『生徒を心から思う』、英語の先生が集うコミュニティー。
他人ではなく、敵ではなく、仲間として活動する時間。

Share, Think, and Grow together!

このコミュニティー(会費無料)を覗いてみたい!

You are in the right place if you are
an enthusiastic English teacher and ______.

講師として成長したい
講師としてもっと成長したいけど、何をやったらいいのかわからない。自分の英語力も磨きたいけど、時間もないし、講師用の講座もどこがいいのか... 。一人だと、英語教育に関する情報集めも大変。
生徒さんにチャンスを増やしてあげたい
ここは地方で、スピーチコンテストなんかの機会もあまりない。それに、暗記して演じるようなトラディショナルなコンテストが、本当に生徒さんのプラスになるのか... 。生徒さんが、日頃の学習の成果をカジュアルに試せる場所があったらいいのにな。
他の先生との交流の機会が欲しい
私と同じように指導や教室運営に関する悩みを抱える先生たちと、お話しできる環境があるといいな。悩みだけじゃなくて、たまにお茶したり、オススメの教材を見せ合ったり。
日本の英語教育を何とかしたい
同じような思いで頑張る仲間と一緒に、日本の英語教育を良くしていきたい。一人だと何をしていいかわからないけど、私にも何かできることがあるはず。

We will be working on thigs like:

あなたがやってみたいことも、聞かせてください。このコミュニティーでは、メンバーの思いをもとに、英語教育にプラスになる活動を行っていきます。可能性は無限。メンバーひとりひとりが、貴重な存在です。

  • 教室間での生徒さんの交流
日本語の環境で生活していると、英語を話す機会が滅多にありません。仲間として、誰かと一緒に英語の学習を頑張るという意識もあまりないと思います。同じ教室に通うお友達以外に、日本各地に英語を頑張る仲間の存在を知れたら励みにならないでしょうか? 他の教室のお友達に自己紹介をしたり、地域の紹介をしたり、Show & Tellができると何かワクワクしませんか? 教室の発表会の練習の様子を、他の教室の生徒さんに見てもらい、アドバイスをもらえたりできるといいですね。セキュリティーのしっかりしたオンラインの学習サイトを利用し、教室間の交流を英語ビデオメッセージにて行います。

  • モチベーションアップのためのコンテストやイベントの企画開催
英検、スピーチ大会、論文コンテストなど、英語を学ぶ子供向けのイベントは良く目にします。子供たちの力試し、モチベーションアップを目的に、先生や保護者さんも気になりますよね。でも、開催地域や対象者の関係で、誰もが参加できるわけではありません。そして、そのイベントの内容が本当に生徒さんにとって良いものなのか、しっくりこないこともあるでしょう。『これだ!』と思えるイベントが無いのであれば、同じような思いの先生が集まってイベントを企画したらいい。数校の生徒さんが集まれば、イベントができる人数になります。最終的には先生が書き上げたような英文を丸暗記して、大きな大ホールのステージで演じるように読むコンテストではなく、もっとオリジナルな、コミュニーケーションに趣旨をおくような新しいイベントを、一緒に企画しましょう。

  • 受験でコミュニケーション重視の英語から離れてしまう中高生対象のプログラムの企画開催
小学校を卒業するまでは英語での会話を楽しんでいた子たちも、中学校に入り『テスト』のプレッシャーがのしかってくると、どうしても単語の暗記や文法重視の、偏った英語学習になりがちです。テストの成績を上げるのに、より良いとされる学校に進学するために、子供たちが点数を意識した英語学習に重点を置いてしまうのは、ある意味自然なことです。子供たちのせいではありません。近年英語4技能について語られていますが、日本は他の国と比べてまだまだ。英語教育の改善にも時間がかかります。コミュニーケーションとしての英語から離れがちになる、中高生を対象としたプログラムの必要性を感じています。

  • 保護者様にコミュニケーションツールとしての英語学習の大切さを理解頂くために何ができるかを検討
学校や受験のための英語ではなく、コミュニケーションとしての英語指導に思いを寄せる先生方には、必ず生徒さんの保護者様からの理解が必要です。学校の中間や期末テストの対策ばかりを保護者様に頼まれると、『会話』を軸にしたご自身のオリジナルレッスンがやりにくくなります。保護者さまに、どうして会話、文化、発音などに焦点を置いたコミュニケーション英語が大切なのかを、わかってもらえるよう対策をとりましょう。そうすることで、ぐんと教室運営もしやすくなるはずです。

  • 講師の指導力アップのためのワークショップや勉強会の開催
『最後に自分が生徒さんになったのはいつですか?』 講師である以上、講師自身も自分を磨き続けることが大切です。毎日生徒さんのことばかりになりがちですが、自分が学ぶことで指導力も高まり、生徒さんに還元されます。生徒さんのためにも、自分が学ばなければならないのです。フォニックスや発音の指導法、オススメ教材の紹介から教室経営に関することまで、様々なワークショップや講座を提供します。どんなトピックが必要かも、コミュニティーメンバーが考えます。

  • 講師の指導や経営に関する素朴な悩みを語り合える場所作り
指導や教室運営に関する悩みは、家族やお友達に話すことで解決できないことも多いのではないでしょうか? 「他の先生はこんな時どう対処するのだろう?」と、ふと思うこともありますよね。そんな時、カジュアルに安心して話ができる仲間を作りましょう。
日本中に英語教室が数え切れないほどある。サイズや種類も豊富。どの教室もその教室なりの信念を掲げて頑張っているようなのに、何か大事なことが欠けているような...

