かっこいい経営者を目指す方へ

エグゼクティブのための
ビジュアル戦略
Executive visual strategy

自分のビジュアルは、
スーツとヘアスタイルで
アップグレードする
南大阪のオーダースーツを手掛ける「松一」と、メンズヘアスタイルも思いのままにスタイリングする「A'z hair LAPAIX」がコラボレーションして、最高のビジュアルであなたを最適化します。
BackGround
自分のビジュアルを
放置していませんか?
あなたを見ている人はいつもがっかりしていませんか?
お客様、社員さん、彼女、奥様・・・
私たち経営パーソンはいつも誰かに見られています。いえ、その姿を見せることで、励まし、憧れ、元気を与えているのです。
経営パーソンは、いつどこからオファーがあるかわかりません。レクチャラーや講演会の依頼など、人前にでてお話することもどんどん増えていきます。
経営研究会や様々な団体において、自らのビジュアルを重要視する機会は数えきれません。
そんな時、どうしていますか?
今、ビジュアルコントロールをするべく考えて見る時がきています。

ビジュアルコントロールができていない。
まさか、こんな自分になってないですか?


case1 講演依頼

講演を頼まれた!告知写真がなんで正面?なんで真顔?なそれはまるで犯罪者のごとく
1
社長やエグゼクティブには、講演の依頼・レクチャラーとしての出演、例会での講演など、多方面において自らの経営ノウハウを披露する場も多くあります。
その時、よく見かけるプロフィール写真が、真正面の写真。しかもいつの頃かも分からない。結局即席で撮影するか、何かの時のスナップをデザイナーに無理やり加工させるしかないわけです。これでは、いいお話をするはずなのに、誰もきてくれませんよね。それを主催者にとがめるのもお粗末な話です。ビジュアルは、時を選びません。いつでも準備をしておくことが、できる経営パーソンです。むしろ、その準備がない人に機会はやってこないとも言えるでしょう。

case2 手帳の私

団体でよく使われる「手帳」その写真、いつのですか?免許証とる時にあまった物では?
2
経営研究会や任意団体に所属すると配布される「手帳」その写真を見ると、60%が免許みたいな写真、いや証明写真だし、しかもいつの頃?入会時と変わってないの?と思うような写真。手帳はその人の個人情報を掲載しています。もちろん人柄まではわかりませんが写真は唯一、自分を知ってもらえるための要素です。これでは、手帳をみてこの人に相談してみようとは思えません。毎年更新する手帳なのに、何もしようとしなかったあなたのビジュアルコントロールは無意識の行動です。目力を強く、勢いを感じるエネルギーをこの一枚にこめなくて、所属の団体で活躍できるとは思えないでしょう。

case3 ホームページ

自社サイトに社長の顔。どうにもイケてないし、よれよれスーツじゃない?こりゃダメだな。
3

いまやホームページは必須。いやイメージ戦略の重要なファクターです。商談はもとより、求人ではその会社の様子やイメージをしっかり検索して面接を受けるそうです。そんなホームページに掲載されているある社長の写真が情けなくて、求人応募がめっきり。どんなにいいコメントを載せていてもそのビジュアルで「当社はいい会社」って言われてもというのです。まさに社長は会社の顔ですよね。

また別の会社では、社員から社長へお願いがありました。「ホームページの写真ですが、もっとかっこいいのにしてください。娘に笑われました。」と。半分冗談のような本当の話です。
その社長はすぐさま美容室へ行き、カメラマンに撮影をしてもらったそうです。

社外へ向かっても、そして社内にも。社員の満足度も下がるようなイメージ戦略では、モチベーションどころじゃないですね。

ビジュアルは戦略で
攻略できる!
3つの作戦!

今までビジュアルコントロールができていなかった自分自身を振り返り、これからある戦略を立てていきましょう。ビジュアルに必要な武器とその見せ方についてご紹介します。
戦略1

自らを知る

"何事も自分が今どうあるかを知る"
どうなりたいか?どうかっこよくなりたいかのイメージがなかったからです。
自らのイメージ戦略を明確にたてて、自分を演出していくのです。

戦略1 自らを知る

自分のイメージなんて疎かにしていたのは、どうなりたいか?どうかっこよくなりたいかのイメージがなかったからです。自らのイメージ戦略を明確にたてて、自分を演出していくのです。
1

とある会合でこんな人をみました。その人は若手のIT企業の社長様です。しかし肩はあってない大きなジャケットに、お腹ははじけそうなシャツ、襟はシワまみれ、ネクタイの色目もあってない。髪の毛はぼさぼさ。どうでしょうか、取引できそうでしょうか。ビジュアルは戦略です。オプチュニティ(機会)を見出せない経営者に良い仕事はこないことを再確認させてくれました。

ビジュアルでチャンスを失っている社長・社員は65%もいるそうです。なんと半分以上が印象(ビジュアル)で商機を失っています。
ビジネスをチャンスで取り組んでいる人はいい仕事はできません。チャンスは偶発的なラッキーにすぎないからです。本当の機会は準備しておくことです。機会を単なる偶然にしないためには、やはり日頃からの準備が大切です。ビジュアルはすぐにはできません。どんな自分を発信したいのかを明確に考えることで、あなたは格段にいいビジュアルを手に入れていくことができます。髪型・スーツ・靴・時計・ネクタイ・チーフ。すべてがあなたのイメージを形作っています。

