【切らない】目の下のたるみ取りおすすめクリニック5選!
安い・口コミ評判いいのはここ

最近、目の下のたるみが気になり、コスメであれこれお手入れしてもいっこうに改善されない、そんな悩みを抱えてはいませんか?

セルフケアでは失敗する人や後悔するケースもありますが、クリニックに行けば美容の観点から切らない治療で、目の下のたるみ取りの悩みが解消されることでしょう。

そこで、この記事では目の下のたるみ取りでおすすめのクリニック5選について紹介しながら、

切らない目の下のたるみ取りとは?

そもそも切らない目の下のたるみ取りって何? 簡潔に言えば、メスを使わず切らない美容治療のひとつです。

美容クリニック独自で専用の医療機器を駆使して、気になる目の下のたるみを根本的に治療します。

切る施術との違いは?

仮に目の下のたるみをメスなどの器具を用いて切る場合は、デリケートな部位ですから一歩間違えれば、目の周辺の皮膚に傷がついてしまうリスクがあります。

その点、切らない目の下のたるみ取りの場合は、皮膚に傷をつける心配もありません。

切る施術よりも切らない方法で目の下のたるみを取るほうが、安全であることは言うまでもありません。

基本的に切らないので、切る施術よりも痛みが軽減され、施術時間も短くて済み、皮膚へのダメージを極力抑えられます。

目の下のクマも取れる!

切らない目の下たるみ取りの美容治療を受ける場合、単にたるみが改善されるだけではなく、目の下のクマもキレイに取れる効果が期待できます。

目の下にクマができると陰気な印象になってしまい、老けてみられがちです。

若々しさを取り戻すためにも、目の下のクマもキレイに除去できるので、まさに一石二鳥です。

こんな人におすすめ!

美容クリニック目の下のたるみ取りは、このような方にピッタリ・おすすめです。

目元が老けて見られる方に

普段から元気なのに、目元のクマやたるみが原因で、疲れて見えたり、実年齢よりも老けてみられがちです。そんな悩みを抱える人にこそ、目の下のたるみ取りで若々しさを取り戻すことができます。

目元のハリのなさが気になる方に

目元にハリがないと眠そうに見られてしまうこともあります。目元のハリのなさが気になる方にも、目の下のたるみ取りはおすすめです。

目力アップしたい方に

人の第一印象は目力で決まるとも言われています。目の下のたるみ取りで、気になるたるみ・クマの悩みを解消できたら、わざわざアイメイクを濃く強調する必要などさらさにありません。

ナチュラルメイクで思い切り目力アップできることまちがいなしでしょう。

後悔しないクリニックの選び方

目の下のたるみ取りで失敗・後悔しないクリニックの正しい選び方として、下記の3項目が重要ポイントになります。
施術実績が豊富なクリニックを選ぶ
目の下のたるみ取りに限ったことではありませんが、もっとも重要なのは施術実績が豊富で信頼できるクリニックを選択することです。

実績を調べるには、美容クリニックの公式サイト上でチェックする
これまでの症例数と実績について掲載されているので、事前に要チェックです。

単に実績の高さだけで評価するのではなく、どのような医療機器が使われているのか、治療の流れについても合わせて把握しておくと良いでしょう。
仕上がりの口コミがあるか
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
見出し
施術実績が豊富なクリニックなら治療の成功度・完成度も高いはずです。

実際に目の下のたるみ取りの美容治療を受けた人の仕上がりについて口コミが掲載されているケースも多いので、ここは逃さず要チェックです。

美容クリニックの公式サイトにはもちろん、ブログやSNS、美容ポータルサイトなどに口コミ情報が満載です。

良い口コミだけでなく、辛口の口コミにも必ず目を通した上で冷静に判断しましょう。

値段は妥当か(相場はいくらか)

目の下のたるみ取りをクリニックで受けるか否か、その決め手となるのは、最終的にはやはり価格です。

気になるクリニックがあれば治療費がいくらかかるのか、相場について要チェック、値段が妥当かどうか判断する必要があります。

予算の範囲内にきちんと収めることも視野に入れた上で、高品質な施術をリーズナブルな料金に設定したクリニックを選択するのがベストです。
見出し
施術実績が豊富なクリニックなら治療の成功度・完成度も高いはずです。

