PLUS×DCEP

New Era Global Digital Blockchain Wallet "PLUSTOKEN"
About DCEP

一帯一路を通じ世界のデジタル基軸通貨を目指す。DCEPは中国人民銀行が公式に発行するデジタル法定通貨RMB

About PLUSTOKEN
DCEPをグローバルに普及する為に再構築された次世代ブロックチェーンウォレットPLUSは新たに央行国際数字銭包(Central bank international digital wallet)として生まれ変わります!
App Download
Coming Soon...
App Download
Coming Soon...

<重要:PLUS現状は間も無くカウントダウンが始まろうとしている>


張岩嶺元中国銀行副頭取は、

映像では次のように述べました。


プラストークンは生態圏とコミュニティの問題を解決し、すでに多くの中国のコンソーシアムと個人がその中に投資しました。


システムに問題がありましたが、離れずにずっと参加して使うことを知っているすべての人が、このプラットフォームが開かれることを期待しています。


「P2Pが以前は多くの人々を傷つけたが、今はもうこのように人々を傷付けることはできません」※2019年は特にP2Pを語った詐欺が横行しました。


習近平主席は、「ブロックチェーンと実体経済の深みのある統合を解決し、融資、リスク管理、部署間規制監督の難しい問題を解決できる限り、果敢に革新できる」と語った。


(幸いにも、PLUSエコシステムのコイン統合及びSTO貨幣取引所はすべてこのような市場の問題点を解決しています)


このため、元銀行幹部の張揚玲氏は、「プラストークンについて曖昧に話しました」

いいんじゃないですか?

PLUSのネットワークオープンが 今言えないからです。


彼女は「皆、このプラットホームが再開されることを期待しています」と言ったのは、PLUSの再オープンが不可能なら何も言う必要がない彼女にとって、長い時間にわたり自信に満ちていて、そして彼女ははっきりと言いました。  (昨年末、常州会議の場でアイリーンヤンがスピーチしました。彼女はPLUSプロジェクトチームの中心メンバーです。)


「P2Pは過去に多くの人々に害を及ぼし、これからはこの人々(PT参加者)を害することはできません! "


しかし、中央銀行のデジタル通貨であるDCEPをどうやって西側世界に進出させることができるでしょうか。


公開的な進入は人々を警戒するようにし、誰も使用しません。 

では、どうしましょうか。


こっそり入ってください! 笑


デジタルマネーはプログラム、つまりコンピューターのソフトウェアに搭載されて使用されるべきであり、多様な機器や道具で使用でき、モバイルアプリにもなります。 


携帯電話の使用量がとても大きいので、デジタルマネーアプリがある携帯電話は当然良いツールですよ。 


複数の銀行のアプリを使って西側に入ることはできますか。

当然だめです! (中国バッシングが多い現状では無理です)


民間で使用できる、誰でも容易に受け入れて秘密裏にこっそり入ることのできる個人アプリが必要です。 


2018年にはプラストークンというブロックチェーンデジタルウォレットが登場し、特別なプロモーションメカニズムによって1年で全世界的に急ピッチで人気を集め、ハイレベルの経営陣の関心を集めました。


「デジタル貨幣であるDCEPをどう全世界の大海原に送るべきか悩む高位層は船を借りて海に出ることをよく考え活用してみるのはどうかと考えるようになります」


そこで2019年3月に巷で伝説のハイレベル(国の高位層)がプラスプロジェクトの方を訪れ協力について話をしました。


PLUSは当時、風が盛んに吹いてとてつもない利益を稼いでいましたが、そのような状況で他の人たち(利害関係者)を入れる気があったでしょうか?


よって、交渉は不愉快なうちに決裂しました!


高位層は三つの単語を残しました。


「今に見てろ!」


それでPLUS家族に600日以上苦痛がありました!


「交渉後、政府高官はなぜそんなにコメントを急ぐのでしょうか」
※メディアを使った数々の悪評の流布

Plustokenがメインネットにアップさせてくれと叫んでいるので、Plustokenが一旦メインネットにアップすると海に潜り込む魚のように、誰も歯が立たないからです!

※メインネットは分散型アプリケーションであり、一旦動き出すと誰にも止められないプラットフォームになるからです。BTCはその代表的なものです。


現在はその敵と呉越同舟でありデジタル通貨プロジェクトを推進するパートナーなのです。

重要ポイント

翻訳

報道によると、私設機関(私設機関が何故ここに?PTの事)は基礎施設を運営することができるが、背後では条件があり、法律管理の枠組みの中に入れなければならない。同時に服務監督、公共サービスに対する公衆道徳の水準が比較的高いことを要求している。 中央銀行であるデジタル通貨は最初から2階運営体系を導入して個人と公共部門が共同でデジタル通貨を建設することであり、今後、個人の力量を活用して公共財を共同で建設することだ。
翻訳ここまで。

コレは去年11月の記事ですがまだPTは裁判で判決文が出てなくて法律の枠組みに収まっていませんでした。
今年は法律的にも全て清算されて、PTの資産も公共の財に組み込まれました。国庫に入る。
デジタル通貨を広めるには個人の力量とありますが、アフィリエイトの事ですね。
国としてアフィリエイトを奨励していると言う事です。

よって、この記事の文章は、準備が完了させる事を前提としてやるよ〜と、央行デジタル通貨研究所のムチャンチュンは言っているのです。

下記のリンクは央行の元総裁だった周小川と言う偉い方が、デジタル通貨について語っている内容です。文章の中にはっきりとアフィリエイトの文字が出ている!笑

中華民国の人民の力を活用し、デジタル通貨DCEPを拡散させる事は計画であったという事。
ちょうど、そこにPTがネットを閉めた状態であった為、密かに手を結んだ。

今、中国人が盛りにDCEPマーケティングに熱を上げている理由が分かります。
この波がやがて日本含め世界を席巻するかも知れない…

央行行长周小川发话了,私营机构可以参与数字货币研发
https://www.hulianmaibo.com/posts/info/6308

進捗情報

翻訳

1こんにちは、こちらは泰一国際戦狼中隊ですが、dcep一般学習群と高級実戦群を建設していますが、どの群に引き入れる必要がありますか?
2.こんにちは!上級実戦群は名前+電話番号+身分証番号を申告するもので、群では普及した乾物を説明しており、チーム指導者は直接群の中にいて、いつでも様々な問題を解答し、毎晩8時に実戦分享会がある。
3.現在はdcepを普及させて事前に顧客を特定する段階で、国の4000億の普及配当を共有している。
4.plustokenはすでに涅槃して、中央銀行国際大財布に生まれ変わり、中央銀行デジタル商品DCEPは国際大財布にはめ込まれると同時に、他の国の中央銀行貨幣もあり、自由に両替することができ、PTの元の貨幣はすべてあり、網を開いて財布をアップグレードすれば回復することができる。

