2019年おすすめ秋ドラマ『グランメゾン東京』徹底解説

日曜劇場『グランメゾン東京』とは?

日曜劇場『グランメゾン東京』とは、2019年10月20日からスタートのドラマ。こちらキャスト超豪華で、主演が「木村拓哉」となっており、役は「型破りなフランス料理シェフ」。概要は、レストランを1度成功させますが、慢心からすべてを失います。そこから、挫折を味わい、自分を見失ったシェフが再び、世界最高のレストランを作るべく奮闘する、サクセスストーリーです。

主演の「木村拓哉」に期待が高まる

みなさんご存知ですか?実は、「全話世帯平均視聴率ベスト10」というのがあるのを。このランキングは、平成に放送された連続ドラマの全話世帯の平均視聴率が高いドラマにランキングを付けたものです。そしてなんとこのランキングの上位5位の全てが「木村拓哉」の主演ドラマなのです。木村拓哉がドラマをやるのは、前回の日曜洋画劇場以来、2年ぶりの出演となるため、社会的にも期待が高まっています。

グランメゾン東京の相関図

豪華キャストをみてみよう

尾花 夏樹(おばな なつき)/木村拓哉

今回、木村拓哉さんが演じるのは、フランス料理のシェフです。舞台は本場フランス料理の聖地、フランスのパリから物語は始まります。木村拓哉が演じる、尾花 夏樹(おばな なつき)は、すでにパリに店を持ち、その才能とカリスマ性で、お店を二つ星のレストランに昇格させます。しかしそこで、カリスマシェフともてはやされ、自身が傲慢になったり、様々な事件に巻き込まれていきます。結果、お店は閉店に追い込まれ、シェフ人生も終わりを告げます。しかし、鈴木京香さん演じる、早見 倫子(はやみりんこ)との出会いをきっかけに、世界最高峰の三つ星レストランを目指し奮闘していきます。

早見 倫子(はやみりんこ)/鈴木京香

今回、鈴木京香が演じるのも、フランス料理のシェフ。こちらは逆に、何度も星の獲得に挑戦するも叶わずにいる。料理人としての限界を感じていた最中、木村拓哉演じる、尾花夏樹(おばな なつき)に、「星を取らせてやる」 と言われ、叶わなかった星付きレストラン作りに協力する。尾花からの指示や言動に戸惑いながらも、彼のセンスやプロ意識に感化されながら、一緒にレストランを作っていく。

平古祥平/玉森裕太

今回、玉森裕太さんが演じるのは、尾形に憧れている、パリでレストランをやっている頃からの尾形の弟子。

芹田公一/寛一郎

今回、寛一郎さんが演じるのは、グランメゾン東京をになってからの従業員役。尾形のレストランにくるまでは、半年間居酒屋でバイトしていただけらしい。

蛯名美優/朝倉あき

今回、朝倉あきさんが演じるのは、平古の婚約者。同時に、平古が働くホテルのコンシェルジュでもあります。

まとめ

グランメゾン東京の概要から、相関図、キャストまで、ご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?久しぶりの木村拓哉主演と言う事で世の中も期待感でいっぱいですね。10月20日(日)夜9時をの楽しみに待ちましょう。

また、みなさんドラマなど見逃してしまったり、録画し忘れた場合などは、どうしていますか?そんな時にオススメなのは無料動画視聴サイトです。せっかく楽しく見ていたのに見逃してしまっては勿体無いですよね。おすすすめの動画視聴サイトを貼って置くのでぜひ活用してみてください。

ドラマ動画の國はこちら