実際に目の下のたるみ取りの美容治療を受けた人の仕上がりについて口コミが掲載されているケースも多いので、ここは逃さず要チェックです。

美容クリニックの公式サイトにはもちろん、ブログやSNS、美容ポータルサイトなどに口コミ情報が満載です。

良い口コミだけでなく、辛口の口コミにも必ず目を通した上で冷静に判断しましょう。

値段は妥当か(相場はいくらか)

目の下のたるみ取りをクリニックで受けるか否か、その決め手となるのは、最終的にはやはり価格です。

気になるクリニックがあれば治療費がいくらかかるのか、相場について要チェック、値段が妥当かどうか判断する必要があります。

予算の範囲内にきちんと収めることも視野に入れた上で、高品質な施術をリーズナブルな料金に設定したクリニックを選択するのがベストです。

【切らない】目の下のたるみ取りおすすめクリニック5選!

湘南美容クリニック

しつこいクマ・たるみ・シワに別れを告げたい、そんな方にピッタリなのが湘南美容クリニックの「目の下の切らないクマ・たるみ (ふくらみ) 取り」です。

2019年8月時点の症例件数は24750件、「手術の跡が残ることもなく、ハリのある若々しい目元を取り戻せる」と主婦やOLを中心に人気です。

料金:税込113000円
※麻酔料金込み・両目下すべて
施術時間:30分~60分程度
エリア:北海道・東北・東京都・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄

東京中央美容外科

実年齢よりも若く見られたい、イキイキと明るい表情になりたい、そんな悩みを解消させるのが東京中央外科の「切らない目の下のクマ取り・たるみ取り」です。

ぽっちゃり頬をムダのないシャープなS字状のカーブを描き、自然な雰囲気になります。

ひとりひとりの顔の悩みや形状などに合わせた切らない施術、術後の通院は原則不要で、ダウンタイムが少なくて安心です。

料金:税込83600円~
施術時間:20分~30分程度
エリア:東北・東京都・関東・東海・関西・九州・沖縄

SO.グレイスクリニック

SO.グレイスクリニックの目の下のたるみ取り治療、「自己再生TCB」は、目元のたるみの原因となる脂肪を適量減少させ、若々しい目元を作るための美容治療です。

デリケートな目元の美容治療なので、肌ダメージや出血などを極力抑えられるように配慮されています。もちろん術後に傷跡が残るリスクもなく、安全安心の施術です。

料金:350000円
施術時間:15分程度 (片目)
エリア:東京・関西 (大阪)

ゼティスビューティークリニック

ゼティスビューティークリニックの「目の下の切らないたるみ取り」で、目下のふくらみを解消し、目元パッチリを目指す女性が増えています。

クマ・たるみを除去するだけではなく、同時に脂肪を注入する「コンデンスリッチ脂肪注入」で、気になるふくらみと凹みを一挙まとめて解消されます。

術後は目元の印象がガラッと変わるだけで、顔全体が明るい雰囲気になります。

料金:モニター価格 120000円
通常価格 200000円
施術時間:不明
エリア:東京都

有楽町美容外科クリニック

有楽町美容外科クリニックの「切らない目の下の脱脂+サーマクールアイズ」は、シワ・たるみでお悩みの方に最適です。

術後は目元が引き締まり、見た目年齢がきっと変わることでしょう。

目元のたるみの原因を追究し、それに合わせた施術が行われます。

仕上がりのイメージを大切にし、脂肪の除去量は目元のバランスを見ながら、自然な仕上がりを目指せます。

料金:税込231550円
施術時間:30分程度
エリア:東京都

切らない目の下のたるみ取りを受ける前に気になること

切らない目の下のたるみ取りの美容治療を受ける前に、気になる点や不安を解消しましょう。ここでは、よくありがちな疑問と回答を簡単にまとめてみました。
施術の流れは?
来院・カウンセリング

初回来院の前に電話または公式サイト上から予約を入れて、約束の日時に来院します。

医師とのカウンセリングが行われ、施術方法について説明を受けます。

切開線のマーキング

施術のファーストステップとして、下まつ毛の下・切開線などの部分にマーキングが行われます。

麻酔をかける

まぶたの部分に局所麻酔がかけられます。

クリニックによっては、手術の不安を解消するために希望があれば、眠った状態で手術か受けられるように、静脈麻酔を行うことも可能です。

目の下のたるみ取りの手術

眼窩 (がんか) 隔膜を切開して、目の下のたるみの原因となる眼窩脂肪を取り除く「脱脂」が行われ、余った皮膚の部分を切除・縫合して完了です。

治療時間は30分程度、術前の麻酔を含めて70分程度です。
痛みあるの?
手術を受けている間は、麻酔がかかっているため、とくに痛みを感じることはほとんどありません。

