自営業者が在宅副業で
リッチエレガントに♪

自営業者の悩み

自営業者は常にお金に悩んでいる。まず最初に数百万、数千万の借り入れをしているケースが多いからその返済に追われている。

また、売り上げが安定しないから、資金繰りの目途が立ちにくい。集客法がわからない。ライバルが増える。自分が高齢化していく。頭が衰える。センスが古くなるなども悩みどころだ。

仮に稼げていたとしても、朝から晩まで一人でやる事が多すぎて、自分の自由な時間が全く取れない。長期休暇などはもってのほかだ。

そして、もっと心配な事は、もし自分病気になったら働けなくなり、その時点で収入が途絶えることだ。20代、30代だったらまだいいが、50代になると不安で眠れなくなるだろう。

自営業者の悩み(自宅サロン経営者の場合)

・毎月の売上げには波があり、なかなか収入が安定しない・・・

・今月、取引先の支払いが出来なかったらどうしよう・・・

・自営業存続の為の、経営や集客には日々試行錯誤の連続・・・


・来月はお客様の予約が入らなかったらどうしよう・・・

・もし自分が病気や怪我でお店を休むことにでもなったら・・・

・10年、20年先もお客様をお迎えできるのだろうか・・・・



自営業者の副業事情

そういった事情から個人事業主は副業・アルバイトに取り組む人が増えています。派遣社員や警備員、または倉庫作業員など。しかしこれらの仕事は労働収入であり、なにより時間が拘束されるので本業に差し支えるケースがあります。

ダブルワークとなると肉体的にも疲労度が高いです。

自営業者、個人事業主にとっては、時間が拘束される労働収入ではなくて権利収入タイプが望ましいのです。また空いた時間に出来るので、自由な時間も増えていきます。

自営業者が取り組める権利収入の種類

● アパート経営(不動産投資)
● 株式投資などの金融投資
● ネットワークビジネス
もちろん、どちらにも一長一短、メリットデメリットがあります。安全確実でお金を稼ぎたいのなら、やはり給与所得タイプのアルバイトが良いでしょう。ただ、リスクは時間がなくなるということです。短い人生、時間の方がお金より大事だとも言えます。

不動産投資や株式投資に関しては、ある程度の資本が必要ですし、相当熟練した知識と経験が必要になってきます。稼げるまである程度の損失も覚悟しなければいけません。

ネットワークビジネスは、手軽に小資本で空いた時間に取り組めるというメリットがありますが、友達から嫌われたり、人脈が少なかったり、休みの時間が無くなったりと言うデメリットがあります。

しかし、自営業者、個人事業主にはネットワークビジネスが最適だ思います。それは他の権利収入型の副業に比べてリスクが少ないからです。リスクがあるのは、今までのネットワークビジネスのやり方に問題があるからです。