電力会社も選んでコストを下げる時代!

1年間使うと
1か月分の電気代が無料
相当!ダウン

*使い方によって変動します

完全ゼロ円!デメリットはありません!

設備費用一切無し!


初期費用、
月額費用一切無し!



切り替え作業も
手間なく簡単


そもそも電力の自由化ってどいうことかご存知ですか?
電力の自由化とは?

例えば、毎日の材料仕入れを、Aのスーパーは900円、Bのスーパーは1000円でした。勿論あなたはAのスーパーで買いたいのですが、あなたのお店はBのスーパーでしか買ってはいけませんよ!というようにルールが決まっていたので、あなたはBのスーパーででしか買えませんでした。しかし!今回、自由化になったことで、AのスーパーでもBのスーパーでも好きなところから買っていいですよ!
ということになりました。

つまり、簡単に言うと”電気”という商品を今までは、地域の大手電力会社からしか買えなかったのですが、今は好きなところから購入できるようになったということなのです。

お店を経営するってこいうこと!

 売上を最大限にUPさせること 

客数のアップに向けていろいろな販促をしたり、新メニューの開発や追加オーダーを取る為のレクチャーなど売上UPに向けていろいろな取り組みをされていると思います!

 経費を最小限に抑えること 

これ!後回しになっていないですか?もしくは原価ばかりに目がいってないですか?原価はお客様にダイレクトに影響してしまいます。かといってなんの経費を削減すればいいのか。。。なかなか下げるコストって見つからないですよね。。

つまり、毎日の営業活動においてお店の利益を生み出していくことが”経営する”ということにつながっていくわけです!

 そこで ”電気の自由化” です 

毎月当たり前のように毎月支払っている
”電気代” 夏になったらたかくなったな
くらいしか気に留めていない方も多いのではないでしょうか?

でも、まったく同じものが左は1000円 右は800円 だったらどちらを買いますか?
実は電気代が下がるというメリットはそれだけではないんです。
年間電気代が50万下がったとしましょう。
全く同じ営業活動をしていれば、そのまま利益が50万増えるということです。では、売上UPをして50万の利益を得るためにはどれだけUPしないといけないかわかりますか?利益率が10%のお店なら500万です。どうでしょう?どちらが簡単に利益を生み出せますか? もちろん!売り上げを上げて、コストを下げればもっと利益が上がるということですよね!

少しだけ”電気”のことを知っておきましょう!
電気の種類は大きく分けて4つ

 従量電灯A 

一般的な電力で、小規模店舗や、事務所などはほとんどこの従量電灯Aとなります。


 従量電灯B 

飲食店や、中規模事務所、小規模な工場など月間の電力使用量が800kwh以上使っている場合はこのプランが多い。もし、800kwh以上使っているのに従量電灯Aで契約していると割りだかの可能性があります!

 低圧電力 

一般的に”動力”と呼ばれている200Vの電圧を必要とする機器を使用する場合に使われる電気契約。飲食店や、工場の場合、従量電灯と低圧の両方を契約している場合が多い。

 高圧電力 

解り易くいうと、たくさん電気を使っている契約です。目印は”キュービクル”という変圧装置が必ずあります。大量の電気をいったんキュービクルに引き込み、100Vや200Vに変換して屋内で使います。

自分の電力が分からない時はここを見て!(低圧区分の場合)

見るところは4箇所!

③ご契約メニュー →契約電力の種類がこちらに記載
④ご使用量 →これをもとに試算いたします
*従量電灯B・低圧の場合は契約電力と力率の確認が必要です。
⑩⑪燃料調整費・再エネ賦課金 →毎月かかる電気代の変動費用です

電気代の構成は大きく4パーツ

  基本料金  

どの電気プランにもついてくる”基本料金”電気を全く使用しなくてもかかる費用です。

 電力量料金 

使った分×単価で計算される料金。単価や仕組みなど電気会社によってさまざま。使用量に応じて、単価が変動することが多い。
なぜか使用量が増えると単価が上がるところもあるので注意!また、夏料金、その他季節料金で単価が変わる。

 燃料調整費 

地域の大手電力会社が定める、変動費用。
名前の通り、発電するための燃料単価が上がれば高くなり、下がれば安くなる。単価は毎月変わるので、気になる方は地域の電力会社のHPを見ると記載されています。
逆に、新電力では解り易く、同じ名前を使いますが、実質値引きになることがほとんどです。

 再エネ賦課金 

国が定める費用のため、地域の電力会社も、新電力の会社も支払うべき費用で、一律どこも同じです。
年度によって単価が変わるので、これも電力会社のHPを見るとわかります。
*一部企業によっては減免措置もあります。

