このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。


その生き辛さ、
あなたの頑張りが原因だと知っていますか?

『頑張らない自己肯定感』のページをご覧になっていただき、ありがとうございます。

「自信をつけること」「自己肯定感を高めること」は、多くの人にとって難しくも大切なテーマとなっています。

あなたも、自己肯定感を高めようと、今までに何らかの試みをしたことがおありなのではないでしょうか?

しかしそれでも変われずに、諦めかけている人もいるかもしれません。このページでは、自己肯定感を高める方法として一般的に挙げられる


「成功体験を積み重ねる」「ポジティブ思考になる」「ダメな自分を許し、愛する」

↓↓↓

“では、ない方法”で、

あなたの自己肯定感を高める可能性をご説明させていただきたく思います。

その方法とは、育成・発達心理学に基づく、私たち大人にとって根本的に必要なもの。自己肯定感を育むためにはまず“意欲”が必要ですが、このページに興味を持たれている方は、すでに準備が整っているはずです。

あなたの自己肯定感は必ず、高めることができます。このページに書かせていただく私の文章が、何らかのヒントになれば幸いです。

日本オリジナルセラピストアカデミー銀座校
代表 さいとうよしゆき
・都内某所精神病院看護師
・心理カウンセラー

                
        

私たちが諦めていた、
「頑張らない自己肯定感」が、ここにある。


頑張って自己肯定感を獲得する方法と、
頑張らないで自己肯定感を獲得する方法があるとしたら
あなたは、どちらを選びますか?


いつまでも、自信が持てない私たち

自信を持てるよう、頑張ってきた結果。

誰しも、「自信を持つために」と今までの人生で、
自分なりに様々な局面で頑張ってきたことが
たくさんあると思います。しかし、結局は今、現在も…
  
「人のが気になり、自分の考えや意見を出せない」
「劣等感があり自分に値があると感じられない」
「人と一を引いてしまう」
「自分がいない方が物事がうまくいくがする」
「居所がないように感じる」
 
など、頑張りに見合った自信を持つことができず、
生きづらさを感じ続けている人も多いものです。
自信を持つことはなぜ、こんなにも難しいのでしょうか?

あなたの自己肯定感、なぜ低い?

こちらのグラフをご覧ください。

これは平成26年度内閣府にて行われた、日本を含めた7カ国の
満13~29歳の若者を対象とした“自己肯定感”の国際比較です。

「自分自身に満足している」と答えた若者は、諸外国と比較し日本が一番低いパーセンテージを示しています。

その他、「自分には長所がある」と答えた割合も、同様に日本が最下位となっている現状があります。

尚、平成30年に再実施された意識調査では平成26年と比較し0.7%低下しています。


今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの~

日本人、全体として。


自己肯定感が低い人は「私だけがこんなに自信がない」と思いがちですが、実は日本人全体として、自己肯定感は低いものであることがわかります。

また、気になるところは調査が行われた年齢です。13〜29歳という若者期に自己肯定感が低い状態であれば、次の年代に移ったとき、果たして自己肯定感は上昇していくものなのでしょうか?

それは昔から、ずっと。


人は、過去の体験や記憶をもとに、今現在の自分の自己肯定感を決定しています。心理カウンセリングの場面でも、過去は終わっていても今もなお、過去の苦しみに囚われ続けてしまう人は少なくありません。

従って、過去、自己肯定感が低かった私たちは、何もきっかけがない限り、自己肯定感が低いまま年齢を重ねていくのが一般的です。

幼少期

(0〜12歳)

もともとは“問題なし”の状態であるが
何らかの原因により、自己肯定感が低くなる。自分に価値を見出せなくなったり、自分の意思が弱くなり始める。

学生期〜若者期

(13歳〜29歳)

何らかの原因により自己肯定感が低下し続け、次第に回復しづらくなる。「自分に満足しているか」「自分には長所があるか」などの質問に対し「はい」と答えずらくなる。

成人期

(30歳〜)

何らかの原因により低下した自己肯定感が向上する機会が得られないまま成人になると、原因を見失い、「自己肯定感が低い自分」として性格形成される。以降、消極的な言動をしてしまい、周囲からも尊重されない扱いを受けやすくなり更に自己肯定感は低下する。

幼少期

(0〜12歳)

もともとは“問題なし”の状態であるが
何らかの原因により、自己肯定感が低くなる。自分に価値を見出せなくなったり、自分の意思が弱くなり始める。



私たちの自己肯定感が低下した、
その原因とは一体何なのでしょうか?









