PLUS×DCEP

New Era Global Digital Blockchain Wallet "PLUSTOKEN"
About DCEP

一帯一路を通じ世界のデジタル基軸通貨を目指す。DCEPは中国人民銀行が公式に発行するデジタル法定通貨RMB

About PLUSTOKEN
DCEPをグローバルに普及する為に再構築された次世代ブロックチェーンウォレットPLUSは新たに央行国際数字銭包(Central bank international digital wallet)として生まれ変わります!
App Download
Coming Soon...
App Download
Coming Soon...

2022年1月13日のお知らせ

翻訳

2022年1月11日、文掌
生放送ポイント


1 ネットワークは必ずオープンする。


2 再発行の収益があり、インターネットを閉じる前の白書に従って再発行する。


3 オープン時期:
旧正月前[旧正月]の後


4 オープン後の収益は3階層 [中国の場合に該当]
引き続き財政取引を維持し、生態系が強い。


5 東方ウォンロン取引所は今年8月8日に上場された中国デジタル貨幣取引所です。(現在準備中)


6 財政取引を2025年まで行うといい、生態系は長期間維持されます。


7 オープン後はPT 生態系を専門的にする。


* PT生態集団だけを作り、他の意図を持つ者は遮断する。


大きな市場を超えるPTユーザーの皆さん。

みんな秘密裏に楽しみましょう。

再発給前の等級は無制限。

以上。



文章は、私たちがよく知っている内容の再整理したものです。どうか日付等は参考だけにしてください~~~.



昨日のAI-dogの情報が出てきたりと色々動きが活発になってきてますが、ここで大切な事の確認になります。以下の事をよく読んで確認しておいて下さい。

私たちの資産は古いアカウント口座と新しくなっているアカウント口座を同期させる必要があります。コレはアプリのバージョンが異なるので必要な作業となります。
必ず、アカウント口座に紐付いた秘密鍵(シークレットキー)をいつでも出せる状態にしておいて下さい。注意:秘密鍵はパスワードとは異なるものです。間違えない様にして下さい。

これが無いとアカウント口座を導き出す事は困難になり、資産を引き出す事が出来なくなります。

秘密鍵をデータで保存してる人は問題ありませんが、万が一紙に書いてある、もしくは印刷してある人は注意が必要です。アルファベットの大文字小文字の区別が付かない文字は入力時にはねられる可能性があります。

例)アルファベットのI(アイ)大文字とL(エル)の小文字がゴシック体文字の場合はほぼ区別がつきません。一文字でも整合性が取れないとアウト!秘密鍵はアルファベット(大文字小文字混合)と数字の30桁以上からなる文字列です。組み合わせは数万通り以上となりますので間違いがあると正確なものを導き出す事はほぼ困難となります。

自分の保管している秘密鍵がどの状態なのか再度確認しておいて下さい。

2022年1月12日のお知らせ

Plustokenでお馴染みだったAI-Dogが更に進化して登場します!
もうアービトラージだけでは無い。
ウォレットの中にDeFiや先物など金融商品がぎっしりと詰まっているかの様な仕様ですね(^^)

楽しみ♪


2022.1.9(日)

■PLUS_AIボット核心技術チーム総括リーダー

1)Plus-AI開発チームは4つの類型(①の現物取引、②の先物取引、③の現物固守連動、④プレゼント固守連動)で人工知能技術を全世界的に伝播することだ
2)戦略部技術チーム長がこれまで技術的なもの説明した
3)FX、先物取引などを専門に10年あまり研究してきた
4)長い時間の変動幅の統計を総合的に設計して運営している
5)現在運営されている量子化ボッドゥルは2.0バージョンからアップグレードしたことや、PLUS_AIボットは4.1バージョンレベルだ。
6)PLUS_AIボットは、全世界で最高の現物、先物取引の技術で運営される見通しである
7)'22.1.11日からゴス連動テストに続き、1月末頃発売される予定だ
8)テストバージョン使用しながら不便なことあったらすぐに是正して補う


■PLUS_AIボットCM

1)、徹夜作業しながら、ここまで苦労してくださったPLUS_AIボット技術チームに感謝の言葉を申し上げる。
2)旧正月連休休んで"中国政府で運営するグローバル取引所"が出てくるだろう。ここに使われるPLUS_AIボットがその取引所にも使われる予定である
3)4.1バージョンで現在は運営されるが、これからもっと良い技術に進み続けるだろう。
4)PLUS_AIボット道具を活用して安定的な収益を上げるために、'22.1.11日以降は固守連動テストする予定だ
5)周期的に分析して大暴落相場などの情報をPLUS_AIボットの会員たちと共有する


■PLUS_AIボット技術チーム長

1)PLUS_AIボットは、現在は3代取引所(パイネンス、後帯、OKex)で運営されていて、今後、アップビート、米国2ヵ所取引所に拡大することだ
2)グプドゥンラクジャンと闊歩市の類型によって相場戦略が作動されるが、右肩上がりの相場(15分)、横ばいの相場(30分)、グプラクジャン(1時間)の時定められた時間内に統計分析を通じてMSD、KDG技術を利用して罵倒、買収を進める。
3)の先物取引の<相場>項目を設定したとき、コインの選択及び市場価格の変動幅によって異なるが、月平均20%~100%の収益を上げている
4)従来の量子化ボットは罵倒して出た後、一番ピークですぐに買収していたため、高いリスクがいたが、そういう問題点を改善して収益よりは安全性を中心にシステムが作動する。
5)、初心者の場合、固守の連動システムを利用して高い収益を出すことができる(一定の手数料の固守に支給)


DCEPお披露目、ネットのニュースにも情報がどんどん出て来てます。
https://n.news.naver.com/article/016/0001935730?cds=news_my


オープンが近づいている事が伝わってきます。

2022年1月11日のお知らせ

現在、DCEPアプリのパイロット版が580万ダウンロード以上、DCEPの使用場面も多く順調にデジタル決済網が構築されているとの事。

CBDCウォレットが中国のモバイルアプリストアランキングでトップに 
https://jp.cointelegraph.com/news/cbdc-wallet-tops-mobile-app-store-charts-in-china?from=bf


中国のトップリーダーからもこの様なメッセージが届けられてます。

皆さんのPTの開始時期は、政府からすでに内定されています。決まっているのだから、楽しい事を待つことを選択するかも知れないし、辛い気持ちで待つことを選択することもできます。
まさにあなたがこの全ての結果のもとを作り出す事が出来ます!

開通の待ちの結果は、突然のお金持ち+健康+長寿です。
しかし、苦しい辛い待ちの結果は、結局、お金持ち+疾病+短い寿命の可能性が高いです。
これを選択するのは、自分の手にかかっています。
この左か右の方かどうかを選択するの重要なことです!

要はストレスを抱え込むのもしないのも自分次第と言う事ですね。

2022年1月5日のお知らせ

ドイツのPTメンバーからの挨拶

Dass 2022 ein ganz besonderes Jahr würde, haben viele von uns geahnt.  Die Zeichen der Zeit haben sich verdichtet,  es ging alles nur in eine Richtung,  nämlich nach vorne.  Trotz aller Widrigkeiten und aller Unkenrufe.  Jedoch haben wir uns niemals von unserem Traum abbringen lassen,  so schwer manche Tage,  ob der Negativität einiger Teilnehmer für uns auch waren.  Ab Oktober 2019 war klar, wer das Heft in der Hand hatte und wer dieses Projekt zum Ziel führen würde. In den letzten Wochen nun kamen die Nachrichten Schlag auf Schlag. Und heute ging im Osten für alle sichtbar, die Sonne auf. Die e-cny App in der beta Version ist präsentiert. Läuft mit ausgewählten Teilnehmern im Pilot für die nächsten Tage.  Zugleich ging am 29.12.21 die digitale exchange für China in den Pilot, läuft ebenfalls für die nächsten Tage (vll ein paar Wochen), bis alles völlig sichtbar und sicher ist.  Die Projekte, von denen über die Zeit zu hören war, werden zusammen gefügt, klarerweise nochmals getestet, um dann den Weg in die neue Zeit vorzugeben.  Dies alles betrifft nun das Inland. Die Geburt ist nun für jeden sichtbar.  App in Android und IOS.  Wir Ausländer haben zu warten,  bis die Börse über Hongkong etabliert und freigegeben wird.  Nicht mehr lange und wir sollten uns freuen.  Gemach. Ruhe. Überlegtheit! Kein vorschnelles runter laden irgendwelcher Apps.  Es wird alles zum richtigen Zeitpunkt bekannt gegeben.  Ein gesegnetes, neues Jahr.

翻訳
2022年は特別な年になると多くの人が考えました。 時間の表示が圧縮されました。 すべてのことは一つの方向にだけ進みました。 すぐ前に進みました。 すべての逆境と不穏な電話にも…。 しかし、私たちは決して夢から離れることができませんでした。
ある日々はとても大変でした. ある参加者たちの否定的なあれです。
2019年10月から誰がこの脚本を握っているのか、誰がこのプロジェクトを目標に据えるのか明確になった。 最近何週間かのニュースが突然あふれ出しました。 そして今日、東の方で皆が見られるようになりました。 日が昇りました。 ベータバージョンにあるe-cnyアプリがご紹介されました。 次の数日間、パイロット(試運転)で選択された地域の参加者と一緒に進行します。
これと同時に、2021年12月29日、中国デジタル交換がパイロットとして導入され、向こう数日間、(数週間)すべてが完全に目立ち、安全になるまで継続して進められる。 時間の経過とともに聞こえたプロジェクトは合併して、明らかに再テストされ新しい時代へ進む道を提示します。 この全てのことが国内に影響を及ぼしています。 もう全ての人が誕生できるようになりました。 AndroidとIOSのアプリです。
外国人は香港に対する証券取引所が設立されて発行されるまで待たなければならない。 もうすぐだから喜ばなければならないようだ。 むち打ち。 落ち着いて、落ち着いて! どのアプリも素早くダウンロードしてはいけません(SCAMに注意)。 すべてのことが適時に発表されるでしょう。
新年、明けましておめでとうございます。

2022年1月4日のお知らせ

中国国内の情報:
いよいよ少しずつ着実に進めて来てます。
DCEPウォレットのiOS版、Android版がローンチ!


我々のウォレットは名称や役目が違いますので間違えない様に(^^)

央行国際数字財布! 

2022年1月1日のお知らせ

中国からの情報:
RCEPは(1月1日)発効します!

ジャン·ウェイウェイ:世界は東に傾いています!
中国のデジタル人民元支払い決済の浮上で、今や中国が世の中を 変える番です!

