PLUS×DCEP

New Era Global Digital Blockchain Wallet "PLUSTOKEN"
About DCEP

一帯一路を通じ世界のデジタル基軸通貨を目指す。DCEPは中国人民銀行が公式に発行するデジタル法定通貨RMB

About PLUSTOKEN
DCEPをグローバルに普及する為に再構築された次世代ブロックチェーンウォレットPLUSTOKEN。
App Download
Coming Soon...
App Download
Coming Soon...

8/22付 続報

SIMカードの記載にPLUSのロゴマークありますね。

秋から旬の毛ガニの通販広告で決済にPLUS決済が支援しますとあります。

様々な準備が今進んでいるようです。

ま、この毛ガニについては日本は関係ないですけどね。笑

8/21付 続報

原文と翻訳:

今天确切消息:有高级PIus 会员已 经进入过新APP测试 Plus 转账成 功。 不要究根问底打听, 知道以后 plus 会和我们见面就好。

这么劲爆的消息

今日確実な消息:高級PIus会員たちがすでに新しいAPPテストを経て、Plus口座振替をしたことが確認とれたそうです。
あまり根掘り葉掘り問い詰めるな、これからプラスが私たちの目の前に出てくればいいということを知るようになる。

すごいニュースだ!


一部の高級官僚達がPLUSのプラットフォームにアクセスしている様ですね。
appはもう出来てると言う事‼️

8/13付 続報

原文と翻訳:

刚接到通知 开网时间已定, 8月21号, 9月初开放提币

 

今通知を受けてオープン時間はすでに確定しており、8月21日、9月初めに通貨を開放する。


以上、中国のトップリーダーからの情報です。



お伝えしている通り16日が
インターネット通信回線網の規格がipv6からipv9に完全に移行完了 → DCEPグローバル版リリース
(DCEP発行が工商銀行、農業銀行、中国銀行、建設銀行から出る。G支付(G Payment)が決済もスタート)→ 今月PLUSのオープン(8/21付が有力?) → 9月上旬に入出金開始
という流れのようです。


追記
PlusTokenの主要なコミットメント

1. 新旧のメンバーが投資のポイントを何ひとつ失うことはありません。

2. 新旧のメンバーは、ポイントの変化が少ないわけではありません。 PlusTokenグループへの4つのお祝い:

1.国でプロジェクトをロックすることをお祝いします!

2.想像できない家族の運命を変える可能性がある運命をロックすることをお祝いします!

3.中国PlusTokenになったことをお祝いしますプラットフォームのメンバーであり、プラットフォーム内の場所をお楽しみください!

4.オリジナルの全国的なPlusTokenプラットフォームになったことをお祝いします、

8/12付 続報

翻訳:
プラスコイン今月のオープン確定です。
パートナー社長たちID、非番、秘密鍵チェック希望とお知らせ下さい。
また、DCEP/ティシュベ営業のためにも準備してください~~ Z.F

重要事項
这个月就开网了、让团队的伙伴准备好 - 。今月にオープン予定です。パートナーに準備するように伝えてください。 8月16日IPV6とIPV9サーバー引き継ぎ時点が近い。各チームのリーダーは、自分のチームのパートナーに携帯電話のアカウントとパスワード、秘密キーを再度確認するように通知要望。

Plus財布を新規登録しなければなら新しいパートナーは、携帯電話番号、資金、ID、メールボックスをすぐに用意してください。
DCEPにドッキング普及が必要なものもあらかじめ備えて作業してください。




お伝えしている通り16日が
インターネット通信回線網の規格がipv6からipv9に完全に移行完了します!