よくあるご質問

停電リスクはないんですか?
送電線の異常や、発電所のトラブル、自然災害など停電リスクはあります。 これは、どんなに大手の電力会社でも原因と確率は同じです。
初期費用はかかりますか?
何一つかかりません。 ゼロ円です。
会社が倒産したら、電気が止まってしまいませんか?
万が一倒産するようなことがあっても、次の電力会社に移行するまで電気が止まることはありません。
そのように法律で定められているので、責任もって対応させていただきます。
日本全国どこでも対応可能ですか?
高圧電力に関しては、日本全国対応可能です。
その他、従量電灯A,B、低圧(動力)に関しては現在関西電力圏内とさせていただいております。
会社が倒産したら、電気が止まってしまいませんか?
万が一倒産するようなことがあっても、次の電力会社に移行するまで電気が止まることはありません。
そのように法律で定められているので、責任もって対応させていただきます。

導入事例

 需要家名
内訳
 大型飲食店 高圧  年間割引額 323000円 削減率 8%
 食品加工工場 高圧  年間割引額 816000円 削減率 21.7%
 印刷工場  高圧  年間割引額 131000円 削減率 10%
 オフィスビル 高圧  年間割引額 187000円 削減率 12.7%
 冷凍食品加工 高圧  年間割引額 928000円 削減率 23.5%
 カフェ 従量B 年間割引額 253000円 削減率 15.2%
 ダイニング 従量B 年間割引額 216000円 削減率 19.7%
 居酒屋 従量B 年間割引額 362000円 削減率 16.7%
 食品加工工場 高圧  年間割引額 816000円 削減率 21.7%

 電気代を見直さない理由はありますか? 

 新 従量電灯A 

毎月の電気の使用量が600kwh以上であれば、電気代が下がる可能性があります!
現在電気代が
17000円~
くらいの方

 新 従量電灯B 

毎月の電気の使用量が600kwh以上であれば、電気代が下がる可能性があります!
現在電気代が
20000円~
くらいの方

 新 低圧電力 

契約電力が高く、使用量が予想より少ない場合電気代が下がる可能性があります。

 新 高圧電力 

御社の使い方にフィットするように、一年間の使用状況を30分単位で見直し(17520コマに分けて)最適な電気料金をシュミレーションさせていただきます。

コストダウンして、利益をアップさせませんか?

一切労力をかけずに、費用もかけずに利益を生み出す!

 今一度、電気料明細を確認してください! 利益UPの種が眠っていいるかもしれません! 

シュミレーションは完全無料です!
まずはあなたのお店の電気代がいくらになるのか試算してみましょう!

さらに!現在、自動販売機が設置してあれば
一台あたりLED約70本を無償で提供

オフィスや施設内に自動販売機が設置してある場合、一台につき蛍光灯にして約70本分のLED電球を無償で交換いたします。
勿論設置費用も無料です!
ご存知ですか?
2020年には水銀封入量が一定値を超えるものは製造禁止となります。
つまり、事実上蛍光灯の製造が廃止されます。
まだ、切り替えていないところはこのチャンスに是非!!
ご存知ですか?
2020年には水銀封入量が一定値を超えるものは製造禁止となります。
つまり、事実上蛍光灯の製造が廃止されます。
まだ、切り替えていないところはこのチャンスに是非!!

 無料シュミレーションを依頼 

  • シュミレーションには一切費用はかかりません。
    まずはお試しください!!
  • 過去12か月分の電気使用量明細をご用意ください。
  • 従量電灯の場合は月に600kwh以上お使いかどうかご確認ください。
  • 目安は、従量電灯Aで17000円/月 従量電灯Bで20000円/月くらいのお客様です。

  • *ご契約内容によっては、メリットがご案内できない場合もございます。
  • シュミレーションには一切費用はかかりません。
    まずはお試しください!!
シュミレーションは完全無料です!
まずはあなたのお店の電気代がいくらになるのか試算してみましょう!

会社概要

Tamago Corp.
会社名 Tamago Corp. タマゴコーポレーション
事業部 たまご電気 事業部
所在地 〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-14-21-520
代表者 吉岡 博之
連絡先 090-6208-4608
事業内容 飲食店プロデュース 飲食店コンサルティング 海外貿易 
電力販売代理店
電力販売者 電力の販売契約は四つ葉電力株式会社との契約となります。
連絡先 090-6208-4608

お知らせ

2017.7.15 フェイスブックページを開設しました
2017.7.15 ホームページ現在準備中です
2017.7.15 ホームページ現在準備中です