『』の文章が赤枠の部分。
央行国際財布を中国PLUSユーザーは真剣に捉えてますね。中国は手負の虎と化して一致団結して世界と対峙する覚悟がある様です。ドル覇権をひっくり返すのですからその位の覚悟が必要であると言う事ですね。ある意味は日本人が失った愛国心と世界を変えると言うイデオロギーを感じます(^^)

進捗情報

翻訳

20:39 中央銀行のデジタル通貨搭載機構は現在、中国、労働、農業、建設、貿易、郵便など6つの国有銀行とアリペイ、テンセントウィチャットペイなど2つの上場企業。中央銀行デジタル通貨の国際財布、三大通信運送事業者と中国銀聯がある。

『現在、中央銀行のデジタル通貨の国際財布だけが普及収益があり、情報ソースが真実で信頼されると明確にしており、配当政策は中央銀行の傘下機関の正確な数値を統一基準としている。』 

21:14 ご返事ありがとうございました
すごいニュースだ! !

『』の文章が赤枠の部分。
央行国際財布のみが普及収益があります。
じわりじわりと来てます(^^)

Xデーに関する重要なお知らせ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

■重要進行日程

-12月6日:カンウムDCEP教育実施※昨日の会議
-12月12日:国際デジタル財布公開テスト実施
-12月16日:華為フンモンシステム発売(Huawei新型機種MATE40発売!DCEPウォレットがプリインストールされているとの事。

追記:現時点、HUAWEIのMATE40発売されましたが、中国国内だけです。まだまだ情報が未確認。


■6日カンウムDCEP教育成功的実施

DCEPの教育レベルで行事が開かれたが、プルトユーザー対象に公開的に実施したイベントだということが最も大きな意味を持ちプルトユーザーとして象徴性が高い"ソミルボン"が直接、講師として立ち、500日あまりの間、大変なユーザたちを慰労し、そのうちすべてのことを補償受けることになるとし、プルトオープンに確信を与えることで、すべての不安要素を解消する。(詳細は下記参照)


もうこれ以上不確実性に迷ったり心配する必要はなくなりました。 オープン日もいつだ? よりは上記重要日程を注視しながら見守ってください。

情報元
http://dcep-pluscoin.com/news-detail-550.html


<注意>
アプリのダウンロードリンクはカンウムPT/DCEPセンターからの情報を入手しますので、誰かれ分からないところのリンクは使わないこと!!

お知らせ追記:

##韓国BAND再建の部屋より重要のお知らせ(12.10)##


大韓民国の会員のみなさまたちに!!!

コロナ19で、苦しい状況の中に、一方でDCEP教育をしているが、出席しなければ、私だけ損をするのじゃないかな? とか、心配したり、絶対に焦ったりされて、心配しないように、DCEP教育と大韓民国の公式センターについての今後の進行をお知らせします。


1. IDWP/国際デジタル財布プラスの公式オープンとともに中国から国家別に公式センターの開設と代表者選定。(大韓民国も公式センター設立と、代表選定予定)

※選定された代表者の主管の下ですべての業務進行-ロゴ。教育など)、IDWP:International Digital Wallet Plus(国際デジタル財布Plus)


2.IDWPに内蔵されたプラスとDCEPに対する各種の関心事項

及びマーケティング関連する諸般教育は*中国政府の公式官印が押された公式資料に基づき、*公的資格がいる講師が教育を行う予定であること!!!

※公式資料で教育をしようとすることは字一つでも間違い渡された際に問題発生する恐れ/慎重さを要する重要事項であること。


3.現在個別的にDCEPの教育が行われるのを分かっているが、可及的教育に参加を自制することを願い致します。

誤った内容の伝達によって問題が発生されることができます。

私たちも教育を実施しようとすべての万全の準備をしたが、中国機関で公式的に認められた印が押された資料としてまともな教育をしろと連絡に来たので、自制をしているだけです。(極めて重要であること)


4.DCEPについて知りたいこと

ある方はDCEP情報を持続的に伝えてきているBAND内の再建の部屋/普及戦士養成の部屋1.2

方丈さんとブバン、盲人たちに電話来てトークでお問い合わせば、知りたい部分を詳細かつ親切に

説明をしていただきます


2019年6月28日以降、これまで良い内容の情報を提供して、

また、その情報を見ながら困難を耐えてきた会員様はオープンされるその日までグッグッするように

見ながらオープンになった後に、進行される状況を見て決定しても決して遅くないです。


オープンが遠からず、焦ってしないことを要請しながら

いつも健康することを望みます。

特にコロナに気をつけてください。


韓国再建の部屋より



今回のPLUS復活劇は中国デジタル通貨DCEPとの協業があるからであり、

単独での復活はありませんでした。

DCEPのグローバルな普及が最大の目的であり、この普及については国家事業でもあるので

しっかりとした取り組みで行う必要があると述べられています。

ワケわかめのネットワーカーが出てきてやるようなことでも無い話です。

正直なところ日本のトップには信用力があまり無い事が分かっています。

このちゃんとした話がすんなりと日本に入ってくるか?否かは不明です。

現時点で、中国の微信グループか韓国のBANDグループ、Telegram(PT Believers)のグループからの情報しか信頼出来るところはありません。今までの情報で重要なポイントは全て彼らからです。

今回も重要なポイントになると思いますので引き続き正確な情報を取ります。

速報!!オープン間近重要なお知らせ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

【 重要情報!公に情報が公開。遂にオープン間近ですᕦ(ò_óˇ)ᕤ 】

12月6日(アジア時間)に中国で開催された DCEP 公開会議が無事終了しました。 会議の間,1000人以上のプラストークン中国人利用者が会場に入り,上海から多くの講師が舞台に上がり,スピーチに参加した。 最も重要なことは… 最後のまとめを作るために現れたアイリーン・ヤン(小蜜蜂/リトルビー)。

