なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

眼精疲労はどんな影響を及ぼす?
おすすめのアイケアサプリについて

さまざまな理由で目の疲れに悩まされている人も多いのではないでしょうか。眼精疲労は放置すると悪影響を及ぼす可能性があります。今回はどんな悪影響を及ぼすのかということやおすすめのアイケアサプリについて紹介していきましょう。

眼精疲労の原因

眼精疲労と言ってもどんなことから引き起こされるのでしょうか。こちらでは、眼精疲労を引き起こす原因について見ていきましょう。

 ・目の酷使

パソコンやスマートフォンの長時間使用など、目が疲れるような作業環境も眼精疲労の原因のひとつです。近年はパソコンなどの作業が増えたことから、眼の酷使によって眼精疲労を引き起こす人が増えています。

 ・ストレス

ストレスで自律神経に影響が出てしまうことで、まばたきの回数や涙の量が減少します。そのため「目が疲れやすい状況」を引き起こしやすくなるのです。

 ・病気

緑内障や白内障、脳神経疾患など眼精疲労を引き起こす病気は多くあります。特に糖尿病や月経異常の人などは眼精疲労を引き起こしやすいので注意しなければいけません。

眼精疲労の症状

目の疲れと眼精疲労は似ていますが少しだけ違います。こちらでは、眼精疲労の症状について見ていきましょう。

 ・十分に回復しない

眼精疲労は休息や睡眠を取っても症状が十分に回復しないことを指します。目の疲れだけであれ休息を取ることである程度取れるのですが眼精疲労になると思ったような回復はしません。

 ・全身の症状が出る

頭痛や首、肩の凝り、原因不明のイライラ感や吐き気なども眼精疲労の症状のひとつです。特に頭痛や肩の凝りなどに悩まされる人が多い傾向があります。

 ・目の症状

些細な光でも眩しさを感じるようになったり、目の乾きや痛み、かすみなども症状のひとつです。更に酷くなると目の充血なども起こります。目に異変を覚えたら眼精疲労などを疑ってもいいかもしれません。眼精疲労は目の症状も多く出るので、しっかり症状の区別をしないといけません。

アイケアサプリの選び方

目の異変は眼精疲労などだけではありません。老眼などにも悩まされている人は多いです。こちらでは、アイケアサプリの選び方について見ていきましょう。

 ・機能性表示食品であるか

アイケアサプリを選ぶ時には「機能性表示食品」であるかをチェックしましょう。機能性表示食品は消費者庁の厳しい審査をクリアしなければいけないので、サプリ成分に健康維持や増進に役立つと認められたものにしか表示がされません。

 ・成分に注目

疲れ目などに効果が期待されているルテインやゼアキサンチンなどが配合されているか確認をしてください。理想としてはどちらの成分も含まれているサプリがおすすめです。アイケアサプリにはルテインは含まれていてもゼアキサンチンは含まれていない場合があります。目を守るためにも両方の成分が含まれているかをチェックしましょう。

 ・買い求めやすいか

サプリは1回や2回使用しただけでは意味がありません。継続して服用することで効果を得られる場合がほとんどです。そのため、買いやすいかどうかにも注目しましょう。理想としては市販でも通販でも買えるアイケアサプリがおすすめです。

おすすめのアイケアサプリとは?

アイケアサプリと言ってもさまざまなものがあります。こちらでは、どんなサプリがおすすめされているのかについて見ていきましょう。

 ・ロートV5粒

ロート製薬はアイケア商品で有名な企業です。点眼薬の特徴が強いロート製薬ですがアイケアサプリも展開するようになりました。これまでの経験や知識を活かして作られたものであり、多くの愛用者がいます。市販でも通販でも購入できるので手軽にアイケアサプリを試したい人にもおすすめです。

 ・えんきん

テレビCMなどで有名なアイケアサプリです。目のピント調整機能をサポートしてくれる機能性表示サプリです。黒に近い紫色で1日2粒の服用だけで構いません。口コミ評価も高く、愛用者だけではなく新規利用者も増えているサプリです。

 ・ルテインα

ルテインを豊富に含んだサプリで、目を紫外線やブルーライトの刺激から守る働きが期待されています。オレンジ色の粒で、小粒なので飲みやすさにも定評があります。ソフトカプセルなので錠剤などが苦手な人でも気軽に飲める特徴があるのです。

アイケアサプリについて他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

今回紹介したアイケアサプリ以外にもさまざまなものがあります。
各サプリで成分などが異なるのでしっかりと自分の症状などに合わせた選び方が必要です。
どのアイケアサプリにすればいいか分からない人は、
今回紹介した3つの中から選んでみてはいかがでしょうか。
サプリは基本的に継続して服用し続けなければいけないので
費用なども比較して買いやすいものを選びましょう。