自己肯定感が低くなった原因の多くは

“あなた”のせいではなく
 
互いを尊重しあえない

“人間関係とコミュニケーションの
質に問題”

があったからです。

私は、精神科の看護師を4年間勤め、今も尚看護師を続けつつ心理カウンセラーとして活動し、銀座でカウンセリングスクールを運営し、今までにおよそ5,000人以上の方々と対話を重ねてきました。

その結果、「自己肯定感が低い」と自覚がある方の原因のほとんどは、

人間関係による影響を受けていました。

主に幼少期なら親、学校の先生、友人、社会人になってからは会社の上司など、様々な人間関係の中で「相手の言葉」「相手の態度」「相手の表情」

また、その場の雰囲気から強く受けた印象や、何度も何度も受けた印象から、人は自分の自己肯定感を決定づけていることがわかりました。

否定や批判、悪口。決めつけや、気持ちが不安定な人と一緒にいること。感情の起伏が激しい人と一緒にいること。いじめの体験や無視、無関心。信じてもらえないといった体験が記憶として残り、

総じて「私は尊重されない子なんだ」と自分で思ってしまうことで、自己肯定感は急激に低下し、回復しづらくなります。

すると、「尊重されない」と思い込んだ自分は自然、自信ある言動がとれなくなり、今現在になっても周囲からは、過去と変わらず、尊重されない関わりを受け続けてしまいます。
   
人間関係により、自己肯定感が低下してしまった過去と、今現在の周囲との人間関係を総合し、私たちは自身のことを「自己肯定感が低い人間だ」と思ってしまうのです。



今現在の私たちの自己肯定感が低い原因は、

「あなたの周囲の人間関係の質の問題」と、
そこから発せられた「コミュニケーションの質の問題」

総じて、環境の影響によるものです。





私達は本来、幸せな王子、王女として生まれてくる。
しかし社会という魔女に礼儀を叩き込まれ、
カエルの姿へと変えられてしまう。

エリック・バーン(1910 - 1970)
精神科医/心理学者

あなたの周囲の人間関係はいかがですか?
下記のコミュニケーションが1つでも当てはまる場は、自己肯定感が低下しやすい場です。

  • パワーハラスメント、モラルハラスメントの疑いがある。
  • 否定、批判が多い。
  • 悪口、侮辱が多い。
  • お節介、過保護である。
  • 比較をされる。(あの人と比べてあなたは…)
  • 思い込み、決めつけが多い。(どうせ〜だろう/〜に決まっている)
  • 無視や、あなたへの関心が薄い。(聞いていない/どうでもいいよ)
  • 過度に情緒不安定な人に、振り回される。
  • 過度に不機嫌、怒っている人がいる。
  • マウンティングが多い(俺/私の方がお前よりも)
  • パワーハラスメント、モラルハラスメントの疑いがある。
※「人の成長を阻むコミュニケーション12の障害」より一部抜粋


なぜ周囲は、あなたの自己肯定感を

下げたのか?
下げようとするのか?






