白髪染めの選び方とは?
注目されているヘナについて

年齢を重ねるごとに見えてくる「白髪」を憂鬱に思っている人もいるでしょう。しかし、ドラッグストアなどを見てもさまざまな種類があるのでどれを選べばいいのか分からない人も少なくないのです。今回は白髪染めの選び方や注目されている「ヘナ」について見ていきましょう。

白髪に関する基礎知識

こちらでは、白髪に関する基礎知識について見ていきましょう。白髪の原因なども見ていくので予防のためにも覚えておくようにしてください。

 ・白髪の原因

髪が艶やかな黒髪でいられるのは「メラニン色素」によるものです。加齢によってメラニン色素を作りだすメラノサイトが弱まってしまい、白髪が増えてくるのです。近年はストレスなどもメラノサイトを弱める原因のひとつに数えられているので、ストレスを溜めずに規則正しい生活習慣を心掛けましょう。

 ・白髪を防ぐためには?

残念ながら現代医学で白髪を防ぐことはできないと言われているようです。先述したように白髪の原因となるストレスを溜めないこと、生活習慣に気をつけることなどが唯一の予防策と言ってもいいかもしれません。

 ・頭皮マッサージ

頭皮を手でマッサージすることで、血行を良くして細胞を活性化させる効果が期待されています。そのため、頭皮環境を整えることも心がけるようにしましょう。

白髪染めの選び方

白髪染めはさまざまなメーカーから展開されているので「どれを使うべきか」と悩む人も多いです。しかし、頭皮や肌の状況によってトラブルを引き起こす可能性もあるのでどれでもいいというわけにはいきません。こちらでは、白髪染めの選び方について見ていきましょう。

 ・髪質

髪質には硬毛、軟毛、標準毛の3種類に分けられます。基本的に白髪染めは髪質に合わせて選ばないと染まりにくかったり染まりすぎたりするので気をつけましょう。

 ・肌質

肌質も人によって異なるので注目しなければいけないポイントです。敏感肌の人などは頭皮も敏感肌となっているので、肌荒れや炎症などを引き起こすことになります。髪質も重要ですが、肌質にもこだわった選び方をしましょう。

 ・使いやすさ

白髪染めは液体やクリームなどさまざまなタイプがあります。ひとりで白髪染めをするならば、使いやすさは重要です。近年はスプレータイプで泡の白髪染めなどもあります。各自で使いやすいタイプは異なるので、自分が「染めやすい」と思ったものを選びましょう。

白髪染めによるトラブル

白髪染めは簡単に言えば、頭皮にダメージを与えているようなものです。そのため、肌が弱い人などはしっかり選ばないと思わぬトラブルを引き起こすことになります。こちらでは、どんなトラブルがあるのかを見ていきましょう。

 ・かゆみ

シャンプーなどを使っている時にも経験がある人がいるのではないでしょうか。合わないものを使っていると、火が付いたようなかゆみに襲われることもあるはずです。肌が弱い人はかゆみや炎症などの症状が出やすいので気をつけましょう。

 ・頭皮を痛める

合わない白髪染めを使っていると、頭皮自体を痛めてしまうことになります。それだけではなく髪も痛めてしまうので白髪染めが原因で髪に悪影響が出ることもありえます。

 ・アレルギー反応

滅多にあるわけではありませんが、アナフィラキシーショックを引き起こすこともあります。呼吸困難やめまい、意識障害などを引き起こす可能性があるのです。ここまでの症状が出る人はほとんどいませんが、ゼロではありません。

ヘナ白髪染めが注目される理由

白髪染めで注目されているもの、それが「ヘナ」です。こちらではヘナを使用した白髪染めが注目される理由について見ていきましょう。

 ・肌に負担が少ない

ヘナ白髪染めは天然100%のものもあり、肌に負担が少ないと言われています。それだけではなく妊娠中でもヘナならば使用可能ということもあるようです。体調が悪い時でも天然素材100%のヘナ白髪染めは安心して使うことができます。ただ、100%ではない場合は使用を控えましょう。

 ・肌が弱い人にもおすすめされている

肌に負担が少ないということは、肌が弱い人にもおすすめされているということです。つまり、肌トラブルを心配することなく使うことができます。肌が弱いことで白髪染め選びに悩んでいた人などはヘナ白髪染めを検討してみましょう。

 ・仕上がりがナチュラル

化学物質が含まれていないことで、ヘナ白髪染めの仕上がりはナチュラルです。自然な仕上がりになると評判なので「染めた!」と強調するのではなく、自然さを重視したい人にもおすすめです。

ヘナ白髪染めの他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ヘナ白髪染めと言ってもいくつも販売されています。
各白髪染めで特徴が異なるので
自分の髪質や肌質などに合うかどうかをしっかりチェックしてから購入しましょう。