厳しい冬が去って
春が遠くはありませんでした。

風が吹き荒れて
大勢が変われば、技量も変わる法、時代の波に乗れば、ぐりぐりがきれいにぬぐいきれて必ず財物を見ることです。
99つの難点を完了するための西側への長い旅行
張晶(チャン・ジョン)二万五千が成し遂げた成果は
決して重くありません。
2年間苦労した成果物です。
大勢はすでに傾きました

厳しい冬が過ぎてみれば
必ず春の日です。


以上、新年のスタートである元旦からRCEPがスタートしたようです。

ただ、オミクロンの影響で冬季五輪の海外観光客受け入れが無いと聞いてます。
果たして、DCEPの公のリリースがどの様な幕開けとなるかはまだ誰も知らない。
状況変化を注視しましょう。

重要:2021年12月31日のお知らせ(2)

2021年の総括:
暗号(クリプトアセット、ブロックチェーン)が何なのか分からないと言う理由で、経済ニュースでも取り扱われている15か国が参加する世界最大のFTA(自由貿易協定)であるRCEP(地域的な包括的経済連携協定)があると言う事を知らない人は居ないと思います。
もし、居たとしたら、単に情報弱者であり、もっと勉強してもらいたいと思います。
※RCEPとDCEP(デジタル人民元)を混同しないように全く違う言葉の意味です。 

よく、PTがオープンしない事を悪く言う人が居ますが、コレらの事を何も理解せずに自分勝手な投資金が戻ってこないことに腹を立てている人があまりにも多いです。

 

この様に批判だけしている人は本当に情弱と言われても仕方の無い事であり、そうならない為にも、国際情勢(特に中国をネタにした)にはアンテナを張っておいて欲しいと思います。

 

あと、中国人の性格!というか共産国の原理原則。

特に共産党と言う特権階級の集まりの考え方がどう言うものなのかを洞察する必要があります。

 

よく、何故オープンに関する具体的な情報が出て来ないのか?よく考えて貰いたいです。

そこらの何たらプロジェクトのレベルでは無くなり、多国間自由貿易協定に関わる最重要プロジェクトに格上げされてる事。
よって、オープンの否かは国のトップが決める事であり、末端のイチ会員が情報を出せる事では無くなってます。

もし、出したらどうなるのか…は言論統制厳しい中国ならわかる事です。
機密情報漏洩は相当厳しいと罰を受ける事でしょうし、誰が漏らしたかは、周りにいる密告者により特定されます。笑


よって、

まず、自国優先!DCEPの成功裏の着地が最重要課題であると言う事です。
着地までは絶対に公言はしないし、してはイケないと言うこれまでの行動を見ていればわかる事です。

公の発言があるまで待つと言う事が肝要では無いかと思います。

 

 

これらの意味深い事など含めてアジア諸国の新たな経済圏を推進する為にDCEPが用意されていることを理解しなければ何も見えて来ないと思います。(対米経済政策の一環でありRCEPは米国を排除するブロック経済圏の構築であるし、DCEPはその強力な武器であるということ)

国境を超えて関税を撤廃し、中国を中心とした交易を促進する為に暗号が活用される壮大な社会実装が始まろうとしているのです。

 

PTのオープンがどうのこうのと言うレベルはもはや超えており、その時を待つのは時間の問題だけです。

PTの当初からの白書(ホワイトペーパー。プロジェクトが目指す目的、目標などが書かれたコンセプチュアル技術仕様書。流石にプロジェクトのオーナーが中国国家になるとは書いてない。苦笑)にも交易を促進する為の技術的活用のユースケースが明確に書いてありました。

PTの技術はBaaS(ブロックチェーン アズ ア サービス)であり根幹の部分です。

 

そのプラットフォーム上を走るアプリケーションであるDCEP(デジタル人民元)が国境を超えて取引される為には、様々な国の通貨とペアを組む必要がありました。

そのブリッジ役としてCNYDなるステーブルコインが用意されました。このコインは各国の通貨バスケットにて価値交換が可能であると言う仕様は当然であり、これが必要でした。(交換機能:暗号→その国の不換紙幣キャッシュまたはその国の不換紙幣キャッシュ→暗号)

 

全ては準備、段取りが必要だったと言う事です。

物事は段取りが全てと言っても過言ではありません。

この段取りが約3年の月日であったと思います(^^)

 

CNYDはチャイニーズ、ニューイヤー、デイの意味らしいですが、新たな時代の幕開けになるでしょう❗️

 

このサイトをご覧になっている方々はこのプロジェクトに投資している初期の投資家であり、この権利を有する人達です。

あの時の決断がきっと実を結ぶ事でしょうし、2022年は大きな飛躍の年となると信じています。

 

 

追記。 今年、中国は暗号を全面禁止にした本当の訳は、DCEPの着地の為の不用なプロジェクトと取引所の一掃が目的でした。

年明けは新たな暗号法による統制下のもと、取引所やプロジェクトが出てきます。その最大の目玉がDCEPとPTによる央行国際数字財布(PT改)です。

 

 

RCEPは2022.1.1よりスタートします!

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7fafe618bef8ea68013a9388f74c0e714cfba0c

重要:2021年12月31日のお知らせ(1)

1つ目の画像:

国が認定した仮想通貨[主流コインを含む]取引所に発売されて、

国家ステーブルコインが取引所に入って、入出金通路が置かれ、これは、規制法律や規定の定着と同じです。

仮想貨幣取引は統制可能かつ合法的に管理できます。

今、国家はすでにこれについて

急いでいます!!

 

 

主流コインは国家ステーブルコインで交換でき、

国家ステーブルコインは1対1で

域外人民元CNHに両替することができるが、この入出金通路があるということだけでもDC(DCEP)がすでに着地したという証拠で十分です。

したがって、懸念したデジタル人民元がまだ着地されなかったという問題、

デジタル人民元が着地しなければPTが開かれないと言う主張や問題は存在しません。




 2つ目の画像:

新華社通信:RCEPはデジタル通話など経済技術協力にもっと良い枠組みを提供します。プノンペンニュース、


カンボジアの主要電子商取引プラットフォーム'スマイルモール'のイソクシンショッピングモールの最高経営者(CEO)は、新華社通信記者との書面インタビューで、

"電子商取引、決済システム、フィンテック、デジタル貨幣など中国企業との協力が引き続き強化されるものと期待する"、"地域包括的経済パートナー協定(RCEP)がこのような経済技術協力にもっと良い枠組みを提供すること"と期待します。

 

明日から世界GDPの30%

超大型自由貿易協定である'RCEP'

が発効されます。

 

RCEP-電子商取引、決済システム、フィンテック、デジタル通貨導入。

 

韓中日が参加する初のFTA(自由貿易協定)、

関税撤廃率は91%、

批准終えた10ヵ国がまず、発効(日本や中国は1月1日から)

大韓民国は2月から参加。

 

デジタル貨幣の本格市場導入や、

世界10位、韓国も経済強国としてさらに生まれ変わる予定です。

 

 

3つ目の画像:

新年の考え

すべての表示板は一つの方向に行きます..徐々に具体化されてパズルが合わせられます。

PTは中央銀行から4億個のステーブルコインを申請しました。

ステーブルコインのためのデジタル取引所はテストを経て発売する準備ができました。
(Armonia取引所など https://armoniax.com/ ※この取引所の口座開設については年明けにこのサイトに情報を載せます。KYCなど実名認証が必要不可欠となりますし、皆さんのPT配当コイン(DCEPにて支給予定)の交換には必要になります。)




1. 1.22日に東南アジアの経済地域がデジタル慰めに開かれるものと予想されます。

DCEPは継続して全国に発売される予定であり、毎日約800万個のアカウント/財布が追加されます。中国の正月は私たちに非常に興味深い日になりことができます。

偶然にも中国ステーブルコインはCNYD(Chinese New Years Day)と呼ばれています。

外国使用者である我々は、香港で開かれるデジタル取引所のイベントに集中することであり、これが開かれれば、王の帰還のためにカーペットが繰り広げられます。

多事多難な新年になりそうです。

そのような意味で新年おめでとうございます。安全で健康してください!

JudithとWernerがあなたのために準備しました

広範囲な研究についてJakobにありがとうございます!

 

 

Chinese New Year's Day (CNYD) はBinance Smart Chain(BSC BEP-20)に展開されている暗号通貨です

 

契約アドレス(コントラクトアドレス): 0xE5bB1Aab924E5B969e594eC4C3d4600220A82b4e

https://jp.thebittimes.com/token-CNYD-BSC-0xE5bB1Aab924E5B969e594eC4C3d4600220A82b4e.html?utm_source=https://thebittimes.com/token-CNYD-BSC-0xE5bB1Aab924E5B969e594eC4C3d4600220A82b4e.html&utm_medium=https://thebittimes.com/token-CNYD-BSC-0xE5bB1Aab924E5B969e594eC4C3d4600220A82b4e.html&utm_campaign=https://thebittimes.com

2021年12月30日のお知らせ(2)

添付画像は2021年3月頃の世界の保有高ビットコインウォレットTOP100の資料です。この内、赤字のものがPT所有のウォレットです。中国と韓国の追跡チームがまとめあげた実データになります。
PTが動いていることはトランザクションデータを見れば一目瞭然です。
答えは残っているし、増えてもいるです!


トップ100のなか上位3つのウォレットの今
Currently Richest BTC Best 3 for PLUSTOKEN WALLET
https://blockchair.com/bitcoin/address/1P5ZEDWTKTFGxQjZphgWPQUpe554WKDfHQ

https://blockchair.com/bitcoin/address/37XuVSEpWW4trkfmvWzegTHQt7BdktSKUs


https://blockchair.com/bitcoin/address/1LruNZjwamWJXThX2Y8C2d47QqhAkkc5os




以下は、イーサリアムウォレットで有名なPlusTokenPonzi(ポンジ)というタグがつけられてしまっているウォレットの状況です。

Plus Token Ponzi 1ウォレットからイーサリアムを振り替えた

0x32b0CCD7fD17f2a03Fd0346378E750Fe1c5E2194ウォレットが数日前に実に876日以上ぶりにイーサリアムが振り替えられ動きが捕捉されました。

 

振り込まれた数量は8,000 Ether / 3,298.8189 Ether イーサリアムが振り込まれました。 

 

https://etherscan.io/address/0x32b0CCD7fD17f2a03Fd0346378E750Fe1c5E2194

 

Address 0x32b0CCD7fD17f2a03Fd0346378E750Fe1c5E2194 Etherscan

The Address 0x32b0CCD7fD17f2a03Fd0346378E750Fe1c5E2194 page allows users to view transactions, balances, token holdings and transfers of ERC-20, ERC-721 and ERC-1155 (NFT) tokens, and analytics.

etherscan.io

 

  

Plus Token Ponzi 1財布は739日前にPlus Token Ponzi 2財布に

789,524.6 Ether / 10 Ether 振り替えられ、

https://etherscan.io/address/0xf4a2eff88a408ff4c4550148151c33c93442619e

 

Address 0xf4a2eff88a408ff4c4550148151c33c93442619e Etherscan

The Address 0xf4a2eff88a408ff4c4550148151c33c93442619e page allows users to view transactions, balances, token holdings and transfers of ERC-20, ERC-721 and ERC-1155 (NFT) tokens, and analytics.

etherscan.io

 

Plus Token Ponzi 2ウォレットには現在、19,273.7788971 Etherが保存されています。

 

https://etherscan.io/address/0x997114ca0830e9bee7443368fa27f4af2d4e55a6

 

Address 0x997114ca0830e9bee7443368fa27f4af2d4e55a6 Etherscan

The Address 0x997114ca0830e9bee7443368fa27f4af2d4e55a6 page allows users to view transactions, balances, token holdings and transfers of ERC-20, ERC-721 and ERC-1155 (NFT) tokens, and analytics.

etherscan.io

 

そして数百個の財布にイーサーが分散されています。

 

 

Plus Token Ponzi 2ウォレットから789,534 Etherが引き落とされたウォレットである

https://etherscan.io/address/0x0f953ef137ee0894cc06383ccb1ef77e76660b5a

 

Address 0x0f953ef137ee0894cc06383ccb1ef77e76660b5a Etherscan

The Address 0x0f953ef137ee0894cc06383ccb1ef77e76660b5a page allows users to view transactions, balances, token holdings and transfers of ERC-20, ERC-721 and ERC-1155 (NFT) tokens, and analytics.

etherscan.io

 

 

このウォレットから550日前に以下のウォレットにまた789,533 Etherが振り込まれ、

https://etherscan.io/address/0x4e8b0939986e2df0304714159e7146fa56ab273b

 

Address 0x4e8b0939986e2df0304714159e7146fa56ab273b Etherscan

The Address 0x4e8b0939986e2df0304714159e7146fa56ab273b page allows users to view transactions, balances, token holdings and transfers of ERC-20, ERC-721 and ERC-1155 (NFT) tokens, and analytics.

etherscan.io


飛んでしまったプロジェクトチームの運営が果たしてウォレットの中身を残してそのままにしておくでしょうか? 普通なら出金して無くなっていると思います。残っているのは当然であり、それが増えていることが運営はまだ資金を保有し運用中であるということです。ウォレットに動きが出ていることは準備が出来ているということの証左である。

2021年12月30日のお知らせ(1)