人々の、気持ちの余裕がない現代社会。


あなたの自己肯定感を下げた人や、今現在、下げ続けている人こそ、実は「自己肯定感が著しく低い可能性が高い」と分析されます。つまりは「精神が不安定である」ということです。
 
自己肯定感が低いと、そんな自分を守りたくなるよう心が動きます。(自己防衛心理)そのため、必死になってあなたを否定したり、あなたよりも強いかのようにアピールをしたり、あなたに承認されようと、過度にあなたに介入しようとしたりします。

その不安定なコミュニケーションに、あなたが巻き込まれる形で、あなたの自己肯定感が傷ついていく仕組みです。
 
また、立場的に仕方なく、相手の自己肯定感を下げてしまうような関わりをしなくては行けない人もいるでしょう。
    
いずれにしても、あなたの自己肯定感を下げる関わりは不適切なものですが、その背景には

「現代社会の人々の、気持ちの余裕の無さ」

があります。

《余裕の無さの原因》

  • お金が無い
  • 多忙、時間が無い、やることが多い
  • 精神的に不安定
  • 不安が強い(将来や、人間関係など)
  • 疲労している(肉体的、精神的)
  • コミュニケーションの知識が無い、視野が狭く固定観念が強い
  • お金が無い

人は本来、もっと人に優しくしたい。

心の余裕さえあれば。

理想的な話ですが、金銭的にも、体力、精神的にも、時間にも余裕がある時、人は人を攻撃したいと思えません。余裕があれば本来、もっと人に優しい接し方をし、人を落ち込ませるコミュニケーションを避け、人と仲良くするために学ぶことができるものです。そのような環境があるだけで、人の自己肯定感は育まれるようにできています。

しかし、現実的には。


人々が心の余裕をもてるような、肩書きもなく対等で、お互いを尊重しあえる良好なコミュニケーションがとれるような、自己肯定感向上の場は少ないものです。

多くの場では仕事の価値観や、個人の異なる価値観がぶつかりあい、自己防衛のもと、皆が不安な気持ちを隠しながら過ごしているためです。

まず認識したいのは、そもそも私たちは圧倒的に、自己肯定感が低下しやすい環境にいるということです。

そもそも私たちの環境自体が

人に心を開けないような
余裕のない人間関係で溢れているため

あなたの意欲や努力に関係なく

自己肯定感の獲得が難しい
のではないでしょうか?

自己肯定感を得るために、自分らしい発言や、行動をして、自己表現や自分を大切にすることを心がけても…




あなたの周囲に、
次のような環境(人間関係)があるとき、

自分らしさは表現できなくなります。





❶あなたを直そう、正そうとする人がいる

❷否定・批判をされやすい
❸話を聞いてもらえない、無視される
❹悪口を言われている可能性があったり、
侮辱的な態度をとられる
❺「あなたはこういう人間だ」と周囲に決めつけられ、思い込まれている
❻過保護すぎる人物がいる
❼周囲を心から信頼できない
❽モラハラ・パワハラがある
❾見下しや茶化し、からかいがある


その結果、自分を出すことに不安や恐れを感じ、自分らしい考えや発言ができないようになっていきます。その状況に慣れてしまうことで、次第に自分らしさを見失い、自己肯定感が持てなくなってしまいます。



「アイデンティティ」の提唱者であり、心理学者エリク・エリクソン(1902 - 1994)によると、

人が、自分らしさを獲得できる年齢をおよそ12〜22歳の青年期(思春期)と定め、このときに構築した自己イメージを元に、人は自己実現へと向かうとされています。


しかし私たちの周囲には果たして、

自分らしくいられるような人間関係やコミュニケーションが
あるのでしょうか?

事実「日本人の自己肯定感が諸外国と比較し低い」という結果が出ている現状があります。

なぜなら現代社会は
私たちが自分らしく考え、発言することができ、自己肯定感を構築できる人間関係が
築きづらいからです。

そのため自分に自信が持てず、生きづらさを感じていると考えられます。





だから、こそ。





互いに自己肯定感を
育めるような

人間関係がある、新たな
  
「もう一つの場」

が私たちにとっては必要です。


刻印

『頑張らない自己肯定感』とは

あなたが今までのように「頑張ることなく」

最初から築かれている、
自己肯定感が上がる人間関係がある環境に身を置き

自己肯定感を取り戻せるサードプレイスです。

なぜ“身を置く”だけで自己肯定感が上がるのか

Point

1

自己肯定感が身につく“土壌”がある

自己肯定感が身につく土壌とは、「あなたが決して否定されない約束がある場」です。

あなたの存在、あなたの言葉、あなたの考えが否定されたり、他の価値観を押し付けられたりすることで、人は「自分らしくしてはいけないのかもしれない」と自分に疑問を持つようになります。

