ISO9001力量管理事例

Excelでの力量表・スキルマップの管理で大変な思いをしていませんか?
力量の変化までしっかりとらえられれば、組織力の変化を把握できますが、集計の手間が膨大で実運用が回らないのはよく聞く話です。
ダウンロード資料では、力量管理のよくある悩みを解決したソフトウェア企業の事例をまとめています。

ダウンロード資料の目次

ESIによるISO9001力量管理事例

1.顧客の課題
2.システム化の検討経過
3.システム導入の道筋
4.得られた効果
5.今後の展開

ダウンロード

ダウンロード資料に含まれる事例の概要
事例企業:ソフトウェア企業A社の課題
集計に時間がかかる
QMSで必要となる力量変化の集計とレポートに膨大な手間がかかかる。特に社員単位・部門単位での力量の時系列変化を把握するための集計が大変。
分析できない
訓練計画の立案には、現在の力量の実績値と目標値の乖離を分析する必要があるが、Excelで差分を計算し可視化するのは困難。
運用の属人化
Excelでの運用には多大な手間がかかり、担当が変わったとたんに運用が回らなくなるのが目に見えている。
運用の属人化
Excelでの運用には多大な手間がかかり、担当が変わったとたんに運用が回らなくなるのが目に見えている。

システム化の検討

自社の要望をしっかりと反映できるスクラッチ開発や既存パッケージのカスタマイズを検討するも。。

タレントマネジメントを比較

タレントマネジメントシステムに光明を見出すも、比較のポイントの絞り込みが難しい。

システム導入の道筋

どうやってExcelのデータをシステムに投入するか、それが問題だ

ちゃんと運用がまわるのか

システム化でできることが増えても、実運用が回らなければ意味がない。

得られた効果は?!

システム化ができて運用が回っても、業務にインパクトがなければ意味がない。

事例資料ダウンロード申込フォーム