【全国版】涙袋形成のヒアルロン酸注射おすすめクリニック5選!
安い・長持ちならここ

女性らしい優しい目元になりたくて、涙袋が作れるヒアルロン酸注射の美容治療を検討している女性も多いですが、どのクリニックがおすすめなのか悩んではいませんか?

下まぶたにヒアルロン酸を注入する美容治療が話題になっていますが、やはりクリニック選びは慎重に行うべきでしょう。

そこで、この記事では長持ちの涙袋の形成ができるヒアルロン酸注射でおすすめのクリニックの施術料金や特徴を紹介しながら、口コミ体験談も合わせて一挙まとめて紹介していきます。

簡単に涙袋が作れるヒアルロン酸注射!

ヒアルロン酸注射で涙袋を形成する美容治療のことを涙袋形成、または涙袋形成術とも言います。涙袋は、下まぶたのフチにあるふくらみのある部分のことを指します。

涙袋が作られるメカニズムについて、簡単にご説明しましょう。

目の周囲には眼輪筋という筋肉が存在しており、笑った時など表情のちょっとした変化により、ふくらみの部分がより大きくなることによって、涙袋が作られるという仕組みです。

しかし、中には下まぶたの部分にメリハリがなく、涙袋が作れるようになりたいと望む人もいます。そのような人にヒアルロン酸注射による涙袋形成は適しています。

医療用の極細針やカニューラと呼ばれる器具を用いてヒアルロン酸注射をするので、目とその周辺に強い刺激を与えることもなく、安全性の高い美容治療です。

涙袋形成はこんな人におすすめ!

クリニックのヒアルロン酸注射による涙袋整形術は、目元にもっとハリが欲しい方、メリハリをつけたい方におすすめです。

涙袋を作るために、日々にアイメイクに奮闘する方もいますが、涙袋形成の施術を受けた後は、このような手間が省けるようになります。

目元の雰囲気が冷たい感じに見える方、目元から女性らしい優しさを演出したい方、目力アップしたい方にもおすすめです。

涙袋ヒアルロン酸の種類による「持ち」が変わる

ヒアルロン酸注射と言えば、今や美容治療では定番となっており、涙袋形成術以外でもよく使われるポピュラーな存在です。

従来はコラーゲン注射による美容治療もよく使われていましたが、ヒアルロン酸注射の方が、不自然さがなく満足度のたかい仕上がりを目指せます。

涙袋形成術の場合、治療に使われるヒアルロン酸の種類によっても、涙袋の「持ち」が変わることもあります。涙袋形成術で、持続性を重視するのか、価格の安さで選ぶのか、人それぞれ価値観の違いがあります。

涙袋形成術を受ける前に、クリニックの医師に相談して、どのヒアルロン酸の種類を使うのか相談しておくと良いでしょう。価格が安いものから高いものまで、沢山の種類があります。

美容治療を施す部位によっても、ヒアルロン酸の選び方が変わってくることもあります。一般的に、涙袋形成術では硬度の柔らかいジュピダームビスタシリーズのヒアルロン酸が用いられるケースが多いです。

ジュピダームビスタシリーズの場合は持続期間は1年以上、ダイヤモンドフィールや美タールライトヒアルロン酸の場合は、持続期間が3か月~6か月程度です。

どの程度効果を持続させたいのか、涙袋形成の目的や予算に見合うタイプのものを慎重に選択しましょう。

参照:ヒアルロン酸の種類

涙袋形成ヒアルロン酸注射するクリニックの選び方

「涙袋形成の美容治療を受けたいけど、どのクリニックに行けばいいの?」と二の足を踏んではいませんか?

これまで美容治療を受けたことがない方にとっては、クリニックはどこか敷居が高く感じられるものです。

まずは、涙袋形成ヒアルロン酸注射の美容治療を受ける目的を明確にし、どの程度の効果を求めるのか、決めておくことが肝心です。

そこで、涙袋形成ヒアルロン酸注射で失敗しないクリニック選びのポイントについて、3つにまとめました。

料金を比較

まずは、涙袋形成ヒアルロン酸の美容治療で、どの程度の費用がかかるのか、複数のクリニックで料金を徹底的に比較しておくと良いでしょう。

費用の相場は、効果の持続期間が短いものでは9000円台、効果の持続期間が長いものでは高くても3万円程度、いずれも片方の目の料金です。

他の美容治療と比較すると、涙袋形成ヒアルロン酸注射は、ヒアルロン酸の使用量が極めて少ないため、安価となっています。

ただし、使用するヒアルロン酸の種類によっても、料金に格差が生じることもあります。

もともと自由診療ですから、クリニック独自で価格が決定されるため、やはり複数のクリニックで価格を比較しておくことは必須です。

実績や症例などを確認する

各クリニックの涙袋形成術の症例数と実績について、事前に確認しておくことをおすすめします。合わせて医師の経歴やクリニックの創業年数についても、リサーチしておくと良いでしょう。