従って、まずは一箇所でも良いから、「あなたが否定されず、大切にされる場」を持つことが、自己肯定感を身につける第一歩になります。

Point

正しいコミュニケーションがある

職場や家庭、交友の場では、基本的には皆「我流のコミュニケーション」を行なっています。それ故に、言い方が強い人や、否定的な人、マウントをとる人、話を聴けない人などが多いものです。

自己肯定感エピソードゼロの場では、心理カウンセリングの学びをしている人が全てです。また、自己肯定感を大切にしたい人同士が集うため、お互いの自己肯定感を高め合えるような雰囲気が大前提となっています。
  
肩書きや立場、年齢の差も関係なく対等のもと、「あなた」として居ることができます。

Point

皆でコミュニケーションを学ぶため

自己肯定感エピソードゼロの場では「心理カウンセリングのテクニック」「心理学」を学びます。コミュニケーション能力の向上を図るとともに、人の心の仕組みを学ぶことで優しい会話が生まれ、人の気持ちを考えることができる人へと成長して行きます。

大学のように真剣に、しっかりと学ぶ雰囲気ではなく、日常に反映させやすいような非常にライトな内容となっております。共通の目標を持った人同士、お互いを応援し合うことができます。

Point

1

自己肯定感が身につく“土壌”がある

自己肯定感が身につく土壌とは、「あなたが決して否定されない約束がある場」です。

あなたの存在、あなたの言葉、あなたの考えが否定されたり、他の価値観を押し付けられたりすることで、人は「自分らしくしてはいけないのかもしれない」と自分に疑問を持つようになります。

従って、まずは一箇所でも良いから、「あなたが否定されず、大切にされる場」を持つことが、自己肯定感を身につける第一歩になります。

自己肯定感を身につける方法とは、
「自己受容」「他者受容」の体験の繰り返しである。
  
自己受容とは、とらわれなく自分を表現し、
自分で自分の内面に気づき、自分を受け入れてゆくこと。
 
他者受容とは、人から受け入れられる体験のこと。

自己肯定感を得るために、この2つの受容は
相互扶助の関係にあり、表裏一体である。
  
自己肯定感を効果的に得るためには、協力体制のある他者との良好な人間関係が必要となる。


広島市立井口台小学校教諭 笠井典子氏
岐阜大学教職大学院教授 有村久春氏
(一部抜粋・引用)

ご参加の上での5つの安心

  • カウンセラーが運営している
  • カウンセリングを学ぶ者同士の集いである
  • 互いの自己肯定感を大切にしたい者同士の集いである
  • 発言をせず、皆の話の聴き役として過ごすこともできる
  • 進行があり、終始孤立することがない
  • カウンセラーが運営している

頑張らない自己肯定感
当日進行

《目的》

話し手が、否定のない受容的な条件下で、抵抗のない範囲で自分の思いや言葉を話し、

「受容的で対等な人間関係の中であれば、自分はこのような考えを持ち表現できるのだ」

と自分自身に気づいてゆくこと。また、周囲に否定なく言葉を受けとめてもらうことで、より自分の思いや言葉をしっかりと落とし込むことで、各自の自己肯定感を高めていく。

通常参加者人数10名以下の小グループ
※うち1〜2名がファシリテーター役


《進行》

STEP

1

お約束事確認

カウンセリングのテクニックに基づき、否定や批判、話の横取りなどといった、カウンセラーが一般的に行わない相手の自信を低下させるコミュニケーションをしないよう全体に確認を行う。
また、一人の参加者が周囲を気にせず話ばかりしないよう時間配分を伝える。