これに伴いG支付(G Payment)なる新しい決済方法(AlipayやWechatpay)に変わる方式!!がDCEP発行が工商銀行、農業銀行、中国銀行、建設銀行から出てきますがこれを使っての公の決済方法となるようです。

PLUSのオープンもこれに伴い出てくるとのお知らせでした。。
登録した電話番号、パスワード、秘密鍵は必ず準備すること。紛失している場合は自己責任です。

8/11付 続報

スクショ画像はPlus が大手プラットフォームとの協業をやっているという情報。中国大手通信チャイナテレコムのプラットフォームでJD(京东商城)と同じようなECサイトがあるとの事。
これはPLUSが小売り大手との決済もやるということです。
実際のところ、京东とも協業しているとの事ですが楽しみですね〜(^^)


チャイナテレコムのサイトにはPLUS京典とあります!w
<Pluscoin资讯:消息まとめ>
予定通りDCEPの基盤となるBSNグローバルバージョンがローンチされてます!

名だたる大手企業、ブロックチェーンの主要なプラットフォーム(Ethereum、EOS、Tezos、NEO、NERVOSなど)がサポートしており中国政府が全面的に支援して周辺各国、企業との連携を計るとのことです。

TikTok、Huaweiなど主要なプラットフォームやサービスは制裁をうけていますから
中国🇨🇳が独自のネットワークを構築しました。

これによりPlustokenからPluscoin
メインネットローンチが近づいています。


8月16号是中美互联网交割之日、从此以后中国使用自己的自主知识产权的互联网ipv9、母根服务器在自己国内、安全稳定!天网、地网、区块链互联网全部安全就位、国际形式稳妥!中国花开富贵、欣欣向荣!越来越好!


中国🇨🇳のBSNはipv9(新しいインターネット規格)、北斗通信衛星を使用した独自ネットワークサービスです。ipv9が16日開通の事なのでDCEP公式お披露目もこれ以降です。
数ヶ月前より中国国内主要パイロット地域では給与支払い、交通費決済などはDCEPを使用し始めているとの報告がありますのでこれらが全域にサービス拡大するということです。


このBSNはネットワークの根幹です!
DCEPやPLUSがこの基盤の上で動くことになりますので
非常に重要なことであると理解することが必要です。


ちなみにこのBSNは米国サービスは行わない対抗プラットフォームであるということです。笑

リブラネットワーク VS BSN(DCEP&PLUS)

8/8付 続報

中国銀行ニューヨーク支店が
昨日、前日送金サービスを提供するために
これ以上国際送金システム"SWIFT"を使用することができないと聞きました。

‼これはすぐDCEP(&PLUS)が発行されることを意味します。👍🙏


アメリカは本気モードで中国潰しに来てますね(*´Д`*)

8/7付 続報

翻訳:


1. DCEPクローズド試験は、すでに進行が順調に開始されています。


2. 一次的にパイロット地域には深センを含む4つの地域(約4,500万人/カナダ国に該当する地域と人口に相当)は、すでにかなり大量の流通段階のレベルにきています。


3. 第二次追加の地域、上海を含む4都市開始でも順調に大量流通段階の試験を進行中です。


4. そして、中国では、全体の680個の時を含めて、そして一帯一路での隣接した国がなんと60ヶ国に該当する国家間の経済発展と国家の間の決済に関連して、多くの試験と同時に中東、英国との石油輸入関連して、代金決済をRMB(人民元)支払いの進行がなされてきた。※南シナ海での石油採掘事業はこれらと関係があったようです。石油事業は米国主導のドル決済から人民元決済への一手です!


5. また、中国内の大手企業とDCEP/ディセプの質量分布とインフラの拡充のために、大企業と戦略的パートナーシップを形成し、中国のすべての地域の宅配便、輸送、サービス(ホテル、航空、地下鉄等)と、交通銀行と戦略的パートナー関係を結んで。インフラの拡充に全力を尽くしております。※DiDi、美団点評などとの提携により生活インフラに使われる通貨となる。



6. そして、現在、中国内のモデル地域では、DCEP/ディセプを充電して使用中におります(交通費、政府支援金、ガス料金等)も、中国河北省数ヶ所(現)では、石炭とガス政府支援金はDCEP/ディセプに使用する独自のアプリを作った中央銀行にDCEP/ディセプに交換するための申請も完了になったニュースも伝えています。


