し上げます。
●お時間:1時間程度

下記条件にあてはまる方からのお申込みをお待ちしております。
□事業の責任者・経営社・幹部社員の方
□具体的なプロジェクトを進行中の方
□本気で通販を立ち上げたいと思っている方

応募はこちらから

Side by Side Company Profile
会社名 株式会社サイド・バイ・サイド
代表取締役 植山 昇一
設立年月 2010年1月
会社住所
横浜市中区元浜町3-21-2ヘリオス関内ビル
設立年月 2010年1月