英日翻訳の料金は、相場いくらなのか?

あなたは、英日翻訳(英文和訳)は発注したいとき、どうしますか?
どこに頼めば良いかを英語に詳しい周囲の人に訊くかもしれません。あるいは、どんな翻訳会社があるかをネットで調べたり、口コミ情報を集めるかもしれません。

しかし、いずれにしても最終的に発注するかどうかは、あなたが判断しなければなりません。

判断する上でもっとも大事なのは料金です。
会社であろうと、個人であろうと、英日翻訳を依頼するときは必ず予算があります。予算内で翻訳の品質が良くてもっとも安いところに依頼しようとするはずです。

では、翻訳料金が安いか否かを判断するときはどうすれば良いでしょうか?

英日翻訳の単価の相場と比較することです。これが基本。


というわけで本記事では、英日翻訳の相場について解説します。
小見出し

日本翻訳連盟が発表している単価の相場

社団法人日本翻訳連盟(Japan Translation Federation、JTF)は、翻訳に従事している企業や団体、個人が会員となっている一般社団法人です。

実務翻訳技能を測定する「JTFほんやく検定」も実施しており、信頼性も抜群。

そんなJTFが翻訳料金の単価の相場を提示しています。
初めて翻訳を依頼するには目安になるはずです。
文書の種類・分野 英日翻訳:英文→和訳(税別)/ 日英翻訳:和文→英訳(税別)
コンピューターマニュアル
28円 / 20円
一般科学・工業技術 28円 / 21円
金融 30円 / 25円
経営管理・財務・契約書 30円 / 25円
医学・医療・薬学 35円 / 30円
特許明細書 26円 / 30円
金融 30円 / 25円
英語から日本語に翻訳する英日翻訳は、原文英語1ワード当たりの価格です。
日本語から英語に翻訳する日英翻訳は原文1文字当たりの価格となります。

いずれの場合も、原文基準です。2008年ぐらいまでは訳文基準で算出しているケースもそこそこありましたが、今ではほとんどの翻訳会社が原文を基準にしています。


専門分野だったり、難易度が高くなったりすれば、それだけ高くなります。また当然、翻訳会社によっても違ってきます。安いところだと、英日翻訳の単価は11円未満のところもありますが、高いところだと35円以上もします。

料金が安いか高いかを判断する際は、表組に記載されている平均値と比べてみると良いでしょう。
小見出し

英日翻訳は、実際に翻訳会社だと料金はいくらか?

  • A社:15円/ワード
  • B社:10円~30円/ワード※条件により変わる。
  • C社:10円~23円/ワード
  • D社:16円~23円以上/ワード
  • E社:26円/ワード
  • F社:25円/ワード
  • G社:18円/ワード
  • B社:10円~30円/ワード※条件により変わる。
※翻訳会社が外注を使う場合は、料金も高くなります。

日本翻訳連盟と比べると、明らかに安いですね。しかし、翻訳会社は最低料金を安く提示する傾向があるので、間に受けたらダメです。
翻訳費以外に校正費用、DTP費用、翻訳メモリメンテナンス料が別途発生することが多く、たとえば校正の場合、クロスチェックやネイディブチェックなど校正方法によって料金が異なります。また、翻訳量が少ない場合、最低料金として実際の作業以上の料金を請求させる恐れがあります。

英日翻訳を依頼するときは、作業内容もしっかり確認した方が良いでしょう。
小見出し

英日翻訳の翻訳料金の計算方法は?

翻訳料金の計算方法は、大きく分けて原語カウント制と出来高制があります。

原語カウント制は、訳文基準が多いです。原稿用紙枚数(400文字)×単価で計算します。たとえば1枚当たり6,00円の場合、10枚作業すると、60,000円になります。

一方、出来高制は、1ぺージの単価×ページ数で計算します。たとえば原稿1枚6,000円の場合は、10ページ作業したら60,000円になります。


色々な翻訳会社があるので、当然料金体系も違いますが、ほとんどが原語カウント制を採用しています。出来高制にすると、料金が比較しづらいからだと思います。お客様から要望があれば、結局、ワード単価に換算し直さないといけないので二度手間になります。

まとめと、日英翻訳の相場より安く発注するには?

日英翻訳の相場は、20円~30円です。
もちろん難易度や分野によって変わってきますし、納期や分量によっても料金は上下するでしょう。
安いところを頑張って探せば、10円~でもあります。

しかし、さらに安いところとなると、通常の翻訳会社では無理があります。以下の翻訳サービスは、ちょっと普通の英日翻訳とは違うようですが、確実に安くなります。
嘘だと思うならば、実際に見積作成してもらうと良いでしょう。半額未満も夢ではありません。

今までの英日翻訳サービスが嘘みたい!?激安な翻訳サービスを紹介します