Plusが参加した本日のDCEP会議トークン ユーザは、オープンで合法的な行為です。 秩序維持のため,多くの政府機関の警察官が会議に出席している。 ご安心ください。 526日間の持続が正しい道であり、最初の約束は実現します。

【中央銀行国際財布】 ← PLUSの新しい名称
①レンガを運ぶスマートな波の音は相変わらず(ブリックアービトラージAI-dog)
②業種別の容量の拡大、資産倍増
③生態シーン、収益永続
④貨幣改革、時代配当
⑤商品の流通、貿易配当金
⑥公益に献身し,社会の配当金
⑦ZF国家郊外の力であり、政治的利益
⑧経済通証、富の絶頂


12/6デジタル経済交流会(進行と状況報告)
大きな流れ 大きなチャンス 大富
1.開幕式:中国起立脚
2.男女司会の挨拶。。。
3.集団立ち上がって、揺れて手から星紅旗、大合唱、私と私の祖国は,人によって熱烈だ!
4.男女司会の挨拶血を温める挨拶、長江、黄河はバンコゲ天に開かれ、神州は空に飛んだ。シルクロード 一帯一路 数えてください文字や貨幣など
5.視聴ブロックチェーン相動画を消すこと→通貨発展の歴史
6.ジュソチョン、ボムイル飛、転綱、ムジャンチュンなど関係した指導者たちが対する。デジタル人民元トークや動画
7.男女司会の挨拶
8.ナヌムパネム:ファンソンボ=ダルマ院長=信者富
分かち合いに長けていて プロらしい非常に包括的で ブロックチェーン知識が普及し エリアはブロックチェーンは、世界経済、ブロックチェーンを再生する。データに対する信頼の問題を解決する上で。
ブロックチェーン1.0段階:プログラム可能通貨
ブロックチェーン2.0段階:プログラマブル金融
ブロックチェーン3.0段階:プログラマブル社会
ブロックチェーン4.0段階:プログラム可能管理
国内初のブロックを言及する。チェーン電子領収書:添付図面を含む。
ブロックチェーンはインターネットだ。第二の時代
ブロックチェーンは相互に価値がありますネットの10倍
信頼を生み出すのは ブロックチェーンですという機械
9.男女司会の挨拶
10.ハウお兄さん分かち合い

A. デジタル人民元普及7つのビジネスの論理です
❶.DCEPと企業、企業銀行、ウィチャット、アリペイの愛憎仇敵
❷.金融監督、規制モデルの下で感じられるビジネスの香り
❸.肩パッド事業拡大歴史的使命
❹.国際情勢の対立せっぱつめる
❺.大衆的な認識が必要昇級
❻.内外循環の流れ経済再生の大国重機
❼.人間の運命は同じだ体、デジタル経済時代の新しいグローバル化の粘り合剤

B. 中央銀行国際財布の8大時代の配当金
❶インテリジェント·ブロック 波音は相変わらずである
❷業種別の容量の拡大、投資拡大生産が倍増する
❸生態シーン 収益永続
❹貨幣改革の時配当金
❺商品の流通 時代配当
❻公益に身を捧げます配当ができる
❼国のために奉仕する。配当金
❽経済 財物 経済 財物富の絶頂
五星出東利中国
鹿を追って中原を覇業とする。
キーワード:暖かさを越えて冬
編集長はただ参考に供すると考えている不作為

11.男女進行辞
12.王様は分け合い、励起編:一言で圧縮する:上下5千年、時代の饗宴
13.男女司会辞
14.鉄兄分け合い、そして 気付かないうちに 何が起きたことを小説の脈を伝うーん。
真実は空の太さのようだ。ヤン、他のところではなく、君自身で空には雲があるとか、空には雲があるとか、風が吹いて雨が降るとき、君は見ないのか太陽に照らされていても 彼女の存在は感じられます
15.男女司会辞
16.🐝蜜蜂(アイリーン・ヤン)登場、ベン原稿用紙を持って来て 使いたくない 皆さんと心の中の言葉を二言三言言って、苦難→幸いだ。運が開けたように詳しく話さないと、場内幼い仲間が感激して泣いて、泣き声が広まった
支持総和:メガトレンド 大きなチャンス、大きな富、最後は呼応
17.会議円満に終了束やハチにサインをしたり写真を撮ったりします記念する


12月6日行われた常州会議の内容について(上海郊外の地方都市)

こんにちは!お待たせしました。
無錫江陰疫病の原因で臨時に常州会議に変更されました。午後4時半の入場から会議終了午後8:30までの間に携帯電話がオフにせざる終えず写真を撮ることができず、参加者は約1200人ほどで、新疆傅先生の左前列に座ることができました。

会議の実態実感は以下の通りです。
1。黄中保(信我者富)主講ブロックチェーンと国家政策
2。豪子(豪兄)主講DCEPの重要性と普及の必要性
3。王はPT家族の心の歩みと美しい未来を共有している
4。鉄兄(李府懸案作者)PTは必ず開くべき論理と役割を共有する
5。小ミツバチ(アイリーン・ヤン)はDCEPの国の重器である歴史的使命をまとめ、意義を広め、PT家族たちの苦難と幸運と福を慰め、お祝いする……。
6。すべての発言者、特に小さなミツバチは、PTが必ず帰ることを示唆しており、私たちPTの家族たちが苦楽をなめて幸運に幸せになったことをお祝いしています!…

仲間たちは、無駄な疑いを無用にして証拠を求めて、真実はすでに知っている結果が出て、何の懸念もなくて、冷静に喜びを噛み締めながらネットを開いてからは全力でDCEPを普及させてもいいです!!

余計なことを言いたくない,熱い涙があふれている!
一新兄(江蘇常州)

74 9:39 HD 46 PT&DP新紀元-1軍団(396)@ヤンジャハ~北京を経て、人間~ウルムチの内側の国際財布を指す言葉そのままpt財布を経て、人間を経て~ウルムチ、以下私たちのチーム一人が会議に参加した感想、悟りと総括:先にptに対する肯定的な結論が出ます! 小さなミツバチ·ヤンパチームは 多大な努力をしました。前期(昨年)は非常に不明瞭だったが、国家と合弁するために北京に行って書類に署名し、外で5時間待って、これがいつも得難いものであることを想像することができ、また、確実なことは国家がpt技術と生態を認めさせてptを加入させたのだ。二番目は時間ノードに関して新しい情報だけに関心を持つ。12月に銀行法とDCEPの実験的な動きが出るだろう。pt自体はこのDCEPのチャンスに問題がない。

重要なお知らせ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

1.習近平主席は

   2020年、デジタル貨幣元年に

   ついて話しました。


2. リブラは、2021年1月、

   に小規模上陸するでしょう。


3. 冬季五輪のデジタル貨幣チケット

  販売2021年3月施行予定


4. 12月6日から

   [ワン·ジファ/ソミルボン(小蜜蜂)の]

   強音浄化士  -  DCEP広報 教育会議の始まり

  

これからはニュースに気をつけてね。

ではなく、安心してオープンするまで待っていてください!!

