このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

こんな方にオススメです

本気で実現したい夢があり、今がんばっているところだ!
苦手なことをサポートしてくれる仲間がいたら最高だ!
どうしても1人では突破できない壁を感じている!
なんとしても達成したい大きな目標がある!
価値観やビジョンを共有できる仲間が欲しい!
やりたいことはあるけど実現のためのアクションができてない!
なんとしても達成したい大きな目標がある!
おうえんクエストとは・・

おうえんの力であなたの夢を加速させる

あなたが今やりたいことや挑戦したいことを「クエスト」として設定し、 ビジョンや価値観を共有し、強みや好きなことを活かし、 お互いのミッションや目標達成に向け、応援し合いながらクエストに挑戦していきます。

・遠くに感じていた目標が応援の力でアッという間に加速する瞬間
・当たり前だと思っていた自分のスキルや経験で、仲間を応援できたと体感できる瞬間

一人ではたどり着けない未来を、仲間と一緒に実現していくそんな場を全国をオンラインで繋ぎながら実践していきます。

応援を文化に!を合言葉に全国数万人を巻き込んで開催しているおうえんフェスが 様々な目標設定や夢実現のエッセンスを取り入れ、独自に開発したワークショップです
Step
1
クエストカードに記入し自己紹介
自分のミッション、職業、性格、特技(自分を満たせるスキル)、弱点、装備(他者貢献できるスキル)、仲間という項目を書くことで、今の自分を正確に把握するところからスタートします。

こちらに書き出した内容を参加者全員にシェアしながら自己紹介タイムをとります。
Step
1
チャレンジシートに記入してシェア

目標を達成するための3つのポイント

  1. 達成したときにどんな状態になっているかを明確に思い描く
  2. その状態を得るための必要条件を明確にする
  3. 必要条件を満たすための具体的行動を決める


上記を念頭に5つのチャレンジしたいことを、各欄に書いて、優先度をRankとして ☆☆☆☆☆ の数であらわします。

Step
チャレンジシェアタイム

それぞれが自分の達成したい5つのチャレンジを参加者にシェアしていきます。

何を、いつまでに、どのくらい、どのように 行うのかというポイントを押さえることで明確かつ具体的なチャレンジとなります。

自分の特技や装備を活用して、どんな風におうえんアクションをすることができるか考えながら、メモしながら聴きます。

Step
おうえんアクション宣言

チャレンジ宣言を聞きながら、自分はどのようにおうえんアクションをすることができるか考えているものを、書き出します。

このときも、やはり、何を、いつまでに、どのくらい、どのように というポイントを押さえることで具体的な行動となります。

参加者全員に最低1つずつのおうえんアクションを決めて、シェアしましょう。

Step
1
チャレンジシートに記入してシェア

目標を達成するための3つのポイント

  1. 達成したときにどんな状態になっているかを明確に思い描く
  2. その状態を得るための必要条件を明確にする
  3. 必要条件を満たすための具体的行動を決める


上記を念頭に5つのチャレンジしたいことを、各欄に書いて、優先度をRankとして ☆☆☆☆☆ の数であらわします。

体験者の感想

それぞれのタイプを認識した上でお話を聞けることが面白かったです!
4つのうちどこに所属しているのかがわかった上でお話を聞けるので、強みや弱点についても根拠が見える化されて、納得感がすごくありました。

共通言語を持てるという意味でも、お話ししやすかったです!

劇団プロデューサー 田村恭子さん

4タイプに分かれて分類する方法は実際にセミナーなどで質問しても分かりやすいもので、非常に効果的です。

使命を意識してコミットメントすることで何をその人がしたいのかが明確になっていきました。

また、自分の強みと弱点、仲間は本当にドラクエのようで楽しめました。

それぞれのクエストを応援のちからも借りてクリアしていく。素晴らしいです!

講演家 村上智一さん

ドラクエの職業に例えた性格分析が面白かったし、的を得ていた。
互いの弱点と目標をブレストし、応援し合う手法は素晴らしいと思った。

自分のことを確認し合う行為は、ぶれずに目標に進むために頭の中が整理され、自分を掘り下げる良い機会になる。

レイキヒーラー 立川寿大さん

どんなことをやるんだろうと思ってましたが、短い時間で具体的な行動まで考える、とても良いきっかけになりました。

キャッシュレスアドバイザー 伊藤志保さん

4タイプに分かれて分類する方法は実際にセミナーなどで質問しても分かりやすいもので、非常に効果的です。

使命を意識してコミットメントすることで何をその人がしたいのかが明確になっていきました。

また、自分の強みと弱点、仲間は本当にドラクエのようで楽しめました。

それぞれのクエストを応援のちからも借りてクリアしていく。素晴らしいです!

