アフリカマンゴノキを使うのは時期尚早!問題点が多過ぎます!

近頃、日本国内で販売されているサプリメントに“アフリカマンゴノキ”と呼ばれるものが配合されています。 

“痩せる”といったふれこみで広まり出しているこの成分。しかし、さまざまな問題点を指摘する人は少なくありません。

ここでは、なぜアフリカマンゴノキに問題があるのかお伝えします。

アフリカマンゴノキについて

アフリカマンゴノキとは、アフリカやインドといった亜熱帯地帯に自生する高木になる実のことです。

形がマンゴーに似ていることから名付けられたとされており、現地では体重を減らす薬草などに使用されていると言われています。

このアフリカマンゴノキは、食欲を抑制する効果があるとされており、米国ではその抽出エキスをサプリメントに配合。

肥満が問題視されている同国で大ヒットサプリとして話題となりました。そして、それから数年。その痩せるという効能が広く認められ、日本にやってきたのです。

 

科学的根拠に乏しい

とはいえ、海外で流行っているから…といって勝手に国内でアフリカマンゴノキ抽出エキス配合のサプリメントを売ることはできません。

体重の減少が期待できると謳うためには、しっかりと科学的根拠を示す必要があります。

しかし、現状アフリカマンゴノキのサプリメントが売られているということは、そういった根拠が示されたというカタチです。その効能などが本当であれば、私たちは安心してアフリカマンゴノキを摂取することができるでしょう。

とはいえ、そのケースは科学的根拠を示す論文が“信じられる”時のみ。 

つまり、その内容に疑わしい点があれば使用をするのは時期尚早となります。実際、アフリカマンゴノキの機能性の科学的根拠には疑問点が多くあります。それらをここで指摘していましょう。

採用論文に不明点が多過ぎる

まず、科学的根拠となる提出論文の被験者はカメルー人のみが対象者となっています。

さらに、それ1報のみ。日本人が使用した場合の論文などがはっきりと提出されていません。要するに、日本人の場合は副作用が発生したり、効果がなかったり、そういったことがわからないわけです。

こういった調査報告を行なう場合、ガイドライン上、「海外で行われた研究は日本人への外挿性を考慮する必要がある」とされています。

日本国内でサプリメントに成分を配合するのであれば、私たちが納得できる日本人による研究結果を堂々と発表すべきではないでしょうか。また、コレステロールや中性脂肪における調査結果にも疑問が残ります。

中性脂肪における調査項目の初期値やLDL-C初期値や高くないなど、臨床的意義があるとは言い難い調査を行なっているのです。

これで、効果があると堂々と謳うのは無理がある、と言わざるを得ない結果となっているのです。

劇的な痩せ方はおかしい

そしてもっとも注意すべきが、体重減少における結果です。この調査では、アフリカマンゴノキから抽出されたエラグ酸に効果があるとされています。

アフリカマンゴノキ抽出エラグ酸を3mg/1日摂取した群とそうでない群を比べた結果、わずか8週間で前者は約6kgも体重が減少したというのです。

8週間、ただアフリカマンゴノキを摂取するだけでこれだけ痩せるのであれば、世界的発見です。世界中の肥満がアフリカマンゴノキで解決できるでしょう。

さらに、このアフリカマンゴノキ抽出エラグ酸。エラグ酸自体はアフリカマンゴノキに特有なものではなく、さまざまな食品に含まれています。例えば、イチゴ半パックであれば同様のエラグ酸を摂取可能です。

さて、イチゴを食べて私たちは痩せると思えるでしょうか。こういったずさんな論文のみで、“痩せる”とか“安全”といって利用するのは時期尚早と言わざるを得ません。

 

問題が解決していない

アフリカマンゴノキを使う、使わないという議論の前に、正しい情報をしっかりと提出してもらうことが重要です。 

サプリメントなどの食品は私たちの口に入り、体内をめぐります。本当に安心できるまで、アフリカマンゴノキの摂取は控えましょう。