3人に2人が「後悔」。
葬儀で後悔しないポイントは?
 

葬儀で後悔をしないためには、
事前の情報収集が重要。

「いい葬儀」お客様センターには、年間約12,000件を超える葬儀に関するご相談が寄せられています。
葬儀を主体的に進める立場(喪主など)になることは、人生において何度もあることではありません。
そのため、「今すぐ葬儀が必要」という状況下において、葬儀に関する知識や情報がないまま葬儀を執り行うケースがほとんどです。

また地縁血縁のない土地で葬儀が必要になり「誰に相談すればいいかわからない」というケースも多くみられます。
そこで、過去2年以内に喪主となり葬儀を行ったことがある方372名を対象に、
「葬儀においての後悔に関する実態調査」を実施したところ、実に3人に2人が「後悔」していることがわかりました。

<後悔したことランキング>

「情報収集について」と「葬儀社について」がそれぞれ約4割で同率1位という結果でした。
「情報収集について」は、
・事前の情報収集が不十分だったこと・・・66.9%、
・情報収集の方法がわからなかったこと・・55.9%
・優良な情報を収集できなかったこと・・・40.9%
が上位を占め、情報収集の手段がわからないことや、正しい情報かどうか判断がつかないため、情報収集不足になったと考えられます。

「葬儀社について」は、
・複数の葬儀社を比較しなかったこと・・・66.9%
・優良な葬儀社がわからなかったこと・・・55.1%
と、過半数の人が、葬儀社を比較検討しなかったことにより、信頼してよい葬儀社かどうかを判断できなかったため後悔していることがわかりました。

<後悔したエピソード>

本当に「格安」?

・時間がなく、知人の「格安」という言葉を信じて、よく検討もしないで葬儀社を決めてしまった。

故人の意向は?

・故人の意向にそったものにするために、生前に確認しておけばよかった。

高額な請求が

・流れがわからず葬儀社の言う通りにやっていたら高額になってしまった。

これでよかった?

・急遽葬式を行うことになり、私が喪主を務め直葬と決めたが、これで良かったのか分からない。

高額な請求が

・流れがわからず葬儀社の言う通りにやっていたら高額になってしまった。

<やっておけばよかったこと>

事前の葬儀選び

・信頼できる葬儀社を事前に探すことが重要。

自分で決めておく

・元気なうちに自分の葬式のことを自分自身で決めておく必要性を感じた。

予算を決める

・あらかじめ信用できそうな葬儀社を調査して、腹積りを決め、予算化しておけばよかった。

安ければいい?

・故人の意向でお金をかけないようにとはいえ、葬儀は残された者に必要な儀式だと痛感した。

いい葬儀会員なら、

お得な特典がついています。

■入会費・年会費無料

特典1:葬儀社オリジナル特典

(例:葬儀オプショングレードアップ・「葬儀費用」10%割引など)

更新料・更新手続き不要

会員様限定のご葬儀に関する情報配信

「家族が余命宣告を受けたら絶対に知っておくべきこと」、「よい直葬と、わるい直葬」、「選んではいけない葬儀社の3つの共通点」など、葬儀で後悔しないために役立つ情報を配信します。

特典2:Amazonギフト券 最大30,000円分プレゼント


シンプルなブルーベリーのタルトです。
シンプルなブルーベリーのタルトです。

特典2:Amazonギフト券 最大30,000円分プレゼント


シンプルなブルーベリーのタルトです。
シンプルなブルーベリーのタルトです。

今すぐ0円で会員登録