エネタウン.jp

エネタウン.jpでは驚きの価格で
蓄電池・V2HをWEB販売しております。
また、他にも事業者用の新電力比較やポータブル蓄電池と言った
エネルギー関連商材を続々とリリース!!

エネタウン.jpの特徴

業界最安値
販売は安く、買取は高くをモットーに
コンテンツを次々と更新していきます。
WEBで完結
インターネットで完結するから面倒な対面による検討が必要ありません。
厳選された工事業者
ネットだからこそ評判が大切。
信頼できる工事会社しか提携していません。
安心のサポート
導入までエネタウンが
オペレータによるサポートを
保証いたします。
安心のサポート
導入までエネタウンが
オペレータによるサポートを
保証いたします。
EIBS7
最新の蓄電池を常時更新!
蓄電池のことを知りたければ、ここが駆け込み寺!!
V2H
蓄電池だけでなくV2Hも最新、最安でご提供いたします。
SMART L LINE LIGHT
他では扱っていない商品もエネタウン.jpなら!
法人電力料金一括比較
法人の電力料金を見直してみませんか?

ユーザーの感想

蓄電システムが大きく脚光を浴びることとなったのは、2019年問題からです。

2019年問題とは、住宅用ソーラーシステムの固定価格買取制度(以下、FIT)によって、 ソーラーパネルを設置した住宅から生み出される電気の余剰分を、電力会社に固定価格で買い取って貰っていたユーザーが、 制度上の期限である10年を迎え、2019年11月以降、固定価格での買取期間が満了するユーザーが順次発生することを指します。

FIT終了後も、電力会社へ余剰電力の売電は可能ですが、FIT期間中に比べて買取り価格は大きく下落します。

このことから、安い買取り価格で売電を続けるよりも、蓄電システムを導入して、災害に備えると同時に経済的にもメリットを享受しようと考える方たちの関心を集めました。

また、産業用のFITも2034年を境に、FIT期間の満了を迎えるソーラープラントが出てきます。

まだ少し先の話ですが、その時は、産業用の蓄電システムが脚光を浴びることが考えられます。

今回はそんな住宅用と産業用の蓄電システムについて、用途の違いや得られるメリットについて解説します。


株式会社ペライチ
田中 花子

蓄電池は主に大手家電メーカーが販売をしています。そして容量も様々です。

更に各メーカーによって性能もバラバラです。

なぜ、そのようなことが起きるかと言うと、蓄電池自体の販売の歴史がまだ浅いのと、昔はあまり売れていなかったことから、まだ顧客の要望を集約できておらず、各メーカーの考え方が色濃く反映されているからです。

しかし、昨今顧客の要望を徐々に集約してきていて、例えば、多くのメーカーが「全負荷タイプ」を販売する方向性が示されています。

そこで、ここからは、蓄電池の主なメーカーである7社と、それぞれの蓄電池の特徴を紹介します!


株式会社ペライチ
田中 太郎

蓄電池は主に大手家電メーカーが販売をしています。そして容量も様々です。

更に各メーカーによって性能もバラバラです。

なぜ、そのようなことが起きるかと言うと、蓄電池自体の販売の歴史がまだ浅いのと、昔はあまり売れていなかったことから、まだ顧客の要望を集約できておらず、各メーカーの考え方が色濃く反映されているからです。

しかし、昨今顧客の要望を徐々に集約してきていて、例えば、多くのメーカーが「全負荷タイプ」を販売する方向性が示されています。

そこで、ここからは、蓄電池の主なメーカーである7社と、それぞれの蓄電池の特徴を紹介します!


株式会社ペライチ
田中 太郎

メディア掲載

SNS