相続放棄の手続きの方法

相続放棄

相続放棄の手続きの方法

相続放棄は、法廷相続人となった場合、法律上の手続きによって被相続人の遺産を相続しないよう放棄することができる法律です。その遺産とは、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金)においても放棄することができます。マイナスの財産が明らかに多い場合や、相続争いに巻き込まれたくない場合などに利用されることが多いです。相続放棄の手続きは、法廷相続人が相続人になったことを知った時から3カ月以内に行う必要があります。家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出後、家庭裁判所で認められれば「相続放棄申述受理通知書」が交付されます。この期間内に書類の提出がなければ、放棄できなくなりますので、注意が必要です。もちろん、相続開始前の段階でも相続放棄はできません。但し、3カ月以内に放棄するかどうかを決められない特別な事情がある場合には、「相続放棄のための申述期間延長」を家庭裁判所に申請することで、期間を延長してもらえる場合もあります。 
相続放棄

button