    『手を取り合って、仲間として、一緒にゴールを目指すこと』

教室同士張り合って、競争し合って... 、どの先生も生徒さんの成長を思って活動しているはずなのに、先生や教室間のサポートシステムが見られない。こんな今の英語業界のシステムはなんて悪循環なんだ。
教室や先生がお互いを敵や他人として見るのではなく、仲間として見れる場所と取り組みがあれば、何て素敵だろう。お互いの強みから学び、弱みを補充し合い、一人ではやれないことも仲間がいるから可能になる。その結果、日本の英語教育の質も高まる。政府が変わるのを待っている暇なんかない。学校が変わるのには時間がかかる。でも、各教室や先生レベルだと『今』変えられる。思ったことに挑戦できる。

じゃあ、創ってしまえ! 同じ思いを抱える英語の先生のコミュニティーを。

FAQ

Q
メンンバーになるための条件はありますか?
A
  • 「こんなことがやりたい!」と思ったこと実行できるビジネス環境にあること。(フランチャイズで教室を経営の先生方は、できることも契約で制限されているかもしれません。そのような場合はコミュニティーでの活動に参加できないことが多くなり、メンバーとして属する意味が感じられなくなるかもしれません。)
  • 英語でのミーティングやメッセージの交換にも抵抗がない方。
  • 月1回のミーティングに参加できる方。(日程はメンバーで相談して決めます。)
Q
メンバーになるためのステップは何ですか?
A
まずは、こちらのフォームをご提出ください。ご提出頂いた順に、メールにてお返事致します。その後、コミュニティー立ち上げ人のMaikoとスカイプ(もしくはZOOM)でお話して頂き、お互いのマッチを確認できれば、メンバーになって頂くというステップです。
Q
いつでも退会できますか?
A
可能です。(このコミュニティーは、先生方や生徒さんのためのものです。ご自分にプラスにならない感じられた場合は、いつでも退会できます。)
Q
何名くらいのコミュニティーですか?
A
これから一歩を踏み出すコミュニティーなので、初めは動きやすい少人数メンバーで、しっかりした骨格を作っていきたいと思います。システムが整い、人数が増えることで活動が良くなると判断できる時期が来たら、その時は人数を増やすことも考えています。ただはっきり言えるのは、人数が多すぎて活動しにくかったり、幽霊会員ばかり多いコミュニティーだと、発足した意味がありません。人数が多い方が良いプロジェクトもあれば、小人数だからこそできることもあるはずです。これから模索していきたいと思います。
Q
メンンバーになるための条件はありますか?
A
  • 「こんなことがやりたい!」と思ったこと実行できるビジネス環境にあること。(フランチャイズで教室を経営の先生方は、できることも契約で制限されているかもしれません。そのような場合はコミュニティーでの活動に参加できないことが多くなり、メンバーとして属する意味が感じられなくなるかもしれません。)
  • 英語でのミーティングやメッセージの交換にも抵抗がない方。
  • 月1回のミーティングに参加できる方。(日程はメンバーで相談して決めます。)

They are the people who started the community

Mike and Maiko Barcomb

英語教室RedCupEnglishを運営する傍ら、アメリカの大学でESLやマーケティングを指導し、応用言語学の研究発表で世界を駆け回る二人。英語、日本語、フランス語と、3ヶ国語を学びながら育つまだ幼い二人の女の子のパパとママでもあります。日本の英語教育を変えるには、同じような願いを持つ知識豊かな指導者とつながり、草の根的に頑張るしかない。政府や学校の教育システムはそんな簡単には変われないけど、英語教室や指導者レベルだと変われる。小さい一歩が集まれば、大きな一歩になるに違いない。

コミュニティーの立ち上げのために、他2人の心強い先生方にも力を貸して頂いています。その先生方のアイディアやサポート無しには、コミュニティーのブループリント(設計図)を創ることはできませんでした。この場をお借りして、"Thank You!"を伝えたい。そして今後、応用言語博士や第二言語教育分野で活躍する方々を定期的に外部からまねき、この活動を客観的に見てアドバイスをもらう機会も設けます。

MikeとMaikoはこのコミュニティーの発起人というだけで、主役はコミュニティーのメンバーひとりひとりです。あなたの「思い」を「行動」に変えれる場所がここにあります。

※ MikeとMaikoは、いつも皆さんからのメッセージをお待ちしております。admin@redcupenglish.comまでお気軽にご連絡ください。