しみ治療の基礎知識は?
大阪でおすすめの美容クリニックについて

年齢を重ねることによって、しみに悩まされる人も少なくありません。大阪にはしみ治療の評判が良いクリニックが多いことで有名です。今回はしみ治療の基礎知識や種類、おすすめクリニックについて紹介していきます。

〇しみ治療の基礎知識

しみ治療で疑問に思うことはありませんか? 治療期間やダウンタイムなどを知っておかないと日常生活にも影響が出てしまいますよね。こちらでは、最低限知っておきたいことについて見ていきましょう。

・治療期間

しみ治療期間は施術方法によって異なります。治療期間が少ないのが光治療であり、1週間から3週間ほどが目安となっています。レーザー治療はテスト照射などもあるため、3週間から6ヶ月を目安にしているクリニックがほとんどです。最後にピーリングは最低でも3ヶ月、長くて6ヶ月と考えておきましょう。基本的に光治療以外は半年ほどかかるものだと考えておいた方がいいかもしれません。

・ダウンタイム

ダウンタイムも施術方法によって異なると考えましょう。光治療やピーリングにはダウンタイムがほとんどないと言われていますが、レーザー治療の場合は1週間から10日ほどのダウンタイムがあるようです。ダウンタイムはしみの種類や肌の状態によっても長くなることがあるので、必ずしも期間内で治まるわけではないと覚えておいてください。

・費用相場

しみ治療を受ける上で、気になるのがやはり費用です。肌のトータルケアをしたい人はエステでも十分ですが「治療ではない」ことは覚えておきましょう。そのため、しみの種類や原因を追究することはできません。しみをとことん治療したい人はクリニックがおすすめです。クリニックではしみの種類や原因にアプローチして治療できるため、効果の高さが期待できるからです。

〇しみの種類について

しみには複数の種類があります。治療をする際も、しみの原因に応じた方法で行います。こちらでは、しみの種類や特徴について見ていきましょう。

・老人性色素斑

しみの中で代表的とされているものが老人性色素斑です。時間が経つにつれて濃さが増し、大きさも人によってさまざまです。放置しておいても自然治癒はなく、逆に増えてしまうことがあるので増える前に治療することをおすすめします。

30代以降から発症しやすくなると言われていますが、紫外線を多く浴び続けた人の場合は20代でも発症することがあります。女性の場合は出産後に老人性色素斑が増えることもあると言われています。

・肝斑

肝斑は女性ホルモンが大きく影響するしみと言われています。女性ホルモンバランスが崩れることによって肝斑を発症すると考えられているのです。特徴として、30代~40代の女性に肝斑が現れると言われ、60代以降の女性は発症よりも薄くなっていく傾向があります。肝斑を発症させない、予防のためには紫外線対策なども重要となっているようです。

・そばかす

そばかすの原因は紫外線と遺伝と言われています。基本的にそばかすができてしまう人は、紫外線に弱い遺伝子を持っている特徴があるようです。幼少期にできたそばかすは遺伝、大人になってからのそばかすは紫外線が原因と考えておくといいでしょう。

〇大阪でしみ治療の評判が良いクリニック

大阪にはさまざまな美容クリニックがあるので、しみ治療に効果が期待できます。こちらでは、評判の良いクリニックについて見ていきましょう。

・たにまちクリニック

美容外科治療に幅広く確かな知識を備えています。そのため、しみだけではなくしわやワキガなどの幅広い治療に対応していると言われています。治療だけではなく、身体の内側と外側から健康的になれるアドバイスが受けられるのも特徴のひとつです。

・トキコクリニック

患者一人ひとりに寄り添った治療を得意とするクリニックです。10万件を超える症例数を誇り、技術や知識面でも確かな医師であることが伺えます。マニュアル的な治療ではなく、さまざまな治療を組み合わせたオーダーメイド治療が魅力と言えます。

・恵聖会クリニック

美容クリニックとしても知名度が高く実績や評判なども文句なしのクリニックです。患者に合わせた臨機応変な治療が特徴であり、明朗会計なので提示金額以上かからないのも安心して通える魅力と言えるでしょう。無料カウンセリングも受けていて、メールの場合は24時間受け付けているので気になる時にカウンセリングを受けてみるのもいいのではないでしょうか。

他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。

〇まとめ

しみは若々しさから遠ざけるものであり、なるべく早めに治療をしたいものです。クリニックによって治療方法は異なるので、どのようなしみを得意としているか、治療方法の豊富さなどもクリニック選びの目安にしましょう。他にも通いやすい立地にあるかなども、選ぶ基準のひとつにする人が多いようです。