手術が完了してから2~3時間後に麻酔が切れてからは、少し違和感や痛みをともなうことがあります。

人それぞれ個人差はありますが、クリニックでは痛みを我慢しなくて済むように、内服薬を処方してもらえるケースがほとんどです。
腫れや内出血などダウンタイムはある?
手術の後は、患部の腫れを抑えるためにしばらく冷やすのが一般的です。

個人差はありますが、手術日から2日~3日後にかけて、腫れ・むくみが出ることがあります。

また、一時的に目がごろつくような感覚をともなうことがありますが、むやみに触ったりこすったりしてはいけません。

術後にまぶたが内出血を起こす可能性がありますので、アイメイク・洗顔・目をこするなどの行為は慎むべきです。
失敗あるの?
目の下のたるみ取りの治療で失敗するリスクは、おもに2つ考えられます。

目の下のたるみが完全に脱脂できない可能性

手術しても目の周りの脂肪をパーフェクトに脱脂できない可能性もあります。

万が一、1度の手術で取り除けなかった場合は、医師に相談して再手術を受けるなど、万全なアフターフォローに応じてもらう必要が出てきます。

腫れが治まるまで1か月程度かかる可能性

ほとんどの人が術後の腫れは、数日で自然に解消されますが、中には1か月程度かかる場合もあります。

元の状態に戻るまでには個人差があり、どの程度の期間で回復するのか、はっきりとしたことは言えません。

痛みや腫れなどの気になる症状が長引く場合は、早めに担当医に相談して適切なアフターフォローを受けましょう。

切らない目の下のたるみ取りをした人の口コミ体験談

目のたるみが気になり手術をしたばかりです。

手術までの対応も良く手術室に流れる音楽もリラックス出来たと
思います。(ボサノバでした)

デザインに時間をかけて頂いたのも良かったです

内出血も無かったし痛みも殆ど無いので先生の技術が良かったのだと思います。

(20代女性)

引用元:カルー
50歳を過ぎたころから目の下のたるみが気になり、元気なのに疲れているように見られてしまうのがイヤでした。

思い切ってクリニックに駆け込み、目の下のたるみ取りの施術を受けて良かったです。

たるみが取れただけでなく、目元全体がイキイキはつらつの印象になり、年齢よりも若く見られることもしばしばです。

(50代女性)
コロナの影響でマスクを着けるようになってから目の下のふくらみが気になるようになり、ネットでどうしたら解消できるか調べるようになりました。

手術当日は腫れぼったくなっていましたが、特に周りに気づかれるような大きな腫れではなく3日で治まりました。

気になっていた目の下のふくらみがナチュラルになってマスクしていても左右差が目立たなくなったのでよかったです。

(20代女性)

引用元:美容医療の口コミ広場
コロナの影響でマスクを着けるようになってから目の下のふくらみが気になるようになり、ネットでどうしたら解消できるか調べるようになりました。

手術当日は腫れぼったくなっていましたが、特に周りに気づかれるような大きな腫れではなく3日で治まりました。

気になっていた目の下のふくらみがナチュラルになってマスクしていても左右差が目立たなくなったのでよかったです。

(20代女性)

引用元:美容医療の口コミ広場

まとめ

この記事では、切らない目の下のたるみ取りについて治療法・おすすめポイント・クリニックの選び方・おすすめ5選・口コミについて掲載しました。

目の下のたるみの悩みが解消されれば、顔全体が若々しい印象になり、目力も自然にアップします。

とはいってもこれまで美容クリニックに行ったことがない人は、どことなく敷居が高そうで入りづらいイメージです。

しかし、美容クリニックはそもそも女性の美を追求するための治療です。まぶたの悩みを解消するためにも、初めての方もぜひ勇気をもって踏み入れて欲しいです。

施術料金も思ったよりは良心的でリーズナブル、医師と看護師が温かい笑顔で迎え入れてくれます。

施術の評判など気になることがあれば、あらかじめクリニックの公式サイトやSNSの口コミを下調べてしておくと安心です。

気になる目の下のたるみの悩みを解消して、目元美人を目指してはいかがでしょうか。