長泉町でいつも演説しているあの人は誰?


長泉町長選挙と長泉町議会議員選挙は令和3年9月に執行予定です。

ウェルピア長泉前で演説している人は
現職の町議会議員 小永井康一

小永井康一 演説概要

長泉町は財政力豊かな町として、県内外に知られています。
でもその豊かさは町民に還元されていますか?

実は同規模の自治体に比べて、長泉町は町民一人当たりに遣われる金額が、全国平均より低い。それでいて税金は県内でも高いのです。

政治家が「財政力が豊か」と威張っている場合じゃないでしょ?

町は財政力が豊かだと驕り、次々と贅沢な施設を建設しています。
なんで政治家は「俺が建てた」みたいな顔ができるの?
この施設のお金を払うのは町長じゃなくて町民です。

これから働き手不足で税収が減るのに、緊急性が低いけど『票が集まる』施設を建てる。
これって「今さえ良ければ良い、自分さえ良ければ良い」ってことじゃないの?

税金には住民の日々の生活の汗が染み込んでいます。なんとありがたいことでしょうか。だから「あるから遣う」じゃなくて、「活かして遣う」事が大事だと思うのです。

究極の政治は安い税金で、豊かな福祉政策を実施すること。この矛盾を解決するには、政治家が知恵を絞って、お金を稼ぐ算段をしなければなりません。
産業振興、魅力的なコンテンツの発信で手数料収入を得る、資産運用。方法はいくらでもあります。1億でも多く収入を増やし、減税を実施するのが優れた政治家です。

今の長泉町の政治はおごり高ぶり、金と権力に溺れています。私たち住民は「財政が豊かだから大丈夫」という政治家の言葉をそのまま信じていては危ないのです。

今ならまだ間に合います。財政力が豊かなうちに、次の一手を。
皆様からお預かりした税金を増やし、減税を実施しながら、豊かな福祉政策を実施する。
小永井康一は町民の皆様と共に、新しい長泉町の未来を創って参ります。