転職したいと心が叫んでる。
AIに奪われない仕事をしよう。

資格編

士業系の資格がおすすめ

資格が無くても起業して独立することは可能ですがハードルは高いです。

しかし、資格を使って独立するのであれば今から見通しを立てることができます。 

特に30代や40代の人が独立を目指すのであれば、士業系の資格がおすすめ。 

なぜなら、士業系の資格は以下の点で独立に有利だからです。 

資格=仕事内容になるため、資格を取れば独立できる 
自宅で独立すれば費用もほとんどかからない 
知識が商品なので不況の影響が小さい 
自宅で独立すれば費用を抑えられるだけでなく、通勤時間もなくなるというメリットもあります。

士業系とは

士業とは?
それぞれの士業の違いについて 士業(しぎょう)とは、弁護士、司法書士、社会保険労務士(社労士)、行政書士、弁理士、公認会計士、税理士など、”士”という言葉が含まれる職業のことを指します。 

これら士業は基本的に国家資格であり、法律に基づき特定の業務に従事する知識や能力があることが資格によって証明されています。 

従って、資格を持っていない方がこれらの資格に関する業務を行うと、法的処分を受けることがあります。

理由としては、これらの者が行う業務が専門的であり、無資格の者が勝手に業務を行うと、依頼者に対して適切なアドバイス等がなされず不利益を被る可能性があることなどが挙げられます。

一見厳しいように見えますが、知識が無い人からのアドバイスが許されるのであれば、詐欺行為が横行し、依頼者が泣き寝入りするしかない事態が想定されます。 


弁護士とは 皆さんご存じ弁護士は、弁護士法に基づき法律全般に関する業務を扱います。 弁護士は裁判所で活躍しているイメージが強いですが、身近なところでいうとリーガルチェックがあります。 リーガルチェックとは、取引先と結ぶ予定の契約書の内容が自社にとって不利益を被るものでないか確認を受けることであり、金額が大きい契約を結ぶ際は、弁護士によるリーガルチェックを受けることで安全に取引を行うことができます。 また、ビジネスがうまくいっているときは問題ないかもしれませんが、必ずしもうまくいくとは限りません。 トラブルが起きてから弁護士を捜した場合、トラブル発生から時間が経過してしまい、手遅れの状態になってしまうこともあります。 企業がトラブルに巻き込まれた際、すぐに相談できる顧問弁護士がいると会社にとって心強い味方となるでしょう。 有名な大手の法律事務所としては以下の4つが挙げられ、四大法律事務所と呼ばれています。 これらの事務所は、複雑な高難易度の案件を扱っていると言われています。 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 長島・大野・常松法律事務所 西村あさひ法律事務所 森・濱田松本法律事務所 なお、最近では所属弁護士数が急増している「TMI総合法律事務所」を含めて、五大法律事務所と呼ばれることもあります。 


司法書士とは 司法書士は、司法書士法に基づき登記関連などの業務を行います。 代表的な仕事内容は、登記(法務局への申請手続き)を依頼者の代わりに行うことです。 会社の設立登記や、相続が起きた際に自宅の所有権をお子さんに移すこと(所有権移転登記)等が可能です。 また、会社名の変更を行う場合や、役員を変更する場合も登記が必要です。 そのような場合に、定款(会社の規則)の作成から登記申請手続きまで、トータルでサポートしてくれる司法書士もいます。 単に登記の代行をするだけでなく、一連の取引に関する相談にのっていただけることも多く、とても頼りになる存在です。 


社労士とは 社会保険労務士(社労士)は、社会保険労務士法に基づき社会保険手続きなどの業務を行います。 社労士の強みとするところは社会保険関連の業務の他、給与計算などが挙げられます。 会社が給料を支払う際は源泉所得税や社会保険料の天引きを行いますが、天引きすべき金額の計算を行うことが可能です。 また、就業規則や雇用契約書の作成、社会保険に関する書類手続きの代行、従業員の入社時や退職時の手続きなど、起業当初にこれらの手続きを独自で行う余力が無いのであればトータルで依頼することをお勧めします。 特に、ベンチャー企業では、起業当初に会社の規則をしっかりと整備しておいた方が望ましく、「ベンチャー企業に強い社労士」という方もいます。 行政書士とは 