12月1日王総音声共有ポイント整理:

チームのリーダーである宋先生は広州へ行って正確な情報を求め、すべてのPlusユーザーが最も福報を持っている。Plusは必ず戻ってくる!:

 

プラストークン国家デジタル人民元と協力しました! ネットワークを開いた後に新しいルールが実行されます 加える未来の生態生命力は非常に強力です 加える第一の波の富は知能犬の収益の第二の波富というのはDCEP,国が与えたもので、必ず学び、自分の身近な企業の友人に紹介して、国の400000000000元の配当金を分かち合います。
第三波富とはPlus將来の強力なエコシステム 否定的な情報はグループに伝達されず他の人に影響を与えます 思い込みを静め、急速に成長し、成金の出現を防ぐ心や行動、富の罠に落ちる 勇敢に生活に直面し,生活に対応し,逆境の試練の中で成長してきた。

 よく勉強して、準備をして、第2波、第3波の富を迎えます!

http://plustoken.org.cn/news-detail-547.html


ー 重要なお知らせ ー

一、新しく発売されたのは中央銀行国際財布や中央銀行スーパー財布と呼ばれ、後ろにPlusは付いていません。Plusをマルチ販売と同定したばかりです。今中央銀行が新しく財布を出して後ろにPlusがついていますが、これは自分の顔を打っているのではありませんか。PlusTokenという名前はもう臭くてこれ以上使えない。

二、ロゴは今までとは全然違って、自分で向きを変えた

三、Appが開くとページも従来とは違うが、機能は似ている。

四、元Plus会員のすべての資産は変わらず、収益基準はネットを閉じる前に実行される。新しい財布が着地した後、Plus元会員は新しい基準で実行されます。

五、技術はPT元技術チームが担当し、データと管理は中央銀行指定チームが担当する。

六、財布を中心化し、実名制で登録する。一人一人財布です。会員の現金化は直接利益を得たPlusコイン対をDCに両替し、更にDC専属財布に転入し、一定の税金を受け取ることができる。この時DCは正常に消費することができ、或いは他の行の財布に転入することは手数料がなくなる。

七、Plusコインは財布の中で互いに回転して中央銀行は税金を徴収しませんが、誰が誰の税金を受け取るかを変えるので、未来のPlusコインの場外取引の、市価と出来高に差があります。

八、すべてのデジタル資産が財布から転出する場合、一律に一定の割合税(DCで支払う)を受け取り、あなたが現在転出した時の資産が小さいか大きいかにかかわらず、その時転入した資産です。

九、会員が技術側に委託するデジタル資産は、どれも規制され、不正活動への使用が禁止されている。

十、技術側と会員は財布の中の経営行為に対して自己損益を負い、中央銀行は出資せず、底をつけず、税金だけを受け取る。


中国PLUSチームのウイチャットから引用

もう、プラストークンは過去の物となりました。

全てを清算し新しい姿で戻って来ます。

11/30付 続報

昨日、突如として現れた公式アプリダウンロードサイト‼️

これが果たして本物かどうかを調査中の様ですが、Facebookのリブラ(Libra)が2021年1月ローンチ!と言う情報が流れてますので、DCEPのグローバルウォレットを担うPLUSのローンチも間も無くと言う流れだと思います。

現在のところ、大手4銀行のDCEPウォレットが一般向けに配布が進んでいると聞いてます。
順序的には大手銀行、その次に民間の…と言うのは仕方のない事です。

良い意味で風雲急を告げる❗️事になりそうです(^^)



金色財経にDCEP/PLUSが報道されたというニュース!
上海に特別な運営センターがありますが、
DCEP/PLUSの研究機関でもあります。

デジタルウォレットの

正式な名称は

中央銀行・国際財布PLUS❣️


中国中央銀行デジタル通貨研究所 所長Mu氏(ムーチャンチュン)は4大銀行のDCEPデジタル財布は高貴な娘だとするならば、PLUSデジタル財布は野生の娘であると!なんと面白い表現。(^^)

当初のシナリオ通り、まず最初に4大銀行ががDCEPウォレット
を開く必要があります。
PLUSはそのあと。。

着々とDCEPが配布されている
https://www.bangkokpost.com/business/2030911/chinese-city-to-hand-out-virtual-red-packets-as-part-of-digital-yuan-trial

DCEP&PLUSニュース動画

DCEP&PLUS TVニュース 必見❗️
オープンが近いそうです。動画を観て学んで下さい。
中央銀行が全てを決定しますので、法的に全てをクリアさせる必要性があります。
もう、民間レベルの話ではなくなってます。
良くも悪くも私たちは大きなチャンスを手に出来ると思います。
朗報を待ちましょう♪

11月22日

https://youtu.be/OASxUI1Sjyk


11月15日
https://youtu.be/_cYg755kjAI

11月9日
https://youtu.be/PykzeSQXIFY

11月6日
https://youtu.be/GQolsV91a0g

11月1日
https://youtu.be/S_pw6RRTFVI

10月28日
https://youtu.be/2CptkFwoBYM

直近の6つの動画です。
僕が管理しているサイトに書いてある事と同じです。

11/14付 続報

DCEP公式資料に!

央行国際銭包PLUSの文字が(^^)

中央銀行インターナショナルウォレットだって…凄い‼️

IDW PLUS


あと、香港でSTO取引所としてPLUS 取引所が認可取得!しかも、あの趙氏(初期の大口投資家でもありPLUSがネットワークを閉じる原因を作った人物)と和解して再スタートした。

11/10付 続報

DCEP公式リリース!