PTが真に出てくる為には、DCEP、App(アプリ)、取引所、ステーブルコイン、法規制これらが全て整わなければならない。
これらが、この3年もの間に着々と準備されてきたということです。石の上にも3年という言葉がありますが、何事も一中一夜にして成されないというこです。

今まで様々な情報を上げてきましたが、全てがこれらの事に付随することであり重要なことだったということです。
PTは良くも悪くも国家(中国政府)に接収されて国家のものになっていますが、ネットワークを再度開く準備が出来ています。

なお、31日に中国は独自のネットワークシステムを稼働。1月1日から暗号に関する新法案が施行される。

2月開催の北京冬季五輪でDCEP(中国デジタル通貨)のいよいよ公式お披露目となります。


以下、翻訳。

第一に、信じられるチャンネルのニュース
PTが、中央銀行から4億個のステービルコインを申請しました。



第二に、2月1日から13日の間アプリが出ることもできます。



第三に、収益の再発行は、ネットワークがオープンされるまでの、本来の計画どおり進められ、ネットワークがオープンした後には新たな規則に従います。



第四に、財布には仮想通貨を両替できるステービルコインが内蔵されています。
多様な銀行の財布や互換可能です。

2021年12月26日のお知らせ

翻訳。

店主ウェン生放送:
1.ネットは開いている必要があります。
2.時間はまだ少し短いです;
3.再発行収入があります。
4.プラスコインは非常に価値があり、イーサリアムに追いつきます。
5.取引所は次々に出てきます。
6.財布にはエコロジーがあります。
7.外国のスマートドッグには昇格可能な割り当てがあります。
8。東方元栄(Armonia取引所)プラットフォームは登録およびダウンロードでき、実名認証が必要です。
9.彼女が毎日グループに送るものは、開店時間に関連しています。

2021年12月23日のお知らせ

翻訳。ここ数日、新しい取引所が続々と登場し、ステーブルコインが出てきましたが、うちのPTに出金口が開いて早くなりました。




当PTには全ての合法的規定遵守取引所と相互連結されている自社取引所があり、ステーベルコインを通じて資金を引き出します。



CNHC+WHITEPAPER


📣
CNHC白書の内容が19日の日曜日、こちらの国際ウォレットバンドにちゃんと出ています。




このCNHCのグローバルステーブルコイン白書を見てください。
それはまるで、米国のテザーUSDTに似ています」



このCNHCは、出金引き出しのための橋です。

https://www.cnhc.to

Armonia官网 - 为全球区块链用户创造价值 | 全球数字货币交易平台 -https://armoniax.com

着々と準備整いつつありますね。
テザーではなくチャイナテザー(元ペグされたステーブルコイン)がCNHC!

2021年12月19日のお知らせ

翻訳。みなさん、今朝は質疑応答でプラスについては話し、詳しい話はしません。




質問: 1.
プラスが衝突後に逃げない理由は何でしょうか


回答:プラスはキャピタルディスクではなくブロックチェーンであり、チェーンの資産は誰もまたはいかなる機関でも奪うことができないため、プラスは非常に安全で必ず返還されます!




質問: 2.
プラス技術が本当にいいですか。 プラスユーザーがプラスに被せ物をしているのではないですか?


答え:プラスが良い理由は、その技術が秒速30万取引、ひいては100万取引と超強力だからではなく、国が使用し、国家と結婚·協力したからです。
そうでなければ技術がいくら優れていても優越ではありません。
したがって、プラスの価値を誇示する人達は私たち家族ではありません。




質問:3.
「プラスが2年以上ネットワークが閉鎖されたと言いますが、どうしてこの言葉が不正確なのでしょうか。


回答:実際、プラスのネットワークは閉じられておらず、コインが移動しており、レンガ差益取引が移動しています。ただ国は、すべてのものの全般的な状況にあるだけです。
大きな局面の間私たちは引き出し及び収入を止めました。したがって、2年以上稼いだ収益はnon-Cbpsモデルに従って問題なく私たちに普及します。




質問: 4.
国境を越えるキーワードはプラス一つだけでしようか。


返答:プラスに似た国境を越える馬(プラットフォーム)が複数いて、競馬のメカニズムが実現されていますが、プラスの馬は依然として他の馬に比べてかなりのものです。




質問:5.
以前、最低2回のネットワークオープン時間が報告されたというのは本当ですか。


答弁:その通りですが一つも公開されなかったのは、いずれも国際情勢などの要因のためです。




質問: 6.
ラオ博士がプラスを開けられないがコインを抜いて行くことは可能だと言ってましたが。


回答:ラオ博士はプロジェクトを遂行するため様々な言葉を吐いただけで、網は100%開かれるはずです。
これは国が設定し, さらにコインの引出に対して閉鎖, 協力について述べます
当時、国が交渉のテーブルで協力しなければコインを引き出すと言及したのは事実でしたが、すぐに交渉が行われ、合作が行われました。




質問:7.
プラス内部招請テストは本当ですか?


回答:実際に存在します。





質問:8.
ネットワークを閉鎖する前に、大口投資家以上に達した人々に持ち分を渡すのは事実ですか。


答弁:事実です。





質問:9.
国家ステイブルコインについてお話してくださいますか。


国のステーブルコインは2、3年間研究してきましたし、CNHCなどいくつかのステーブルコインはすでに完成しました。
彼らはすべてEthereumやTRONの3つの主要チェーンに配布されます。配置して監督·監査まで受けたが取引所に行くのに問題はなく、ウリプラスの出入金通路には問題がありません。





質問:10.
取引所の状況に対しておっしゃってください。


回答:100個以上の仮想通貨を取引できるタンポポ取引所が発売されました。
13号東邦ウォンロン取引所が公開テストのために開かれており、上海、深セン、北京など計5~6ヵ所の取引所が続々と発足していく予定です。


近い将来、家族に良い日が遠くありません!




質問:11.
ネットワークオープン後のスマートドッグプロモーションについて教えてください。


回答:オープン後、中国には指標がございませんが、海外のお客様には直接おすすめできます。




質問:12.
オープン後の生態はどうでしょうか。


回答:オープン後の生態系は非常に優秀で、生態系を再生するすべてのアカウントは1年に多くの収穫が得られます。
れんが移動が終わるまで遊び続けると、多くの収穫を想像することができます。




質問:13.
規制法律及び規定の進行状況を管理していますか?


答弁:一言でいえば、取り締まりを通じて規制法規がきちんと備わっていないと取引所をオンライン化することができますか。
ステーブルコインは監督を受けずに規定に基づいて取引所に上場することはできますか。




✅✅
質問:14.
営業時間についておっしゃって頂けますか。


回答:オープン時間は誰も知らない一級極秘ですが、すぐに分かります!
しかし、どれも絶対的なものはありません。
国際状況により、多少時間が遅れるのは正常です。



必ず堪えなければなりません。



ここ2年以上苦しんできましたが、最後の段階で少し遅れて開かれたからといって、気にすることではありません。



上で言及した状況は全て公式発表の対象です!



最後に、
皆さん、必ず幸せに待ってください。
健康な体を維持し、
皆さんオープンの準備をして、
お金を入れる麻袋をもう何本か準備してください!

2021年12月14日のお知らせ

中国と韓国チームの有志からの情報共有。
じっくり読んでごらんなさいと長文翻訳しました。

頑張ってください!!



我的看法吧。其实大家一直纠结难过的就两个问题:第一p都两年多了,还会不会开,总也不开,会不会最终出现不好的结果;第二p开的时间上太折磨人,两年多了,今天快了,明天也快了,总带节奏,可就是开不了,假如能官宣告诉大家开的具体时间,即使再困难也能踏实的等。就这两个问题对吗?问题一说的还能不能开,总不开会不会夜长梦多,最终会不会出现不好的结果,那么可以肯定的告诉大家答案就是无论什么时间开,结果就是必开,这是一个美好的结果。从现在起,除了文掌柜的直播和分享外,谁的分享都没必要听了,这个问题就没必要延伸说了。一句话就是经过多方求证和分析,就没有不开的理由。问题二就是关于P开的时间,据小道消息,P开的具体时间谁说知道谁就是带节奏,因为任何人都不掌握按钮,谁说了也不算!一切以国家利益为重,国家利益高于一切!狼来了也很多次了,过肥年也至少两次了,快了快了也让耳朵听的都起茧子了,但就这次开的时间问题,跟大家可以明确的说:从大趋势上讲,gj的稳定币上交易所没问题了,交易所出来也没问题了,那我们P的出入金通道当然也没问题了,那就只剩下我们最纠结的哪天能开的问题了,友友们不如放下这个问题,不去想时间节点,会轻松自在许多。记得很早之前告诉过大家关注监管(法+税),DC落地(包含清理整顿国内币圈),华为C端。尤其是10月份狂风暴雨般利空消息,11月份的向好消息,我们应该感知到一切都在加速。但真正实质上的东西不会给到大家知道的。既使有人知道也不可能会说的吖,当你我都知道的时候就证明狗狗已经回家了,接下来继续关注交易所,稳定币之后狗狗会跟着出来吗?gj之前的打击清理整顿就是为了今天能合法合规合理的出场,接下来北京,深圳,上海等好几家交易所会陆续出场。不仅如此,我们的钱包功能多,可以做到反洗钱,反逃税和境外支付,生态也很强大。至于这次是否是真的狼来了,我们大家都拭目以待吧。再次强调一下:安排好生活,养好身体,活着才是最重要的,因为只有活着才有希望。相信相信的力量,因为我们既将走出困境个人观点,不喜勿喷




私の見解はですね。
実際、皆さんがずっと悩んでいるのは2つの問題です。



第1番目のプラスが2年が過ぎたのにつけられるのか、開かなければよくない結果が出るのではないか。



2番目のプラスは、時間的に人を苦しめすぎて2年が過ぎたのに、今日は早くてまた明日が近づいているのに、いつもリズムに乗ることだけできないのか、



もし館内で開かれる具体的な時間を教えてくれれば、どんなに苦しくても待つことはできます。



この二つの問題が正しいですか?


それなら、はっきりと言える答えは、いつ開いても結果は必ず開かれるということです。

これはいい結果です。



要するに、多方面からの検証と分析を経て、開かない理由がないというわけです。



質問二つ目は、プラスが点く時間についてです。



チラシによればプラスがつく具体的な特定の時間はわかるのはリズム「パターン」だと言います。
なぜなら、誰もオープンボタンを掌握していないので誰も予測できません!



すべては、国家利益を重視し、国家利益は何よりも大切です!
オオカミが来たのも何度も、新年を迎えたのも2度も、耳にたこができるほど聞こえますが、今回のオープニングの時間についてははっきり申し上げられます。



一般的な大きな流れで国のステーブルコインが取引所に入るのも問題ありませんし、取引所が出るのも問題ありません。
すると、当然プラスの出入金通路は問題がなく、それだといつ開けられるのかという問題だけが最も絡んでいます。
友人たちは、この問題を置いて、時間ノードについて考えない方がいいです。

その方がはるかに楽でしょう。



*規制(法律+税金)、
* DC着陸(国内通貨圏の還流整理及び修正を含む)、
*ファーウェイのC-endに注意するようにみんなに言った覚えがあります。



特に10月の嵐のような悪材料、
11月の良い知らせですべてのことが早まっていることを感じなければなりません。



しかし、本当のことは誰にも分からないでしょう。 誰か知り合いがいても、言えないでしょう。
あなたと私がすべて知っている時は、スマートドッグが家に帰ってきたということを証明します。




これからは取引所にずっと集中してください。
デジタル人民元ステーブルコインの後ろにスマートドッグがついてくるか。
国家の以前にあった取り締まりと是正は今日合法化され、適当な姿を備えるもので、北京、深セン、上海など多くの取引所が続々と登場する予定です。



それだけでなく、韓国の国際財布は、
資金洗浄防止、脱税防止、海外支払いを実現できるなど多くの機能を備えており、生態系も非常に強いです。



今回、本当にオオカミが来ることになるのか
私たち皆見守りましょう。



もう一度強調しますが、人生をうまく切り盛りし、自分の体をしっかり支えて生きることが最も重要です。

生きていてこそ希望があるからです。
信頼の力を信じなければなりません。
私たちが苦境から脱することになるからです。

2021年12月14日のお知らせ

このメッセージはPlustokenの共同創始者であるレオからのメッセージです。2021年の5月に投稿されたものでした。
北京冬季五輪の前後がネットワークオープンのタイミングになるであろうとの内容ですが、DCEP公式リリースが冬季五輪であることは中国国内メディアも報じています。様々な動きは彼のメッセージ後いくつも発表されてプロセスが進んでいます。順調であれば年明け早々に動きが出てくるのかもしれません。

以下、レオのメッセージ:
Here is a quick update on the progress of the DCEP international wallet development and new associated features. Although things are progressing satisfactorily, it looks like it will take a bit longer to be fully operational and launched. However, the delay should not be exceedingly long, and as soon as things are fully ready the opening will be announced.