行政書士は、行政書士法に基づき書類作成などの業務を行います。 行政書士の業務範囲は非常に広く、何でも屋さんと言われることもありますが、業務範囲があまりにも広いため、皆それぞれ独自の強みを持っているケースが多いです(得意分野以外については詳しくなく、何らかの手続きに特化していることが一般的です)。 外国人労働者の受け入れ手続き(ビザ申請など)に特化した行政書士、会社設立時の許認可(警備業や建設業など、開業するために公的機関の許可が必要な場合があります)取得に特化した行政書士、相続手続きに特化した行政書士など様々です。 主要な業務は書類の作成代行ですが、中にはボディガードを行っている行政書士などもおり、依頼したい業務に応じて相談する方を探す必要があります。 


弁理士とは 弁理士は、弁理士法に基づき知財特許(特許権、実用新案権、意匠権、商標権など)の出願手続きの代理などを行います。 例えば、「〇〇アドバイザーの資格を作りたい、商標登録したい。」、「〇〇のロゴを商標登録したい」。 そんな時にお願いする方です。 既に他の人に商標がとられていないかの確認や、商標登録する際の手続きの代行まで行っていただけるようです。 一発で商標登録が通らないこともあるそうなので、実力差があらわれるお仕事だと思われます。

転職編

「もう、この会社辞めちゃおうかな?」

何となく仕事をしているけれど、なんだかまったくやる気が起きない・・。

もう会社を辞めて他の会社に転職した方が、やりたいことが出来るのではないか・・。

『少し立ち止まってみましょう。このままではうまくいく転職も失敗します』

ちょっと立ち止まって考えて欲しいことがあるのです。

会社を辞めたい方に問わせてください

  • あなたは、今の会社や仕事からただ逃げ出したいだけじゃない?
  • 転職をしたいと思った時は、何かしら兆候があることがあるのでは?
  • 転職して起業やフリーランスに、ただ憧れているだけじゃないか?
  • 大切なのは場所を移すことではなく、自分自身が変わるでは?
  • 自分にぴったりな居場所を失敗なく探せる方法を知っていますか?
  • 今の自分の本当の市場価値を知ることができる方法とは?

今の会社や仕事からただ逃げ出したいだけじゃないですか?

転職するのが、昔と違って今は当たり前の世の中になっています。

会社を辞めたいと思った時、必ず何かに対して不満がありますよね?

辞めたい理由は大きく3つが多いです。

お金、人間関係、やりがい。


断言します。

場所を変えれば何もかも変わるわけではありません。

転職すれば何かが変わる、
転職を逃げ道だと考え、今の場所が変われば何かいいことでもあるのではないかと考えてしまっていませんか?

転職をしたいと思った時は、何かしら兆候があることがある

人が転職する時に起きる変化って、何かしら兆候やキッカケがあったりすることが多いです。

例えば同僚や後輩によく相談されることが多いとします。

「僕、彼女と結婚しようか迷っているんですけれど・・・」

「あの人キライで、一緒に仕事をしたくないんです!」

自分はこんなに相談を受けることが多いのか?

要は周りからの期待です。
周りの反応が変わっていったことで自分自身がキャリアアップしたい。
何か変わりたいという「人生の変化」を必要としていたのだと思います。

別の道に進むためには本人のやる気と勇気が必要ですが、周りの人達によって目指す価値や適性がわかることだってあったりするのです。

転職して起業やフリーランスに、ただ憧れているだけでは?

理想だけ抱いていませんか?
無いものねだりではないですか?

