WE ARE HENTAI,
WE LOVE エロトーーク

エロトーーク!チケット購入はこちら!

何か新しいことを始めよう!
今までと違うことをしよう!
今までと違う出会いをしよう!
そう思ってもなかなか行動できずにいませんか?

何か面白いことないかな・・・そんなモヤモヤを解消します。
今までの常識を覆す、本音が飛び交う異世会、それが、

エロトーーク!

男女の垣根なく、皆で楽しく真剣に語り合います。
まるで若い頃に戻ったかのように本能を開放する交流会です。

最後にエロトークしたのはいつですか?

手を繋ぐだけでドキドキしていた中学生時代
SEXという事実に不安と期待を抱いた高校生時代
SEXが何よりも最優先だった大学時代、新社会人時代

年を重ねると人生の選択肢が増え、たくさんの人と出会ってきたと思います。
しかし、それと同時に人はエロからどんどん遠ざかっています。
エロで頭がいっぱいだった学生時代に戻りたいと思うこともあるはずです。
いや、人としてエロで溢れた世界こそがあるべき姿です。

戻りましょう!あの世界へ!

「本音でエロを語りたい!」「誰にも話す機会がなかったあの話を聞いて欲しい!」「異性の本音や生の声が聞きたい!」と、あなたが心の底からエロトークできるようにエロトーク会では全員が本音で話しやすい場を作っております。

笑い過ぎて、何度でも楽しみに来たくなる。
悲しい話を真剣に受け止め、何度でも学びに来たくなる。

どこにも負けない楽しくて学べる場をエロトーーク! は提供します!
来たことは後悔させません!楽しみに来てください!

エロトーーク! 公式WEB

合コンとか交流会ってクソつまんなくない?

私も飲み会、バーベキュー、交流会、セミナーなどいろんな場所へ参加して来ました。

しかし、楽しくも面白くもなく、そこで出会った人とその後会うことも滅多になく、ただ居ただけ。ただ時間を無駄にしただけということがほとんどでした。

なぜなら、
・初対面だから当たり障りのない会話しかできない
・共通の趣味がなく、会話がクソつまらなくなる
・結局相手がどんな人か知らずに終わる
・遊びに誘われても仲良くないから行く気がしない
・友達になれそうだと思ったら勧誘目的だった
・主催者が金儲け目的で楽しもうとしていない

などが理由です。

エロトーーク!ではそんな思いはさせません!

・初対面でもぶっこんだ話ができる!
・全人類共通の趣味「エロ」の話だから皆が楽しめる!
・本音を出し尽くす話だから、相手のことを知り尽くせる!
・もっと話を聞きたい!もっと話をしたい!と思える!
・勧誘はチンコより硬くお断りしております!
・お金よりも楽しませることを優先します!

東海№1エロトーク交流会!!体感したら、あなたはリピーターになること間違いなし!これまで沢山のイベント企画参加した人はお分かりいただけると思います笑

エロトーーク! 公式WEB

主催

堂本恭司

■MDA代表 肉食系男子養成トレーナー
■肉食系100人斬りセミナーを主催。
女遊びこそ最大の自己啓発!
デキる漢は肉食系♪半年以内に女とHできるコンサル活動中。月1で下ネタしか話せない『エロトーク』交流会主催

堂本ブログ
肉食男子になって女とヤル

うえだりょう

広告代理店勤務のエロデューサー。
「最高に自分らしいサラリーマン」がモットーであり、日々人を笑顔にするためのイベント・販促を企画中。
家族が一番大事、その次にエロが大事。
エロトーークの風紀委員。

上田のブログ
note

トッティー藤井

欲の塊。
人望、金、女 全てを手に入れたい男。




トッティーブログ
不登校の友達作り

<エロトーークの使命とヴィジョン>

一、「猥談」を通し、全ての人が自身を自由に表現できる場所を提供します。

ストレスフルな情報社会であるこの時代では、様々な規制が進んでいます。
コンプライアンス、ブランディング、社会的体裁。 「エロ」に関してスキなモノも好きと言えず、
本当は聞きたくとも聞けないことはたびたび見受けられます。
この葛藤の原因は、人が動物であるがために存在する性欲というモンスターと、
人であるがために存在する理性という賢者が常に戦いを繰り広げているからです。

また現代では、少子高齢化が進み、晩婚と言われる時代になってしまいました。
その原因の一つとして、私たちは「エロ」にあると考えます。
誰にでもエロくある権利があり、誰にでもそれを表現する権利があるのです。
「エロ」について積極的な表現さえ出来れば、男女の関係がさらに発展していくことは目に見えています。

当イベントでは「猥談」を通し、全ての人が自分の中にある「エロ」という当然の欲を表現できる場を提供することで、
ストレスフリーな社会の構築、少子高齢化・晩婚化問題の改善などを、
他とは全く違う角度から課題をクリアしていきます

一、「猥談」を通し、心から笑い合える仲間づくりに寄与します。

家族・友人・仕事仲間・彼氏彼女。人はそれぞれ、
出会う人を自分の中で各カテゴリーに分け、性格・態度を変えて接する生き物です。
そんなそれぞれの価値観/性格が折り重なり合うなかで腹を割って話すということは一般的に難しく考えられがちであり、
自分と相手、相互の間に溝を作るかのような負のスパイラルコミュニケーションに嵌る人も多く存在しています。

この溝を埋める存在が「猥談」です。古今東西老若男女、
全てのユーザー様の心を開放する究極のエンタメツールが「猥談」だと私たちは思っています。
ベッドのマットレスの下にエロ本を隠す少年。強めのシャワーをま〇こに当てて感じる少女。
元服の年、初めて夢精したことを語るおじいちゃん。
今では月経が終わってしまったおばあちゃんもが愛する「猥談」。「猥談」は年代の壁をも超越します。

当イベントは「猥談」を通し、コンドームの如き薄いようで厚い心の壁を取り払い、
ここでしか出会えない楽しい仲間との時間作りを可能にします。
また、ただの知人・友人を超えた本当の理解者、「心友」と出会えるプラットフォーム作りに尽力します。

一、「猥談」を通し、多様な価値観を知り合い、認め合える場所を創造します。

「エロ」の探求に終わりはなく、常に新たな自分自身の「エロ」が開拓されています。
これまでマジックミラー号シリーズしか見なかったAVを、時間が止まるシリーズ、媚薬マッサージシリーズなども見始めたこと。
これまで自分の中指でしかしなかった愛撫が、ローターと言われる小刻みに振動する魅惑の玉に変わり、
さらには人肌に暖まるウィーンウィーン動くショッキングピンクのバイブへと変わったこと。
それぞれの「エロ」の思考・趣向は常に進化を繰り返しています。

つまり現代では、人種・ライフスタイルとともに、「エロ」も多様化しているのです。
それ故、マイノリティかもしれない己自身の「エロ」をさらけ出し、
またそれを認め合うことは大きな自己受容を生み、価値観の多角化を促進します。
当イベントは「猥談」を通し、おっぱいのように価値観を柔らかくすることで、
様々な性的趣向を認め、自他受容に満ちた社会づくりに貢献します。