肉を切らせて化粧水

皮膚に望ましい洗顔のノウハウ

洗顔を洗面所などで行う場合、絶対に行っていけない事は爪で顔を引っ掻きながら洗う事です。引っ掻いて皮膚に傷が付いてしまって、目立つような跡が残る可能性が高いです。

顔には外部から守るための膜があって、外部から守るバリアの役割があります。洗い方によっては皮膚の膜をはがしてしまう事もあって、乾燥しやすくなる事が特徴です。頬のテカりで気になったり、鼻のTゾーンの付近に多くの脂がいつも付いているのは、汗などの外因的な要因だけではなくて、本来の洗い方が間違っている事が原因です。乾燥を防ぐために鼻の根元を中心に特有の皮脂が付く事を考えて、むやみに洗わない事を心掛けます。

洗顔の行い方として皮膚の膜を守ることを意識して、5本の指を活用しながら洗います。指で顔を頬の中央から回すようにして、専用のクリームなどで顔に付けながら優しく内側から外側に向かって水で洗う事が基本です。綺麗に見せるためには、水を使用するよりもぬるめのお湯を使った方が効果的です。

基礎化粧品 ランキング

button