講演家 村上智一さん

公認おうえんクエストファシリテーター

高田洋平(ヤスシ)
おうえんフェス代表であり「おうえんクエスト」をこの世に生み出した張本人。

面白いワークやコンテンツをゼロイチで生み出すことを得意としている。

企画の生み出し、ブラッシュアップの相談を受ける、企画相談屋プロデューサーとしても活躍中。
大倉昌子(まーさん)
おうえんフェス2019においては事務局長として大活躍。おうえんフェス2020にむけて、高田代表とともに、おうえんフェス共同代表に。

浜松在住ながら、名古屋、東京での他拠点活動は、もはやそこに住んでいるレベルといわれている。

言葉の力で人生を豊かにするプロデューサー。

松井創(はっちー)
おうえんフェス2019においては、47都道府県統括リーダーとして、地方拠点の旗振り役を担った。

人はなぜコミュニティをつくるのか」の著者

コミュニティ構築アドバイザーであり、情報発信を無理なく習慣にする仕組み作りを得意としている。

情報発信のスキルアップ、習慣化のための「なぜコミアカデミー」を主宰するほか、行動力と決断力を高めるための朝活「あさんぽ部 LIVE配信」を365日実践している。
松井創(はっちー)
おうえんフェス2019においては、47都道府県統括リーダーとして、地方拠点の旗振り役を担った。

人はなぜコミュニティをつくるのか」の著者

コミュニティ構築アドバイザーであり、情報発信を無理なく習慣にする仕組み作りを得意としている。

情報発信のスキルアップ、習慣化のための「なぜコミアカデミー」を主宰するほか、行動力と決断力を高めるための朝活「あさんぽ部 LIVE配信」を365日実践している。

開催予定

日程 内容
10月23日 20:00~21:30
おうえんクエスト
10月26日 20:00~21:30
おうえんクエスト
10月30日 10:00~11:30
おうえんクエスト
10月31日 20:00~21:30
クエスト振り返りシェア会
10月30日 10:00~11:30
おうえんクエスト

参加方法と流れ

Step.1
申し込みフォームから入力
このページの一番下にある申し込みフォームに入力して送信してください。
Step.2
決済をする
決済のご案内からクレジットカード もしくは 銀行振込(コンビニ振込も対応)
Step.3
参加方法の案内が届く
事務局から詳しい参加方法(ZOOMのリンクなど)のご案内メールが届きます。
Step.4
当日、オンラインで「おうえんクエスト」参加
ZOOMという、オンラインの会議システムを使って開催します。
Step.5
おうえんサロンに体験参加
「おうえんサロン」1ヶ月無料参加特典を活用して、サロン&振り返りシェア会にも参加してみてください。
「おうえんクエスト」は定期的にすること、振り返りシェア会への参加で成果を出していくワークなので、定期的な参加をお勧めしています。
Step.2
決済をする
決済のご案内からクレジットカード もしくは 銀行振込(コンビニ振込も対応)

期間限定!お得なキャンペーン実施中!

「おうえんサロン」スタートキャンペーン
「おうえんクエスト」3,000円
通常価格 5,000円
キャンペーン期間:2019年10月〜2019年12月
おうえんクエスト参加者は「おうえんサロン」初月無料!

よくある質問

  • Q
    具体的な夢や目標がないのですが参加できますか?
    A
    ファシリテーターが丁寧に引き出しながらワークをするので、やりたいことが見つかる人もたくさんいます。
  • Q
    ZOOMがよくわからないのですが大丈夫でしょうか?
    A
    事務局にご相談ください。ZOOMの基本的な使い方とつなぎ方についてレクチャーすることができます。
  • Q
    ZOOMがよくわからないのですが大丈夫でしょうか?
    A
    事務局にご相談ください。ZOOMの基本的な使い方とつなぎ方についてレクチャーすることができます。

申し込み・お問い合わせフォーム


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信