満員電車に乗りたくない、上司や同僚の態度にうんざり、営業だと毎日厳しいノルマでイヤになってしまいます。

「フリーランスや起業家っていいな。」と、サラリーマン自体を辞めてカフェで自由に仕事をしてみたいと思うかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

時間も場所も何も制限を受けていないノマドワーカーのような働き方がうらやましいと思うことがあるかもしれませんが、カフェで仕事をすることが目的ではありません。

会社に所属していることで守られている事をい自覚していますか?
有形なもの以外に無形の価値までを享受することができ、自由に使える所がサラリーマンのいい所です。会社名が頭についているだけで世間の信用度も全然違ってきます。

会社に行けばセミナーも無料で行けるし、文房具も机もトイレも食堂もPCも電源も、何もかも使わせてもらえるでしょ?

給料が安いからイヤだというだけの人は、会社から給料以外のリソース(資源)をもらっていることに気がつきましょう。

サラリーマンを辞めてフリーランスに憧れている人は、すぐに会社を辞めて「私はフリーランスです」って名乗ればすぐになることができます。

とっても簡単です。

カフェですることではなく、何をするかです。1人でも成果を上げられる人はどんな形態になってもやっていくことができるのです。

大切なのは場所を移すことではなく、自分自身が変わること

会社にいるとホントイヤなことばっかりなのに、他の会社で働いている人や起業している人を見ると、どうしてもその人がうらやましく見えてしまうことがあります。

あなただけじゃないです。
誰が自信ばかりもって生きている人間は一握りです。

例えば会社を移れば自分も変わるかもしれない、起業やフリーランスになれば自分はキラキラ輝けるかもしれません。

ただ、場所を変えるだけでは何も変わることができません。

あなたは今、つらい現実からただ逃げようとしているだけではありませんか?

ただ逃げてももっとつらくなるばかりです。気持ちも弱ってきてさらにつらくなっていきます。つらいと思ったらあなたが変わる勇気を持ちましょう。

大切なことは、今の「自分」を変えることです。

今ある自分を変える努力をし、まずは今の状況を変えて行くことから考えてみましょう。他の場所に行くのは、自分に変化が現れ出した時にはじめて変わります。

『類は友を呼ぶ』
『人は自分の鏡』

少しづつ自身を見つめなおしましょう。

早く転職したいと思っても、決して焦らないことです。自分自身に変化が訪れた時、思いきって転職してみましょう。

場所を移す前に、目の前にあるもの、前々にある人の大切さに気づき、自分自身を少しずつ変化させることも重要なことです。

会社のことを知らないと後悔しか残らない転職になる

何年たっても上がらない給料

残業に明け暮れる毎日

ぎくしゃくした人間関係

そもそも社風が合わない

何年たっても上がらない給料

本当に知りたい情報って、何でしょうか?

何年も上がらない給料。

ギスギスした人間関係。
毎日続く長時間残業。

「失敗ためにはどこに聞いたらいいの?」

本当の良し悪しを知りたいというあなたは、職場のリアル事情や福利厚生等々細かな情報をわかりやすく調べることがを知ることができる転職情報サイトがおすすめです。

「会社の評判」から「年収」「残業時間・休日出勤」「人間関係」「社内の恋愛事情」に至るまで、社員が書いたウラ事情的な、信頼性ある質の高い口コミ情報がチェックできます。

ナマの情報だけではなく、大手16社の求人情報、約20万件以上を一括検索ができ、希望する転職サイトに同時登録も可能なので、時間をかけずに自分にマッチする会社を選べます。

1つのサイトで複数の転職サイトとつながっていますので、めんどくさい履歴書を何枚も書く必要がないのです。

「転職できる自信がない。一体どうすれば・・。」

信頼の求人情報のみを掲載した『転職情報サイト』を活用してください。

後先を考えない転職は非常に危険です。。

お客様から本当に必要とされる存在に

学生時代に妥協して入った業種。
当時思い描いていたビジネスライフギャップ。
上がらない給料。
つまらない、刺激がない人間関係
キャリアアップを望む自身の心

転職すればすべてがうまくいく!!

今の時代転職はそんなに甘くありません。

しっかりしたマインドセットや情報集は計画敵に行いましょう。