ウイチャットペイではDCEPウォレットが自動生成されているとの報告あり。(日本人は対象外なのと、ウイチャットペイやアリペイでDCEPウォレットを作ってしまうとPLUSウォレットappの登録は出来なくなるので注意必要)

明日ダブル11に照準を合わせる‼️



最新のニュースで国内初

プラスチーム慈善団体が中央銀行を通じてDCEP決済事業を成功的に申請しました。


このチームは、すでに一対一で国家

20ヶ国余りをドッキングするのに成功しました。  国内数百の大企業と国家観光名所です。


11月にAIIBが

全世界にサイトを開設すると、

中国には数億人の人たちが

華やかに転じることになり、


12月には中国で7億人程度の赤色中産階級が誕生することになるが、これで中国の浮上と跳躍が正式に始まります!


AIIBアジアインフラ投資銀行



真のオープンはもう間近だ。皆さんはプライベート鍵を準備しなければならない!

(電話番号とパスワードが有ればプライベート鍵は復元出来るとの事)

今現実に進行している事は事実です。


様々なメディアが報じ始めていますが、


中国政府は真剣にDCEPを世界の基軸通貨へ押し上げようとしています。


・昨年は習近平がDCEP発行の発表を行った!

・PLUSTOKENはそのタイミングで中国政府の傘下に入りコントロール下に置かれた。なので単独でのネットオープンは出来ない状況である。

・PLUS本体は英国ロンドンへ拠点を移している。中国政府と英国王室でPLUSの株式70%以上を保有する。

・今年は新型コロナの影響下でデジタル決済とデジタル通貨発行への布石が打たれた!コロナによる国民の意識変化。

・PLUSはベータ版3.0の概要を4月末に密かに発表!※動画有り

・今春からパイロットテストが中国主要都市にてスタート!

・この半年間で中国独自の衛星ネットワーク網整備と全てのデータ収集とデータのバグ取りを完了。

・10月中旬頃から中国仮想通貨取引所大手のOKExとHuobiのトップが公安に事情聴取を受けており、OKExは現在取引と資産出金停止状態。これを機に国有化になるかもしれない。


全てはDCEP着陸のための下地を作っている状況であるとするならば。


PLUSは唯一中国中央政府(共産党)のお墨付きをもらっている仮想通貨プラットフォームという位置付けになると思います。


新型コロナ同様、信じられないような事が本当に起ころうとしている状況であることを認識する必要があると思います。




メディアが伝えない裏事情:

中国と英国は裏ではしっかりと協調関係を築いてます。

EUから英国はプレグジットしてますので、金融勢力が再度大きな力を持ってきています。

この資金が大量に中国へと流れておりその一部をPLUSが暗号資産で提供しているという構図です。

デジタル人民元は中国政府と英国王室が目論む米ドルからの世界覇権取りなのです。

戦略的にDCEPを普及するための隠し玉がPLUS!!


中国中央銀行デジタル通貨研究所 所長Mu氏(ムーチャンチュン)が言ったこと。以下。重要です。

特定の群衆はありません!それは大衆、つまり大衆、それはすべての人々です!

11月にはAlipayやWeChatと同じ商品を提供し、不特定の人に開放することができます!より多くの人に使ってもらいましょう!

それが大規模な公開テストです!

小エリア公開テストは小エリア着陸です!

大面積オープンテストは大面積着陸です!

大規模な着陸は、デジタル通貨DCEPの使用を普及させることです

11月には、デジタル通貨DCEPが大規模に公開されます。

デジタル通貨の後、DCEPは実際には11月に使用されます。

11/5付 続報

現在すでに確認された消息は正確な誤りのないpt連合dpがすでに実在のハンマーだ。
これは重要!プラス財布3.0版がすでに完成されるなど、網を開閉すれば、ダウンロードして使用することができる。
境界とテスト版がほぼ同一のpsex取引所はOTCの取引機能を同時に開放する。売買貨幣の手数料は他の取引所より低く、メインネットワークはすでに完成されてテスト中、インターネットを開通した後、プラス貨幣資産は同時にメインネットワークにマッピングすることだ!
メインディジタルも 同時にメインネットワークに 映し出します! ハンドリンのキャンセル、鉱山業務開始、鉱主担保プラス通貨オープン! プラス通貨商業応用、すべての国家のすべての区域に適応、秒間に任意の他のデジタル通貨またはその他の安定的なデジタル通貨、その他の国家通貨に交換! 開放前の最後の段階に開放と消息が同時に来ます!

11/3付 続報

【重要:中国人民銀行のニュース】

デジタルRMB(DCEP)はパイロット地域内の500つの個別商店全土を回りながら、支払方法を変え、消費還付金2%DCEP、合法的なデジタル通話の現金に該当するDCEP、合法的なデジタル貨幣を発行して、世界各国にDCEP国家の採用支部を置くことにして活性化するという内容です。添付の画像がそのチラシ。



先日も投稿したけど、
2. プラス既存ユーザーは国際的なビッグウォレット生態系の種ユーザーとしてディセップを全世界に普及する役割を果たす を参照して下さい❗️


-. あなたの推薦者、ディセップを財布の状態で消費する収益(国内2%、海外3%)、ただし財布の中で消費すると推薦手当がある。



この情報は昨年秋から伝えられていた情報です!
この様に中国中央銀行のチラシに紹介報酬2%が明記されているのを見てまだ疑っている人も居ますが…笑

どうなるかはほぼ確定したも同じ事のように思います。
ま、人ってそういう者ですけどね(*´-`)

11/1付 続報

中国メディアからの興味深い記事!

去年から伝えられていた事の全容が明らかになるのは11月。
以下記事翻訳。

中央銀行デジタル通貨ダブル11が登場! アリババ… 現在、独立研究機関である中国銀行の元職員によると、中国人民銀行(中央銀行)は今後数カ月以内に、国家支援暗号通貨(DCEP)を発行し、7機関に発行する予定だという。 2012年まで中国建設銀行のグローバル金融戦略の責任者であったPaul Schulte氏は、世界最大の銀行である中国工商銀行、元雇用主、中国銀行、農業銀行、中国フィンテック企業、AlibabaとTencentの2大企業、Union Pay、 など中国銀行協会は、暗号通貨の共同発行権の第1弾を取得する。 暗号通貨の開発に関与した匿名の独立系情報筋は、このモデルをDCEP(Digital CurrencyElectronic Payment)モデルと呼んでいると述べている。 また、7機関も参加したという噂を確認し、8番目の機関もあると付け加えた。 しかし、この情報筋は8社目の社名(昨年から言われている通りこれがPLUS)を明らかにしなかった。 この情報源はかつて中国政府のために働いていた。 彼は、昨年から暗号通貨の技術が準備されており、暗号通貨が11月11日(シングルスデー)の中国で最も忙しいダブルイレブン商店街になる可能性があることを確認した(編集者は、ダブルイレブンは旧正月の赤い封筒の次の日だと考えている)。 関係者によると、7つの通貨発行機関は13億人民元(中国人民元)の暗号通貨を中国国民などに配布する役割を担う。 同筋によると、韓銀は欧米の特派員銀行との関係を通じて、最終的には米国などの消費者に通貨を提供できるようになることを期待している。 同筋は、「これは計画(米国民向け)だが、すぐには実現しないだろう」と述べた。
元記事リンクhttp://www.shilian.com/m/view.php?aid=128132



