二日酔いは嫌だ!お酒を飲む前にする予防と対策

お酒を飲むことは好きでも、二日酔いで気持ち悪くなったり頭がガンガン痛くなるのは誰でも避けたいですね。そこで、飲む前の予防対策をご紹介します。

そもそも二日酔いはどうやって起こる?

二日酔いが起こる理由には2つあります

第一に、アセトアルデヒドによる影響です。アルコールが分解される過程で発生するアセトアルデヒドですが、これが頭痛やだるさを引き起こすトリガーになります。

第二に、逆流性食道炎による影響です。アルコールの作用により胃液が食道まで流れ込み、吐き気、胸焼けといった症状が出ます。

二日酔いにならずにお酒を楽しむ方法はないの?

二日酔いはなってからでは薬もないので有効な方法はありません、しかし、飲む前の行動により症状軽減したり発症しにくくすることは可能です。

これからその対策をご紹介するので参考にしてください。

ウコンやヘパリーゼが含まれる栄養ドリンクやサプリメント

ウコンに含まれるクルクミンがアルコールとアセトアルデヒドの分解を促進させます。

新年会は飲む前の準備が肝心!二日酔いを防いで日本酒を楽しむ3つの方法

梅干し

梅干しに含まれる「クエン酸」の成分が疲労を緩和させる効果があります。

「ピクリン酸」という成分も含まれていて、肝機能を向上させてアセトアルデヒドの分解をサポートします。

二日酔い予防で飲む前の梅干しが効果的?

飲むヨーグルト

ヨーグルトに含まれるタンパク質や脂肪を胃に入れることにより、アルコールの吸収を阻害して酔いの回りを遅らせる効果があります。

飲酒前に“飲むヨーグルト”を飲むと酔いが格段に遅くなる…投稿話題に、栄養士に聞く

一番の対策は飲む量を調整する

二日酔いが出るほどお酒を飲まないことも大事です。

食品やドリンクを摂取しても、結局自分の限界を超えた飲酒は身体によくありません。

自分の限界を知って、これ以上飲んだらまずいな…というところで止めることが一番の対策になると思います。