通いやすい立地

交通アクセスが良くて通いやすいクリニックであれば安心です。また、クリニック周辺の立地条件についても調べておくことをおすすめします。

涙袋形成のヒアルロン酸注射おすすめクリニック5選!

東京中央美容外科

東京中央美容外科の涙袋形成ヒアルロン酸注射は、デカ目になりたい方、優しい目元を演出したい方、かわいらしさを強調したい方に最適です。

日本美容外科学会認定の専門医や医学博士が在籍しており、高度な美容治療の研究・医療の向上に貢献する信頼性の高いクリニックです。

東京中央美容外科独自の会員制度が設けられており、学割やシニア割で高品質の美容治療を低価格で受けられるのが魅力です。

メニュー・料金:

ダイヤモンドフィール 9900円(税込) 片側 両側は19800円(税込)
ジュビダームビスタ ウルトラプラスXC 34,800円 (税込)
※ヒアルロン酸1ccあたりの料金
※厚生労働省承認 2cc \65,000(税込)・3cc \90,000 円(税込)
ジュビダームビスタ ボルベラXC 69,800円 (税込)
※ヒアルロン酸1ccあたりの料金
※厚生労働省承認
2cc \124,000円 (税込)・ 3cc \171,000円 (税込)・4cc以上は1ccあたり\57,000円 (税込)

湘南美容クリニック

誰からも愛される目元になりたい、そんな希望を叶えてくれるのが湘南美容クリニック(SBC) の涙袋形成ヒアルロン酸注射です。

症例実績は2018年11月時点において、約27000件、長年の信頼と実績のある美容クリニックです。

公式サイト上に、症例写真も多数掲載されているので、気になる方はぜひ閲覧しておくと良いでしょう。術前・術後の写真を比較すると、目元の印象が変わるだけで若々しい印象になることがわかります。

自分の希望・ニーズ・予算に合わせて、ヒアルロン酸の注入量を選ぶことができます。

注入量が余ってしまった場合は、残りの分をシワが気になる部位に注入することも可能です。

メニュー・料金:

ビタールライト 0.3ccにつき18330円 (税込)
1.0ccにつき39180円 (税込)
ジュビダームビスタボルベラXC(バイクロスシリーズ)
1.0ccにつき69800円 (税込)

城本クリニック

32年の創業実績を誇る城本クリニックの涙袋形成術は、微笑のある明るい印象を目指す方にピッタリです。切らずに目元を思い切り変身させたい方、自然にパッチリと大きな目元を目指す方に最適です。

どんな目元にしたいのか丁寧にカウンセリングしてもらえるので、初めての方にも安心です。ヒアルロン酸の注入量は、注射器1本あたり0.5cc程度が目安です。もちろん、注入時の痛みを軽減するための配慮も万全で、注入前に目の周辺を冷却することで安心して治療が受けられます。

メニュー・料金:涙袋形成 12000円 (税抜) 0.1cc

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックの涙袋形成ヒアルロン酸注射は、目元に若々しさと立体感を取り戻したい方、目を大きくはっきり見せたい方におすすめです。

まつげ下の5ミリ~8ミリ程度の幅の部分に、医療用の極細針を用いてヒアルロン酸を注入し、わずか10分程度で完了するので多忙な方にも最適です。

カウンセリングでは、シミュレーションシステムを導入し、仕上がりのイメージを二祐年に確認して、理想の目元を作り上げることができます。

メニュー・料金:涙袋形成 (涙堂形成) 98000円 (税抜)

ヴェリテクリニック

立体感のある目元になりたい方、愛される目元を演出したい方にピッタリなのが、ヴェリテクリニックの涙袋形成です。

治療後は、目元が自然に微笑んでいるような雰囲気になれるので、周りからの好感度もアップすることでしょう。

おもな施術方法は脂肪注入・ヒアルロン酸注入・自家組織移植がありますが、その中でもっとも手軽で人気が高いのがヒアルロン酸注入による涙袋形成です。

施術の所要時間はわずか5分弱、極細針で両目にはヒアルロン酸が0.2cc注入されます。

メニュー・料金:涙袋ヒアルロン酸 1回 0.2ccまで 30000円 (税抜)

涙袋形成のヒアルロン酸注射を受ける前に気になること

やっぱり痛いの?