* PLUS重要な知らせ

1.ディセプ(DCEP)2段階原則

- デジタルRMBウォレット、統合デジタルRMBインジシステムの共同管理は、中央銀行と指定事業者が行い、ウォレット状態プラットフォームを共同で構築し、

- 共有モードを活用することで偽造防止コストを効果的に削減できる

- 視覚認識と特定の機能を同時に達成化する。

2. プラス既存ユーザーは国際的なビッグウォレット生態系の種ユーザーとしてディセップを全世界に普及する役割を果たす

-. DCEPを広報(マーケティング)するアカウントを追加登録しなければならない(但し、PLUSアカウントとは関係ない)

-. あなたの推薦者、ディセップを財布の状態で消費する収益(国内2%、海外3%)、ただし財布の中で消費すると推薦手当がある。

3.収益支給
(スマートドッグをオフにしていない会員)

- 出金停止期間の収益支給

- 2019年7月~9月初めまではプラスコインで支払い、残りは全てディセップで支払い(9月末からオープンする日付までをいい、キャンデーで3日に1回支払う方法が変更される)

- すでにプラス(3.0)財布の中にはディセプ流通がよくできている

- また、プルトユーザーはディセップウォレットの中で直接ディセップを消費でき、ディセップを社会で使用できるカードに預けることができる。

4. 携帯番号とパスワードだけでもプライベートキーを取り戻せる

- ただし、3.0ウォレットでは秘密鍵を探すには口座開設の携帯番号更新料金がある。

注意)情報は時に変化するが、非常時においても理を超えているわけではなく、心の中で推し量ることができるレベルで変化する。

10/30付 続報

間も無くリリースされるHuaweiの新型5Gスマホ MATE40にはDCEPウォレットが装備されており、グローバルウォレットappはPLUSなのではないかと言われてます。

随分前からDCEP公式リリースとともにPLUSも着地すると言われてます!

このMATE40に関する情報はまだ未確認情報ですが、昨年から伝えられている情報でもあるので信憑性はあります。
分かり次第お伝えします^_^


https://decrypt.co/46706/new-huawei-smartphone-includes-a-hardware-wallet-for-the-digital-yuan

10/26付 続報

昨年、9月に小蜜蜂(ソミルボン)が伝えた消息は本当だった!

その時は誰もその事を信じなかった…w
プラストークンがオープンしなかった為だ。


何故?オープン出来なかったのか。

ー DCEPの準備がまだ出来てなかったからです。


華為技術(ファーウェイ)との合作も報じられていたがこれも先送りにされた。※最新スマホにPTアプリが内蔵されているとの情報でした。



現在、中央銀行はデジタル通貨のリリースを目前に控えており

方向性を指し示している。

デジタル通貨研究所所長Mu氏が先日も伝えた通り、取り扱い可能な機関は限られており、国内向けは4大金融機関、Alipay、Wechatpay。

当然、海外向けグローバルウォレットにもDCEPを搭載することは明白です。


そのグローバルウォレットの名前はプラストークン!(リリース時は改名される予定)


小蜜蜂が情報を伝えてくれていた事はやはり真実だったのです。

4月末のプラストークンapp3.0β版の情報もそうです。
その時インストールしたアプリはまだスマホに残っています。

10/25 続報

間も無く動き出すとの情報がいくつも出ていますので楽しみです(^^)

10/14付 続報

2020-10-12
✔️深セン具現計画:デジタルRMBは輸出できないが、資本市場で流通されることがあります。

📌Shenzhen Digital RMBテストが進行中です。
最近、中央政府と国務院が共同で
"宣伝の際、中国の特性を持つ社会主義市場経済モデル旧建設示範総合改革施行計画(2020-2025)"を発表した。

文書にはデジタル、人民元を海外に輸出するないし、金と米ドルを買ったり売ったりすることができないうえ、内部的に万流通できると言及されています。 しかし、 不動産市場を含めた資本市場、ひいては株式投資者の売買取引までも流通されることがあります。



人民元の公開テストを実施している中国の宣伝では
"フィンテック革新プラットフォーム"を発足させる予定のところ、デジタル人民元決済等の使用に民間企業(?)や他の機関の参加を督励してする形と予想されており、際たるものが4大銀行を含む8大協力企業の中に入っているPLUSだとされてます。

海外にデジタル元は出さないけど、資本市場は別だよと言っている理由はよくわかりますよね〜皆の衆(^-^)
4大銀行のDCEPが出揃いましたね!パイロット版から市場へ実装されたアプリでデジタル元(DCEP)投入開始となり、一般市民が使い始めているという報道を先週から聞くようになりました。海外向け(グローバル市場)のDCEP流通には資本市場との窓口であるPLUS WALLLTが重要な立ち位置であることがよく理解出来ます。

10/10付 続報

中国国内ではDCEPの利用推進の為のプロモーションが日に日に大きくなっているようです。日本にいる私たちには伺い知れない事ではありますが、実際は数百万人から数千万人に広まろうとしているということは事実なようです。

広東省深センでは大規模な公開テストが今日から実施されたとありますね。


PLUSが開く時はそれがグローバル展開を意味します!