STEP

自己紹介

ファシリテーター含む参加者同士、「名前・何をしている人か(趣味や仕事)・好きなこと・内容自由」で一人ずつ自己紹介を行う。

※「本日は発言を控えたい」という人は、「カウンセラー役(聴き役)」プラカードをテーブルに設置する。

STEP

カウンセリング技法・心理学の学び

毎回、カウンセリングや心理学の教科書に沿って、それぞれが思うことや身の回りであった出来事、個人的な価値観などを参加者間で話し合いながら学びを行なっていく。

※学びよりも「話すこと」が重要であり、話し合いに多く時間を割きます。テーマに沿った形で、思うままに自分の考えや話をすることを通し、自分を発見していきます。

STEP

シェアリング

各自、自分について感じたことや気づいたことを一人ずつ話し、自分はどのような考えを持っている、どのような人かわかったことをシェアする。また、他参加者のシェアに対し感想を伝えたり、質問をし意見交換やフィードバックを行う。

STEP

終了/頑張らない自己肯定感とは

以上のプロセスを通し、

自信をつけるために闇雲に頑張るのではなく、否定のない受容的な状況の中で、互いを認め合いながら自分を発見していくことで自己肯定感の獲得を目指す。

また、各回の中での学びや交流を通し、自身のコミュニケーション能力の向上を図る。

STEP

1

お約束事確認

カウンセリングのテクニックに基づき、否定や批判、話の横取りなどといった、カウンセラーが一般的に行わない相手の自信を低下させるコミュニケーションをしないよう全体に確認を行う。
また、一人の参加者が周囲を気にせず話ばかりしないよう時間配分を伝える。

頑張らない自己肯定感を選ぶと

  • 不安なく自己肯定感を高めることができます。
  • 挑戦と失敗の連続ではない自己肯定感の高め方ができます。
  • 崩れにくい自己肯定感を得ることができます。
  • 人に優しくできる程の、気持ちの余裕を持つことができます。
  • 「考え方を変える」ではなく、あなたの本心が大事にされます。
  • 一人で行うのではなく、一緒に自己肯定感を高めていきます。
  • 辛い環境下でも「生きやすさ」を得ることができます。
  • 不安なく自己肯定感を高めることができます。

得られる
5つの経験

POINT
1

自己肯定感を高めることができる

POINT

自分の理解ができる

POINT

コミュニケーション能力が向上する

POINT

あなたが大切にされる居場所を得られる

POINT

共通の目的を持つ友人ができる








私たちがこれからを生きるために、

自己肯定感はあった方が有利です。

しかし、未だ日本人の半数以上が自己肯定感を得られていない現状からわかることは

「何かが間違っていた」

ということです。

自己肯定感を得るには必要な「流れ」があります。

その流れこそが「頑張らない自己肯定感」の形です。

自己肯定感を得るために日々、頑張ることをやめ

このページを見ている共通の目標を持つ私たちと

新しい自己肯定感を一緒に考えていきませんか?

主催・講師

Yoshiyuki Saito
さいとう よしゆき
自信の再構築を専門とする心理カウンセラーであり、自信構築を遂げた方だからこそできるオリジナルのセラピー構築をサポートする『日本オリジナルセラピストアカデミー(銀座校)』代表兼、講師。
  
元精神科看護師であり5000人の心のケアを担当。「私には自信も価値もない」と苦しむ人の過去を再構築し、人生の再起をサポートする。

経歴
・日本オリジナルセラピストアカデミー代表
・元精神科看護師(慢性期/急性期病棟 計5年勤務)

毎日更新!アメーバブログ
《Facebook》

『頑張らない自己肯定感』の理念に基づいた
銀座カウンセリングスクールの卒業生様/ご賛同の皆様

企画/運営の皆様

『あなたの心がふわっと優しい安心感に包まれますように( ´ ▽ ` )♡』
Yuino Fujisaki
藤咲 優衣乃
日本オリジナルセラピストアカデミー1回生卒業生。自己肯定感アップゆるふわカウンセラー。車いすユーザー。
自分を好きになって、周りからも愛される姿の実現をサポートする。