「涙袋形成ヒアルロン酸注射は、目の周辺に針を指すからなんだか痛そう」という不安もありますが、治療中はほとんど痛みは感じられません。

医療用の極細針が使われるため、目の周辺に負担をかけることなく、安心して治療が受けられます。

針を指す瞬間は、ほんの少しチクッとした痛みをともなうことがあり、ヒアルロン酸が中に入ってくるような感覚を覚えることがある程度です。

目元への注射なので、ヒアルロン酸の量は少なく、短時間が終わるので、痛みや違和感はほとんど気になりません。

痛みに敏感な人は麻酔を処方してもらえるケースもありますので、事前に相談しておくと安心です。

ダウンタイム(腫れ、内出血など)は?馴染むまで何日?

涙袋形成ヒアルロン酸注射の場合、とくに傷跡が残る心配はないので、手術を受けた当日のシャワーや入浴はとくに問題ありません。

ただし、術後の目元の腫れは2~3日後まで残ることがあります。

ごくまれに、針が刺された箇所に内出血をともなうことがありますが、2週間程度で自然に元通りになります。

自然になじむまでには2週間程度の日数がかかりますが、人それぞれ個人差があります。

バレる?失敗の原因は「入れ過ぎ」

涙袋形成ヒアルロン酸注射の美容治療を受けた後に、周囲にバレる心配はないのでしょうか。

目元の仕上がりが自然に見えるのであれば、とくに周囲に知られる心配はありません。

ただし、必要以上にヒアルロン酸を目元に注入し過ぎた場合や、術後に内出血などの症状が見られた場合は、違和感が生じることがあります。

くれぐれもヒアルロン酸の入れ過ぎには注意しましょう。

涙袋形成のヒアルロン酸注射をした人の口コミ体験談

トータルで約1時間でした!

私は痛みとても弱いのですがペンレステープを貼ってもらうことで注入時の痛みはほぼ0でした!ヒアルロン酸の形を整える作業?で目の下をグイッとされる時の方がどちらかと言うと痛いです(我慢できます)

ちょっと量が少ないかなーと不安になりましたが帰宅して鏡を見て満足しました♪

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場
涙袋が足りなくなったからそろそろ足そうかとおもった。前回も湘南美容外科でやったから同じとこにしました。

鏡で確認して調整しながら入れてくれました。当日は化粧していき施術後は若干赤くなりました隠せるくらいです。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場
涙袋が少なく、ヒアルロン酸を入れることで目力を上げたかった。看護師さんが詳しく質問に答えてくださった。

ヒアルロン酸は少しは残るが綺麗な涙袋を維持するには定期的に通院する必要があると分かった。涙袋ヒアルロン酸の施術、施術時間自体は30分ぐらい。

痛みはチクッとするがたえられる。仕上がりは大変満足しています。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場
涙袋が少なく、ヒアルロン酸を入れることで目力を上げたかった。看護師さんが詳しく質問に答えてくださった。

ヒアルロン酸は少しは残るが綺麗な涙袋を維持するには定期的に通院する必要があると分かった。涙袋ヒアルロン酸の施術、施術時間自体は30分ぐらい。

痛みはチクッとするがたえられる。仕上がりは大変満足しています。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

まとめ

この記事では、涙袋形成ヒアルロン酸注射のクリニック選び・おすすめクリニック5選・口コミについてお伝えしました。

目元に注射することに抵抗を感じる人もいますが、しっかりとした実績のあるクリニックであれば、そのような不安を払拭させてくれることでしょう。

中には「クリニックの美容治療の費用が気になる」という方もいますが、涙袋形成ヒアルロン酸注射の場合、実際に注入するヒアルロン酸の量は微量なので、思ったよりも低価格です。他の美容治療のように10万円以上の料金を払う必要はまったくありません。

目元美人になりたい方、目力アップしたい方は、涙袋形成ヒアルロン酸注射でイメチェンしてはいかがでしょうか。