徐々にその時に近づいているとの情報がいくつもあります。朗報を待ちましょう(^^)



なお、当初予定していたipv9の移行は1ヶ月遅れていたようですが、9月末に完了したようです。




DCEP国内プロモーションについてニュース
https://www.abc.net.au/news/2020-10-10/china-to-issue-10-million-digital-yuan-in-first-public-test/12750320


https://cntechpost.com/2020/10/09/shenzhen-joins-hands-with-chinas-central-bank-to-distribute-10-million-gift-money-in-form-of-digital-rmb/

Yahooニュースでも取り上げられてます 10/11付

https://news.yahoo.co.jp/articles/34431ddd0c7d5c663c98ebf0650145fb1213106b

今までDCEPが内部的テストだったものが公開テストに切り替わり始めたと見て良いと思います。
国の通貨発行はやはり慎重に行っています。失敗は許されないからでしょう。
登録した電話番号、パスワード、秘密鍵は必ず準備すること。紛失している場合は自己責任です。
PLUSTOKENがこの1年の間に増やした資産(我々の資産)の一部BTC(127万btc)とETH(1,015万eth)


主に中国にあるHuobi取引所、OK取引所の口座に分散される形で保管されています。
Huobiは中国政府が管理しているとも言われている取引所なのでDCEP×PLUSは事実婚のようなものですね。

民間の暗号通貨調査会社chainalysis調査によるとHuobiへ資金が集まっているようですが、一部は出金されたものの資金の大半以上は取引所やウォレットに残っておりそれがどのようになっているかは分からないとのことです。
https://blog.chainalysis.com/reports/plustoken-scam-bitcoin-price


ブロックチェーンの素晴らしいところはこれらが全てトラッキング(追跡)出来るところです。PLUSの有志RAO先生が1年以上かけて追跡した結果です。現在も資金はHUOBI, Coinbase, Bainanceなどの複数の口座に増加して残っている!
PLUSのAi-DOGシステムは動いており裁定取引を継続しているとの結果です。

以下参照
BTC資産TOP100アドレス
ETH資産TOP100アドレス
PLUSTOKEN 6.28事件から1周年

あの悲劇から早1年が経ち新たな展開が始まろうとしています。世界の多くのユーザーがこの再開を待ち望んでいます。中国の一帯一路デジタル構想の一躍を担うPLUSとDCEPは兄弟コインとなって世界の新たなデジタル経済圏を構築していくこととなるでしょう。PLUSは説明はしません。データで証明する為にデータは全て準備を整えています。 中韓日のリーダー達の共通認識では
DCEPが飛び立つとPLUSが出てくるものと思います!

(注意:DCEPグローバルウォレットAppがPLUSになる予定)


以下、6月28日付 PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Linkより引用

Plustokenの新しいチームが結成されました。
今日はネットワークが閉鎖されてから1年で、新しいアドレスの転送はまだ進行中です


プラスウォレットETHの大量転送、個人分析はネットワークを開くための準備であり、いわゆるブラックメディアの清算ではなく、データクエリ追跡から、各転送は100以上です

特性的には本質的に違いがあり、整然とした準備が準備作業であり、ランダムブレイクがランニングの特徴なので、さらにネットワークを開くための準備をしておく


同時に、最近、企業が8番目の組織の協力関係として特定されたことが報告されています。DCEPのプロセスは、前のステップに従います。アリババとテンセントは、参加する最初の協力提携になるはずです。

プラスウォレットバージョン3.0では、マイニングプール、ゲーム、パブリックチェーン、支払い、支払いコレクション、商用アプリケーションなどの機能が追加されています。そして、plustoken3.0ウォレットにロードされたゲームボードとしてOpel Entertainmentのゲームボードがあり、開くと最初のページが表示されます...

インターネット開通後、私たちは金持ちの最初のグループとなり、最大の受益者はプラスそのものです。プラスの生態、機能、そして将来の価値の観点から、ネットワークを開いて空に直接飛んでいくのはプラスコインであり、プラス自体の価値

IPv9は大きなアドレスであり、深いネットワーク構造を形成できます。IPv9デジタルアドレスにはオブジェクト指向の特性があり、可変長は割り当てられたアドレスを定義します。これは、ネットワークインターフェイスアドレスまたはネットワーク識別記号として独立して使用できます。組み合わせは、インターフェイスアドレス+識別記号として設計できます。暗号化により、秘密鍵と公開鍵を生成できます。アドレスを暗号化します。

プラストークンは、2015年の初めから2018年2月の間にレンガの裁定取引を開始し、3年間行いました。また、Samsungテクニカルチームが開発したレンガの移動技術を使用しており、かなりの経験があります。Plustokenの共同創設者Leoとチームが開発したAlphaスマートドッグロボットは、世界のトップゴーマスターLi Shishiを大きなスコアで倒しました!


元のGoogleアルファスマートドッグアルゴリズムの研究者であるLEOとウォレットテクニカルチーム(元Samsungのキムジョンイン)が加わって、これまでに見たスマートドッグに統合されました!plustokenは、IT分野、金融分野、マーケティング分野の世界トップの3つの主要分野を統合します。このようなチームを簡単に模倣する方法はありますか。


PLUS × Opel Entertainment

中国から最新の動向をチェック!
PLUSTOKEN全球中文社区 Chinese Site Link

New PLUSTOKEN Wallet
Plustoken Wallet ver3.0 coming soon...
DCEP
Digital Currency Electronic Payment

DCEPマーケティング情報

DCEPの市場規模をゴールドマンサックスはどの程度に見てるのか?

ゴールドマン・サックスは、最近の報告書を使用して、10年以内に、デジタル元(DCEP)の利用者数が10億人、発行額は1兆6000億元(約265兆6000億ウォン)、年間決済金額(TPV)は19兆元(約3153兆8000億ウォン) 、全体の消費量の15%を占めると予測している。 


〈既に市場はこの様に拡大している〉

京東JD.comのオンラインプラットフォームにてデジタル元決済が可能に!
https://www.crowdfundinsider.com/2020/12/169979-cbdcs-china-to-distribute-3m-of-virtual-yuan-as-jd-com-is-now-the-first-major-online-service-to-accept-the-digital-currency/

香港金融庁とタイ政府はデジタル元のクロスボーダー決済を支援します
https://btcmanager.com/china-hong-kong-cross-border-digital-yuan-testing/?utm_source=onesignal&utm_medium=push&utm_campaign=push%notification

DCEP の概要

DCEPは中国人民銀行が裏付けとなるデジタル通貨です

DCEPは金融秩序を変える

DCEPは伝統的な貨幣理論からなっている

DCEPはM0(現金通貨+銀行の現預金通貨)ベースの通貨です

DCEPは中央集権であり供給システムはG2B2Cの2階層です

DCEPはブロックチェーンではない(中国独自デジタル通貨技術でBTCのようなパブリックブロックチェーンとは違う)

DCEPは現金同様の匿名性がある(但し中央で管理されている)

DCEPは現金同様の支払い方法を保証している(オフライン決済可能NFC)