[役割]

講座補助・グループトーク進行

『人を楽しませる方法?自分が人より5000%楽しむことですよ♪』
Motomu Thukijima
築島 求
学童保育副施設長兼、シンガーソングライター。2012年、池袋にて365日"連続"ストリートライブを達成。東京各地で定期的に開催するライブは常に、観客約100名が来場する。

[役割]
グループトーク進行・講師サポート
『もっと自由に、もっとワクワクする人生を!サバーイサバーイ(ゆるっとラクに♡)』
Katy
西洋占星術師。天体の運行や位置により、人の本質や未来、物事の吉凶を読み解く。心理学とは異なる“占い”の視点から、受講生の気付きをサポートする。また、ラジオDJ/ナレーター/バイリンガルMCとしても活躍中。

[役割]
西洋占星術講師・コミュニケーション講師・占星術個別セッション・グループトーク進行
『サモエドは、全ての癒しです♡』
Nozomi
のぞみ
キャリアカウンセラーとして活動中。毎月、およそ60名の転職相談を受ける。日本オリジナルセラピストアカデミーにおいては役員のメンタルケア、教室運営に関するアドバイザーを務める。

[役割]
内部メンバーへのカウンセリング、アドバイザー・企画サポート・内部向け企画幹事
『みんな誰かを癒す魔法使いになれますよ♪』
Miyuki Tamura
田村 美幸
主に武蔵境を拠点とした読書会を開催する、「夢想読書会」主催者。また、猫を中心とした“あみぐるみ”や、帽子、ブックカバー、アクリルたわしなど各種ニット製品を制作しクラフトマーケットに出店するクリエイターとしても活動中。

[役割]
広報・受講生向け業務連絡
オリセラ企画・東京御朱印さんぽ旅主催

会場風景

当面はオンライン(zoom)参加のみとさせていただきます。

『頑張らない自己肯定感』詳細

【 開 催 日 時 】

❶2021年2月7日(日)
12時 〜 14時

❷2021年2月28日(日)
12時 〜 14時
  
❸2021年2月○日(平日)
※時間、日時未定


【 ご 参 加 費 】

1,000円
(2回目参加以降月額1,000円へ移行)

①事前お振込となります。
※お振込手数料はご負担いただいております
②お振込先はお申し込み後メールにてお伝え致します。
③お振込先銀行は、東京三菱UFJ銀行です。


【 開 催 方 法 ・ 場 所 】 

❶来場
会場名:銀座てらす
東京都中央区銀座1-20-11 銀座120ビル4F
《詳細アクセスは下記参照》
公式ページ

❷オンライン参加(zoom開催)
当日参加URL(入り口)はお申し込み後メールにてお伝え致します




【 開 催 日 時 】

❶2021年2月7日(日)
12時 〜 14時

❷2021年2月28日(日)
12時 〜 14時
  
❸2021年2月○日(平日)
※時間、日時未定


アクセス

会場名:銀座てらす
【東京都 中央区銀座1-20-11 銀座120ビル4F】
・丸の内線、銀座駅より徒歩8分
・JR有楽町駅より徒歩10分
・東京メトロ日比谷線、東銀座駅より徒歩2分

・東京メトロ有楽町線、銀座一丁目駅より徒歩3分
・有楽町線、新富町駅より徒歩2分
・銀座線、京橋駅より徒歩4分

会場Webページ

銀座てらす《外観》




2回目以降のご参加はこちらから

「頑張らない自己肯定感」へのご参加ありがとうございました。
2回目以降のご参加は月額会員制【1,100円(税込)】となりますため、お手数ですが下記「購読」ボタンよりご登録をお願い致します。
(EG)頑張らない自己肯定感