evaCHILLユーザーマニュアル



evaCHILLの使用中の注意点

■evaCHILL内部に水が残っている状態で本体を傾けると水漏れに繋がります。
水を入れた後は傾けずにご利用ください。
水が残っている状態ではなるべく移動はお控えください。
水が残っている状態で移動する場合はなるべく平行な状態で移動するようお願いいたします。

■底面に滑り止めのゴムが使用されております。
引きずって移動したり、水にぬれた状態で机などに置かれると跡が残ることがございますのでご注意ください。

はじめに

この度は、EvapolarのパーソナルエアクーラーevaCHILLをご購入いただきありがととうございます。本製品を安心安全にご利用いただくために、ご使用の前に製品ガイドをご一読ください。


使用用途:

evaCHILLは2~3㎡の周辺空間に微小気候をつくることにより、お客様の周りを冷却加湿するように設計されています。また、浄化効果もあり、空気中の大きめの粉塵をろ過します。よく換気された屋内での使用が最も効果を発揮します。

安全にご使用いただくために:

  • 表面が平らな場所に本体を配置してください。傾けた状態での配置は、水漏れや本体損傷の原因となる場合があります。
  • 水を入れた状態で本体を持ち運ばないでください。給水タンクが空であっても、本体内に水が残っていることがあります。持ち運ぶ際には、製品ガイドの「本体の移動」を参照してください。
  • 個人の安全と本製品の適切な機能性のため、きれいな水道水を使用してください。水源が汚染されていて安全性が不明な場合は、蒸留水を使用してください。この製品ガイドの「清掃とメンテナンス」に沿って、本体の清掃とテクニカルメンテナンスを行ってください。
  • 本製品はひどく汚染され環境での使用を想定していません。大き目の粉塵やごみなどが、蒸発性カートリッジの寿命に影響する可能性があります。
  • 本体の外側に水がついていないことを確認してください。スイミングプールや風呂、洗濯室、雨天の屋外など水の近くや、その他高湿度の場所で使用しないください。
  • 水漏れや、本体の表面に水がこぼれた場合は、すぐにコードを電源から抜き、最低24時間は本体を乾かせてください。長期間使用しない場合は、給水タンクを空にして、最大風速で最低4時間稼働させ、カートリッジを乾燥させてください。
  • 電源は、最低2Aの電流を有する5V電源プラグや、パソコンのUSBポート、モバイル充電器、および同じ特性を有する他の電源を使用することができます。
  • 濡れた手で電源やUSBケーブルを触らないでください。
  • 清掃、テクニカルメンテナンス、部品の取付け取外し、交換、本体の移動をする際は、電源を抜いてください。
  • 本製品をヒーターの隣や他の電化製品のすぐ側に置かないでください。
  • テーブルや棚などの台に置いて使用することで、最大の効果が得られます。
  • ヒーターの隣や電子機器の近くに置かないでください。
  • 通路や本体を倒してしまう可能性がある場所に置かないでください。
  • 本体内に異物を入れないでください。
  • 本体の上に重いものを乗せないでください。
  • 本体の前後の格子部分を塞がないでください。
  • 本体をひっくり返さないでください。機能性に支障をきたす場合があります。
  • 本体を水やその他の液体の中に入れないでください。(別途「清掃とメンテナンス」を参照してください。)
  • 本体の上にロウソクなどの火源を置かないでください。
  • 身体的または視覚的、知的能力に制限のある方や、適切な経験や知識が不足している方は、適切な使用のサポートや安全性を確保できる監督者なしに使用しないでください。
  • お子様が使用される際には、監督者のもと使用し、本製品で遊ばないでください。
  • 電源を抜いた場合にのみ、本体を完全にオフにすることができます。
  • 製造元は、製品ガイドに従わずに起因するいかなる損害についても一切責任を負いません。
  • 交換可能な蒸発性カートリッジは、本製品専用で設計されています。最大の効果を得ていただくために、カートリッジは使用環境に応じて3~6か月毎に交換してください。交換カートリッジは、最寄の取扱店にて購入してください。

初期設定

  1. ハンドルを後方へスライドして持ち上げると、給水タンクが開きます。
  2. 給水タンクに水を入れます。上部カバーに格納されているじょうごを使うと給水が簡単です。
  3. ハンドルを下し、スライドして元にします。
  4. 充電コードを本体と電源に繋いで使用します

5.3つのLEDライトがそれぞれ点灯します。
6.本体上部にあるコントロールボタンを押して、ファンの動きと風速を調整します。
7.前面のルーバー(羽板)を動かすと、風の方向を調整できます。

風の温度は数分で下がり始めます。あなただけの心地よい気流をお楽しみください。

注意:本体を初めて使用される際には、機械特有の臭いがする場合がありますが、問題はなく数時間使用するとなくなります。また、新しいカートリッジの使用を始める際には、蒸発性パッドに水が素早く浸透することがありますが、正常動作です。


基本的な使用方法

evaCHILLのセットアップは、極めて簡単です。いくつかのシンプルなステップで、すぐにあなただけの快適な空間をつくることができます。快適な空間で過ごしていただくために、前面の格子部分を正面に向け、あなたから0.5~1メートル以内に配置してください。