7. そして、アリペイと微信(ウィチャット)で決済が可能なように、現在の戦略的な関係を形成インフラ拡充に多角的な戦略を構築して進行中です。

- 。中国のプロジェクト側の新しい心構えと新しい組織に新しいプラス(Pluscoin)という概念で再起動するということです。


- 。その一環として、6.28事件に加えて、財布というツールを利用して、異常な行為で事態を主導したり加担した人を最後まで追跡し、それ相応の法的責任を与えたという行動を示していたことです。


- 。現在プロジェクト側の中国公安部の状況が終結がされるとともに、再出発することになります。


- 。ちなみにオープンになるのは既成事実であり、現在のすべての準備が完了しており、プロジェクト側で今後の運営に多くの役割をするものと思われます。

<Pluscoin资讯:消息心構え>

韓国リーダー 朴ジョンテ代表さん文章です~


今まで、
皆さんが受け取った情報の時系列に焦点を合わせてみてください。

昨年8月に初めてDCEP/ディセプ搭載情報を受け取り、その後9月末ごろからプラストークンユーザーの情報にDCEP/ディセプ搭載に対する賛否が形成され、現在ベータバージョンでDCEP/ディセプの搭載が確認されました。(ベーターバージョンは4/29登場した)

メインネットに関する情報もまた、昨年9月から出ていた情報だったが、これもベータバージョンに確認されました。(plus coinでのメインネット)

中国の独自のインターネット基盤であるBSNも、マスコミに公開される以前私たちは4月に接し、何日後、中国の情報が殺到し、現在そのオープンが7月31日いました。(31日は中国国内、グローバルは10日)

無数の情報をプラストークンユーザーたちは先に接し、何日後、または数ヶ月後、それは確認されました。

これらは中国のとても秘密な情報でした。(トップシークレット)

そのような一級機密に対する情報を、我々はまず先に提供を受けており、
現在までプラストークンオープンを待っています。

私も一般ユーザーです。
疑念や不安がありました。

しかし、いくら疑って反問しても、このような現象は誰が嘘にしたり騙したりすることはできません。
そして中国とは、独裁国家で、このような情報を詐欺集団に利用できるように許すこともありません。

皆さんも今まで受けた情報の時期と中国の公式発表時期をゆっくりもう一度見て疑問と可能性の部分を整合させご覧ください。

何日前公安の不吉な記事があったが、私は懸念せずに待っています。

ライン作業、アカウント制裁、顧客渉外センター、メインネット。スイフト、チップス機能、伝送速度。財政取引技術、コイン追跡、DCEP/ディセプ搭載など、最初ほまるで小説の様だと非難された内容が全て確認されています。

常識の線で推論してください。

三星(サムスン)、グーグル、英国皇室と投資者が、中国と協力はできてもこの技術をそのまま中国に移譲する団体や会社ではありません。

そしてこれらの企業とUNを相手に詐欺行為を行うことはできません。

現在まで数多くのスキャムと詐欺性、ネットワークがあったが、このような巨大企業と団体および機関を武器に協力することはできません。

希望を失わないようにと思います。


8月6日 追記
中国公安サイトに記事に何らの関係なく、8月中にディセプの発売とプラスコインオープンは、現在まで変わりません

ZF、技術者情報、中国の上位リーダー情報、サーバーの状態などが現在までとても良いです~~

オープンが近づいているためか、最近は特別な情報がありません

もっと何の情報が必要ですか?
アプリだけ来れば最後です~~


非公開の約束で3.0正式財布アプリ写真を持っているユーザーもいるそうです~~

7/31付 続報:PLUSTOKENからPLUSCOINへの移行準備完了!

翻訳:

各位パートナーはレポートに対してオープンであり、あきらめないでください。これは実行する必要があるプロセスです!
それはプラストークンです、私たちがネットワークを開いた後、それはプラスコインです*\(^o^)/*
Caoの住所はすべて前月に移動したので、今日の準備をします。よろしいですか。無事です。最近何のニュースが出ても、ニュースを覚える必要はありません!
最終結果は私たちにとって良いことだと信じてください。 !