では、どうすれば自分にあったイメージを作ることができるのでしょうか。まずは自分のサイズを知ることです。身長175cmって思っているだけで本当は・・・などと見栄を張ってる場合ではないのです。普段着ている洋服でさえ、着丈・身幅などサイズがあるのですが、みなさんは簡単に3つに分類されているのです。SMLです。それで分かりますか?自分のカラダのサイズが。これではいくら高い洋服を買っても自分の体にはフィットしないですね。フィットしない洋服を身に纏い、一体どんなビジュアル能力が発揮されるでしょう。実は、体を隅々まで測定してくれる方法があります。オーダーするという考えです。プロのパタンナーがちゃんとした見立てでしっかりと計測してくれるのです。まずは自分のサイズを知ることが大切です。

戦略2

いいスーツを
作り、着る。

"ここぞという日、何を着てますか"

お客様は商品を“誰から”買いますか?
その売り手のあなたは、お客様に満足していただける人物に見えているでしょうか

戦略2 いいスーツを作ること、オーダーで

自分のイメージなんて疎かにしていたのは、どうなりたいか?どうかっこよくなりたいかのイメージがなかったからです。自らのイメージ戦略を明確にたてて、自分を演出していくのです。
2

スーツは戦闘服と揶揄されることがあります。確かにスーツは営業パーソンにとって、大事な戦闘服です。しかし、おかしいですね、戦闘する武器ならば、なぜいい武器をもたないんですか?
安い武器で戦って勝てると思うならスーツは戦闘服ではないです。作業着です。そう、私たち経営者はコストの掛け方が大事です。プロフィットコストです。ベンツ、ポルシェを買って営業いけますか?行けませんよね。というか行かないでしょ。なのにそこにお金をかける意図はなんでしょう。自己満足かご褒美でしょうか。ロスコストもいいところです。経営者が使うのはプロフィットコストです。スーツは何着あってもいいでしょう。いい武器は多い方がいいに決まってます。ベンツの頭金で何着も買えるコスパのいい武器は「オーダースーツ」です。
オーダースーツでないといけない理由は、たった1つです。自分専用という最大の強みです!
前述にお話したIT社長でお分かりだと思いますが、スーツはその人の体に合わせてこそ能力を発揮する衣装です。安価なスーツを身に纏い、高額な商談を行うなど、相手にその浅ましさを一瞬にして推し量られるというものです。
できるビジネスパーソンならもうどこにコストをかけるか知っているはずです。

ビジュアルアッププラン

オーダースーツ
+
ヘアスタイル
10名限定
プラン購入価格
120,000(税別)〜

creator

ビジュアリストの2名が応援します
松一 代表 松本晋一 
南大阪で活躍するオーダースーツ「松一」の主宰。大手アパレルでパタンナーとしての経験を積み、スーツを通してビジネスパーソンを応援しようと開業。独自の見立てで奇抜なスーツから一生物のスタンダードまで、着る人物象からのインスピレーションで提案できる関西屈指の職人。松一ならではのスーツは関西の経営者でも人気で、「儲けるために買うんじゃない、儲けたら買える1着だ」と言わしめたほどの高級オーダースーツを提供する。
AzHair  代表 香西 武志

南大阪で2店舗を運営するオーナースタイリスト。数々の入賞はカット・パーマの技術力の高さを物語ります。それ以上に定評があるのは、その人とのコミュニケーションから適切なヘアデザインを導き出すというところです。

髪質や骨格、生え癖を見極めた丁寧なカットでONもOFFもキマるスタイルにも、トレンドからビジネススタイルまで幅広くご提案いたします。メンテナンス・イメージチェンジもお任せください!

AzHair  代表 香西 武志

南大阪で2店舗を運営するオーナースタイリスト。数々の入賞はカット・パーマの技術力の高さを物語ります。それ以上に定評があるのは、その人とのコミュニケーションから適切なヘアデザインを導き出すというところです。

髪質や骨格、生え癖を見極めた丁寧なカットでONもOFFもキマるスタイルにも、トレンドからビジネススタイルまで幅広くご提案いたします。メンテナンス・イメージチェンジもお任せください!

Price

このプランは【オーダースーツ】と【ヘアスタイル】のセット販売となっています。それぞれ単品でのお申し込みはできませんのでご了承ください。
スタンダードプラン
160,000円
スタンダードプラン
160,000円

Suits

オーダースーツの各所をご説明いたします
1
厳選された国内外の生地をご用意いたします。イタリア製、イギリス製から国産生地まで幅広く豊富な品揃えの中からお選びいただけます。
2
ボタンや刺繍など豊富なオプションであなただけの特別な1着を仕立てます。
3
オリジナルオーダーシャツもお作りいたします。コットンやメリヤス、シルクなどさまざまな生地のシャツをあなたの体にフィットしたサイズでお仕立ていたします。時計のために袖口を広げることも可能です。(プラン対象外商品)
3
オリジナルオーダーシャツもお作りいたします。コットンやメリヤス、シルクなどさまざまな生地のシャツをあなたの体にフィットしたサイズでお仕立ていたします。時計のために袖口を広げることも可能です。(プラン対象外商品)

ご購入・お申込み

お申し込みは下記のフォームよりお申し込みください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
お支払いは商品完成後となります。撮影は商品代金をお支払い頂いた後、ご案内いたします。

お問い合わせ先

オーダースーツ 松一
代表 松本 晋一
連絡先:090-2285-4683