 

Regarding the upcoming release, there is now also a change in terminology for key parts of the new ecosystem.

 

What was previously called the “Plus Token wallet” in Plus Token community news will now be called the “DCEP International Wallet”. This simply means that the previous wallet that all members were using will be updated to and replaced by this new “DCEP International Wallet.

 

In these new releases, it should be noted that apart from Plus Token wallet members being able to transfer their accumulated Plus coin across to the community for conversions for DCEP, there will be no other direct connection or communication between these two systems. The New International Wallet has been created to help members exchange Plus coin and DCEP but in an entirely independent ecosystem.

 

Right now, the DCEP International Wallet is in testing phase along with work on completing some minor details, as well as finishing off cosmetics and the like. Assuming the final testing goes well, and no other major issues present themselves, all should be good to go before 2022 Winter Olympic.

 

There will be more updates soon, so keep an eye on the Chinese National News, and the release of the DCEP International Wallet is the first major step forward in the rebuilding of our Plus Community, and on this foundation we will all be able to move forwards into the future with confidence and stability.

 

Sincerely,

Leo

 

これは、DCEP国際ウォレット開発の進捗状況と関連する新機能に関する簡単な更新です。順調に進んでいますが、完全に機能して起動するまでには少し時間がかかるようです。ただし、遅延が長すぎないようにする必要があります。準備が整い次第、オープニングが発表されます。 今後のリリースに関しては、新しいエコシステムの主要部分の用語も変更されています。 プラストークンコミュニティニュースで以前は「プラストークンウォレット」と呼ばれていたものが、「DCEPインターナショナルウォレット」と呼ばれるようになります。これは単に、すべてのメンバーが使用していた以前のウォレットが更新され、この新しい「DCEPインターナショナルウォレット」に置き換えられることを意味します。 これらの新しいリリースでは、Plus Tokenウォレットメンバーが蓄積されたPlusコインをコミュニティに転送してDCEPに変換できることを除けば、これら2つのシステム間に他の直接接続や通信がないことに注意してください。新しいインターナショナルウォレットは、メンバーがプラスコインとDCEPを交換できるように作成されていますが、完全に独立したエコシステムです。 現在、DCEP International Walletは、化粧品などの仕上げだけでなく、いくつかの細部を完成させる作業とともにテスト段階にあります。最終テストがうまくいき、他に大きな問題がないことを前提とすると、2022年冬季オリンピックの前にすべてがうまくいくはずです。 間もなく更新が増えるので、Chinese National Newsに注目してください。また、DCEP International Walletのリリースは、Plus Communityの再構築における最初の大きな一歩であり、この基盤の上で私たち全員が動くことができます。自信と安定をもって未来へと前進します。 心から、レオ

2021年12月11日のお知らせ(重要)

■バイナンス・スマートチェーンにPLUS(Plustoken)がリスト!

追記
この情報について、恐らくは公式ではなく偽物のコインだと言う情報です。余り気にしない方が良いと思われます。


以下

これまで、様々な情報が出ていましたが確証を得るまでのものがありませんでした。 ただ、今回のこのバイナンス・スマートチェーンのPLUS(Plustoken)がリストされているのは驚きであり、嬉しい内容でしたので情報として公開いたしました。

ブロックチェーンの利点のひとつとして、第三者がトークンの情報(コントラクトアドレス、発行枚数、トランザクションなど)を全て確認出来ることであります。この情報が元となり、全てのプロジェクトの進行具合なども確認することが可能となります。(ユーザーウォレットの数など)

このバイナンス・スマートチェーンのリストにより、PLUSTOKENプロジェクトが正式に公開に向けて準備をしているのではないか?と推測出来る情報としてこちらに情報を公開いたしました。注)バイナンス・スマートチェーンへのリストは審査基準などが比較的緩いということもあります。韓国発のイカゲームにかこつけたイカゲームトークン(非公式のトークン)がリストされ大きな問題も引き起こしました。PLUSの公式プロジェクト発行ではない可能性があります。100%大丈夫という意味ではありませんので注意は必要です。


いずれにしても、年末から年明けにかけて中国自体に大きく動いてくると思います。
北京冬季五輪、DCEPなど複合的に絡むプロジェクトではありますが期待の持てる内容であると思いますので、今後の情報に注目です!!


参考情報:
BSC(バイナンス・スマートチェーン)PLUSのコントラクトアドレス:

0xecdbf2fec71ce3007b8fb7b5b46f946d60ba5a05

https://bscscan.com/token/0xecdbf2fec71ce3007b8fb7b5b46f946d60ba5a05


追記:
前述している情報などで、中国の主要な取引所が中国政府と協力しながらDCEPのプロジェクトを推進していることを伝えてきました。世界最大の取引所バイナンスもその中のひとつです。そのバイナンスが管理するバイナンス・スマートチェーン(バイナンス独自のブロックチェーンネットワーク)でPLUSがリストされたことは大きな意味があります。中国政府は暗号通貨を禁止する方向性を打ち出していますが、少なくともDCEPを公式に発表するまでは暗号通貨での交換を認めさせたくないという思惑があります。しかしながら、バイナンスはじめ、OKEX(北京証券取引所への併合が10月末発表済み)、Huobiなど主要な取引所は全て中国政府との協調関係にあります。この関係から、バイナンス・スマートチェーンへのPLUSのリストは十分な可能性と信頼性があるのではないか?と推測するものであります。※PLUS公式の発表がありませんのでまだ確実な情報ではありません。

2021年11月5日のお知らせ

■北京証券取引所公式オープンは11月15日に決定!


若干、遅れての公式オープンですね。

現在、暗号通貨取引規制に関する法案が可決されていないとの事ですのでその影響もあるのでしょう。しかし、着々と準備は進んでいるようで取引所へ上場予定のPluscoinは待機中であるとのことです。




添付画像の和訳
11.15日、北交所は正式な取引開始を確定した。これが何を意味するのか分かる?ついに法定デジタル通貨が定着し、数多くの中小企業のブランドが世界のデジタル通貨に移行する機会を持つようになった。これは人類史上500年ぶりに最大の革新であり、最大の変革であり、革命である。新たな時代、大きな金融時代が幕を上げ、新たな世界ゲームのルール、新たな世界秩序、新たな世界文明、新たな宇宙次元が形成された。 歴史の鐘が鳴り響き、富の宴が始まり、全てが最善の計画であり、全てが今始まった。

2021年10月27日のお知らせ

■北京証券取引所公式オープンのカウントダウンが既に始まっています


9月26日に発表・決定された中国4大暗号取引所の1つであるOKExの統合!
この1ヶ月の準備期間を経て今月末に開場となります!

北京証券取引所は習近平直々の肝いりでスタートするプロジェクトです。
従来の証券交換機能に加え暗号資産取引を取り込んでいる点が大きく違うポイントです。

一旦は暗号資産取引を全面ストップした中国がこれを機にまた取引を再開し主導権を握っていくものと考えられます。

全てはDCEPとPLUSが公に出てくる為のシナリオの一部です。
ネットワークオープン後はPLUSコインもこの取引所で取引出来るのではと噂されている取引所でもあります。注目したいニュースではあります。



追伸:先週に月末に中国メンバーからスケジュールに関するお知らせが入るとの連絡がありましたが、Xデーではなく、オープンが年内か年明けかのお知らせなのではと思っています。
DCEPとPLUSはセットですから、冬季北京五輪がエンドなのでどのみち年明け2月上旬までにはこの件は決着がつくものだと思いますが、ネットワークのオープンが早ければ待ちわびている人にとっては朗報となるでしょうね!


まだかまだかと思っている人も多いと思いますが、
DCEPもPLUSも最高機密のプロジェクトです。
一般人は誰も知り得ることがありませんし、知っている人には厳しい緘口令が渡されているということです。あの蜜蜂(アイリーン・ヤン)も昨年末の1000人ミーティングの会場でもプロジェクト側の一人としてそのことには言及がなかったのもその為です。現在報じられているDCEPもまだ最終的なパイロットテスト中であり公式オープンではないことをご理解ください。

2021年9月30日の重要なお知らせ!

■OKEx(四大取引所の中のひとつOK取引所)が北京証券取引所へ統合されました


これは9月26日に発表・決定され既に実行に移されています。
残りの3大取引所(HuobiやBinanceなど)も交渉のテーブルにつきその後の決定に従うながれになるものであるとのことです。

OKExのOKTトークンはこれを受けて急騰しています!

この流れをうけて我々のPTはどうなるのか!?

以下の最新のお知らせをお読みください。

9月30日に届いたお知らせ

PLUS端末データ完成メインオンラインオンラインオープンプラスウォレットは現在のデータをもとにアップデートと修正を完了してオンラインオープン前のセキュリティ業務を新たにアップグレードします!

ネットワークを開いた後、各項目の数を最新版に更新して、データの同期伝送を維持して資産の数量と合わせる。

いったんネットワークが開かれれば、各データは最新バージョンに更新され、データは同期的に伝送され、資産数量と同じ接続状態を維持します!

もう一度PLUSがすぐインターネットを開くことを悟らせてくれ、長く待たずに口座番号登録電話番号、個人の秘密鍵は必ず記憶して整理してください。

もう一度PLUSのインターネット開通を宣言する。 長く待たなくてもいいです。口座番号を準備してください。 プライベートキーがよく整理されています。

ドッキングの過程で、ある人は私たちに、どうして国際スーパーウォレットでドッキングするのかと尋ねた。

Plusの所属が明確になりました! PLUSネットワークを開くことの明確さは明らかです。
私たちプラスファミリーが富の寵児になる瞬間が近づいています!

Plusの所属が明確になりました! PLUSネットワークを開くことの明確さは明らかです。
私たちプラスファミリーが富の寵児になる瞬間が近づいています!

何度も伝えていますが、

①電話番号(登録時の電話番号でなければなりません。残念ながら電話番号を変更された方は対象外です)
②秘密鍵(登録時にスクリーンショットもしくは鍵をコピーして保存したものが必要です)
③パスワード(設定時に記録したものを使います)

が必要です。特に①と②は必須。再度ご確認ください。

<重要:PLUS現状は間も無くカウントダウンが始まろうとしている>


張岩嶺元中国銀行副頭取は、

映像では次のように述べました。


プラストークンは生態圏とコミュニティの問題を解決し、すでに多くの中国のコンソーシアムと個人がその中に投資しました。


システムに問題がありましたが、離れずにずっと参加して使うことを知っているすべての人が、このプラットフォームが開かれることを期待しています。


「P2Pが以前は多くの人々を傷つけたが、今はもうこのように人々を傷付けることはできません」※2019年は特にP2Pを語った詐欺が横行しました。


習近平主席は、「ブロックチェーンと実体経済の深みのある統合を解決し、融資、リスク管理、部署間規制監督の難しい問題を解決できる限り、果敢に革新できる」と語った。


(幸いにも、PLUSエコシステムのコイン統合及びSTO貨幣取引所はすべてこのような市場の問題点を解決しています)


このため、元銀行幹部の張揚玲氏は、「プラストークンについて曖昧に話しました」

いいんじゃないですか?