注)ブロックチェーン技術のフレームワークの概念に"UTXO”(未使用トランザクションの意)がありますが、DCEPもこの概念を取り入れています。

PLUSTOKEN Walletに実装されるDCはDCEPを仮想ソフト上で動かすことが可能。

アプリの中での外国為替クロスボーダー決済を簡単に行えます。



『DCEP 中国中央銀行デジタル通貨 DC / EPデジタル通貨/電子決済』


国:中国


通貨属性:デジタルRMB


中国の名前:電子決済ツール


研究開発機関:中国人民銀行


DC / EP(Digital Currency Electronic Payment)は電子決済ツールであり、現在、中国人民銀行によって開発され、中央銀行のデジタル商品市場(デジタルRMB”人民元")を指します。デジタル人民元の機能と属性は、人民元の紙幣とまったく同じですが、形式はデジタルです。デジタル人民元はM0の代替を目的としており、二重のオフライン支払いをサポートし、無制限の法医学的価値があり、中国で進行中の金融革新である2層オペレーティングシステムを採用しています。



因みにPLUSTOKEN運営は過去何度もオープンを試みたが失敗した。
最大の原因は当局のDCEPと共に秘密裏に進めるという方針であった。


現在もDCEPは公にロードマップやタイムテーブルは公表されてない。

北京、深圳、成都など5都市でパイロット運用を実施しており日々DCEPの使用事例が増えている。

国内のユーザーからの報告で農業銀行がパイロット運用の先陣を切っており、数十万回のトランザクションを検証し一部問題点はあったもののほぼ実証実験はうまくいったとの報告がある。

各大手企業(国内のスターバックス、マクドナルドやDiDi(滴滴ライドシェアサービス事業を展開ソフトバンクも出資)を始めとする新興企業など)、TikTokのバイトダンスとの連携(パイロット運用、戦略的パートナーシップ)は一部報道されるも内容は非公開のままだ。


事前にオープンを知る事はほぼ不可能であるが、着実にその時に近づいている事を認識する必要がある。

我々は合法的に再オープンを待ちます。

DCEPの目論見が見事に書かれている!Coinotakuの記事です。
記事より一部抜粋:中国のブロックチェーン動向

 

8月10日に正式にローンチされるそうなので、リリース後に更に精緻に分析してみたいと思いますが、毎月3~5種類のトークンがBSNに採用されていくということなので、相当やばいことになります。dApps(分散アプリ)の開発に使われるトークンがメインということなので、近い将来、中国やアジア向けのアプリは、BSN経由でないと開発出来ない、ストアに乗せられない、という時代が来るのでしょうね。もちろんデバイスはHuaweiを始めとする中国デバイス。これらには、BSN関連のアプリがプリセットされる形になります。こうなってくると、中華圏・準中華圏の数十億人の人口を無視することが出来なくなってくるので、米国もそう簡単にHuaweiの輸入規制などを課せなくなる気がします。

BSNの経済圏で秀逸なのが、恐らく対応通貨はDCEPとなるはずで、アプリ経済圏と統一通貨を同時にリリースしてしまうところにあります。結局、BSN上でアプリを開発し中華圏にリーチしようとする企業は、最初から、(1)BSNにあらゆる情報が記録され、(2)決済通貨は問答無用にDCEPを使わざるを得ない、というガイドラインに縛られます。インターネットの世界では、仮に中国にいたとて、VPNを使えば中国国内でも海外のサーバーにアクセスし、非中国のサービスを表示することが出来ましたが、BSNではそうはいきません。何故なら、そもそも決済通貨としてDCEPを使わなければなりませんし、ブロックチェーンに対応する端末を持っていない限り、BSN対応のアプリを表示させることすらできないからです。


https://coinotaku.com/news/articles/82727

DCEP開発からローンチ、
中国の練りに練られた戦略は功を奏するでしょう!

DCEP vs Digital Dollar

これは米中の金融戦争である。最大の武器"DCEP"公式発表すべては中国共産党が権限を持つ!

対中金融制裁施行前に脱SWIFT(国際銀行間通信協会)を目指す。

- 対外的な条件で変数が多い状況であり誰もが公式リリース予想する難しさ。

- アメリカ(デジタルドルテスト中:Digital Dollar Project)

- 日本の(デジタル円発行予定)

- 国連でIPv9のサービス権利付与(中国、100年)

- 現在の25の国でサービス加入をし続けて、50カ国以上で進行中

- Libra:今年第4四半期に発売予定であると発表した。しかし、デジタル事業ライセンスを既にスイスで取得したライセンスを取り消しており、米国、欧州の傘下シンガポール国へ現在打診中。そして主権国家の担保としてデジタル通貨の発行と普及パターンでは問題が多い(通貨バスケット制)。


因みにDCEPはBitcoinをライバル視していません。

DCEP具体的な狙い!

デジタル通貨競争における中国の勝利は、アメリカと西側の資本主義にさまざまな悪影響を及ぼします。
外国企業がバンク・オブ・アメリカを迂回できれば、ワシントンは他の国々に制裁を課す独自の力を失うでしょう。さらに、為替リスクに直面しなくなった場合、外国の中央銀行は米ドル準備金を使用して通貨をサポートする必要がなくなるため、米国国債の需要が減少します。
これにより、連邦政府、商業ローン、住宅ローン、クレジットカード、およびその他のすべての形態の米国借入の金利が上昇します。

一方、中国ではキャッシュレス決済が広く適用されているため、中央銀行のデジタル通貨の実装に大きな利点があり、モバイルウォレットを介したDCEPの使用により、中国の「ベルトアンドロード(一帯一路)」に沿って人々がつながり、既存の金融インフラストラクチャ。銀行口座を持たない人々がオンラインショッピングに支払い、貯蓄を構築する機会を提供します。または、国の通貨の価値をDCEPに関連付けることで、アフリカなどの同盟国の政府が通貨システムを「収益化」できるようになります。

D讯より引用

DCEPとAlipay,Wechatpayとの違い

北斗とPLUSが協業していることの証明

北斗(Beidou)は中国の人工通信衛星。5Gネットワーク、インターネットプロトコルIpV9の技術を支える重要な衛星です。PLUSウォレットアプリのダウンロードサーバーの管理は北斗の関連会社が担っています。
何故PLUSTOKENは止まってしまったのか...過去を紐解く
PLUSTOKEN真実の行方 Another Site Link