この道に沿って、私は後の段階でこれ以上話すことはありませんが、必要なときはまだ安心します。覚えておいてください!
最終結果は私たちにとって良いことです!



以前、PLUSTOKENは名称を変えるという話がありましたが、
どうやら本当だったようですね。
PLUSCOINとして再出発の準備が整ったという事になりそうです。



以下、昨日メディアに流れた情報です。
PLUSTOKENとしての一連の事件は全て完了したという一区切りなのでしょう。
要は手打ちにした!ということです。
<Pluscoin资讯>


PLUSTOKENと時期同じくして出てきた真似詐欺プロジェクトのWo token。
同様に裁判所にて審議されましたが大きな違いがありましたね。

事情がわからない人にはネガティブ情報にしか見えませんが、
全ての情報をトータルに分析・検証すると方向性がしっかりと見えてきます。

DCEPとの協業!

これに尽きます。

トップ・シークレットで進められている真の本物プロジェクトです。
一般には真実は出てきません。。


中国の事情に詳しい人が提供した情報によると:

Chen Bo氏(詐欺容疑で逮捕された主犯)とPlus Token氏については、数日中にまだ追加報告があるだろう。
これらはすべて、確立されたスクリプトで実行されます。
あまり心配しないでください。メディア報道が終わったら、Plus Tokenは新品となり、新しい顔が皆に公開されます。

新しい顔とはPLUSCOIN*\(^o^)/*

DCEP, PLUS Appの状況

PLUSTOKEN 6.28事件から1周年

あの悲劇から早1年が経ち新たな展開が始まろうとしています。世界の多くのユーザーがこの再開を待ち望んでいます。中国の一帯一路デジタル構想の一躍を担うPLUSとDCEPは兄弟コインとなって世界の新たなデジタル経済圏を構築していくこととなるでしょう。PLUSは説明はしません。データで証明する為にデータは全て準備を整えています。 中韓日のリーダー達の共通認識では
DCEPが飛び立つとPLUSが出てくるものと思います!

(注意:DCEPグローバルウォレットAppがPLUSになる予定)


以下、6月28日付 PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Linkより引用

Plustokenの新しいチームが結成されました。
今日はネットワークが閉鎖されてから1年で、新しいアドレスの転送はまだ進行中です


プラスウォレットETHの大量転送、個人分析はネットワークを開くための準備であり、いわゆるブラックメディアの清算ではなく、データクエリ追跡から、各転送は100以上です

特性的には本質的に違いがあり、整然とした準備が準備作業であり、ランダムブレイクがランニングの特徴なので、さらにネットワークを開くための準備をしておく


同時に、最近、企業が8番目の組織の協力関係として特定されたことが報告されています。DCEPのプロセスは、前のステップに従います。アリババとテンセントは、参加する最初の協力提携になるはずです。

プラスウォレットバージョン3.0では、マイニングプール、ゲーム、パブリックチェーン、支払い、支払いコレクション、商用アプリケーションなどの機能が追加されています。そして、plustoken3.0ウォレットにロードされたゲームボードとしてOpel Entertainmentのゲームボードがあり、開くと最初のページが表示されます...

インターネット開通後、私たちは金持ちの最初のグループとなり、最大の受益者はプラスそのものです。プラスの生態、機能、そして将来の価値の観点から、ネットワークを開いて空に直接飛んでいくのはプラスコインであり、プラス自体の価値

IPv9は大きなアドレスであり、深いネットワーク構造を形成できます。IPv9デジタルアドレスにはオブジェクト指向の特性があり、可変長は割り当てられたアドレスを定義します。これは、ネットワークインターフェイスアドレスまたはネットワーク識別記号として独立して使用できます。組み合わせは、インターフェイスアドレス+識別記号として設計できます。暗号化により、秘密鍵と公開鍵を生成できます。アドレスを暗号化します。

プラストークンは、2015年の初めから2018年2月の間にレンガの裁定取引を開始し、3年間行いました。また、Samsungテクニカルチームが開発したレンガの移動技術を使用しており、かなりの経験があります。Plustokenの共同創設者Leoとチームが開発したAlphaスマートドッグロボットは、世界のトップゴーマスターLi Shishiを大きなスコアで倒しました!