PLUSのネットワークオープンが 今言えないからです。


彼女は「皆、このプラットホームが再開されることを期待しています」と言ったのは、PLUSの再オープンが不可能なら何も言う必要がない彼女にとって、長い時間にわたり自信に満ちていて、そして彼女ははっきりと言いました。  (昨年末、常州会議の場でアイリーンヤンがスピーチしました。彼女はPLUSプロジェクトチームの中心メンバーです。)


「P2Pは過去に多くの人々に害を及ぼし、これからはこの人々(PT参加者)を害することはできません! "


しかし、中央銀行のデジタル通貨であるDCEPをどうやって西側世界に進出させることができるでしょうか。


公開的な進入は人々を警戒するようにし、誰も使用しません。 

では、どうしましょうか。


こっそり入ってください! 笑


デジタルマネーはプログラム、つまりコンピューターのソフトウェアに搭載されて使用されるべきであり、多様な機器や道具で使用でき、モバイルアプリにもなります。 


携帯電話の使用量がとても大きいので、デジタルマネーアプリがある携帯電話は当然良いツールですよ。 


複数の銀行のアプリを使って西側に入ることはできますか。

当然だめです! (中国バッシングが多い現状では無理です)


民間で使用できる、誰でも容易に受け入れて秘密裏にこっそり入ることのできる個人アプリが必要です。 


2018年にはプラストークンというブロックチェーンデジタルウォレットが登場し、特別なプロモーションメカニズムによって1年で全世界的に急ピッチで人気を集め、ハイレベルの経営陣の関心を集めました。


「デジタル貨幣であるDCEPをどう全世界の大海原に送るべきか悩む高位層は船を借りて海に出ることをよく考え活用してみるのはどうかと考えるようになります」


そこで2019年3月に巷で伝説のハイレベル(国の高位層)がプラスプロジェクトの方を訪れ協力について話をしました。


PLUSは当時、風が盛んに吹いてとてつもない利益を稼いでいましたが、そのような状況で他の人たち(利害関係者)を入れる気があったでしょうか?


よって、交渉は不愉快なうちに決裂しました!


高位層は三つの単語を残しました。


「今に見てろ!」


それでPLUS家族に600日以上苦痛がありました!


「交渉後、政府高官はなぜそんなにコメントを急ぐのでしょうか」
※メディアを使った数々の悪評の流布

Plustokenがメインネットにアップさせてくれと叫んでいるので、Plustokenが一旦メインネットにアップすると海に潜り込む魚のように、誰も歯が立たないからです!

※メインネットは分散型アプリケーションであり、一旦動き出すと誰にも止められないプラットフォームになるからです。BTCはその代表的なものです。


現在はその敵と呉越同舟でありデジタル通貨プロジェクトを推進するパートナーなのです。

以下、2020年までの情報アーカイブ

重要ポイント

翻訳

報道によると、私設機関(私設機関が何故ここに?PTの事)は基礎施設を運営することができるが、背後では条件があり、法律管理の枠組みの中に入れなければならない。同時に服務監督、公共サービスに対する公衆道徳の水準が比較的高いことを要求している。 中央銀行であるデジタル通貨は最初から2階運営体系を導入して個人と公共部門が共同でデジタル通貨を建設することであり、今後、個人の力量を活用して公共財を共同で建設することだ。
翻訳ここまで。

コレは去年11月の記事ですがまだPTは裁判で判決文が出てなくて法律の枠組みに収まっていませんでした。
今年は法律的にも全て清算されて、PTの資産も公共の財に組み込まれました。国庫に入る。
デジタル通貨を広めるには個人の力量とありますが、アフィリエイトの事ですね。
国としてアフィリエイトを奨励していると言う事です。

よって、この記事の文章は、準備が完了させる事を前提としてやるよ〜と、央行デジタル通貨研究所のムチャンチュンは言っているのです。

下記のリンクは央行の元総裁だった周小川と言う偉い方が、デジタル通貨について語っている内容です。文章の中にはっきりとアフィリエイトの文字が出ている!笑

中華民国の人民の力を活用し、デジタル通貨DCEPを拡散させる事は計画であったという事。
ちょうど、そこにPTがネットを閉めた状態であった為、密かに手を結んだ。

今、中国人が盛りにDCEPマーケティングに熱を上げている理由が分かります。
この波がやがて日本含め世界を席巻するかも知れない…

央行行长周小川发话了,私营机构可以参与数字货币研发
https://www.hulianmaibo.com/posts/info/6308

進捗情報

翻訳

1こんにちは、こちらは泰一国際戦狼中隊ですが、dcep一般学習群と高級実戦群を建設していますが、どの群に引き入れる必要がありますか?
2.こんにちは!上級実戦群は名前+電話番号+身分証番号を申告するもので、群では普及した乾物を説明しており、チーム指導者は直接群の中にいて、いつでも様々な問題を解答し、毎晩8時に実戦分享会がある。
3.現在はdcepを普及させて事前に顧客を特定する段階で、国の4000億の普及配当を共有している。
4.plustokenはすでに涅槃して、中央銀行国際大財布に生まれ変わり、中央銀行デジタル商品DCEPは国際大財布にはめ込まれると同時に、他の国の中央銀行貨幣もあり、自由に両替することができ、PTの元の貨幣はすべてあり、網を開いて財布をアップグレードすれば回復することができる。

『』の文章が赤枠の部分。
央行国際財布を中国PLUSユーザーは真剣に捉えてますね。中国は手負の虎と化して一致団結して世界と対峙する覚悟がある様です。ドル覇権をひっくり返すのですからその位の覚悟が必要であると言う事ですね。ある意味は日本人が失った愛国心と世界を変えると言うイデオロギーを感じます(^^)

進捗情報

翻訳

20:39 中央銀行のデジタル通貨搭載機構は現在、中国、労働、農業、建設、貿易、郵便など6つの国有銀行とアリペイ、テンセントウィチャットペイなど2つの上場企業。中央銀行デジタル通貨の国際財布、三大通信運送事業者と中国銀聯がある。

『現在、中央銀行のデジタル通貨の国際財布だけが普及収益があり、情報ソースが真実で信頼されると明確にしており、配当政策は中央銀行の傘下機関の正確な数値を統一基準としている。』 

21:14 ご返事ありがとうございました
すごいニュースだ! !

『』の文章が赤枠の部分。
央行国際財布のみが普及収益があります。
じわりじわりと来てます(^^)

お知らせ追記:

##韓国BAND再建の部屋より重要のお知らせ(12.10)##


大韓民国の会員のみなさまたちに!!!

コロナ19で、苦しい状況の中に、一方でDCEP教育をしているが、出席しなければ、私だけ損をするのじゃないかな? とか、心配したり、絶対に焦ったりされて、心配しないように、DCEP教育と大韓民国の公式センターについての今後の進行をお知らせします。


1. IDWP/国際デジタル財布プラスの公式オープンとともに中国から国家別に公式センターの開設と代表者選定。(大韓民国も公式センター設立と、代表選定予定)

※選定された代表者の主管の下ですべての業務進行-ロゴ。教育など)、IDWP:International Digital Wallet Plus(国際デジタル財布Plus)


2.IDWPに内蔵されたプラスとDCEPに対する各種の関心事項

及びマーケティング関連する諸般教育は*中国政府の公式官印が押された公式資料に基づき、*公的資格がいる講師が教育を行う予定であること!!!

※公式資料で教育をしようとすることは字一つでも間違い渡された際に問題発生する恐れ/慎重さを要する重要事項であること。


3.現在個別的にDCEPの教育が行われるのを分かっているが、可及的教育に参加を自制することを願い致します。

誤った内容の伝達によって問題が発生されることができます。

私たちも教育を実施しようとすべての万全の準備をしたが、中国機関で公式的に認められた印が押された資料としてまともな教育をしろと連絡に来たので、自制をしているだけです。(極めて重要であること)


4.DCEPについて知りたいこと

ある方はDCEP情報を持続的に伝えてきているBAND内の再建の部屋/普及戦士養成の部屋1.2

方丈さんとブバン、盲人たちに電話来てトークでお問い合わせば、知りたい部分を詳細かつ親切に

説明をしていただきます


2019年6月28日以降、これまで良い内容の情報を提供して、

また、その情報を見ながら困難を耐えてきた会員様はオープンされるその日までグッグッするように

見ながらオープンになった後に、進行される状況を見て決定しても決して遅くないです。


オープンが遠からず、焦ってしないことを要請しながら

いつも健康することを望みます。

特にコロナに気をつけてください。


韓国再建の部屋より



今回のPLUS復活劇は中国デジタル通貨DCEPとの協業があるからであり、

単独での復活はありませんでした。

DCEPのグローバルな普及が最大の目的であり、この普及については国家事業でもあるので

しっかりとした取り組みで行う必要があると述べられています。

ワケわかめのネットワーカーが出てきてやるようなことでも無い話です。

正直なところ日本のトップには信用力があまり無い事が分かっています。

このちゃんとした話がすんなりと日本に入ってくるか?否かは不明です。

現時点で、中国の微信グループか韓国のBANDグループ、Telegram(PT Believers)のグループからの情報しか信頼出来るところはありません。今までの情報で重要なポイントは全て彼らからです。

今回も重要なポイントになると思いますので引き続き正確な情報を取ります。

速報!!オープン間近重要なお知らせ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

【 重要情報!公に情報が公開。遂にオープン間近ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ 】

12月6日(アジア時間)に中国で開催された DCEP 公開会議が無事終了しました。 会議の間,1000人以上のプラストークン中国人利用者が会場に入り,上海から多くの講師が舞台に上がり,スピーチに参加した。 最も重要なことは… 最後のまとめを作るために現れたアイリーン・ヤン(小蜜蜂/リトルビー)。

Plusが参加した本日のDCEP会議トークン ユーザは、オープンで合法的な行為です。 秩序維持のため,多くの政府機関の警察官が会議に出席している。 ご安心ください。 526日間の持続が正しい道であり、最初の約束は実現します。

【中央銀行国際財布】 ← PLUSの新しい名称
①レンガを運ぶスマートな波の音は相変わらず(ブリックアービトラージAI-dog)
②業種別の容量の拡大、資産倍増
③生態シーン、収益永続
④貨幣改革、時代配当
⑤商品の流通、貿易配当金
⑥公益に献身し,社会の配当金
⑦ZF国家郊外の力であり、政治的利益
⑧経済通証、富の絶頂


12/6デジタル経済交流会(進行と状況報告)
大きな流れ 大きなチャンス 大富
1.開幕式:中国起立脚
2.男女司会の挨拶。。。
3.集団立ち上がって、揺れて手から星紅旗、大合唱、私と私の祖国は,人によって熱烈だ!
4.男女司会の挨拶血を温める挨拶、長江、黄河はバンコゲ天に開かれ、神州は空に飛んだ。シルクロード 一帯一路 数えてください文字や貨幣など
5.視聴ブロックチェーン相動画を消すこと→通貨発展の歴史
6.ジュソチョン、ボムイル飛、転綱、ムジャンチュンなど関係した指導者たちが対する。デジタル人民元トークや動画
7.男女司会の挨拶
8.ナヌムパネム:ファンソンボ=ダルマ院長=信者富
分かち合いに長けていて プロらしい非常に包括的で ブロックチェーン知識が普及し エリアはブロックチェーンは、世界経済、ブロックチェーンを再生する。データに対する信頼の問題を解決する上で。
ブロックチェーン1.0段階:プログラム可能通貨
ブロックチェーン2.0段階:プログラマブル金融
ブロックチェーン3.0段階:プログラマブル社会
ブロックチェーン4.0段階:プログラム可能管理
国内初のブロックを言及する。チェーン電子領収書:添付図面を含む。
ブロックチェーンはインターネットだ。第二の時代
ブロックチェーンは相互に価値がありますネットの10倍
信頼を生み出すのは ブロックチェーンですという機械
9.男女司会の挨拶
10.ハウお兄さん分かち合い

