新電力情報

電力自由化に伴ってスタートし、今や当たり前になってきた「電力の小売り」。
これまでと何も変わらずに使えて、少しでも電気代が節約できるなら...!
そんな電力関連を中心に、日々の暮らしに直結する情報をお伝えしています。

Facebookへ

請求書実例

実際の請求書です。

実物を見る

会社紹介

アンビットご登録

「アンビットエナジー」は、創業以来11年間、120万人超の顧客に優れた技術力と高いサービスを提供し続け、JDパワー顧客満足度NO.1を6回も受賞している、エネルギー専門のアメリカの会社です。

紹介ビデオを見る

Q
電力自由化って何?
A

日本ではこれまで住んでいる地域によって電力会社が決められていましたが、 2016年4月より電力会社を自由に選択して契約できるようになりました。

Q

マンション・アパートでも契約できるの?

A

マンションやアパートなどの場合でも、自由に契約をすることができます。
ただし、管理組合等を通じてマンション全体で一括して契約している場合(高圧一括受電契約)は対応が異なるため、管理組合等にご相談ください。

Q

停電が増えたり、電気が不安定になったりしないの?

A

どの事業者と契約しても、電気を送る電線や設備はこれまで通り、地域の電力会社(一般電気事業者)の設備が使われて電気を家庭に届けます。
万が一、契約した電力会社の発電量が不足した場合でも、地域の電力会社が不足分を補う仕組みのため、停電になったり供給が不安定になったりすることはありません。

Q
品質が劣化したりしないの?
A

どの事業者の電気も、地域の電力会社の送配電設備を使って安定的に送られるため、品質に違いはありません。

Q

地域の電力会社以外と契約して、倒産したら?

A

切り替え先の電力会社が倒産したからといって、ご家庭が停電になることはありません。
電力会社は、国の審査を受けて登録された事業者が電気を販売します。
責任持って電気を販売できるか国が審査をした上で、小売電気事業者として登録されます。
万が一、小売電気事業者が倒産・撤退した場合は、電気の供給が受けられなくなることがないように、セーフティネットとして最終的な電気の供給を実施することが、地域の電力会社(一般送配電事業者)に義務づけられています。
少なくとも2020年3月までの間は、現在の電力会社の小売部門に電気の供給が義務づけられていますので、切り替え先の事業者が倒産した場合でも電気が滞ることはなく、現在の地域の電力会社が設定している標準的な料金メニュー(経過措置の料金メニュー)で電気の供給を受けることができます。

Q

地域の電力会社以外と契約すると停電のリスクは高い?

A

地域の電力会社以外の事業者と契約したからといって、停電になることはありません。
「常時バックアップ」という仕組みがあり、新電力会社が必要な電力を十分に供給できない時は東京電力や関西電力といった大手電力会社から電力供給を受けられるため、契約先を切り替えたために電気の品質が落ちたり変わったりすることはありません。
また、地震、台風、大雨、落雷などの天災や、突発的な機器の故障や事故などが原因で停電が起こった場合にも、停電の際の問い合わせや復旧は大手電力会社がこれまで通り対応します。

Q

万が一、切り替え先の電力会社の発電設備に異常が起こった場合はどうなるの?

A

切り替え先の電力会社の発電設備に異常が起こった場合、地域の電力会社のバックアップ供給をすることになり、電力供給が途切れることはありません。

Q

電力自由化によって電気代が高くなったりしないの?

A

先行して電力自由化をしたイギリスでは、自由料金になってから値上がりしました。
日本ではそうした前例を受けて、競争環境が起こるように、電力自由化後は現行の規制料金を残しつつ自由料金を設定するため、電気代が高くなるだけの電力自由化にはならないと期待されています。

Q

聞いたことがない事業者と契約するのは不安…

A

電気の安定は電力ネットワーク全体で保たれる仕組みになっているので、どの事業者と契約しても、電気の品質が下がることや特定の事業者だけが停電しやすくなるということはありません。
そのため、名前を知らない会社だとしても心配しすぎなくても大丈夫です。
海外での先行事例なども参考に様々なバックアップ体制や法律的な整備が進んでいます。また、段階的に時間をかけて電力自由化を行うことで、問題点を洗い出し対策を講じることもでき、官民全体で「安定供給」に取り組んでいます。

Q

電力自由化だと、電力会社や契約の切り替えをしなくてはいけないの?

A

現在の契約内容のまま電気を使い続けていて問題ありません。

Q

現在契約している料金プランは、いつまで続けられるの?

A

少なくとも、2020年3月までの間はこれまで通りご利用いただけます。

Q

電気だけでなく、ガスも自由化になるって本当?

A

2017年4月より都市ガスの自由化が始まり、契約先を自由に選択することができるようになりました。
プロパンガスは以前より自由化されています。

Q
電力自由化って何?
A

日本ではこれまで住んでいる地域によって電力会社が決められていましたが、 2016年4月より電力会社を自由に選択して契約できるようになりました。

電気代節約にご興味のある方も...
真面目な電力のお仕事にご興味のある方も...

まずはお気軽にお問い合わせください