元のGoogleアルファスマートドッグアルゴリズムの研究者であるLEOとウォレットテクニカルチーム(元Samsungのキムジョンイン)が加わって、これまでに見たスマートドッグに統合されました!plustokenは、IT分野、金融分野、マーケティング分野の世界トップの3つの主要分野を統合します。このようなチームを簡単に模倣する方法はありますか。


PLUS × Opel Entertainment

中国から最新の動向をチェック!
PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Link

PLUSTOKENがこの1年の間に増やした資産の一部BTC(127万btc)とETH(1,015万eth)以下参照
BTC資産TOP100アドレス
ETH資産TOP100アドレス
New PLUSTOKEN Wallet
Plustoken Wallet ver3.0 coming soon...
DCEPの公式リリース!by CCTV
DCEP
Digital Currency Electronic Payment

DCEP の概要

DCEPは中国人民銀行が裏付けとなるデジタル通貨です

DCEPは金融秩序を変える

DCEPは伝統的な貨幣理論からなっている

DCEPはM0(現金通貨+銀行の現預金通貨)ベースの通貨です

DCEPは中央集権であり供給システムはG2B2Cの2階層です

DCEPはブロックチェーンではない(中国独自デジタル通貨技術でBTCのようなパブリックブロックチェーンとは違う)

DCEPは現金同様の匿名性がある(但し中央で管理されている)

DCEPは現金同様の支払い方法を保証している(オフライン決済可能NFC)



注)ブロックチェーン技術のフレームワークの概念に"UTXO”(未使用トランザクションの意)がありますが、DCEPもこの概念を取り入れています。

PLUSTOKEN Walletに実装されるDCはDCEPを仮想ソフト上で動かすことが可能。

アプリの中での外国為替クロスボーダー決済を簡単に行えます。



『DCEP 中国中央銀行デジタル通貨 DC / EPデジタル通貨/電子決済』


国:中国


通貨属性:デジタルRMB


中国の名前:電子決済ツール


研究開発機関:中国人民銀行


DC / EP(Digital Currency Electronic Payment)は電子決済ツールであり、現在、中国人民銀行によって開発され、中央銀行のデジタル商品市場(デジタルRMB”人民元")を指します。デジタル人民元の機能と属性は、人民元の紙幣とまったく同じですが、形式はデジタルです。デジタル人民元はM0の代替を目的としており、二重のオフライン支払いをサポートし、無制限の法医学的価値があり、中国で進行中の金融革新である2層オペレーティングシステムを採用しています。



因みにPLUSTOKEN運営は過去何度もオープンを試みたが失敗した。
最大の原因は当局のDCEPと共に秘密裏に進めるという方針であった。


現在もDCEPは公にロードマップやタイムテーブルは公表されてない。

北京、深圳、成都など5都市でパイロット運用を実施しており日々DCEPの使用事例が増えている。

国内のユーザーからの報告で農業銀行がパイロット運用の先陣を切っており、数十万回のトランザクションを検証し一部問題点はあったもののほぼ実証実験はうまくいったとの報告がある。

各大手企業(国内のスターバックス、マクドナルドやDiDi(滴滴ライドシェアサービス事業を展開ソフトバンクも出資)を始めとする新興企業など)、TikTokのバイトダンスとの連携(パイロット運用、戦略的パートナーシップ)は一部報道されるも内容は非公開のままだ。


事前にオープンを知る事はほぼ不可能であるが、着実にその時に近づいている事を認識する必要がある。

我々は合法的に再オープンを待ちます。

DCEPの目論見が見事に書かれている!Coinotakuの記事です。
記事より一部抜粋:中国のブロックチェーン動向

 