A. デジタル人民元普及7つのビジネスの論理です
❶.DCEPと企業、企業銀行、ウィチャット、アリペイの愛憎仇敵
❷.金融監督、規制モデルの下で感じられるビジネスの香り
❸.肩パッド事業拡大歴史的使命
❹.国際情勢の対立せっぱつめる
❺.大衆的な認識が必要昇級
❻.内外循環の流れ経済再生の大国重機
❼.人間の運命は同じだ体、デジタル経済時代の新しいグローバル化の粘り合剤

B. 中央銀行国際財布の8大時代の配当金
❶インテリジェント·ブロック 波音は相変わらずである
❷業種別の容量の拡大、投資拡大生産が倍増する
❸生態シーン 収益永続
❹貨幣改革の時配当金
❺商品の流通 時代配当
❻公益に身を捧げます配当ができる
❼国のために奉仕する。配当金
❽経済 財物 経済 財物富の絶頂
五星出東利中国
鹿を追って中原を覇業とする。
キーワード:暖かさを越えて冬
編集長はただ参考に供すると考えている不作為

11.男女進行辞
12.王様は分け合い、励起編:一言で圧縮する:上下5千年、時代の饗宴
13.男女司会辞
14.鉄兄分け合い、そして 気付かないうちに 何が起きたことを小説の脈を伝うーん。
真実は空の太さのようだ。ヤン、他のところではなく、君自身で空には雲があるとか、空には雲があるとか、風が吹いて雨が降るとき、君は見ないのか太陽に照らされていても 彼女の存在は感じられます
15.男女司会辞
16.🐝蜜蜂(アイリーン・ヤン)登場、ベン原稿用紙を持って来て 使いたくない 皆さんと心の中の言葉を二言三言言って、苦難→幸いだ。運が開けたように詳しく話さないと、場内幼い仲間が感激して泣いて、泣き声が広まった
支持総和:メガトレンド 大きなチャンス、大きな富、最後は呼応
17.会議円満に終了束やハチにサインをしたり写真を撮ったりします記念する


12月6日行われた常州会議の内容について(上海郊外の地方都市)

こんにちは!お待たせしました。
無錫江陰疫病の原因で臨時に常州会議に変更されました。午後4時半の入場から会議終了午後8:30までの間に携帯電話がオフにせざる終えず写真を撮ることができず、参加者は約1200人ほどで、新疆傅先生の左前列に座ることができました。

会議の実態実感は以下の通りです。
1。黄中保(信我者富)主講ブロックチェーンと国家政策
2。豪子(豪兄)主講DCEPの重要性と普及の必要性
3。王はPT家族の心の歩みと美しい未来を共有している
4。鉄兄(李府懸案作者)PTは必ず開くべき論理と役割を共有する
5。小ミツバチ(アイリーン・ヤン)はDCEPの国の重器である歴史的使命をまとめ、意義を広め、PT家族たちの苦難と幸運と福を慰め、お祝いする……。
6。すべての発言者、特に小さなミツバチは、PTが必ず帰ることを示唆しており、私たちPTの家族たちが苦楽をなめて幸運に幸せになったことをお祝いしています!…

仲間たちは、無駄な疑いを無用にして証拠を求めて、真実はすでに知っている結果が出て、何の懸念もなくて、冷静に喜びを噛み締めながらネットを開いてからは全力でDCEPを普及させてもいいです!!

余計なことを言いたくない,熱い涙があふれている!
一新兄(江蘇常州)

74 9:39 HD 46 PT&DP新紀元-1軍団(396)@ヤンジャハ~北京を経て、人間~ウルムチの内側の国際財布を指す言葉そのままpt財布を経て、人間を経て~ウルムチ、以下私たちのチーム一人が会議に参加した感想、悟りと総括:先にptに対する肯定的な結論が出ます! 小さなミツバチ·ヤンパチームは 多大な努力をしました。前期(昨年)は非常に不明瞭だったが、国家と合弁するために北京に行って書類に署名し、外で5時間待って、これがいつも得難いものであることを想像することができ、また、確実なことは国家がpt技術と生態を認めさせてptを加入させたのだ。二番目は時間ノードに関して新しい情報だけに関心を持つ。12月に銀行法とDCEPの実験的な動きが出るだろう。pt自体はこのDCEPのチャンスに問題がない。

重要なお知らせ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

1.習近平主席は

   2020年、デジタル貨幣元年に

   ついて話しました。


2. リブラは、2021年1月、

   に小規模上陸するでしょう。


3. 冬季五輪のデジタル貨幣チケット

  販売2021年3月施行予定


4. 12月6日から

   [ワン·ジファ/ソミルボン(小蜜蜂)の]

   強音浄化士  -  DCEP広報 教育会議の始まり

  

これからはニュースに気をつけてね。

ではなく、安心してオープンするまで待っていてください!!

12月1日王総音声共有ポイント整理:

チームのリーダーである宋先生は広州へ行って正確な情報を求め、すべてのPlusユーザーが最も福報を持っている。Plusは必ず戻ってくる!:

 

プラストークン国家デジタル人民元と協力しました! ネットワークを開いた後に新しいルールが実行されます 加える未来の生態生命力は非常に強力です 加える第一の波の富は知能犬の収益の第二の波富というのはDCEP,国が与えたもので、必ず学び、自分の身近な企業の友人に紹介して、国の400000000000元の配当金を分かち合います。
第三波富とはPlus將来の強力なエコシステム 否定的な情報はグループに伝達されず他の人に影響を与えます 思い込みを静め、急速に成長し、成金の出現を防ぐ心や行動、富の罠に落ちる 勇敢に生活に直面し,生活に対応し,逆境の試練の中で成長してきた。

 よく勉強して、準備をして、第2波、第3波の富を迎えます!

http://plustoken.org.cn/news-detail-547.html


ー 重要なお知らせ ー

一、新しく発売されたのは中央銀行国際財布や中央銀行スーパー財布と呼ばれ、後ろにPlusは付いていません。Plusをマルチ販売と同定したばかりです。今中央銀行が新しく財布を出して後ろにPlusがついていますが、これは自分の顔を打っているのではありませんか。PlusTokenという名前はもう臭くてこれ以上使えない。

二、ロゴは今までとは全然違って、自分で向きを変えた

三、Appが開くとページも従来とは違うが、機能は似ている。

四、元Plus会員のすべての資産は変わらず、収益基準はネットを閉じる前に実行される。新しい財布が着地した後、Plus元会員は新しい基準で実行されます。

五、技術はPT元技術チームが担当し、データと管理は中央銀行指定チームが担当する。

六、財布を中心化し、実名制で登録する。一人一人財布です。会員の現金化は直接利益を得たPlusコイン対をDCに両替し、更にDC専属財布に転入し、一定の税金を受け取ることができる。この時DCは正常に消費することができ、或いは他の行の財布に転入することは手数料がなくなる。

七、Plusコインは財布の中で互いに回転して中央銀行は税金を徴収しませんが、誰が誰の税金を受け取るかを変えるので、未来のPlusコインの場外取引の、市価と出来高に差があります。

八、すべてのデジタル資産が財布から転出する場合、一律に一定の割合税(DCで支払う)を受け取り、あなたが現在転出した時の資産が小さいか大きいかにかかわらず、その時転入した資産です。

九、会員が技術側に委託するデジタル資産は、どれも規制され、不正活動への使用が禁止されている。

十、技術側と会員は財布の中の経営行為に対して自己損益を負い、中央銀行は出資せず、底をつけず、税金だけを受け取る。


中国PLUSチームのウイチャットから引用

もう、プラストークンは過去の物となりました。

全てを清算し新しい姿で戻って来ます。

11/30付 続報

昨日、突如として現れた公式アプリダウンロードサイト‼️

これが果たして本物かどうかを調査中の様ですが、Facebookのリブラ(Libra)が2021年1月ローンチ!と言う情報が流れてますので、DCEPのグローバルウォレットを担うPLUSのローンチも間も無くと言う流れだと思います。

現在のところ、大手4銀行のDCEPウォレットが一般向けに配布が進んでいると聞いてます。
順序的には大手銀行、その次に民間の…と言うのは仕方のない事です。

良い意味で風雲急を告げる❗️事になりそうです(^^)



金色財経にDCEP/PLUSが報道されたというニュース!
上海に特別な運営センターがありますが、
DCEP/PLUSの研究機関でもあります。

デジタルウォレットの

正式な名称は

中央銀行・国際財布PLUS❣️


中国中央銀行デジタル通貨研究所 所長Mu氏(ムーチャンチュン)は4大銀行のDCEPデジタル財布は高貴な娘だとするならば、PLUSデジタル財布は野生の娘であると!なんと面白い表現。(^^)

当初のシナリオ通り、まず最初に4大銀行ががDCEPウォレット
を開く必要があります。
PLUSはそのあと。。

着々とDCEPが配布されている
https://www.bangkokpost.com/business/2030911/chinese-city-to-hand-out-virtual-red-packets-as-part-of-digital-yuan-trial

DCEP&PLUSニュース動画

DCEP&PLUS TVニュース 必見❗️
オープンが近いそうです。動画を観て学んで下さい。
中央銀行が全てを決定しますので、法的に全てをクリアさせる必要性があります。
もう、民間レベルの話ではなくなってます。
良くも悪くも私たちは大きなチャンスを手に出来ると思います。
朗報を待ちましょう♪

11月22日

https://youtu.be/OASxUI1Sjyk


11月15日
https://youtu.be/_cYg755kjAI

11月9日
https://youtu.be/PykzeSQXIFY

11月6日
https://youtu.be/GQolsV91a0g

11月1日
https://youtu.be/S_pw6RRTFVI

10月28日
https://youtu.be/2CptkFwoBYM

直近の6つの動画です。
僕が管理しているサイトに書いてある事と同じです。

11/14付 続報

DCEP公式資料に!

央行国際銭包PLUSの文字が(^^)

中央銀行インターナショナルウォレットだって…凄い‼️

IDW PLUS


あと、香港でSTO取引所としてPLUS 取引所が認可取得!しかも、あの趙氏(初期の大口投資家でもありPLUSがネットワークを閉じる原因を作った人物)と和解して再スタートした。

11/10付 続報

DCEP公式リリース!

ウイチャットペイではDCEPウォレットが自動生成されているとの報告あり。(日本人は対象外なのと、ウイチャットペイやアリペイでDCEPウォレットを作ってしまうとPLUSウォレットappの登録は出来なくなるので注意必要)

明日ダブル11に照準を合わせる‼️



最新のニュースで国内初

プラスチーム慈善団体が中央銀行を通じてDCEP決済事業を成功的に申請しました。


このチームは、すでに一対一で国家

20ヶ国余りをドッキングするのに成功しました。  国内数百の大企業と国家観光名所です。


11月にAIIBが

全世界にサイトを開設すると、

中国には数億人の人たちが

華やかに転じることになり、


12月には中国で7億人程度の赤色中産階級が誕生することになるが、これで中国の浮上と跳躍が正式に始まります!


AIIBアジアインフラ投資銀行



真のオープンはもう間近だ。皆さんはプライベート鍵を準備しなければならない!

(電話番号とパスワードが有ればプライベート鍵は復元出来るとの事)

今現実に進行している事は事実です。


様々なメディアが報じ始めていますが、


中国政府は真剣にDCEPを世界の基軸通貨へ押し上げようとしています。


・昨年は習近平がDCEP発行の発表を行った!

・PLUSTOKENはそのタイミングで中国政府の傘下に入りコントロール下に置かれた。なので単独でのネットオープンは出来ない状況である。

・PLUS本体は英国ロンドンへ拠点を移している。中国政府と英国王室でPLUSの株式70%以上を保有する。

・今年は新型コロナの影響下でデジタル決済とデジタル通貨発行への布石が打たれた!コロナによる国民の意識変化。

・PLUSはベータ版3.0の概要を4月末に密かに発表!※動画有り

・今春からパイロットテストが中国主要都市にてスタート!

