WoToken資産解放プロジェクト

先ずは動画をご覧ください。
そしてご賛同いただける方は下記フォームよりお申込みください。

我々はWoTokenに参加しているすべてのメンバーを救済するべく全力で動きます。
もちろんその結果、100%の資産が解放されないこともあるかと思いますが、
ウォレットの資産を解放してもらえるよう交渉してまいります。

動画でもお話していますが、今回の解放プロジェクトに関してはかなりの費用が必要となるために、ご参加いただく方々にもご負担をお願いします。
但し必要最低限でやらせていただきますので、ご了承お願いします。
ご負担にご不満ある方はご参加いただかなくて結構です。


【参加費用】

☆解放活動支援金 1アカウント1万円

★複数アカウントお持ちの方は、1アカウントにつき1申請お願いします。   
※ただし複数アカウントお持ちの方はトータル上限金額を5万円といたします。

 
☆資産確認代行 ※着手金とは別途になります。
現在iPhoneは開けないので資産確認やスクリーンショットの作成できない方多いと思います。
その場合にはこちらで確認作業を代行してやらせていただきます。
事務手数料は一件あたり3000円になります。



  

【注意事項】

☆解放活動支援金及び資産確認代行手数料は返金いたしません。

☆交渉の結果解放していただけない可能でもございます。

☆解放への流れについては先方の出方次第なので、順次ご報告させていただきます。

<<参加申し込み受付>>

11月21日(木)~11月27日(水)    11/29(金)まで延長
【参加申し込みからの流れ】


<現在ウォレットが開ける方>

1.申し込み
  ↓
2.解放活動支援金入金(1万円) 
※自動返信メールで振り込み先確認
  ↓
3.アポロ資産の画面、振り込み完了画面をスクリーンショットして、メールで送付
  

<現在ウォレット開けない方>

1.申し込み
  ↓
2.確認代行手数料(3000円)+解放活動支援金入金(1万円) 
 ※自動返信メールで振り込み先確認
   ↓
3.振り込み完了画面をスクリーンショットして、メールで送付
動画でもお話していますが、現状WoTokenの運営側はかなり厳しい状態です。
今のところ飛んだとか詐欺だとか断定することは難しいですが、なんのアナウンスもなくアプリやWEBサイトのアクセスが1か月以上止まっているのは事実です。
当初預けている資産はいつでも引き出せるというルールも7月には無視され、改善も一向にされておりません。

運営の体制としても、離脱者や逮捕者がでるなどガタガタであるところをみると、早急な改善は望めず、参加者は資産を手にすることが厳しいと思います。

ですので、我々は早急な解決を求め、今回の救済措置を運営側に求めるつもりです。
現在は2つのルートを使い、かなりの角度で解放の手続きを踏める段階まで来ております。
その準備が整ったので皆さんのご参加を募った次第です。

もちろん、まだWORに対して期待して待ちたい方はそれでもいいかと思います。
しかし、多くの方は不安や不満を抱えながら毎日を過ごしています。
そんな日々から一日でも早く解放させてあげたいという想いで、今回資産解放プロジェクトを立ち上げました。

もちろん費用負担はしていただくのですが、最低限の金額に設定させていただくことでお一人お一人のご負担は軽減したいと思います。
ただし、トータルではかなりの費用が掛かることは回避できないので、できるだけ沢山の方にご参加いただきたいというのが本心です。
沢山の方にご参加いただければ、それが力になり、早期解決にも繋がります。

是非沢山の方のご参加お待ちいたしております!


大石知範
小野里肇

Q&A

申し込み後の流れ

解放の朗報!


プライバシーポリシー

1.個人情報の定義

個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。

2.クッキー・IPアドレス情報

クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。サイバーエージェントの運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。

3.個人情報利用目的の特定

個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。

4.個人情報利用の制限

あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得 ることが困難であるとき
(4) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協 力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

5.個人情報の適正な取得

適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。

6.個人情報の取得に際する利用目的の通知

個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1) 利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の 権利利益を害するおそれがある場合
(2) 利用目的をご本人に通知し、または公表することにより正当な利益を 害するおそれがある場合
(3) 国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であ って、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(4) 取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合

7.個人情報利用目的の変更

個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

8.個人情報の安全管理・従業員の監督

個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、個人情報保護規程を定め、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。

9.委託先の監督

個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、弊社が定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。

10.第三者提供の制限

次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難で あるとき
(3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を 得ることが困難であるとき
(4) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5) 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
   1.利用目的に第三者への提供を含むこと
   2.第三者に提供されるデータの項目
   3.第三者への提供の手段または方法
   4.ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
(1) 弊社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
(2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3) 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報 の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき

11.個人情報に関する事項の公表等

個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。
(1) 個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。ご回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅滞なくその旨を通知します。)
(2) 個人情報に関するお問い合わせ窓口

12.個人情報の開示

ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
(1) ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

(2) 弊社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

(3) 他の法令に違反することとなる場合 なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。

13.個人情報の訂正等

ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。

14.個人情報の利用停止等

ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。

15.理由の説明

ご本人からの要求にもかかわらず、
(1) 利用目的を通知しない
(2) 個人情報の全部または一部を開示しない
(3) 個人情報の利用停止等を行わない
(4) 個人情報の第三者提供を停止しない のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。

【お問い合わせ】
WoToken資産解放プロジェクト事務局
wor-sitsumon@zstylejapan.com
※こちらは問い合わせのみです。こちらに送っていただいても無効です。
※画像の送付アドレスはメールをご確認ください。