給水タンクに水を入れる 

本体を稼働する際は、水が入っていることをご確認ください。ハンドルの下にある給水タンクに水を入れます。上部カバーの下に格納されているじょうごを使用するとより簡単に給水できます。その後水が循環し始めます。部屋の空気の状態によって、満水にしてから3~5時間連続使用が可能です。使用時間を延ばされたい場合は、一度カートリッジに水を浸透させた後、再度給水します。これにより1~3時間延ばすことができます。睡眠時の使用などに役立ちます。
給水タンクの一部が、縦に半透明になっているため、簡単に水位が確認できます。
また、蒸発カートリッジは最大300mlの水を吸収するため、給水タンクが空になってからも数時間冷却を続けます。水が完全に無くなった場合、送風機として作動し続けます。

本体の移動

移動距離に関わらず、移動の前には本体を電源から取り外してください。半透明の給水タンクだけでなく、カートリッジが吸水できるように本体内の下部にも水が入っています。移動する前には、最大風速で最低4~5時間稼働させ、本体内を乾かし切ることを強くおすすめします。完全に乾燥していない状態での長距離の移動は、自己責任となります。移動中の水漏れは保証対象外となります。
水漏れを避ける為には、本体を水平に保ち、ゆっくりと動かします。

注意:本体内の下部に水がない状態であっても、蒸発カートリッジが濡れている可能性があります。濡れたカートリッジの状態で長距離の移動はしないでください。別途「長期間使用しない場合の保管」を参照してください。短距離移動の場合は、濡れたカートリッジ入りの本体を、空気の出入りがない箱や袋に入れないでください。

温度パラメーター
evaCHILLは自然の蒸発冷却作用を利用しています。そのため、効果は気候により異なります。下記の表は、異なる気象における出力風をまとめたものです。

利用推奨
 
製品は、前項の湿度と温度の前提条件を満たした任意の場所で使用することを目的として作られています。最小限の電力で稼働するため、モバイルバッテリーにつないで使用することもできます。
必要電力:電圧5V、電流2A以上
 
注意:屋外では条件が大きく変動するため、屋外使用における機能について、Evapolarは責任を負いません。
 
重要事項:
  • 水漏れや水こぼれを防ぐために、平らな場所に置いてください。
  • 60℃以上の環境で使用しないでください。使用した場合、本体や本体の構成部品に損傷をきたす場合があります。
  • 冷却機能は、よく換気されている前提で最高のパフォーマンスを発揮します。
  • アロマオイル、香料、匂いのするいかなる物質も水の中にいれないでください。
  • 水こぼれを防ぐために、水が入っている状態で本体を動かさないですください。(別途、「本体の移動」を参照してください。)
  • 水こぼれを防ぐために、水が入っている状態で急に本体を動かしたりしないでください。(別途、「本体の移動」を参照してください。)
  • 給水の際は、本体に水をこぼさないように注意してください。上部カバーの下に格納されているじょうごを使用すると給水が簡単です。

操作方法

ボタンを1回押すと電源のオン・オフ、風速の調整ができます。
長押しで、本体のライトのオン・オフができます。

【LEDライトの表示】
左:弱風速
中央:中風速
右:強風速
全灯:最大風速 

前面のルーバー(羽板)の調整

メンテナンス:
掃除と保管

清掃
1.清掃の頻度は、使用している場所の埃や塵の量により異なります。
2. 清掃の3時間前に給水タンクを空にし、数時間水のない状態で稼働します。
3. 清掃する前に電源を抜きます。
4. カートリッジを取り出します。(別途「カートリッジの取外し」を参照してください。)
5. 柔らかい布で内側の庫内を拭きます。
6.本体を元の状態に戻します。これで使用開始または保管が可能です。

長期間使用しない場合の保管
上記の手順で清掃し、乾燥させてから適切なサイズの箱に保管します。(元の箱での保管推奨)
18~25℃の乾燥した空間で保管してください。

重要:

  • 本体やカートリッジが完全に乾燥する前に、箱や袋などの入れ物に入れないでください。
  • 給水タンクの水は、最低でも一週間に一度は交換してください。
  • 本体内の部品を拭く場合は、柔らかい布を使用してください。ガソリンや窓ガラス洗浄液、有機系溶剤を使用しないでください。不適切な清掃による損傷は保証の対象外となります。
  • カートリッジを拭く場合は外側のプラスチック部分のみを拭き、カートリッジの内側は拭かないでください。
  • 本体の作動中は庫内に指を入れないでください。

カートリッジの交換

  1. 電源を抜きます。
  2. ハンドルを後方へスライドします カバーを取外し、じょうごを取り出します。
  3. 古いカートリッジを上方向に上げて取り出します。
  4. 古いカートリッジの代わりに新しいカートリッジを取付けます
  5. 新しいカートリッジの取付は、膨張していない為簡単なはずです。方向を確認し、本体の中央まで押します。
  6. 上部のカバーを元に戻します。
  7. ハンドルを元の位置にスライドして戻します。
  8. これで使用開始できます。

重要:
  • 使用状況により、カートリッジは3~6か月使用できます。
  • 水質によりカートリッジの寿命が短くなる場合があります。
  • 未使用のカートリッジの保管期限は3年間です。それ以上保管した場合、蒸散両力が低下する場合があります。
  • カートリッジの取り換え中に、この製品ガイド内で説明する以外の部品を取り外さないでください。

 

トラブルシューティング

仕様


代理店 & サポート


ビーラボ