・この半年間で中国独自の衛星ネットワーク網整備と全てのデータ収集とデータのバグ取りを完了。

・10月中旬頃から中国仮想通貨取引所大手のOKExとHuobiのトップが公安に事情聴取を受けており、OKExは現在取引と資産出金停止状態。これを機に国有化になるかもしれない。


全てはDCEP着陸のための下地を作っている状況であるとするならば。


PLUSは唯一中国中央政府(共産党)のお墨付きをもらっている仮想通貨プラットフォームという位置付けになると思います。


新型コロナ同様、信じられないような事が本当に起ころうとしている状況であることを認識する必要があると思います。




メディアが伝えない裏事情:

中国と英国は裏ではしっかりと協調関係を築いてます。

EUから英国はプレグジットしてますので、金融勢力が再度大きな力を持ってきています。

この資金が大量に中国へと流れておりその一部をPLUSが暗号資産で提供しているという構図です。

デジタル人民元は中国政府と英国王室が目論む米ドルからの世界覇権取りなのです。

戦略的にDCEPを普及するための隠し玉がPLUS!!


中国中央銀行デジタル通貨研究所 所長Mu氏(ムーチャンチュン)が言ったこと。以下。重要です。

特定の群衆はありません!それは大衆、つまり大衆、それはすべての人々です!

11月にはAlipayやWeChatと同じ商品を提供し、不特定の人に開放することができます!より多くの人に使ってもらいましょう!

それが大規模な公開テストです!

小エリア公開テストは小エリア着陸です!

大面積オープンテストは大面積着陸です!

大規模な着陸は、デジタル通貨DCEPの使用を普及させることです

11月には、デジタル通貨DCEPが大規模に公開されます。

デジタル通貨の後、DCEPは実際には11月に使用されます。

11/5付 続報

現在すでに確認された消息は正確な誤りのないpt連合dpがすでに実在のハンマーだ。
これは重要!プラス財布3.0版がすでに完成されるなど、網を開閉すれば、ダウンロードして使用することができる。
境界とテスト版がほぼ同一のpsex取引所はOTCの取引機能を同時に開放する。売買貨幣の手数料は他の取引所より低く、メインネットワークはすでに完成されてテスト中、インターネットを開通した後、プラス貨幣資産は同時にメインネットワークにマッピングすることだ!
メインディジタルも 同時にメインネットワークに 映し出します! ハンドリンのキャンセル、鉱山業務開始、鉱主担保プラス通貨オープン! プラス通貨商業応用、すべての国家のすべての区域に適応、秒間に任意の他のデジタル通貨またはその他の安定的なデジタル通貨、その他の国家通貨に交換! 開放前の最後の段階に開放と消息が同時に来ます!

11/3付 続報

【重要:中国人民銀行のニュース】

デジタルRMB(DCEP)はパイロット地域内の500つの個別商店全土を回りながら、支払方法を変え、消費還付金2%DCEP、合法的なデジタル通話の現金に該当するDCEP、合法的なデジタル貨幣を発行して、世界各国にDCEP国家の採用支部を置くことにして活性化するという内容です。添付の画像がそのチラシ。



先日も投稿したけど、
2. プラス既存ユーザーは国際的なビッグウォレット生態系の種ユーザーとしてディセップを全世界に普及する役割を果たす を参照して下さい❗️


-. あなたの推薦者、ディセップを財布の状態で消費する収益(国内2%、海外3%)、ただし財布の中で消費すると推薦手当がある。



この情報は昨年秋から伝えられていた情報です!
この様に中国中央銀行のチラシに紹介報酬2%が明記されているのを見てまだ疑っている人も居ますが…笑

どうなるかはほぼ確定したも同じ事のように思います。
ま、人ってそういう者ですけどね(*´-`)

11/1付 続報

中国メディアからの興味深い記事!

去年から伝えられていた事の全容が明らかになるのは11月。
以下記事翻訳。

中央銀行デジタル通貨ダブル11が登場! アリババ… 現在、独立研究機関である中国銀行の元職員によると、中国人民銀行(中央銀行)は今後数カ月以内に、国家支援暗号通貨(DCEP)を発行し、7機関に発行する予定だという。 2012年まで中国建設銀行のグローバル金融戦略の責任者であったPaul Schulte氏は、世界最大の銀行である中国工商銀行、元雇用主、中国銀行、農業銀行、中国フィンテック企業、AlibabaとTencentの2大企業、Union Pay、 など中国銀行協会は、暗号通貨の共同発行権の第1弾を取得する。 暗号通貨の開発に関与した匿名の独立系情報筋は、このモデルをDCEP(Digital CurrencyElectronic Payment)モデルと呼んでいると述べている。 また、7機関も参加したという噂を確認し、8番目の機関もあると付け加えた。 しかし、この情報筋は8社目の社名(昨年から言われている通りこれがPLUS)を明らかにしなかった。 この情報源はかつて中国政府のために働いていた。 彼は、昨年から暗号通貨の技術が準備されており、暗号通貨が11月11日(シングルスデー)の中国で最も忙しいダブルイレブン商店街になる可能性があることを確認した(編集者は、ダブルイレブンは旧正月の赤い封筒の次の日だと考えている)。 関係者によると、7つの通貨発行機関は13億人民元(中国人民元)の暗号通貨を中国国民などに配布する役割を担う。 同筋によると、韓銀は欧米の特派員銀行との関係を通じて、最終的には米国などの消費者に通貨を提供できるようになることを期待している。 同筋は、「これは計画(米国民向け)だが、すぐには実現しないだろう」と述べた。
元記事リンクhttp://www.shilian.com/m/view.php?aid=128132



* PLUS重要な知らせ

1.ディセプ(DCEP)2段階原則

- デジタルRMBウォレット、統合デジタルRMBインジシステムの共同管理は、中央銀行と指定事業者が行い、ウォレット状態プラットフォームを共同で構築し、

- 共有モードを活用することで偽造防止コストを効果的に削減できる

- 視覚認識と特定の機能を同時に達成化する。

2. プラス既存ユーザーは国際的なビッグウォレット生態系の種ユーザーとしてディセップを全世界に普及する役割を果たす

-. DCEPを広報(マーケティング)するアカウントを追加登録しなければならない(但し、PLUSアカウントとは関係ない)

-. あなたの推薦者、ディセップを財布の状態で消費する収益(国内2%、海外3%)、ただし財布の中で消費すると推薦手当がある。

3.収益支給
(スマートドッグをオフにしていない会員)

- 出金停止期間の収益支給

- 2019年7月~9月初めまではプラスコインで支払い、残りは全てディセップで支払い(9月末からオープンする日付までをいい、キャンデーで3日に1回支払う方法が変更される)

- すでにプラス(3.0)財布の中にはディセプ流通がよくできている

- また、プルトユーザーはディセップウォレットの中で直接ディセップを消費でき、ディセップを社会で使用できるカードに預けることができる。

4. 携帯番号とパスワードだけでもプライベートキーを取り戻せる

- ただし、3.0ウォレットでは秘密鍵を探すには口座開設の携帯番号更新料金がある。

注意)情報は時に変化するが、非常時においても理を超えているわけではなく、心の中で推し量ることができるレベルで変化する。

10/30付 続報

間も無くリリースされるHuaweiの新型5Gスマホ MATE40にはDCEPウォレットが装備されており、グローバルウォレットappはPLUSなのではないかと言われてます。

随分前からDCEP公式リリースとともにPLUSも着地すると言われてます!

このMATE40に関する情報はまだ未確認情報ですが、昨年から伝えられている情報でもあるので信憑性はあります。
分かり次第お伝えします^_^


https://decrypt.co/46706/new-huawei-smartphone-includes-a-hardware-wallet-for-the-digital-yuan

10/26付 続報

昨年、9月に小蜜蜂(ソミルボン)が伝えた消息は本当だった!

その時は誰もその事を信じなかった…w
プラストークンがオープンしなかった為だ。


何故?オープン出来なかったのか。

ー DCEPの準備がまだ出来てなかったからです。


華為技術(ファーウェイ)との合作も報じられていたがこれも先送りにされた。※最新スマホにPTアプリが内蔵されているとの情報でした。



現在、中央銀行はデジタル通貨のリリースを目前に控えており

方向性を指し示している。

デジタル通貨研究所所長Mu氏が先日も伝えた通り、取り扱い可能な機関は限られており、国内向けは4大金融機関、Alipay、Wechatpay。

当然、海外向けグローバルウォレットにもDCEPを搭載することは明白です。


そのグローバルウォレットの名前はプラストークン!(リリース時は改名される予定)


小蜜蜂が情報を伝えてくれていた事はやはり真実だったのです。

4月末のプラストークンapp3.0β版の情報もそうです。
その時インストールしたアプリはまだスマホに残っています。

10/25 続報

間も無く動き出すとの情報がいくつも出ていますので楽しみです(^^)

10/14付 続報

2020-10-12
✔️深セン具現計画:デジタルRMBは輸出できないが、資本市場で流通されることがあります。

📌Shenzhen Digital RMBテストが進行中です。
最近、中央政府と国務院が共同で
"宣伝の際、中国の特性を持つ社会主義市場経済モデル旧建設示範総合改革施行計画(2020-2025)"を発表した。

文書にはデジタル、人民元を海外に輸出するないし、金と米ドルを買ったり売ったりすることができないうえ、内部的に万流通できると言及されています。 しかし、 不動産市場を含めた資本市場、ひいては株式投資者の売買取引までも流通されることがあります。



人民元の公開テストを実施している中国の宣伝では
"フィンテック革新プラットフォーム"を発足させる予定のところ、デジタル人民元決済等の使用に民間企業(?)や他の機関の参加を督励してする形と予想されており、際たるものが4大銀行を含む8大協力企業の中に入っているPLUSだとされてます。

海外にデジタル元は出さないけど、資本市場は別だよと言っている理由はよくわかりますよね〜皆の衆(^-^)
4大銀行のDCEPが出揃いましたね!パイロット版から市場へ実装されたアプリでデジタル元(DCEP)投入開始となり、一般市民が使い始めているという報道を先週から聞くようになりました。海外向け(グローバル市場)のDCEP流通には資本市場との窓口であるPLUS WALLLTが重要な立ち位置であることがよく理解出来ます。

10/10付 続報

中国国内ではDCEPの利用推進の為のプロモーションが日に日に大きくなっているようです。日本にいる私たちには伺い知れない事ではありますが、実際は数百万人から数千万人に広まろうとしているということは事実なようです。

広東省深センでは大規模な公開テストが今日から実施されたとありますね。


PLUSが開く時はそれがグローバル展開を意味します!