8月10日に正式にローンチされるそうなので、リリース後に更に精緻に分析してみたいと思いますが、毎月3~5種類のトークンがBSNに採用されていくということなので、相当やばいことになります。dApps(分散アプリ)の開発に使われるトークンがメインということなので、近い将来、中国やアジア向けのアプリは、BSN経由でないと開発出来ない、ストアに乗せられない、という時代が来るのでしょうね。もちろんデバイスはHuaweiを始めとする中国デバイス。これらには、BSN関連のアプリがプリセットされる形になります。こうなってくると、中華圏・準中華圏の数十億人の人口を無視することが出来なくなってくるので、米国もそう簡単にHuaweiの輸入規制などを課せなくなる気がします。

BSNの経済圏で秀逸なのが、恐らく対応通貨はDCEPとなるはずで、アプリ経済圏と統一通貨を同時にリリースしてしまうところにあります。結局、BSN上でアプリを開発し中華圏にリーチしようとする企業は、最初から、(1)BSNにあらゆる情報が記録され、(2)決済通貨は問答無用にDCEPを使わざるを得ない、というガイドラインに縛られます。インターネットの世界では、仮に中国にいたとて、VPNを使えば中国国内でも海外のサーバーにアクセスし、非中国のサービスを表示することが出来ましたが、BSNではそうはいきません。何故なら、そもそも決済通貨としてDCEPを使わなければなりませんし、ブロックチェーンに対応する端末を持っていない限り、BSN対応のアプリを表示させることすらできないからです。


https://coinotaku.com/news/articles/82727

DCEP開発からローンチ、
中国の練りに練られた戦略は功を奏するでしょう!

DCEP vs Digital Dollar

これは米中の金融戦争である。最大の武器"DCEP"公式発表すべては中国共産党が権限を持つ!

対中金融制裁施行前に脱SWIFT(国際銀行間通信協会)を目指す。

- 対外的な条件で変数が多い状況であり誰もが公式リリース予想する難しさ。

- アメリカ(デジタルドルテスト中:Digital Dollar Project)

- 日本の(デジタル円発行予定)

- 国連でIPv9のサービス権利付与(中国、100年)

- 現在の25の国でサービス加入をし続けて、50カ国以上で進行中

- Libra:今年第4四半期に発売予定であると発表した。しかし、デジタル事業ライセンスを既にスイスで取得したライセンスを取り消しており、米国、欧州の傘下シンガポール国へ現在打診中。そして主権国家の担保としてデジタル通貨の発行と普及パターンでは問題が多い(通貨バスケット制)。


因みにDCEPはBitcoinをライバル視していません。

DCEP具体的な狙い!

デジタル通貨競争における中国の勝利は、アメリカと西側の資本主義にさまざまな悪影響を及ぼします。
外国企業がバンク・オブ・アメリカを迂回できれば、ワシントンは他の国々に制裁を課す独自の力を失うでしょう。さらに、為替リスクに直面しなくなった場合、外国の中央銀行は米ドル準備金を使用して通貨をサポートする必要がなくなるため、米国国債の需要が減少します。
これにより、連邦政府、商業ローン、住宅ローン、クレジットカード、およびその他のすべての形態の米国借入の金利が上昇します。

一方、中国ではキャッシュレス決済が広く適用されているため、中央銀行のデジタル通貨の実装に大きな利点があり、モバイルウォレットを介したDCEPの使用により、中国の「ベルトアンドロード(一帯一路)」に沿って人々がつながり、既存の金融インフラストラクチャ。銀行口座を持たない人々がオンラインショッピングに支払い、貯蓄を構築する機会を提供します。または、国の通貨の価値をDCEPに関連付けることで、アフリカなどの同盟国の政府が通貨システムを「収益化」できるようになります。

D讯より引用

DCEPとAlipay,Wechatpayとの違い

北斗とPLUSが協業していることの証明

北斗(Beidou)は中国の人工通信衛星。5Gネットワーク、インターネットプロトコルIpV9の技術を支える重要な衛星です。PLUSウォレットアプリのダウンロードサーバーの管理は北斗の関連会社が担っています。
何故PLUSTOKENは止まってしまったのか...過去を紐解く
PLUSTOKEN真実の行方 Another Site Link