徐々にその時に近づいているとの情報がいくつもあります。朗報を待ちましょう(^^)



なお、当初予定していたipv9の移行は1ヶ月遅れていたようですが、9月末に完了したようです。




DCEP国内プロモーションについてニュース
https://www.abc.net.au/news/2020-10-10/china-to-issue-10-million-digital-yuan-in-first-public-test/12750320


https://cntechpost.com/2020/10/09/shenzhen-joins-hands-with-chinas-central-bank-to-distribute-10-million-gift-money-in-form-of-digital-rmb/

Yahooニュースでも取り上げられてます 10/11付

https://news.yahoo.co.jp/articles/34431ddd0c7d5c663c98ebf0650145fb1213106b

今までDCEPが内部的テストだったものが公開テストに切り替わり始めたと見て良いと思います。
国の通貨発行はやはり慎重に行っています。失敗は許されないからでしょう。
登録した電話番号、パスワード、秘密鍵は必ず準備すること。紛失している場合は自己責任です。
PLUSTOKENがこの1年の間に増やした資産(我々の資産)の一部BTC(127万btc)とETH(1,015万eth)


主に中国にあるHuobi取引所、OK取引所の口座に分散される形で保管されています。
Huobiは中国政府が管理しているとも言われている取引所なのでDCEP×PLUSは事実婚のようなものですね。

民間の暗号通貨調査会社chainalysis調査によるとHuobiへ資金が集まっているようですが、一部は出金されたものの資金の大半以上は取引所やウォレットに残っておりそれがどのようになっているかは分からないとのことです。
https://blog.chainalysis.com/reports/plustoken-scam-bitcoin-price


ブロックチェーンの素晴らしいところはこれらが全てトラッキング(追跡)出来るところです。PLUSの有志RAO先生が1年以上かけて追跡した結果です。現在も資金はHUOBI, Coinbase, Bainanceなどの複数の口座に増加して残っている!
PLUSのAi-DOGシステムは動いており裁定取引を継続しているとの結果です。

以下参照
BTC資産TOP100アドレス
ETH資産TOP100アドレス
PLUSTOKEN 6.28事件から1周年

あの悲劇から早1年が経ち新たな展開が始まろうとしています。世界の多くのユーザーがこの再開を待ち望んでいます。中国の一帯一路デジタル構想の一躍を担うPLUSとDCEPは兄弟コインとなって世界の新たなデジタル経済圏を構築していくこととなるでしょう。PLUSは説明はしません。データで証明する為にデータは全て準備を整えています。 中韓日のリーダー達の共通認識では
DCEPが飛び立つとPLUSが出てくるものと思います!

(注意:DCEPグローバルウォレットAppがPLUSになる予定)


以下、6月28日付 PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Linkより引用

Plustokenの新しいチームが結成されました。
今日はネットワークが閉鎖されてから1年で、新しいアドレスの転送はまだ進行中です


プラスウォレットETHの大量転送、個人分析はネットワークを開くための準備であり、いわゆるブラックメディアの清算ではなく、データクエリ追跡から、各転送は100以上です

特性的には本質的に違いがあり、整然とした準備が準備作業であり、ランダムブレイクがランニングの特徴なので、さらにネットワークを開くための準備をしておく


同時に、最近、企業が8番目の組織の協力関係として特定されたことが報告されています。DCEPのプロセスは、前のステップに従います。アリババとテンセントは、参加する最初の協力提携になるはずです。

プラスウォレットバージョン3.0では、マイニングプール、ゲーム、パブリックチェーン、支払い、支払いコレクション、商用アプリケーションなどの機能が追加されています。そして、plustoken3.0ウォレットにロードされたゲームボードとしてOpel Entertainmentのゲームボードがあり、開くと最初のページが表示されます...

インターネット開通後、私たちは金持ちの最初のグループとなり、最大の受益者はプラスそのものです。プラスの生態、機能、そして将来の価値の観点から、ネットワークを開いて空に直接飛んでいくのはプラスコインであり、プラス自体の価値

IPv9は大きなアドレスであり、深いネットワーク構造を形成できます。IPv9デジタルアドレスにはオブジェクト指向の特性があり、可変長は割り当てられたアドレスを定義します。これは、ネットワークインターフェイスアドレスまたはネットワーク識別記号として独立して使用できます。組み合わせは、インターフェイスアドレス+識別記号として設計できます。暗号化により、秘密鍵と公開鍵を生成できます。アドレスを暗号化します。

プラストークンは、2015年の初めから2018年2月の間にレンガの裁定取引を開始し、3年間行いました。また、Samsungテクニカルチームが開発したレンガの移動技術を使用しており、かなりの経験があります。Plustokenの共同創設者Leoとチームが開発したAlphaスマートドッグロボットは、世界のトップゴーマスターLi Shishiを大きなスコアで倒しました!


元のGoogleアルファスマートドッグアルゴリズムの研究者であるLEOとウォレットテクニカルチーム(元Samsungのキムジョンイン)が加わって、これまでに見たスマートドッグに統合されました!plustokenは、IT分野、金融分野、マーケティング分野の世界トップの3つの主要分野を統合します。このようなチームを簡単に模倣する方法はありますか。


PLUS × Opel Entertainment

中国から最新の動向をチェック!
PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Link

New PLUSTOKEN Wallet
Plustoken Wallet ver3.0 coming soon...
DCEP
Digital Currency Electronic Payment

DCEPマーケティング情報

DCEPの市場規模をゴールドマンサックスはどの程度に見てるのか?

ゴールドマン・サックスは、最近の報告書を使用して、10年以内に、デジタル元(DCEP)の利用者数が10億人、発行額は1兆6000億元(約265兆6000億ウォン)、年間決済金額(TPV)は19兆元(約3153兆8000億ウォン) 、全体の消費量の15%を占めると予測している。 


〈既に市場はこの様に拡大している〉

京東JD.comのオンラインプラットフォームにてデジタル元決済が可能に!
https://www.crowdfundinsider.com/2020/12/169979-cbdcs-china-to-distribute-3m-of-virtual-yuan-as-jd-com-is-now-the-first-major-online-service-to-accept-the-digital-currency/

香港金融庁とタイ政府はデジタル元のクロスボーダー決済を支援します
https://btcmanager.com/china-hong-kong-cross-border-digital-yuan-testing/?utm_source=onesignal&utm_medium=push&utm_campaign=push%notification

DCEP の概要

DCEPは中国人民銀行が裏付けとなるデジタル通貨です

DCEPは金融秩序を変える

DCEPは伝統的な貨幣理論からなっている

DCEPはM0(現金通貨+銀行の現預金通貨)ベースの通貨です

DCEPは中央集権であり供給システムはG2B2Cの2階層です

DCEPはブロックチェーンではない(中国独自デジタル通貨技術でBTCのようなパブリックブロックチェーンとは違う)

DCEPは現金同様の匿名性がある(但し中央で管理されている)

DCEPは現金同様の支払い方法を保証している(オフライン決済可能NFC)



注)ブロックチェーン技術のフレームワークの概念に"UTXO”(未使用トランザクションの意)がありますが、DCEPもこの概念を取り入れています。

PLUSTOKEN Walletに実装されるDCはDCEPを仮想ソフト上で動かすことが可能。

アプリの中での外国為替クロスボーダー決済を簡単に行えます。



『DCEP 中国中央銀行デジタル通貨 DC / EPデジタル通貨/電子決済』


国:中国


通貨属性:デジタルRMB


中国の名前:電子決済ツール


研究開発機関:中国人民銀行


DC / EP(Digital Currency Electronic Payment)は電子決済ツールであり、現在、中国人民銀行によって開発され、中央銀行のデジタル商品市場(デジタルRMB”人民元")を指します。デジタル人民元の機能と属性は、人民元の紙幣とまったく同じですが、形式はデジタルです。デジタル人民元はM0の代替を目的としており、二重のオフライン支払いをサポートし、無制限の法医学的価値があり、中国で進行中の金融革新である2層オペレーティングシステムを採用しています。



因みにPLUSTOKEN運営は過去何度もオープンを試みたが失敗した。
最大の原因は当局のDCEPと共に秘密裏に進めるという方針であった。


現在もDCEPは公にロードマップやタイムテーブルは公表されてない。

北京、深圳、成都など5都市でパイロット運用を実施しており日々DCEPの使用事例が増えている。

国内のユーザーからの報告で農業銀行がパイロット運用の先陣を切っており、数十万回のトランザクションを検証し一部問題点はあったもののほぼ実証実験はうまくいったとの報告がある。

各大手企業(国内のスターバックス、マクドナルドやDiDi(滴滴ライドシェアサービス事業を展開ソフトバンクも出資)を始めとする新興企業など)、TikTokのバイトダンスとの連携(パイロット運用、戦略的パートナーシップ)は一部報道されるも内容は非公開のままだ。


事前にオープンを知る事はほぼ不可能であるが、着実にその時に近づいている事を認識する必要がある。

我々は合法的に再オープンを待ちます。

DCEPの目論見が見事に書かれている!Coinotakuの記事です。
記事より一部抜粋:中国のブロックチェーン動向

 

8月10日に正式にローンチされるそうなので、リリース後に更に精緻に分析してみたいと思いますが、毎月3~5種類のトークンがBSNに採用されていくということなので、相当やばいことになります。dApps(分散アプリ)の開発に使われるトークンがメインということなので、近い将来、中国やアジア向けのアプリは、BSN経由でないと開発出来ない、ストアに乗せられない、という時代が来るのでしょうね。もちろんデバイスはHuaweiを始めとする中国デバイス。これらには、BSN関連のアプリがプリセットされる形になります。こうなってくると、中華圏・準中華圏の数十億人の人口を無視することが出来なくなってくるので、米国もそう簡単にHuaweiの輸入規制などを課せなくなる気がします。

BSNの経済圏で秀逸なのが、恐らく対応通貨はDCEPとなるはずで、アプリ経済圏と統一通貨を同時にリリースしてしまうところにあります。結局、BSN上でアプリを開発し中華圏にリーチしようとする企業は、最初から、(1)BSNにあらゆる情報が記録され、(2)決済通貨は問答無用にDCEPを使わざるを得ない、というガイドラインに縛られます。インターネットの世界では、仮に中国にいたとて、VPNを使えば中国国内でも海外のサーバーにアクセスし、非中国のサービスを表示することが出来ましたが、BSNではそうはいきません。何故なら、そもそも決済通貨としてDCEPを使わなければなりませんし、ブロックチェーンに対応する端末を持っていない限り、BSN対応のアプリを表示させることすらできないからです。


https://coinotaku.com/news/articles/82727

DCEP開発からローンチ、
中国の練りに練られた戦略は功を奏するでしょう!

DCEP vs Digital Dollar

これは米中の金融戦争である。最大の武器"DCEP"公式発表すべては中国共産党が権限を持つ!

対中金融制裁施行前に脱SWIFT(国際銀行間通信協会)を目指す。

- 対外的な条件で変数が多い状況であり誰もが公式リリース予想する難しさ。

- アメリカ(デジタルドルテスト中:Digital Dollar Project)

- 日本の(デジタル円発行予定)

- 国連でIPv9のサービス権利付与(中国、100年)

- 現在の25の国でサービス加入をし続けて、50カ国以上で進行中

- Libra:今年第4四半期に発売予定であると発表した。しかし、デジタル事業ライセンスを既にスイスで取得したライセンスを取り消しており、米国、欧州の傘下シンガポール国へ現在打診中。そして主権国家の担保としてデジタル通貨の発行と普及パターンでは問題が多い(通貨バスケット制)。


因みにDCEPはBitcoinをライバル視していません。

DCEP具体的な狙い!

デジタル通貨競争における中国の勝利は、アメリカと西側の資本主義にさまざまな悪影響を及ぼします。
外国企業がバンク・オブ・アメリカを迂回できれば、ワシントンは他の国々に制裁を課す独自の力を失うでしょう。さらに、為替リスクに直面しなくなった場合、外国の中央銀行は米ドル準備金を使用して通貨をサポートする必要がなくなるため、米国国債の需要が減少します。
これにより、連邦政府、商業ローン、住宅ローン、クレジットカード、およびその他のすべての形態の米国借入の金利が上昇します。

一方、中国ではキャッシュレス決済が広く適用されているため、中央銀行のデジタル通貨の実装に大きな利点があり、モバイルウォレットを介したDCEPの使用により、中国の「ベルトアンドロード(一帯一路)」に沿って人々がつながり、既存の金融インフラストラクチャ。銀行口座を持たない人々がオンラインショッピングに支払い、貯蓄を構築する機会を提供します。または、国の通貨の価値をDCEPに関連付けることで、アフリカなどの同盟国の政府が通貨システムを「収益化」できるようになります。

D讯より引用

DCEPとAlipay,Wechatpayとの違い

北斗とPLUSが協業していることの証明

北斗(Beidou)は中国の人工通信衛星。5Gネットワーク、インターネットプロトコルIpV9の技術を支える重要な衛星です。PLUSウォレットアプリのダウンロードサーバーの管理は北斗の関連会社が担っています。
何故PLUSTOKENは止まってしまったのか...過去を紐解く
PLUSTOKEN真実の行方 Another Site Link